Bluetooth 体重体組成計で健康管理、歩数計ヘルスケアの使いかた

砂浜をダッシュする女性 アフィリエイト
砂浜をダッシュする女性

きょうはパソコンで「健康管理」について学びます。

パソコンの前に長い間座っての仕事が続いたりすると、腰痛や運動不足になりがちです。

パソコン作業で起こるこんな”健康の悩み”の解消に、パソコンを使って解消する。パソコンと接続できる健康器具を活用すれば、データの管理や分析も手軽にできます。

体重計や歩数計の測定結果をエクセルのシートにいちいち入力してグラフにするといったやりかたでは、面倒でなかなか長続きしないものです。

それがデータの転送はクリック一つでできるようになりました。

きょうはあなたと、そんなヘルスケアについて学習します。

1.Bluetooth とは無線通信のこと

無線通信Wi-Fi
無線通信Wi-Fi
taka
taka

Bluetoothとは、近距離無線通信技術の一種です。

「筋肉は落ちやすく、ぜい肉はつきやすい」というのが私たちの年代にとっての、ひとつの悲しく痛ましい命題です。そしてそのような減退を補うには、体力維持のための持続する努力が欠かせないものになってきます。

Bluetooth体重体組成計は健康管理に役立つ便利なツールの一つです。これらの体重計は通常、Bluetooth技術を使用してスマートフォンやタブレットなどのデバイスと接続することができます。そして、専用のアプリを介して測定結果を保存・表示し、健康管理を行うことができます。

これらのBluetooth体重体組成計は、通常、以下のような健康情報を測定・追跡することができます:

  1. 体重:日々の体重を記録し、変化を追跡できます。
  2. 体脂肪率:体脂肪の割合を測定して、健康的な範囲内に保つことができます。
  3. 筋肉量:筋肉の量を測定し、健康的な筋肉の維持を促進します。
  4. 骨量:骨の密度を測定して、骨の健康を把握できます。
  5. 基礎代謝率:基礎代謝を推定して、カロリー摂取の目安を計算できます。
  6. ボディマス指数(BMI):BMIを算出し、体型の健康リスクを理解するのに役立ちます。

これらの測定データは、アプリケーションによってグラフやチャートとして表示され、健康状態のトレンドを把握することができます。また、アプリケーションはしばしば目標設定や健康的な食事や運動の提案など、健康管理をサポートする機能を提供することもあります。

ただし、Bluetooth体重体組成計はあくまでツールであり、健康管理の一部として適切に使用する必要があります。健康に関する専門的なアドバイスや診断を得るためには、医療専門家との相談が重要です。特に既存の健康上の問題を抱えている場合や、健康目標を達成するための具体的なアプローチを立てる場合は、医師や栄養士と連携することが推奨されます。

1.異なる種類の機器がBluetoothを使ってデータを交換

Bluetoothは、スマートフォン、タブレット、パソコン、スマートウォッチ、フィットネスバンド、スピーカー、イヤホン、キーボード、マウスなど、多種多様なデバイスに搭載されています。Bluetoothを搭載しているデバイス同士は、互いに接続して通信することができます。

Bluetoothは、一般的に低速なデータ通信に使用されます。例えば、音声や画像などの大容量のデータを扱うには向いていませんが、テキストメッセージやファイルの転送、コントローラーからの信号など、簡単なデータ通信には適しています。

Bluetoothは、セキュリティの面でも優れており、データを暗号化して送信することができます。また、Bluetoothは省電力性に優れており、バッテリー消費を最小限に抑えることができます。

通信には「有線」と「無線」の2つがあります。線があるのを「有線」といい、それをパソコンとかに送ることを「通信」と呼んでいます。線がないのをスマホとかに送ることを無線通信といい、それが「Bluetooth」というのです。

デジタル機器同士を手軽に無線接続する技術で、手ぶらで電話できるヘッドセットや、パソコンのワイヤレスキーボードやマウスのどに使われています。携帯やノートパソコンなど、ケーブルから解放されるので便利です。

ブルートゥースは、これまで近距離でケーブル接続していた機器を、無線でつなぐための規格です。。ブルートゥースは▶を2個重ねたようなアイコンで表されます。

もう一つ「Wi-Fi」というのがあります。無線通信ができるという点では Bluetooth とまったく同じです。

みか
みか

ちがうところは無線の規格です。

2.歩数計・体組成計で健康管理

歩数計・体組成計で健康管理
歩数計・体組成計で健康管理

1.歩数計と体組成計を使って健康管理することができます

taka
taka

あなたは体重計が好きですか?

