【実践済み】英語を覚える、身につく忘れない、夢を叶える最強勉強法!

英語学習法 English
英語学習法

きょうは「英語学習方法」について学びます。

小・中・高と英語を勉強してきているのに、ちっとも英語が喋れない。

社会人になってお金も時間もかけてるのに英語がうまくならない。

それは「必死に勉強する」状況に追い込んでいないからではないでしょうか。

きょうはあなたと、利用者が数十万人もいる英語学習方法について学習します。

1.自宅でネットを通じて語学を習得できるサービス

  1. 問題提起
  2. 問題を放置した際に起こる不利益
  3. 乗り越えるべき課題
  4. 課題を克服する方法
  5. 自分の体験談
  6. 商品を紹介

自宅で英語を学ぶためのいくつかの人気のあるオンラインサービスを以下に紹介します。これらのサービスは、様々なレベルや学習スタイルに合わせて選ぶことができます。

  1. Duolingo: デュオリンゴは、ゲーム感覚で英語を学ぶことができる無料のアプリです。基本的な文法や語彙を学ぶだけでなく、リスニングとスピーキングのスキルも強化できます。
  2. Babbel: バベルは、実用的な会話スキルを向上させるのに役立つアプリです。日常会話やビジネス関連の表現を学ぶことができます。
  3. Rosetta Stone: ロゼッタストーンは、インタラクティブな方法で英語を学ぶことができるプラットフォームです。言語に浸る感覚を提供し、リーディング、ライティング、リスニング、スピーキングの全てのスキルをカバーしています。
  4. iTalki: iTalkiは、個人レッスンを提供するプラットフォームです。ネイティブスピーカーや資格を持つ講師とオンラインでコミュニケーションをとりながら学ぶことができます。
  5. CourseraやedX: これらのプラットフォームでは、大学や専門機関のオンラインコースを受講することができます。英語文学や英語教育に関するコースもあります。
  6. YouTube: YouTubeには数多くの英語学習チャンネルがあり、リスニング理解や発音の向上に役立つ動画が豊富にあります。

これらのサービスは、どれも自宅で気軽に英語学習を始めるのに適したものです。あなたの目標や学習スタイルに合わせて、最適なものを選んでみてください。

市中にある英会話学校はそのほとんどが、外国人講師がマンツーマンで丁寧に教えてくれるシステムです。英語を1から学ぶには適していますが、入学金や教材費、レッスン料が高いのが少なくないです。

学校に通う時間がとれなくて途中で挫折してしまうとか、やる気がなくなってしまうとかの人もいることでしょう。

1.活用したいのが、パソコンやスマホを使った英語学習

自宅に居ながらにして、空いた時間、隙間時間に自分の都合で学習できるので忙しい方にはピッタリです。費用があまりかからないのも魅力です。

English Academiaは、東京大学総合研究センターの一部門であり、英語教育および英語に関する研究を行うセンターです。英語を母語としない学生や研究者の英語力向上を支援することを目的として、英語教育プログラムや英語学習支援プログラムを提供しています。

English Academiaでは、英語教育プログラムとして、英語スピーキング・リーディング・ライティング・リスニングなどのスキル向上を目的とした講座や、アカデミックな英語力を向上させるための講座などを提供しています。また、英語学習支援プログラムとしては、英語学習に関するアドバイスや英語でのプレゼンテーションの練習などを行っています。

  1. アカデミックなコミュニケーションが交わされる研究室、学会、授業での基礎知識を学べる
  2. プレゼンテーションやディベート、メールや電話、就職面接など実践的かつ発展的な英語表現を学べる
  3. 英語で専門科目を教えることが求められる背景、利点や課題を学べる
  4. 英語で専門科目を教える際の教授言語としての英語のあり方を学べる

