模写コーディングの魅力、方法、成功のポイントに挑戦してみよう

模写コーディング Code
模写コーディング

模写コーディングっていうのは、既存のウェブサイトやデザインをそっくりそのまま再現する練習方法のことやで。

プロのデザイナーや開発者が作ったサイトを見本にして、同じようにHTML、CSS、JavaScriptを使って自分でコーディングしていくんや。

まあ地道な作業やけど、その分得られるものも大きいと思うで。

コツコツ続けて、自分のスキルを磨いていこうや。

1.模写コーディングの目的

1. スキルアップ

既存のサイトを模写することで、実際のプロジェクトで使われている技術や手法を学ぶことができるんや。これが自分のスキルアップにつながるんやで。

2. コードの理解

模写することで、他の開発者がどうやって問題を解決しているか、そのコードの構造やロジックを理解することができるんや。これが自分のコーディング力向上につながるんや。

3. デザインの習得

プロのデザインを模写することで、美しいデザインや使いやすいインターフェースの作り方を学ぶことができるんや。これが自分のデザインセンス向上につながるんやで。

模写コーディングのメリット

  • 実践的な学習:本物のサイトを手本にするから、実践的なスキルが身につくんや。
  • デザインの理解:プロのデザインを再現することで、デザインの意図や効果を理解できるんや。
  • 達成感:難しいサイトを模写できたときの達成感は大きく、自信がつくんやで。

模写コーディングは、地道な作業やけど、その分得られるものも大きいんや。コツコツ続けて、自分のスキルを磨いていこうや!

2.模写コーディングの魅力

1. 実践的なスキルが身につく

模写コーディングをやると、実際のサイトを作るスキルが自然と身につくねん。いろんなデザインや機能を再現することで、自分の引き出しが増えるんや。

2. デザインの理解が深まる

プロのデザイナーが作ったサイトを模写すると、どんな意図でデザインされてるかがわかるようになるんや。これが自分のデザイン力向上にもつながるで。

3. コーディングの自信がつく

難しいサイトを再現できたときの達成感は格別や!これが次のチャレンジへの自信にもなるんや。


3.模写コーディングの方法

1. サイトを選ぶ

まずは模写するサイトを選ぶねん。自分が好きなデザインや、参考にしたい機能があるサイトを選ぶとええで。

2. ページを分解する

模写するサイトを細かく分解してみるんや。ヘッダー、フッター、コンテンツエリアなど、それぞれのパーツに分けて考えるとわかりやすいで。

3. コードを書く

実際にHTMLやCSS、JavaScriptを使ってコードを書いていくんや。最初はうまくいかんかもしれんけど、試行錯誤しながら進めることが大事や。


4.成功のポイント

1. 基本を大事にする

基本的なHTMLやCSSの使い方をしっかりマスターすることが大事や。基礎ができてないと、どんだけ頑張ってもええもんは作れへんで。

2. ディテールにこだわる

細かい部分にまでこだわって再現することで、本物に近い模写ができるんや。細部の積み重ねが全体のクオリティを上げるで。

3. 継続する

模写コーディングは一回や二回で終わらんと、何度も繰り返すことが大事や。続けることでどんどん上達するで。


5.挑戦

1. 難易度を上げる

慣れてきたら、少し難しいサイトに挑戦してみるんや。新しい技術やデザインに触れることで、自分のスキルがさらに向上するで。

2. フィードバックをもらう

自分だけでやってると、どうしても視野が狭くなるから、他の人に見てもらってフィードバックをもらうとええで。プロの意見を聞くことで新しい発見があるはずや。

3. 自分の作品を作る

最後には、自分のオリジナル作品を作ってみるんや。これまでに学んだことを全部活かして、自分だけのサイトを作ることが最終目標や。


模写コーディングは地道な作業やけど、その分達成感も大きいんや。コツコツ続けて、自分のスキルを磨いていこうや!おおきに、またなんかあったら聞いてな。

1. タイトル
  • “模写コーディング:プロジェクトのスキル向上への一歩”
2. イントロダクション
  • モチベーションの導入: 模写コーディングがなぜ重要か、読者に興味を持たせる
  • 本記事の目的: 模写コーディングを通じて何を学び、どのように役立つか紹介
3. 模写コーディングとは何か
  • 模写コーディングの定義
  • 模写コーディングの利点: スキル向上、実践経験の獲得、自信の構築など
  • どのようなプロジェクトが適しているか
4. 模写コーディングのステップ
  • ステップ1: プロジェクトの選定
  • ステップ2: デザイン分析
  • ステップ3: コーディングの開始
  • ステップ4: デバッグと修正
  • ステップ5: 成果物の公開と共有
5. 模写コーディングを成功させるためのヒント
  • オリジナルサイトのよく理解
  • 適切なツールとリソースの選定
  • コーディングのベストプラクティスの実践
  • コーディングプロジェクトの管理と進捗の追跡
6. 模写コーディングの例
  • 実際のプロジェクトの事例や成功ストーリーを紹介
7. 成果物の共有とフィードバック
  • 模写コーディングの成果物をGitHubやポートフォリオに公開する重要性
  • フィードバックの受け方と改善のためのプロセス
8. 模写コーディングの挑戦と克服
  • 模写コーディング中に遭遇する可能性のある課題とその対処法
9. 結論
  • 模写コーディングを通じて得られる価値の再強調
  • 読者に模写コーディングに取り組む勇気を与えるメッセージ
10. 参考文献とリソース
  • 模写コーディングに関連するウェブサイト、ツール、ブログ、書籍などのリンクを提供
11. おわりに
  • 作者のプロフィールや連絡先情報を提供
  • コメントや質問への対応を呼びかける