これらのデバイスは、日々の健康状態を把握するのに役立ちます。

歩数計と体組成計を使って健康管理を行うことができます。これらのデバイスは、健康の観点から重要な情報を提供し、健康的なライフスタイルをサポートするのに役立ちます。

歩数計: 歩数計は、日々の歩数を計測するデバイスであり、一般的にスマートウォッチやスマートフォンのアプリなどを通じて使用されます。歩数計は以下のような健康管理に役立つ情報を提供します:

  1. 運動量の把握:歩数計を使用することで、1日にどれだけ歩いたかを把握できます。適切な運動量を維持することは健康的な体重管理や心血管の健康をサポートします。
  2. 目標設定:歩数目標を設定し、それに向かって励むことで、日常的な運動を促進する助けになります。
  3. モチベーション向上:歩数計は、日々の歩数を記録することで、モチベーションを高める助けになります。

体組成計: 体組成計は、体重や体脂肪率、筋肉量、骨量など、体の組成を測定するデバイスです。これらの情報は以下のように健康管理に役立ちます。

あなたは体重計好きですか?

正直に打ち明けると、私は個人的に体重計が嫌いです。好きな時期もあったんですよ。55キロ前後まで落ちて服がスカスカになっていた5年前の夏ごろです。今は嫌いですね。この間測ったら65キロを超えていてがっくりしてからというもの、それ以来乗っていません。

今の体重計は乗ると「ピッピッ」といって数字がでるやつ。これも体重計が嫌いになったせいかもしれません。昔のはいかにも頑丈そうな機体で、のると数字が回転していくやつでした。10~30~50と目まぐるしく数字が回転して62か3の間あたりで針が止まるやつです。

今では捨ててしまってもったいない気がしています。減量のコツは、規則正しい生活と、間食をやめることと運動をすることと決心して、当時5キロくらい瘦せたかな。それから数年、回転式の体重計からおさらばしてしまって、それからというものの、その体重計の恨みつらみだと真剣に主張するのは私くらいかもしれないね。

  1. 体重管理:定期的に体重を測定し、体重の増減を把握することで、健康的な体重管理をサポートします。
  2. 体脂肪率の把握:適切な体脂肪率を維持することは、健康リスクを軽減するために重要です。
  3. 筋肉量と基礎代謝:筋肉量の把握は、基礎代謝率を理解するのに役立ちます。基礎代謝率は、休息時のエネルギー消費量を示し、適切なカロリー摂取を計画する際の参考になります。

これらのデバイスを使用して健康管理を行う際には、データを記録・追跡し、自分の健康状態や進捗を把握することが重要です。ただし、専門的な医療アドバイスを得るためには、健康上の問題を抱えている場合や、具体的な健康目標を立てる際には、医師や専門家との相談が重要です。これらのデバイスはあくまでツールであり、専門家と連携してより効果的な健康管理を行うことが望ましいです。

歩数計は、歩数を計測して活動量を把握するために使用されます。これにより、1日の活動量を確認し、適切な運動量を確保することができます。一部の歩数計は、消費カロリーも測定することができます。

体組成計は、体重、BMI、筋肉量、脂肪量などの情報を測定して、健康状態を把握するために使用されます。これにより、体重管理や筋力トレーニング、ダイエットなどの目標設定に役立ちます。

これらのデバイスは、Bluetoothを使ってスマートフォンやタブレットに接続し、アプリケーションを通じて健康情報を追跡することができます。健康情報を記録することで、自分の健康状態を把握し、改善するために必要なアクションを取ることができます。

Bluetooth

  • 消費電力が少ない
  • 通信距離が短い
  • Class1:100m
  • Class2:10m
  • Class3:1m

Wi-Fi

  • 消費電力が大きい
  • 通信速度が速い
  • セキュリティが優れている
  • 通信距離:100m

2.Bluetooth で接続する周辺機器には

  1. ワイヤレスヘッドフォンまたはイヤホン: Bluetoothヘッドフォンやイヤホンは、モバイルデバイスやコンピュータにワイヤレスで接続し、音楽や通話を楽しむために使用されます。
  2. スピーカー: Bluetoothスピーカーは、音楽をワイヤレスで再生するためのポータブルなオーディオデバイスです。スマートフォンやタブレットなどのBluetooth対応デバイスから音楽をストリーミングして再生することができます。
  3. キーボードとマウス: Bluetoothキーボードやマウスは、コンピュータやタブレットとワイヤレスで接続し、快適なタイピングやカーソル操作を可能にします。
  4. スマートウォッチ: Bluetoothを使用してスマートフォンと接続することで、通知の受信やフィットネストラッキングなどの機能を提供するスマートウォッチを使用することができます。
  5. スマートフォンやタブレットとのペアリング: Bluetoothを使用して、スマートフォンやタブレットとペアリングすることで、ファイルの転送、通信アプリの使用、ハンズフリーコールなどの機能を利用することができます。
  6. プリンター: Bluetooth対応のプリンターを使用することで、スマートフォンやコンピュータからワイヤレスで印刷することができます。

