小さなお店のLINE 公式アカウントで 集客・販促の進め方

ホーム画面 LINE
ホーム画面

きょうは LINE 公式アカウントについて学びます。

LINEは、日本で9,500万人というSNS最大の会員数を誇っています。

LINE には個人のアカウントのほかに、「LINE for Busines」というビジネス用のアカウントがあります。それも無料で使えるとあっては、たくさんのチャンスが待っています。

これだけの人数に確実に届くメッセージがあれば、ビジネスに活用しない手はありません。私も会社・お店の収益アップを図る方法は初めてです。

早く、確実に効果を上げていきたいですよね。

きょうはあなたと、LINE ビジネスについて学習します。

1.LINE 公式アカウントと LINE for Business

LINEは日本で非常に人気があり、ビジネスにおいても有力なプラットフォームとなっています。LINE 公式アカウントを利用することで、企業やお店が効果的に顧客とコミュニケーションをとる手段として活用できます。

  1. LINE 公式アカウントの種類
    • LINE for Business: 個人利用とは別に、ビジネス向けの公式アカウントがあります。これは企業や店舗がプロモーションや顧客サービスに活用できるアカウントです。
  2. LINE 公式アカウントのメリット
    • 多様なコミュニケーション手段: テキストメッセージ、画像、動画、スタンプ、クーポンなど、様々な形式で顧客とのコミュニケーションが可能です。
    • 友だち追加でフォロワー獲得: 顧客は公式アカウントを友だち追加することで、新着情報を受け取れるようになります。
  3. LINE ビジネスの具体的な活用法
    • キャンペーンやプロモーションの実施: 限定クーポンやセール情報を配信して、顧客の誘導やリピートを促進します。
    • 問い合わせ対応やカスタマーサポート: 顧客からの質問や問題に対して、リアルタイムで迅速かつ直接的に対応できます。
  4. LINE ビジネスでの成功のために
    • 定期的かつ魅力的なコンテンツ提供: 顧客が興味を持つコンテンツを定期的に発信することが重要です。
    • データ分析の活用: LINE アカウントのデータ分析を行い、顧客の傾向や反応を把握し戦略を最適化します。

LINE ビジネスは確かに多くの可能性を秘めています。効果的に活用するためには、ターゲット層を理解し、適切なコンテンツを提供することが鍵となります。どのようなビジネスでも、顧客とのコミュニケーションを強化する手段として、LINE 公式アカウントを有効に活用できるでしょう。

公式アカウントとは国内最多 SNS アプリ「LINE」を通じて、企業やお店がユーザーとコミュニケーションをとることができるサービスです。

LINE for Business とLINE公式アカウントの大きな違いは、利用する企業・組織の規模です。 LINE for Businessは、中小企業・中小店舗向けのサービスです。 小規模飲食店・美容室やエステなど活用されることが多いのが特徴です。 反対にLINE公式アカウントは、大企業や公官庁向けのサービスです。

複数の顧客に対してまとめてメッセージを送信できるツールです。受け取ったユーザーのスマホに通知が表示されるので、読んでもらいやすいし問い合わせにも対応できます。メルマガにはないメリットがあるし、ポイントカードで集客もできます。

LINE for Business は、LINE をお店の販促やイベントのプロモーションなどに利用するためのアカウントで、無料と有料とがあります。いわばお店や企業といった事業主や法人がアカウントの持ち主になり、友だち登録してくれたユーザーにつなげていく仕組みです。

LINE for Businessとは、LINEが企業や店舗などのビジネス向けに提供しているサービスやアプリの総称です。 通常のLINEが、主に個人やグループ間コミュニケーションのためのサービスなのに対して、LINE for Businessは個人と企業をつなぐサービスのことです。

LINE for Business を利用すれば、お店のアカウントに登録してくれた多くのユーザーに有益な情報を効果的なタイミングで発信できるため、お店の注目度を高めることができます。

LINE のユーザーは、10代~30代で70%強います。男女比ではやや女性の方が多いです。しかも女性の60%が毎日利用しています。Twitter や Facebook はアカウントをとっても3割しか利用してないのに比べると非常に高いのです。

LINE は「無料通話・無料チャット」ととらえがちですが、ブログのように情報を公開・蓄積していくことも、コメントをつけて複数のユーザーでコミュニケーションを深めることもできます。さらにビデオ機能も付いています。

2. LINE公式アカウントの基本

Line 公式アカウントの作成
Line 公式アカウントの作成

個人アカウントの商用利用は禁止されています。また、個人アカウントでは、広告の一斉送信の機能がありません。大人数にメッセージを送るとなると、多人数トークやグループトークを利用することになり、お互いが知らないのに一緒に表示されてしまうことになります。

トーク画面のメンバー表示からだち追加されてしまったら信頼されませんよね?

1.LINE 公式アカウントには2種類

大手企業対象の「公式アカウント」と中小企業や店舗対象の「LINE for Business(旧LINE@)」があります。個人の LINE アカウントとは違い、友だち登録してくれたユーザーにメッセージを送れても、双方向ではできません。

国内で9500万人のユーザーを持つLINE を活用した公式PR ツールです。店舗の方だけでなく、ECサイトや個人ブロガー、アーティスト、デザイナーなど、誰でも無料でアカウントを開設出来ます。

もっとも月額0円の「フリープラン」から、「ライトプラン」「スタンダードプラン」とあり、無料メッセージ数が月15000通を超えると1通あたり5円かかります。

2.アカウントの作成手順

ユーザーに見つけてもらいやすい、友だちに追加したくなるアカウントの作り方です。

PCの場合、LINE 公式サイト内の「アカウント開設」から。
スマホの場合は、LINE 公式アカウントアプリから登録します。

iPhon
Android
  1. LINE for Businessの公式ウェブサイトにアクセスします。URLは「https://business.line.me/」です。
  2. 公式ウェブサイトにアクセスすると、トップページに「無料で始める」などのボタンが表示されます。このボタンをクリックして、LINE for Businessの開設手続きを開始します。
  3. 開設手続きの最初のステップでは、自分の所属する組織やビジネスの情報を提供する必要があります。会社名、担当者名、連絡先情報などを入力します。