2.英会話スクール「ベルリッツ」(Berlitz)で英語を勉強する

Lean English
Lean English

英会話スクール「ベルリッツ」(Berlitz)は、脳の記憶メカニズムに沿って、あなたの記憶が定着するベストなタイミングで繰り返し出題。忙しいあなたでもひと駅分の時間でできる、覚える・身につく・忘れない英語学習方法です。

”間違えたものだけをネイティブスピーカーにより繰り返し出題するので、頭に入ってくる。”

そこで処方箋になりそうなのが、英語学習SNS 。有料ですが「無料トライアル」で試すことができます。

”目的やシーンに合わせて200以上のコンテンツが学び放題で、TOEIC®やビジネスはもちろん、専門用語や趣味・留学の英語も豊富に用意。ネイティブスピーカーによる音声も収録しています。”ともうたっています。

”すぐに実践できる「生きた英語」を効率的にマスターするので、一般的な英会話の95%をカバーする4,000単語・800フレーズから、今あなたが覚えるべきアイテムを優先的にピックアップします。”

とも書いてあります。

コースは3つ、

  • 英会話マスター4000 50コース
  • TOEIC® 31コース
  • ビジネス英語 27コース

まず初心者なので、左のコース診断を受けてみます。

突然、画面から「英語」が飛び出してきました。かなり鮮明に聞こえます。

う~ん、「ふさわしい」の単語がわかりません!「いいえ」をクリックします。

こういった短文が19問出てきて、選択式で正解を選びます。最後に回答内容を教えてくれます。私は9問正解10問不正解でした。私にはちょうどいいレベルかもしれません。海外旅行とかの目的があれば、私は入会するかもしれません。

基礎英語や TOEIC 、ビジネス英語など、さまざまなコースがあります。

「週間カレンダー」という「学習時間」を記録できます。
「プログレス」では、「自分の実力」を測れます。

1コースの所要時間は5~10分でできます。語彙数が200のばあい、10単語ずつ学んで2ヵ月程度で終わる分量。間違えた単語は翌日、正答した単語は3日目から復習が始まります。なるほど、これなら覚えられそうです。

でもせいぜい3日ではないのか?

最初は物珍しさから興味がわくけど、先生がついているマンツーマンじゃないので、次第に面倒くさくなってしまわないかな? そんな気がします。要は「本気でやらないでタラタラやってしまっても何にもならない」ということです。

なんでもそうですけど「日常化しないと役に立つところまでいかない」ということです。「これやるしかない」というところまでいかないとやらないと思います。

その辺の対策はなにかあるのでしょうか?

「孤独な勉強」に陥らないしかけ

  • SNS なので、勉強仲間をつくれる。
  • 勉強したい素材でコンテンツ(マイリスト)を作れる。スティーブ・ジョブズのスピーチ画像や、洋楽の楽曲の聴き取り、海外の記事の翻訳など、さまざまな音声画像を使ったマイリストがあり、ユーザー同士で利用しあう方法もあります。

レッスン完了後に記憶定着率が表示されます。データが保存されて次回のレッスンが自動生成されます。

3.「パールズイングリッシュ」(Pals English)で学ぶ

英語を学ぶ
英語を学ぶ

1.基礎学習+オンライン会話サービスです

日本語禁止

習得したい言語で「見る・聞く・話す」を徹底的に繰り返すことにより、伝えたいことをその言語のまま考えて話すクセをつけます。何より英文を読む量を増やします。

音とビジュアルで記憶する

写真、音声、文字で意味を直感的に理解するDynamic Immersion ™(ダイナミック・イマージョン)を採用。外国語のまま記憶します。

通じる発音が身につく

先進の発音判定技術「TruAccent(TM)スピーチ認識テクノロジー」で、あなたの発音をネイティブと比較し、通じるかどうかを瞬時に判定します。発音が違うと言葉が通じないので、発音を重視しています。

どこでも快適レッスン

パソコン(Windows/Mac)、タブレット、スマホ(iOS/Android)と複数のデバイスで使えて、学習時間を確保しやすく、続けやすい。単語を日本語に置き替えて暗記させるのではなく、単語は文章の中で使いながら覚えます。