この構成をベースに記事を執筆し、模写コーディングの魅力や方法、成功のポイント、挑戦を読者に伝えるブログを書いてみてください。記事が多くの人に役立つことを願っています。

フリーライターとして半年後に、月3万円を稼げるようになるコースを紹介します。

まず、ドットインストール(月額1080円)か Progate で HTML CSS を一通り学んでおきます。

テキストエディターを用意します。
私は Visual Studio Code を使います。他にも Atom とかいろいろありますが、どちらも無料でダウンロードできます。

アプリに入っている「メモ帳」などでもいいのですが、前記のエディタの方がずっといいです。初心者からエンジニアにいたるまで幅広い層に使われています。

まず、自動記録されるので便利です。タグを入力すると、これも自動で「/」付きのタグが出てくれます。なにかと便利な機能がたくさんあります。

インストールから始めます。Google 検索から「 Visual Studio Code 」と入力します。
左下に青で Download とあるのをクリックします。

ダウンロードされたら「 Visual Studio Code 」をクリックします。

VScode を日本語化

インストールするとメニューが英語になっています。日本語化するには Extensions (左メニューの上から4番目)をクリックします。

検索窓で「Japan」まで入れたら「Japanese Language Pack for VS Code」という拡張機能が出てきます。緑色の「Install」ボタンをクリックしてインストールしてください。

インストールすると右下に英語で「再起動しますか?」と出るので、「YES]を選択してください。VScode の再起動が終わると、日本語化が完了です。

フォルダーの開き方、ファイルの作り方

左のメニュー(アクティビティバー)の中の一番上の「ノート2枚アイコン」をクリックしてください。サイドバーが開かれて内容が表示されます。エクスプローラーの下、「開いているエディター」隣の「無題の新規ファイル」をクリックします。

右側の「1」に「index.html」と入力します。index.htmlや index.php は、サイトのトップページとして自動で認識してくれるファイルです。一つおいて隣の「すべて保存」をクリックします。すると「<>index.html」と表示されます。

青枠で表示される「フォルダ」をクリックして任意のフォルダーを開きます。
「PHP の使いかた」はこちらをごらんください。

VScodeの便利機能

インテリセンス

VScodeには、優れた補完機能がついています。途中まで入力すると、「これですか?」と候補を上げてくれるのです。選択してタブキーで展開します。

EMMET

HTMLやCSSを補完入力できるツールです。例えばHTML5のひな型を記述したい時は、!。こちらもタブキーで展開できます。例としてひな型を上げていますがプロパティの省略は他にもありますので、覚えておくと非常にコーディングのスピードが上がります。

タグにはいろいろありますが、まずは「h1」と「p」です。h はヘッド(頭)で「見出し」、pはパラグラフ(段落)ですね。リンクは「a」アンカー、アンカーボルトのようにくっつけているものです。画像は<img>ですが、src を入れて、そこへ画像のファイル(url)を紐づけします。これには終了タグはいりません。

あとは随時覚えていきます。

つぎは、html で書いた文字に色を付けたり装飾をしていきます

それには「CSS」を使います。html と css を関連付けるためにリンクを張ります。<link rel=”stylesheet” href=”stylesheet.css” />のように入力します。

css には色などいろいろ指定することができます。見本の<h1>を赤色にしたい場合は、

と入力すれば赤色で表示されます。カラーコードで色を変えることもできます。例「#ffffff」(白)なんかそうですね。フォントサイズを変えるばあいもおなじです。フォントにもいろいろな字体がありますので、VSC ではいろいろな候補を選択できます。背景も、広さも、高さも決められます。

どんなデザインにするか?
そこでGoogle で「Web デザイン」と検索してみます。
一番上の「SANKOU!デザインギャラリー・参考サイト集」をクリックしてみました。

右上のカクテルグラスのような「フィルター」をクリックすると、さまざまな分野のサイトがあることがわかります。「コンピュータ・Web・IT~」というのを選んでみます。

まずは Google Chrom の拡張機能をつかいます。

右上の「・・・」から「設定」→「拡張機能」→虫眼鏡に「Image Downloader」と入力します。もしくは Google から直接検索しても構いません。表示されたらダウンローダーします。

何なりとお申し付けください。