情報を入力した後、開設方法を選択する画面が表示されます。

  1. 「LINE公式アカウント」の開設: 自分のビジネスや組織の公式アカウントを作成する方法です。LINEユーザーは公式アカウントを友達登録し、ビジネスとのコミュニケーションや情報受け取りができます。
  2. 「LINEトークトーク」の開設: LINEトークトークは、チャットボットや自動応答を活用したコミュニケーションツールです。ビジネスがLINE上で自動化されたメッセージングサービスを提供することができます。

開設方法を選択した後、利用規約の確認と同意が求められます。利用規約をよく読み、同意する場合はチェックボックスを選択します。提供された情報を確認し、正確性を確認してから「次へ」ボタンをクリックします。開設手続きの最終ステップでは、登録情報の確認と確定が行われます。提供した情報が正しいことを確認し、登録を確定します。

これでLINE for Businessの開設手続きが完了します。開設後は、ビジネスアカウントの設定やカスタマイズ、メッセージング機能の活用などを行うことができます。

3.アカウントの設定とカスタマイズ

1.アカウントの基本情報

  • プロフィール画像:アカウントの顔となる画像。お店の「看板」です。わかりやすく覚えやすいものにすることが重要です。推奨画像サイズ縦横640px。
  • 背景画像:アカウントの背景の画像を設定。縦878px 横1080px
  • アカウント名:表示されるアカウント名(認証済みアカウントは変更不可)。店舗名や企業名がわかるような名前にします。
  • ステータスメッセージ:一言メッセージを設定。お店の特徴や情報を表現する。

1.「LINE 公式アカウントをはじめる」をクリック

2020年4月に「LINE@」は「LINE公式アカウント」へサービス移行いたしました。

2.「LINE アカウントで登録」か「メールアドレスで登録」を選択

「LINE アカウントで登録」を選びました。

アカウントを取得
アカウントを取得

3.権限の許可を求められるので、内容を確認してクリック(タップ)

PC からは Web ブラウザから、スマホからは LINE 公式アカウントアプリからアクセスします。これにより、社内ではパソコンから、外出中ではスマホからといった使い分けができます。スマホのAndroid の場合、Google Play から、iPhon なら App stor から「LINE 公式アカウント」と入力し、アプリをインストールします。

ラインアプリでログイン
  • 利用中のスマホで使っている個人の LINE アカウントで登録する。
  • 個人のアカウントと LINE 公式アカウントを連携させて登録する。
メールアドレスでログイン
  • メールアドレスを登録後、必要な情報を入力して登録する。

2.情報の公開

  • 認証ステータス:未認証の場合はLINE 社の認証を設定できる
  • 位置情報:アカウントの住所を登録
  • 検索結果での表示:認証済みアカウントの場合は、検索結果での表示のオン・オフを切り替えられる

3.アカウント情報

自分のお店を紹介するための基本設定を行います。管理画面にログインするには、LINE for Business の画面右上に表示された「管理ページ」をクリックします。

まずはアカウント設定で基本情報を設定します。

  • プロフィール画像:アカウントの顔となる画像。お店の「看板」です。わかりやすく覚えやすいものにすることが重要です。推奨画像サイズ縦横640px。
  • 背景画像:アカウントの背景の画像を設定。縦878px 横1080px
  • アカウント名:表示されるアカウント名(認証済みアカウントは変更不可)。店舗名や企業名がわかるような名前にします。
  • ステータスメッセージ:一言メッセージを設定。お店の特徴や情報を表現する。

2.情報の公開

  • 認証ステータス:未認証の場合はLINE 社の認証を設定できる
  • 位置情報:アカウントの住所を登録
  • 検索結果での表示:認証済みアカウントの場合は、検索結果での表示のオン・オフを切り替えられる

3.アカウント情報

  • ID:アカウントを開設すると、ランダムに英数字でIDが付与される。プレミアムIDを購入すると、任意のIDを取得できる

4.チャット

  • トークルームの背景デザイン:変更できる
  • チャットへの参加:オンにすると、グループチャットや複数人のチャットへの参加が許可される

5.アカウントの削除

4.LINE 公式アカウントを開く確認を求められるので「確認」をクリック(タップ)

あいさつメッセージを設定する

あいさつメッセージは、LINE 公式アカウントを友だちに追加してくれたユーザーが最初に受け取るメッセージです。最初からメッセージが登録されていますが、オリジナルで作成もできます。

アカウントを登録すると、始めたばかりなのに「友だち」のリストができます。これは、自動追加をオンにしていると、スマホのアドレス帳に登録されている電話番号を読みこみ、すでにLINE を始めている人を自動的に「友だち」として登録します。

  • 配信する内容
  • 配信頻度
  • 通知オフの方法:ユーザーが通知をわずらわしく思ってブロックするケースがあるからです。「通知されたくない」「時間があれば見たい」という人に向けて、通知オフの方法を伝えるわけです。
  • クーポン:友だち追加であればすぐもらえるクーポンがあれば、ユーザーを増やせます。割引、特別サービス、無料利用権などのクーポンを作成して配信します。

5.メニューをクリック(タップ)して「+アカウントを作成」をクリック(タップ)

ライン公式アカウント
ライン公式アカウント
1.ホーム画面の特徴

個人アカウントのホーム画面と同様に、お店の近況やちょっとしたつぶやきなど、ユーザーに対する直接的なアプローチではない情報発信をする場です。ほかのSNS と同じようにホーム画面から近況を報告すると、それに興味を持ってくれたユーザーが「いいね」をつけたり、コメントをくれたりします。

ホーム画面は、お店の紹介文や連絡先、営業時間、地図などの情報を設定しておくことで、訪れた人に対する営業案内としての役割があります。

プロフィールを設定する

プロフィールは、公式アカウントや友だちリストの一覧からアカウントをタップすると表示されます。

ビジネスでは初対面の挨拶が非常に重要であり、第一印象がその後の仕事に影響を与えることも少なくありません。名刺代わりのつもりで、相手の信用を損なわない内容にしましょう。