Bluetooth接続を利用することで、さまざまな種類の周辺機器と接続することができます。

これらは一般的なBluetooth接続の周辺機器の例ですが、Bluetooth技術は広範な用途に利用されており、さまざまなデバイスとの接続が可能です。

ブルートゥース内臓ではないパソコンでは、USB などで接続するアダプターが必要です。

マウス、キーボード、ヘッドホン、イヤホン、スピーカーなどがあります。これらデバイス(周辺機器)が Bluetooth に対応しているか確認します。説明書きには、「操作距離:約10m」とか「操作方式」 Bluetooth とか書いてあります。USB もデバイスの一つです。

bluetooth はスマホにはすべて対応していますが、パソコンはそうではないので確認する必要があります。一般的にノートパソコンは対応していますが、デスクトップは違います。

《スタート》を右クリック、《デバイスマネージャー》の一番上に《Bluetooth》と表示がなかったら残念ながら対応していないことになります。Bluetooth は簡単にパソコンに接続できます。それは上記の USB を差し込むだけです。

そして

  • 《タスク バー》→《アクション センター》 。 Bluetooth が表示されない場合は、《展開》→ [Bluetooth] を表示し、選択してオンにします。 Windows 10 デバイスが Bluetooth アクセサリにペアリングされていない場合は、”接続されていません” というメッセージが表示されます。
  • 《設定》→《デバイス》→ [Bluetooth とその他のデバイス] を選択します。
mika
mika

これらのデバイスは、日々の健康状態を把握するのに役立ちます。

注: 

  • [設定] で Bluetooth をオンにすると、すぐに次のメッセージが表示されます。
  • “<computer_name> として発見可能になりました”

3.Bluetooth デバイスを確認する

Bluetooth デバイスを確認する
Bluetooth デバイスを確認する
taka
taka

ケーブルがなくなるので、かなり便利です

キーボードやマウスは、通常だと USB などケーブル接続していて、机の上を整理したいときなど邪魔ですが、ワイヤレスにすると簡単に片づけられます。

電話のヘッドセットも、従来はマイクとイヤホンがセットになったものをケーブルで電話につないでいましたが、コードレスならパソコンから離れてもネット電話が使えます。

ブルートゥースを使う際、注意するのが「プロファイル」です。通信上の約束事ともいうべきもので、同じプロファイルを持った機器同士でなければ利用できません。例えば、音楽を聴くヘッドセットも電話の通話に使うヘッドセットも同じ音声ですが、ヘッドセットは HSP、携帯電話の発着信ができるのは A2DP といった具合です。

デバイスがオンになっていて、充電されているか、新しいバッテリーが装着されていて、接続する PC の範囲内にあることを確認します。 次に以下のことを試してください。

  • Bluetooth デバイスをオフにし、数秒間待ってから、もう一度オンにします。
  • Bluetooth デバイスが範囲内にあることを確認します。 Bluetooth デバイスが応答しないか遅い場合、USB 3.0 ポートに接続されているその他の USB デバイスに近すぎないことを確認します。

シールドされていない USB は、Bluetooth 接続を妨害する場合があります。

1.手近な機器を無線接続、PC のチェック

ブルートゥースは近くにあるものを手軽に無線化できるのが特徴ですが、といっても近づいただけで他人のブルートゥース機器と接続してしまうのは問題なので、お互い使えるようにするための「ペアリング」という準備が必要になります。

ペアリングの手順は、どんな機器同士を接続するかによって若干異なります。例えばパソコンとヘッドホンを接続する場合を紹介します。

2.ペアリングしたい PC で

ペアリングモード
ペアリングモード

機内モードがオフになっていることを確認する。 《スタート》→《設定》→《ネットワークとインターネット》→《機内モード》選択。 機内モード がオフになっていることを確認します。

検索し接続
検索し接続

Bluetooth のオンとオフを切り替える。 《スタート》→《設定》→《デバイス》→ [Bluetooth とその他のデバイス] の順に選択。 Bluetooth をオフにし、数秒間待ってから、もう一度オンにします。

PINコード
PINコード

Bluetooth デバイスを削除して、もう一度追加する: 《スタート》→《[設定》→《デバイス》 を選択し、 [Bluetooth とその他のデバイス] の順に選択します。 [Bluetooth] で、接続に問題が発生しているデバイスを選択し、《デバイスの削除》→《はい》の順に選択します。

使えるようになる
使えるようになる

Bluetooth デバイスをもう一度ペアリングする方法について詳しくは、「Bluetooth デバイスを接続する」 をご覧ください。ペアリングとは Bluetooth とスマホとかを1対1で対応することで基本1台しかできませんが種類が違えば、例えばスマホとプリンタとかなら接続できます。