英語からヘブライ語まで、全24言語をカバーする世界500万人に使われてきたプログラムです。
母国語を使わずに、単語から会話まで自然なステップで、基礎を無理なく身につけられます。全言語が同じ構成で学習できるため、1つをマスターすると同じ要領でレッスンでき、マルチリンガルの習得にも最適です。

オンライン通訳は、対面通訳と比較していくつかの異なる要素がありますが、難しいと感じるかどうかは個人の経験や能力によります。

  1. テクニカルスキル: オンライン通訳では、ビデオ会議や通訳ツールを使用する必要があります。オンラインプラットフォームや関連するソフトウェアの操作に慣れる必要があります。
  2. コミュニケーション: オンライン環境では、対面通訳と比較してコミュニケーションが異なる場合があります。音声や映像の遅延が発生することがあり、それに対処する必要があります。
  3. テクニカルトラブルシューティング: オンライン通訳中に技術的な問題が発生する可能性があります。インターネット接続の不安定さや、音声や映像の品質に関する問題が起こることがあります。これらの問題に対処するためのトラブルシューティング能力が必要です。
  4. 文化的な違い: オンライン通訳では、直接的な対話や非言語的なコミュニケーションが制約される場合があります。文化的な違いを理解し、相手の意図を正確に伝える必要があります。

これらの要素を考慮すると、オンライン通訳は対面通訳とは異なるスキルセットを必要とするかもしれません。しかし、適切なトレーニングと経験を積むことで、オンライン通訳の難しさに対処することができます。

4.「アルク」(ALC PRESS)で学ぶ

パソコン、スマートフォン、タブレットなどインターネットにつながっている
デバイスがあれば、いつでもどこでもレッスンが受講できます。

5.「Engoo」(エングー)で学ぶ

英語学習
英語学習

‎TOEIC 模擬試験

本番並みの試験が無料で受けられます。オンライン試験は普段から慣れておかないと難しい。本番は試験会場に行って受けることになるけど、模擬試験で腕試ししておけば安心。

TOEIC(R)の模擬試験なら英語.com

海外のサイトはWebブラウザの追加機能を用いれば見ることができます。

Google Chromeの「Hotspot Shield」というプラグインの使用方法

Google Chromeから「chrome ウェブストア」にアクセスします。

「Hotspot Shield」を検索し【Chromeに追加】ボタンを押します。すると、警告文が表示されますが、特に問題無ければそのまま進めます。

有料版もありますが、今回は無料版を利用しますので、【Free】を押します。

ファイルのダウンロードが始まるので指示に従います。ダウンロードが終わればファイルを実行してインストールします。

完了すると「Hotspot Shield」が利用できます。右上の拡張機能のボタンを押すと、画面が表示されるので、【STARAT】を押します。終了時は【STOP】を押します。

この状態でIPアドレスが変更されていることを確認します。ただし「Hotspot Shield」はお試し用のプラグインなので7日間しか利用できません。また、Webブラウザ上しか利用できないので、スマホ用のSNSアプリなどを使って通信を行う場合には少し不便かもしれません。

VPN接続なら海外のサイトもOK!

「Hotspot Shield」もVPN接続ですが、日本のサービスではないし、無料で利用できる期間も限られています。VPNは「Virtual Private Network」で、仮想的な専用線を作り出して安全な通信を可能にするという接続方法です。

無料で利用できるWi-Fiスポットを利用する場合の安全対策です。VPNを利用することで、通信の安全性を確保しながらIPアドレスを利用したい国のものに変更することができます。

VPNを利用する場合、以前なら高額な利用料金が必要でした。無料で利用できるVPN接続サービスもありますがデメリットがあるので非推奨です。おすすめできるのは、有料のVPNサービスですが低価格で利用できます。Millen VPNは月額1,000円程度で利用できます。