プレビュー:必ずしも顔写真である必要はありませんが、相手に自分であることが伝わるような写真を選んだ方がいいです

プロフィール:アカウント設定で登録した内容が表示される。Web上に公開すると、LINE 以外からもアクセスできるようになります。プロフィールの設定はPC管理画面からのみできます。

基本情報:住所・開店時間などを編集できる

ボタンタップするとそのボタンに即したページを表示するメニューのようなもの。トークが固定項目で3つまで追加できる

プラグイン:テキストやクーポン、コレクションなどを表示できる。写真縦横200px

2.QR コードやタイムラインで友だち以外にも配信

ここまでの設定で、必要最低限の設定は済みましたが、ただし今の段階ではどのユーザーからも見ることができないため、このアカウントに登録してくれる人はいません。そこで、アカウントを公開する手段について紹介します。

Web ページに QR コードやバナーを貼り付けて誘導する

LINE アプリの QR コードを貼り付けておくと、LINE アプリの QR コード読み取り機能を利用して簡単に登録できます。また、バナー広告を貼り付けておけば、スマホから Web サイトに訪れた LINE ユーザーは、そのボタンを押すだけで簡単に登録できます。

Web サイトに貼り付けるための QR コードやバナー広告は、LINE のすべてのアカウントに対して初めから用意されていて、管理画面の「基本設定」から簡単に作成できます。

管理画面の「基本設定」にある「公開設定」を「許可する」に変更すると、LINE アプリ内の「公式アカウント」画面の検索ボックスから、アカウントが検索できるようになります。

LINE アプリの検索機能の使われ方は、ユーザーの自宅や職場、または訪れている場所の近隣で、目的にあったお店のお得な情報をゲットしたいという動機が一般的です。なので、アカウント名または「ひとこと」のいずれかに場所と業種を明記すれば、登録の可能性が高くなります。

ホームからの情報発信

ホームからの投稿は SNS のようなやりとりができます。プッシュ通知ではありませんが、投稿に対してユーザーが「いいね」やコメントをつけるといったことができます。

ホームの特徴は、双方向的なコミュニケーションが行えることです。トークルームでは、情報がお店からユーザーの一方通行に対し、ホームでの情報発信は、投稿を見たユーザーからさまざまな反応が返ってくることです。

投稿するには、管理画面から「ホーム投稿」をクリックします。投稿までの流れは同じですが、複数のコンテンツ、例えば文章と写真と現在位置を添えて投稿できます。

1.アカウント名

  • LINE 公式アカウントの名前
  • 友だち一覧にも表示される
  • 店舗名・サービス名・企業名などを入力する

2.業種

  • アカウントの業種を大業種、小業種から選択する

3.会社/事業者名(任意)

アカウントを運営する企業名を入力する

4.メールアドレス

メールアドレスを入力する

※メールアドレスは、LINE 社から運営上の連絡が届くメールです。LINE ログインのメールではありません。また、スマホなどのキャリアメールでは登録できません。

5.画面に従って項目を設定する

アカウント情報
アカウント情報

6.「LINE 公式アカウント利用規約」を同意する場合は「確認」をクリック(タップ)

7.確認画面が表示される。「アカウント作成」をクリック(タップ)

8.アカウントの作成が完了。「Topに戻る」をクリック(タップ)

アカウント審査の流れ
アカウント審査の流れ

アカウントを新規開設すると、自動的に LINE アカウントが友だちに追加され、メッセージを受け取ります。

ポイント1

認証済みアカウントが取得できるか事前にご確認ください。
×個人や個人を特定できるアカウント
×出会い、アダルト、情報商材、ネットワークビジネスなど

ポイント2

申請情報について確認できるWebサイトをご用意ください

申込みフォームにはURLを記入する項目があります。
サービス内容や住所、連絡先が確認できるWebサイトが必要です。

ポイント3

わかりやすいアカウント名を設定してください。
LINEの友だちリストや、トーク画面に表示される名称です。LINE IDとは異なりますのでご注意ください。

ポイント4

連絡の取れる電話番号またはメールアドレスをご用意ください。
申請者の方に電話またはメールにて、お申込みにお間違いがないか本人確認を行います。
店舗やサービスなどの運営元にご連絡を差し上げます。

9.「情報利用に関する同意について」が表示される。同意するをクリック(タップ)

【重要】LINE 公式アカウントの月額プラン改定のお知らせ    ×

いつもLINE公式アカウントをご利用いただきありがとうございます。以前に案内した通り、2023年6月1日(木)に月額プランを改訂します。現在ご利用のLINE 公式アカウントについては、6月1日時点で利用中または利用予定のプランに相当する新しい月額プランが自動的に適用される予定です。

6月1日以降に月額プランを継続して利用した場合、改定に同意したものとみなされます。改定後のプラン内容に同意できない場合は、5月31日(水)23:59:59までにプランをダウンロードしてください。

改定後の月額プラン
改定後の月額プラン

認証済みアカウントを取得する

  1. ホームで「アカウント名」をクリック(タップ)
  2. アカウント設定で、情報の公開の「認証ステータス」をクリック(タップ)
  3. 「アカウント認証をリクエスト」をクリック(タップ)
  4. 画面に従い情報を入力し、「確認」をクリック(タップ)
  5. 入力内容の確認が表示される。「申し込み」をクリックすると、完了画面が表示される。

アカウントを取得すると初めて LINE が利用できるようになります。

あいさつメッセージを設定する

あいさつメッセージは、LINE 公式アカウントを友だちに追加してくれたユーザーが最初に受け取るメッセージです。最初からメッセージが登録されていますが、オリジナルで作成もできます。

アカウントを登録すると、始めたばかりなのに「友だち」のリストができます。これは、自動追加をオンにしていると、スマホのアドレス帳に登録されている電話番号を読みこみ、すでにLINE を始めている人を自動的に「友だち」として登録します。

タイムラインとは?