3.ブルートゥースの主なプロファイル

taka
taka

Bluetoothには、いくつかのプロファイルがあります。

プロファイルは、特定の個人、組織、製品、サービス、イベントなどに関する情報をまとめた概要や詳細な記述のことを指します。

  1. 個人のプロファイル:個人の経歴、スキル、学歴、職歴、業績などの情報をまとめたものです。求職活動やビジネスの場で自己紹介や評価をするために使用されます。
  2. 企業/組織のプロファイル:企業や組織の概要、業績、事業内容、経営陣、所在地などの情報をまとめたものです。投資家や顧客、パートナーなどとの関係構築やビジネス展開のために使用されます。
  3. 製品/サービスのプロファイル:製品やサービスの特徴、機能、価格、競合製品との比較などの情報をまとめたものです。マーケティングや販売促進の目的で使用されます。
  4. イベントのプロファイル:イベントの日時、場所、参加者、プログラム、主催者などの情報をまとめたものです。イベントの告知や参加者の情報収集に使用されます。

プロファイルは一般的に、関係者が必要な情報を効率的に把握するために作成されます。インターネット上のウェブサイトやソーシャルメディア、ビジネスプロフィールの形で公開されることが一般的です。

それぞれのプロファイルは、Bluetoothを搭載した機器同士の通信に必要な設定やプロトコルを定義しています。主なプロファイルには以下のようなものがあります。

  1. Advanced Audio Distribution Profile (A2DP)
  • ステレオ音声の伝送を可能にし、Bluetoothスピーカーやヘッドフォンなどの音声機器で使用されます。
  1. Hands-Free Profile (HFP)
  • ハンズフリー通話を可能にするプロファイルで、カーオーディオなどで使用されます。
  1. Headset Profile (HSP)
  • モノラル音声の伝送を可能にし、Bluetoothヘッドセットなどで使用されます。
  1. File Transfer Profile (FTP)
  • ファイルの送受信を可能にするプロファイルで、スマートフォンやタブレットなどで使用されます。
  1. Object Push Profile (OPP)
  • 電子メールや連絡先などのデータを送信するためのプロファイルで、スマートフォンやタブレットなどで使用されます。
  1. Personal Area Networking Profile (PAN)
  • Bluetoothを使用したネットワーク接続を可能にするプロファイルで、タブレットやパソコンなどで使用されます。
  1. Health Device Profile (HDP)
  • Bluetoothを使用した医療機器の通信を可能にするプロファイルで、血圧計や血糖計などの健康機器で使用されます。

これらのプロファイルは、Bluetoothデバイス同士が互いに通信するための設定やプロトコルを定義しています。各プロファイルによって、利用できる機能や性能が異なるため、使用するBluetoothデバイスによって、最適なプロファイルを選択する必要があります。

  •    A2DP—-ステレオ音声の転送
  •  AVRCP—AV 機器のリモコン
  •  BPP—プリンタへの印刷
  •  HFP—HSP に加えて、スマホ発着信に対応
  •  HSP—ヘッドセットの通信
  •  PAN–小規模なネットワーク

まずヘッドフォン側を、指定されたボタンを押すなどしてペアリング可能な状態にします。次にパソコン側から周辺のブルートゥース機器を探すようにします。するとパソコンの画面にそのヘッドフォンが見つかったと表示されるの接続します。

ヘッドフォンの PIN コードは4~16桁程度の数字です。一度ペアリングすれば、次からはヘッドフォン側の電源を入れ、パソコン側は登録されたヘッドフォンに接続するだけですみます。

mika
mika

機器の相性によっては使うたびに PIN コードの入力が必要なこともあります。

あとがき

Bluetoothにおいて「プロファイル (Profile)」とは、Bluetoothを搭載した機器同士が互いに通信するための設定やプロトコルを定義した規格のことです。

Bluetooth機器同士が通信する際には、互いにデータを送受信するために共通のプロファイルを使う必要があります。例えば、スマートフォンとBluetoothスピーカーが通信する場合には、スマートフォンとBluetoothスピーカーが共に対応しているプロファイルを使って通信を行います。

プロファイルには、音声伝送やファイル転送、ハンズフリー通話、ネットワーク接続など、様々な種類があります。それぞれのプロファイルは、Bluetoothデバイス同士が通信するためのルールや手順を定めており、互換性のあるデバイス同士であれば、同じプロファイルを使って通信することができます。

プロファイルを利用することにより、Bluetooth機器同士の通信が簡単かつスムーズに行われるようになります。また、Bluetoothの規格が改訂された場合にも、プロファイルが正しく適用されていれば、互換性のあるデバイス同士であれば通信が可能であるため、利便性が向上します。

コメント

何なりとお申し付けください。