Millen VPN – 日本のレンタルサーバー会社が提供するVPNを利用したセキュリティサービス

1.英語上達へのサイト7選

本気で英会話!ペラペラ英語

本気で英会話!ペラペラ英語apps.apple.com

場面を選び、会話をしながら英会話をマスターする

Real 英会話

Real英会話
Real英会話・ネイティブ英語・聞く・話す・学ぶ

よく使う会話が学べます。マイクに向かって発音練習もできます。

英単語 VALUE 1400 アプリ

APPLION[アプリオン] - 新作・人気アプリ探しサイト
iPhone/iPad/Androidの世界アプリランキングやソーシャルメディアを独自技術で解析し、いま人気のおすすめアプリをまとめて紹介しています。

テスト形式で英単語を覚えます。発音を再生して聞けるようになっています。

アルク英語ページ

無料で楽しめる企画がいっぱいです。無料のメールマガジン配布や、学習教材、読み物までギッシリあります。他のサイトへのリンクも充実しているので、本格的に英語を勉強するつもりの方は、「ホーム」として登録してください。

株式会社アルク

Deeple 翻訳ツール

Google 翻訳を使っている方が多いと思いますが、精度の点で言えばこの Deeple 翻訳の方が上だと思います。

DeepL翻訳:世界一高精度な翻訳ツール

エキサイト翻訳

テキスト、ウェブに加え、オフィス書類も翻訳。翻訳したい英語文書が入ったページのアドレスを入力し、ボタンを押すと和訳してくれます。逆に、和文の英訳など外国語訳もできます。

分野を選択することでより正確に翻訳できます。理学系、農林水産系、工学系、社会学系、人文学系、芸術系、スポーツ系、生活系

エキサイト翻訳

BBC Learning English

英国の BBC の英語学習者向けページ。生の英語に接したい方には、「聴く」サイトです。ニュースなど日々更新される情報で、ヒアリング力をつけられます。

BBC Learning English – BBC Learning English – Homepage

2.理不尽社会に言葉の力を

「こんなこともわからないの」

相手を見下す侮辱的な表現。私にはわかっているとい意味合いが「こんなこと」には組み込まれています。相手にとっては、何をどうしていいかわからない。「むかつく」と反応を示すしかない。別な問題として「わかっている者」と「わかってない者」との背景の問題があります。子どもの場合では塾に行ける者と行けない者。これは親の経済的な事情があるわけで個人の問題に処することではないですよね。

この場合は「どう思う?」と声をかけて相手の考えていることを引き出してあげたらよかったと思います。それができかはその場における人間関係の全体にかかわっています。「わかる」という言葉が何を意味しているかを個別の領域ごとに追求することこそ、教育という営みの本質といえます。

「わかる」という言葉について人間的なコミュニケーションがなされるかどうかが子どもを奈落に突き落とすかどうかを左右するという認識を大人は自覚すべきです。

「○○ちゃんはできるのに」

親は圧倒的強者、子は圧倒的弱者。親子の間でかわされる言葉、その一つ一つによって子どもが生きる力を獲得していく。子どもにとってこれほど大事な関係はありません。学齢期になっても自立までにはまだ道が遠いわけだからそういう関係は大事なものでありつづけます。

「どうしてできないの」は、どうしてできるのかわかっていればできるのであって、どうしてできないかわからないからできなかったのです。「どうしてできないの?」を「どうしてここを間違えたの?」という問いにしていれば教育の世界が開けた筈です。

「TVを見る時間を減らして勉強したらいい」と勉強の時間、量だけを増やせというのは、教育を放棄しながら勉強時間を増やせというのはそもそも矛盾した指示です。これは本当に意味で子どもの教育を考えているのではなくて、自分自身を安心させる材料として子どもの成績を捉えているという屈折した姿が浮かび上がってきます。