タイムラインは自分の自分のホームにメッセージや写真などを登録できる機能です。内容は自アカウントと友だちのタイムラインに表示できます。また、自アカウントのタイムラインは友だち以外のユーザーも閲覧できます。メッセージと使い分けしながら情報を発信します。

ただしパソコンではタイムラインの機能はありません。

ブログやコラムのように文章や写真、動画などを投稿することで、お客様の声などを伝えることができます。友だちが「いいね」を押すと、友だちの友だちのタイムラインに拡散されます。タイムラインを盛り上げるためにも、「いいね」を押したくなる投稿をします。

タイムラインに投稿できる内容

  • テキスト:最大文字数10,000字
  • スタンプ:LINE の標準スタンプを投稿として作成できる
  • 画像:最大9枚。1枚の最大サイズ上限、10MB
  • 動画:ファイルサイズ上限200MB、長さ上限5分
  • クーポン:作成したクーポンを投稿できる
  • URL:リンクを投稿できる
  • リサーチ:作成したリサーチを投稿できる

タイムラインとメッセージの違い

投稿に対してユーザーが「いいね」、コメント、シェアできるのがタイムライン。できないのがメッセージです。メッセージが比較的リアルタイムで開封されるのに対し、タイムラインは時間があるときまとめてみる傾向があることです。

そこで、タイムラインでは一般的な情報、リアルタイムは問わない情報を公式的なアナウンス感で、メッセージでは友だち限定のお得な情報、すぐに確認する必要がある情報を親しみやすい雰囲気で配信するなど、投稿する内容を分けて考えます。

あなたの思いを届ける配信法

プッシュ通知

LINE 特有といえるのがプッシュ通知です。LINE を立ち上げてなくてもメッセージが届いたことを着信音やポップアップで通知し、メッセージがパソコンやスマホの画面に表示されます。アプリを開くことなく確認できるので開封されやすいのです。

タイトルと冒頭の文字が重要

お客様の興味が湧くような文面になるように気を配ります。「メリハリがある」「数字が入っている」「自分に向けられたメッセージだとわかる」など、伝わるタイトルを心がげます。長い文章は、メッセージが届いたときに目に入った部分しか見てもらえません。

2回以上スクロールするような長文は「イメージ画像+テキストで概略」の組み合わせやカードメッセージを基本にします。さらに多い情報量は、Webに専用ページを設けて「概要+情報の URL」をテキストにして表示します。

反応の良いメッセージを作成する

  • 新商品の紹介。
  • 商品・サービスの豆知識・情報
  • アカウントの人間性を前面に
  • 期間限定、地域限定を強調

必ず読まれる配信のタイミング

インターネット利用」については、平日の時間帯別行為者は、7時台から23時台まで20%を超える値で推移しており、特に12時台(34.7%)は、時間帯別行為者が高くなる21時台(41.9%)や22時台(40%)に次いで高い値となっている。また、平日・休日ともに21時台の時間別帯別行為者が最も高くなっている。

たとえばスーパーのチラシやスキー場の積雪情報などは毎日配信した方が喜ばれます。それに対しお客様の来店頻度が数週間~数か月に一度の場合は、2週間~1か月にするとブロックされにくくなります。

3. 顧客層の特定

受注する
受注する

LINE 公式アカウントを開設すれば勝手に売り上げが上がるわけではありません。継続して運用し続け、お客様と向き合うことで初めて結果がついてきます。

1.お店の顧客層を特定する重要性

いまや LINE は国民の7割が使っているアプリです。LINE のリニューアルにより、利用料無料のアカウントが新設されました。これにより双方向のメッセージのお店トーク、Web サイトとしてスタートしています。いままで禁止されていた EC サイトへのリンクや求人案内も可能となりました。

LINE@ 運用には難しい操作は必要なく、クーポン発行もその他ツールも簡単に利用できます。このブログでは LINE@の使い方をくわしく解説いきたいと思います。

集客アップにつながる

Twitter や Facebook はタイムラインを読むもので、途中でリンクに飛んでしまうと流れが途絶えてしまうが、LINE はメッセージが送られてくるとその先を見たくてリンクしてしまうという点があります。かなりの誘導力です。

Webサイトのように、商品やサービスの紹介、地図や電話番号の表示、キャンペーンの告知などを記載し、集客アップにつなげることが出来ます。

どんな広告も見てもらえなければ効意味がありません。SNS の域を超え、電話にとって代わったとまで言われる「日常に欠かせない生活インフラ」のLINEを使って広告を配信することで、多くの人に「必ず見てもらえる」ものとして、ネットのどの媒体よりも高い効果を発揮しています。

始めたきっかけは?

SNS利用率の高い次世代層とのつながりが希薄になりつつあるという課題に対し、有効な情報発信手段であると思ったから。配信メッセージ数が多いと、ブロックされる傾向があったため、多くても週1回の配信としています。各種イベント時にクーポンを配信したり、コミュニティ誌でキーワード応答メッセージを活用した企画を行っています。

できて間もない店舗でも情報を伝えられるツールだからです。お客様の反応がダイレクトに感じられるやりがいのあるSNSです。送信したメッセージがほとんど開封されるのでマーケティングツールとしては抜群です。

2.ターゲット顧客の属性と行動の理解

メッセージ配信だけではなく、クーポンやキーワード応答メッセージなどのツールを活用することで、様々なアプローチが可能になると思います。お客様からの声がリアルで伝わり、現場に反映されやすい信頼構築ツールだと思います。

月に1回以上、LINE 友だち限定イベントやキャンペーンを実施しています。お子様連れのお客様が多いので、くじ引き大会など皆が楽しめる内容にしています。タイムラインでは商品情報やれし日なども流し、お店やキンパのことを知ってもらえるよう気を付けています。

タイムラインの閲覧数もクーポンの利用率も全て分析できるため、ニーズを知ることが出来ます。何より、お店や商品のことを簡単な操作で発信できるとても便利なツールです。Twitter や Facebook は他のユーザーのメッセージに押し流されるが、LINE ではいつまでもメッセージが残るのです。

4. コンテンツ戦略の構築

LINEビジネス
LINEビジネス

1.キャンペーンやプロモーションの計画

LINEのリッチコンテンツは、LINEのチャット画面で利用できる豊富なメディアや機能のことを指します。通常のテキストメッセージだけでなく、ビジュアル要素やインタラクティブな要素を追加することができます。

2.魅力的なコンテンツの種類(テキスト、画像、動画、スタンプなど)

リッチメッセージとは、画像やテキスト情報を1つのビジュアルにまとめて、わかりやすく訴求ができる機能です。画像の作成が必要ですが、普通のテキストメッセージよりも誘導効果が高いです。

1.いくつかの代表的なリッチコンテンツ

  1. スタンプ: LINEのスタンプは、絵文字やスタンプキャラクターを使った可愛らしいイラストメッセージです。スタンプは、表情や感情を表現したり、コミュニケーションをより楽しくするために使われます。
  2. スタンプショップ: LINEでは、さまざまなスタンプセットが販売されています。ユーザーは自分の好みに合わせてスタンプを選び、購入することができます。
  3. 絵文字: 絵文字は、テキストメッセージに感情や表現を追加するために使われます。LINEでは、さまざまな絵文字が用意されており、テキストと組み合わせて使用することができます。
  4. 写真・画像の送信: LINEでは、カメラ機能を使って写真や画像を撮影し、送信することができます。また、ギャラリーから既存の写真や画像を選んで送信することもできます。
  5. 動画の送信: LINEでは、動画を撮影したり、ギャラリーから選択したりして、相手に送信することができます。
  6. 音声メッセージ: 音声メッセージは、テキストでは表現しにくい内容を相手に伝えるために使われます。LINEでは、録音機能を使って音声メッセージを作成し、送信することができます。
  7. ラインアート: LINEでは、シンプルなラインアートや手書きのイラストを描くことができます。これにより、自分の独自性を表現したり、相手にメッセージをより視覚的に伝えることができます。
  8. リッチメニュー: リッチメニューは、公式アカウントやグループチャットで利用できる、タップやスワイプなどの操作で選択肢や情報を表示するメニューです。メニュー内にボタンやリンクを配置することができ、ユーザーとのインタラクションを促進します。

これらのリッチコンテンツは、LINEのコミュニケーションをより豊かにするために利用されます。ユーザーはこれらの機能を使って、メッセージやコンテンツをより魅力的に、視覚的に、そしてインタラクティブに表現することができます。

目的に合わせてリッチメッセージ

外部サイトのURLが埋め込まれた画像を送る機能です。テキストメッセージにURLを貼るよりも、外部サイトなどへ送るお客様の割合が高くなります。

LINEのリッチメッセージ(Rich Messages)は、LINEメッセージプラットフォームで使用されるメッセージ形式の一つです。通常のテキストメッセージに加えて、画像、動画、音声、ボタン、カルーセルなど、豊富なコンテンツを含めることができます。

リッチメッセージを使用することで、ユーザーに対してより魅力的でインタラクティブなコンテンツを提供することができます。例えば、商品の画像や動画を表示したり、ボタンを追加してユーザーがクリックできるようにしたり、カルーセルを使って複数のコンテンツをスライド表示することができます。

また、リッチメッセージはLINEのビジネスアカウントやLINE公式アカウントなど、企業や開発者がLINEを活用してユーザーとのコミュニケーションを行う際に利用されることが一般的です。企業はリッチメッセージを使用して、製品情報の配信、キャンペーンの案内、予約や注文の受け付けなどを行うことができます。

リッチメッセージはLINE Messaging APIを使用して送信され、対応するプログラムやツールを使用して作成および送信することができます。

リッチメニューで外部サイトへ誘導

友だちに見てほしいWeb ページがあるとき活用します。リッチメニューはアカウントのトーク画面を訪れた際、画面下部に大きく開くメニューです。メニュー内をタップすると、外部サイトへ誘導したり、事前に設定したメッセージをユーザーに送信させたりできます。

リッチメニューは、LINEのチャット画面上部に表示されるメニューバーであり、ユーザーがタップすることで指定されたアクションが実行されます。

リッチメニューのアクションとして、「URIアクション」と呼ばれるものを使用することで、外部サイトへのリダイレクトが可能です。URIアクションを設定することで、ユーザーがメニューの項目をタップした際に指定したURLに遷移するようになります。

例えば、リッチメニューの項目を「お問い合わせ」とし、そのアクションに外部サイトのお問い合わせフォームのURLを指定することができます。ユーザーが「お問い合わせ」をタップすると、指定したURLが開かれ、ユーザーは外部サイトのお問い合わせフォームにアクセスすることができます。

リッチメニューは、LINE Messaging APIを使用して設定および管理されます。開発者はLINE DevelopersコンソールやAPIを通じてリッチメニューを作成し、URIアクションを設定することができます。

3.コンテンツの配信頻度とタイミング

タイムライン、クーポン、メッセージです。特にタイムラインでは、お客様からの「いいね」をきっかけにお客様の友達にもお店を知ってもらえています。

自慢の商品があったのですが、値段が少し高い成果中々購入に繋がりませんでした。そこで「お味見プレゼントキャンペーン」を開催したところ、たくさんのお客様が来店してくれました。味を知ってもらえたことで、今では当初の販売数の5倍に成長しました。

訴求力の高いリッチメッセージ

効果的なメッセージを作成するためのポイント

  1. 目的を明確にする: メッセージを送る前に、自分の目的を明確にしましょう。相手に何を伝えたいのか、どのような行動を促したいのかを明確にすることは重要です。
  2. 簡潔でわかりやすい言葉を選ぶ: LINEはテキストベースのコミュニケーションツールですので、言葉選びが重要です。短く簡潔な文を心掛け、相手が迅速に理解できるようにしましょう。
  3. 強調すべきポイントを明確にする: メッセージの中で、強調すべきポイントを明確に示すことが大切です。太字やキャピタル文字を使用して、重要な情報を際立たせることができます。
  4. 具体的なアクションを促す: メッセージには、具体的なアクションを促す文言を含めることが有効です。例えば、「今すぐ登録する」「詳細を確認する」「割引コードを使う」など、相手が直感的に行動に移せるような文言を利用しましょう。
  5. パーソナライズする: 相手に対して興味を持ってもらうために、メッセージをパーソナライズすることが重要です。相手の名前や関心事を取り入れることで、より関心を引くことができます。
  6. 追加価値を提供する: メッセージには、相手に追加価値を提供する要素を含めると効果的です。特別な情報や限定的なオファー、ユニークな提案などを盛り込むことで、相手の関心を引くことができます。
  7. テストと改善: メッセージの効果を最大化するために、複数のバージョンを試してみて効果を比較することをおすすめします。相手の反応や応答率をモニタリングし、必要に応じてメッセージを改善していきましょう。