学びの中身よりも「勉強している」という形がそこにあるかどうかに関心が向いています。意識は転倒している。これまで自分を守ってくれると信じていた母親からさえも身を守らなければならない状況に子は追い込まれる。それに気づいて、親子の間で関係を再構築できるかどうか問われているのです。

「あんたにはすごくお金かけてるんだからね」

親が子どもの将来を思って、愛情を持ってしていることが、もっぱら金銭の支出の問題にすり替えられてしまう。その金銭は教育サービスという商品を購入するものですから、ある意味で愛情の商品化が起きている。

かって子どもの周りには家族が受け継いで生かしてきた生活の知恵や技術が豊かにあった。家事一般はもとより身近な農業などの職業に触れる機会があった。そうした知恵や技術に接し、それを身に付けている大人を目の当たりにすると、子供は自分は未熟だと感じたし、だからちゃんと大人のようになれるよう努力しょう、家族や周囲の大人たちに一人前として認められたいというモチベーションをもった。

家族、あるいは地域の共同体の中で、自分もしかるべき役割を果たせるようになりたいと思った。大人たちに認められるための、子供にとっての大事な実践、大げさに言えば労働の場が、私たちが「お手伝い」といっている領域です。「お手伝い」をすると、その分、両親、祖父母が楽になる、そういう大人に育てられている子供が、大人に負債を返却する営みが「お手伝い」なのだ。

子供は大人に対しいろいろ反発する一方で、尊敬もしていた。そこでは単なる知識や技術にとどまらず愛情を含む人間的な感情も伝達されていただろうし、より根源的な人間としての力も培われていた。家族という共同体のなかでこそそれが可能だったし、そこには教育的な機能があって、子供を人間として成長させた。

それが60年代以降、核家族化に伴い、遊びも一人あそびになり高額化し、子供が高額な金をもった消費者として社会に参入する。一万円札をもって店にいけばそれはある意味で大人と同じになること。お金で商品・サービスを買うという関係ばかりが目につくようになった。その世代が親になれは「愛情の表現はお金を使うこと」ということは、自らの生い立ちの中に刻まれたことでしょう。それはお金をかけなければ愛情を表現できないということ。

「いじめられる側にも問題がある」

これは、いじめの「原因」について述べるように見せながら、無関係なもの—当事者の性格や個性など—を対置することで、いじめそのものは相対化してしまう転倒した論理。いじめについては、そもそもそれが何なのかということに焦点をあてて考えるところから始める必要がある。

あとがき

英語学習に役立ついくつかの日本の学習サイトです。

  1. 英会話スクール「ベルリッツ」(Berlitz): https://www.berlitz.co.jp/ ベルリッツは、英会話教室として日本国内に多数の校舎を展開しています。レッスンはネイティブスピーカーの講師による個別指導が中心であり、幅広いレベルのコースが提供されています。
  2. 「パールズイングリッシュ」(Pals English): https://www.palsenglish.jp/ パールズイングリッシュは、英会話スクールとオンライン英会話を提供しています。日本人講師によるレッスンや、フィリピンのネイティブスピーカー講師によるオンラインレッスンなど、さまざまなコースがあります。
  3. 「アルク」(ALC PRESS): https://www.alc.co.jp/ アルクは、英語学習教材の出版社であり、ウェブサイトでは英語学習に関する情報や教材を提供しています。英語学習の教材や辞書、ビジネス英語に特化した教材などが豊富に揃っています。
  4. 「Engoo」(エングー): https://engoo.com/ Engooは、オンライン英会話サービスです。日本人講師とネイティブスピーカー講師によるレッスンがあり、自分のペースで学習できます。また、ビデオレッスンやトピック別の学習コンテンツも提供しています。

これらのサイトは、英語学習において基礎から上級まで幅広いニーズに対応しています。ご自身の学習スタイルや目標に合ったサイトを選び、積極的に英語学習に取り組んでみてください。

コメント

何なりとお申し付けください。