これらのポイントを考慮しながら、メッセージを作成するとより効果的な訴求力の高いメッセージが作成できるでしょう。

リッチメニューで情報をアピール

具体的な情報やアピールの方法については、以下のいくつかの方法を検討できます。

  1. テキストメッセージと画像の組み合わせ:テキストで情報を伝え、画像を添付して補完することで、情報をアピールしやすくなります。
  2. ボタンやカルーセルの利用:ユーザーがボタンをクリックすることで、特定のアクションを実行したり、詳細な情報を表示したりすることができます。カルーセルを使用することで、複数のコンテンツをスライド表示することも可能です。
  3. リッチメッセージの配信:特定のイベントやキャンペーンなどに関連する情報を、リッチメッセージを使って一括送信することも考えられます。これにより、情報を一目で確認できるようになります。

リッチメッセージやアピール方法の具体的な設定や配信方法については、LINE公式アカウントやLINEビジネスコネクトのドキュメントや開発者向けガイドを参照してください。

リッチメニューを作成

LINEのリッチメニューを作成する手順を以下に示します。

  1. LINE Developersコンソールにログインします。
  2. 対象のチャネル(LINE公式アカウント)を選択します。
  3. チャネルの管理画面に移動し、「Messaging API」を選択します。
  4. 左側のメニューから「リッチメニュー」を選択します。
  5. 「リッチメニューを作成する」ボタンをクリックします。
  6. リッチメニューの作成画面が表示されます。ここで、以下の要素を設定します。
    • メニューサイズ: リッチメニューの表示サイズを選択します(フルサイズまたはハーフサイズ)。
    • メニューの背景画像: メニューの背景に使用する画像をアップロードします(推奨サイズや形式に注意してください)。
    • デフォルトアクション: メニューの空白部分をタップした際のデフォルトのアクションを設定します(例:特定のURLにリダイレクト)。
    • 個々のメニュー項目: メニューバーに表示される項目ごとに、テキストやアクション(URIアクションなど)を設定します。
  7. 設定が完了したら、「プレビュー」ボタンをクリックして、作成したリッチメニューのプレビューを確認します。
  8. プレビューが正常であれば、「保存」ボタンをクリックして、リッチメニューを保存します。
  9. リッチメニューが保存されたら、Messaging APIを使用してリッチメニューをユーザーに表示するコードを実装します。

以上が、基本的なリッチメニューの作成手順です。なお、LINE Developersコンソールの画面やオプションの詳細は、LINEの提供するドキュメントやガイドを参照することをおすすめします。

リッチビデオメッセージ

LINEのビデオメッセージは、ユーザーがビデオを録画して送信することができる機能です。ビデオメッセージは、テキストメッセージや画像と同様に、LINEのチャット画面上で相手に直接送信することができます。

ビデオメッセージを送信する手順は次のとおりです。

  1. LINEのチャット画面を開きます。
  2. 送信したい相手を選択し、チャットを開始します。
  3. メッセージ入力欄の横にある「+」アイコンをタップします(一部のバージョンでは「+」の代わりにカメラアイコンが表示されます)。
  4. 「ビデオ」を選択します。
  5. 録画画面が表示されます。録画を開始するには、録画ボタンをタップします。必要に応じて、フロントカメラとリアカメラを切り替えることもできます。
  6. 録画を終了するには、録画ボタンを再度タップします。
  7. ビデオメッセージがプレビューとして表示されます。プレビューが正しい場合は、送信ボタンをタップして相手に送信します。

相手がビデオメッセージを受け取ると、彼らはそのビデオを再生できます。また、ビデオメッセージは通常のテキストメッセージや画像と同様に保存され、後で再生することもできます。

注意点として、ビデオメッセージは一定の制限時間内で録画する必要があります(一般的には数分以内)。また、ビデオメッセージの長さやファイルサイズには、LINEの仕様やデバイスの制限がある場合があります。

以上が、LINEのビデオメッセージについての基本的な情報です。

リッチビデオメッセージの配信

LINEのビデオメッセージを配信する方法についてお教えいたします。

  1. LINEビデオメッセージ機能を使用する方法:
    • LINEアプリを開き、チャット画面でメッセージを入力する欄をタップします。
    • メッセージ入力欄の左側にある「+」アイコンをタップします。
    • メニューから「ビデオ」を選択します。
    • 録画画面が表示されますので、画面下部の赤いボタンをタップしてビデオメッセージの録画を開始します。
    • 録画が終了したら、停止ボタンをタップして録画を停止します。
    • ビデオメッセージを確認し、送信するかどうかを選択できます。
  2. ビデオファイルをLINEで共有する方法:
    • LINEアプリを開き、チャット画面でメッセージを入力する欄をタップします。
    • メッセージ入力欄の左側にある「+」アイコンをタップします。
    • メニューから「写真・ビデオ」を選択します。
    • ギャラリーやファイルマネージャーから共有したいビデオファイルを選択します。
    • 選択したビデオファイルが表示され、送信するかどうかを選択できます。

以上が、LINEでビデオメッセージを配信する方法です。どちらの方法でもビデオメッセージを送信できますので、使いやすい方法を選んでください。

5. LINE友達の増やし方

友だち
友だち

LINE 公式アカウントでは友だちがいないと話になりません。

1.LINE友達の獲得方法(QRコード、SNS拡散、サイト経由など)

登録されている友だちへのメッセージ配信を軸に誘致を行います。メッセージを届ける友だちが増えると、行動する友だちも増えるからです。友だちの増やし方は「LINE 登録してください」ではなく「LINEで友だちになってください」という気持ちが大事です。

まずは100人の友だちを集める

タイムライン、クーポン、メッセージです。特にタイムラインでは、お客様からの「いいね」をきっかけにお客様の友達にもお店を知ってもらえています。

自慢の商品があったのですが、値段が少し高い成果中々購入に繋がりませんでした。そこで「お味見プレゼントキャンペーン」を開催したところ、たくさんのお客様が来店してくれました。味を知ってもらえたことで、今では当初の販売数の5倍に成長しました。

インターネットで友だちを集める

QRコードや友だち追加ボタンを設置する。自社Web サイトや、ブログ、SNS などで友だちを集めます。メリットを書くだけでなくLINE やLINE 公式アカウントのロゴを入れたり、緑色を使ったバナーやボタンを作るとさらにわかりやすいものになります。

さらに、友だち登録までの流れがわかるような、LINE 登録専用ページを作ることにより、操作が不慣れで登録できない人が減ります。中にはバナーから登録する人もいるので、ヘッダーやサイドメニュー、フッターなどにもバナーを設置してLINE 登録専用ページに誘導することも考えます。

広告を使って友だちを集める

地域情報誌、地域情報サイト、折込チラシ、などで告知します。

LINE 内で友だちを集める

LINEのプライベートアカウントからLINE公式アカウントへの友だち追加の招待案内を送ります。

友だちを集めるための販促物を用意

個人のLINEアカウントと違い、ビジネスアカウントは「@」から始まる英数字がLINE ID となります。

QRコードを取得する

友だち追加用QRコードは印刷物とWebサイトに必ず表示させます。QRコードは管理アプリ・管理画面からダウンロードできます。ダウンロードしたQRコード画像の保存先は、Android では「fils」、iPhon では「写真」に保存されます。

友だち追加の機会があれば、スマホさえ持っていれば、告知ツールを使わなくても、このQRコードを表示させて追加できます。専用コードをウィジェットの「テキスト」にペーストして表示します。

「LINE で送る」ボタンをスマホでタップすると、指定した URL を友だちに送信できます。公式ページ「LINE で送る」にアクセスし、「設置方法」をクリック、「プレビューを確認してコードをコピー」し、WordPress の「外観」→「ウィジェット」をクリックします。

ウィジェット・モバイル用
ウィジェット・モバイル用

「テキスト」をサイドバーなどに配置します。→コピーしたコードを、テキストボックス内に貼り付けします。「保存」ボタンをクリックし、公開サイトでサイドバーの表示を確認します。

カードやレシートで友だちを獲得する

特にショップカードやポケットテッシュは、人から人へ渡る可能性が高いので情報が拡散されます。

友だち追加URLを取得する

HTML 入力できる媒体へ表示できます。ブログやHPに「友だち追加ボタン」「QRコード」「LINE ID」を掲載することは必須。

  • 友だち追加から、「QRコード」を利用「友だち追加ボタン」をタップ
  • 「コピー」をタップ、HTMLコードがキャッシュに保存されたので、HTML上の掲載したい位置に貼り付ける。
  • 行動を促すために「スマホからLINEの友だち追加をする場合はこちら」と明記した上でURLを掲載する。

2.LINE友達とのコミュニケーションの重要性」

LINEはコミュニケーションツールであり、一般的にはお客様の問題を解決するための方法を提供するプラットフォームではありません。ただし、企業やサービスプロバイダーなどがLINEを活用して、お客様の問題に対してサポートや解決策を提供することは可能です。

例えば、多くの企業はLINEを顧客サービスや問い合わせ窓口として利用しています。LINE上でのチャットやメッセージを通じて、お客様の問題を解決するためのサポートを提供することができます。一部の企業では、自動応答システムを導入して一般的な質問に対する回答を自動化していることもあります。

ただし、LINE上での問題解決の範囲や効果は、企業や組織によって異なる場合があります。一部の問題や複雑な悩みについては、より直接的な対話や専門知識を必要とする場合がありますので、それに応じて適切なサポートチャネルや専門家に相談することが重要です。

6. 顧客エンゲージメントの促進

自動応答メッセージ
自動応答メッセージ

1.メッセージのカスタマイズとパーソナライズ

LINEには自動応答機能があります。これにより、特定の条件に基づいて自動的にメッセージを返す設定ができます。

自動応答メッセージを設定

自動的に送信されるメッセージです。トークルームでの個別チャットにも自動応答メッセージで対応できます。時間によってメッセージ内容を変えることができます。

  1. LINEアプリを開き、画面下部の「その他」(三点リーダー)アイコンをタップします。
  2. 「設定」を選択します。
  3. 「アカウント」を選択します。
  4. 「自動応答メッセージ」をタップします。
  5. 「自動応答メッセージを追加」を選択します。

ここで、以下の設定を行うことができます。

  • トリガー条件: 自動応答が実行される条件を設定します。特定のキーワードや特定の人からのメッセージなど、トリガーとなる条件を指定します。
  • 応答内容: トリガー条件が満たされた場合に自動的に返信するメッセージを設定します。テキストやスタンプ、画像、動画など、さまざまなメディアを使用することができます。
  • 有効期限: 自動応答を有効にする期間を設定することができます。必要に応じて日時の範囲を指定してください。

設定が完了したら、自動応答が有効になり、トリガー条件が満たされると自動的に指定した応答が送信されます。

ただし、自動応答機能はあくまで一方的な応答ですので、相手との対話や個別の質問には対応できません。注意が必要です。設定内容や応答メッセージは、必要に応じて自由に変更できます。

友だちからメッセージが届いたとき「システムに設定したメッセージ」を自動的に設定します。オリジナルなメッセージを作りましょう。「キーワードメッセージ」やメッセージに日にちや期間、時間指定のスケジュール設定もできます。

ホーム→「自動応答メッセージ」→「メッセージを開く」→「+追加」をタップ→メッセージの種類を選択する→メッセージを入力する→絵文字挿入

友だちの名前をメッセージに入れることもできます。これにより「自分へのメッセージだ!」と理解し、読んでくれるようになります。ホーム→「自動応答メッセージ」→「メッセージを作成」→「+追加」→テキスト入力エリアにメッセージを入力→完了

LINE アカウントで配信したメッセージは、ユーザー側では個人アカウントと同じでトールルームに表示されます。そのため、ユーザーは通常のトークルームと同じ感覚で、届いたメッセージに返信してくることがあります。しかし、LINE for Business では返信できる仕組みがありません

その際には、トークでの友だちからのメッセージに対して、自動的に返信ができます。たとえば「営業時間内は、トークでの対応ができないけど、電話ならできることを伝える」など、状況に合わせて配信できます。

つまり、あらかじめ文面が用意されているのです。特に設定を行わなくても個別の返信ができない旨のメッセージが返信されます。

  1. タイトル:ユーザーには表示されません。
  2. ステータス:配信のオン・オフ
  3. 内容:メッセージを作成
  4. スケジュール:配信期間・時間を設定
  5. キーワード:特定のキーワードで配信してきたメッセージのみに配信

2.顧客の質問に対する迅速な対応

チャット
チャット

チャットの始め方

LINE公式アカウントで収益を得るためには、まずはアカウントの人気やフォロワー数を増やすことが重要です。定期的なコンテンツ更新やフォロワーとのコミュニケーションを通じて、アカウントの価値を高めることが大切です。

また、LINE公式アカウントの利用規約やガイドラインにも適合するように注意し、利用規約に沿った適切な方法で収益を得るようにしましょう。

対応管理で漏れを防ぐ

LINEの対応管理において漏れを防ぐためには、以下の手順やベストプラクティスを考慮することが重要です。

  1. グループやチャットルームの整理: 受け持つ案件やプロジェクトごとに、それに関連するグループやチャットルームを作成しましょう。メンバーを適切に招待し、関係者が集まる場所を明確にします。
  2. ルールやガイドラインの設定: チーム全体で共有するルールやガイドラインを策定し、メンバーに周知徹底させます。例えば、対応の期限やステータスの更新方法、返信時間の目安などを含めると良いでしょう。
  3. タスク管理ツールの活用: タスク管理ツール(例: Trello、Asana、Jiraなど)を活用して、対応すべきタスクや案件を明確に管理します。タスクの派遣や進捗状況の確認が容易になり、漏れを防ぐことができます。
  4. メンションや通知機能の活用: LINEにはメンション機能や通知機能がありますので、重要なメッセージやタスクに関連する情報を特定のメンバーにアラートすることができます。必要な場合には、これらの機能を積極的に利用しましょう。
  5. 定期的なチームミーティング: 定期的なチームミーティングを設け、進捗状況や課題を共有しましょう。メンバーがお互いに情報を共有し合うことで、漏れを早期に発見し修正することができます。
  6. フォローアップとフィードバック: 対応が完了した後も、関係者との連絡を維持しましょう。フォローアップのための確認やフィードバックを求めることで、顧客満足度の向上や次回の対応の改善に繋げることができます。
  7. 監視と改善: データや指標を収集し、LINEの対応管理のプロセスや結果を監視しましょう。漏れや遅延が発生した場合は、その原因を特定し改善策を講じることが重要です。

これらの手順やベストプラクティスを実践することで、LINEの対応管理において漏れを防ぐことができます。

きめ細やかな顧客管理

LINEで細やかな顧客管理を行うためには、

  1. 友だちリストの整理: 顧客ごとに友だちリストを作成し、分類やグループ化を行いましょう。重要な顧客や特定のセグメントに基づいてグループを作成することで、管理が容易になります。
  2. プロフィール情報の活用: LINEのプロフィール情報を活用して、顧客の基本情報(氏名、連絡先、会社名など)を登録しましょう。また、プロフィールの備考欄には、顧客の好みや特記事項など、追加情報を記録しておくことも重要です。
  3. メモ機能の活用: LINEのメモ機能を使って、顧客ごとのメモや会話の要点を記録しましょう。対話の履歴や重要なポイントをメモにまとめることで、顧客への追跡やフォローアップがしやすくなります。
  4. カスタムリッチメニューの作成: LINEのカスタムリッチメニューを活用して、顧客が簡単に必要な情報を取得できるようにしましょう。メニューには、商品カタログ、価格情報、イベント情報などを含めることができます。
  5. パーソナライズされたメッセージの送信: 顧客に対してパーソナライズされたメッセージを送信することで、より一対一のコミュニケーションを実現できます。顧客の名前を使った挨拶や、過去の購入履歴に基づいたオファーや割引などを提供することが有効です。
  6. イベントやキャンペーンの通知: 顧客に対してイベントやキャンペーンの情報を通知することで、関心を引きつけ、顧客の参加や購買意欲を促すことができます。顧客ごとに興味関心や参加履歴に基づいて、適切な情報を送信しましょう。
  7. データ分析と改善: 顧客の行動データや反応を分析し、傾向やパターンを把握しましょう。顧客の好みや購買履歴に基づいて、より適切な情報やサービスを提供するための改善策を検討し、顧客体験の向上に取り組みましょう。

これらの手法を組み合わせて活用することで、LINEを使ったきめ細やかな顧客管理が可能となります。顧客との関係を深め、顧客満足度を向上させることができるでしょう。

チャットモードで自動返信

お客様からのトークへの投稿に備えて、システムが自動でメッセージを返すよう設定します。

「A1応答メッセージ」

テキストチャットや音声通話、ビデオチャットなどの機能があります。LINE は個人向けの無料サービスだけでなく、企業で利用するための管理機能などを備えたビジネス向けのサービスもあります。

自動応答メッセージは、友だちからトークルームで話しかけられたときに、システムが自動で返答するシステムです。何の返事もしないと無視されたと勘違いされるので、チャットをしない場合は自動応答メッセージを設定しておきます。

定型文で作業効率アップ

定型文はあらかじめ用意されたテンプレートや自分で作成した文を保存しておき、必要な時に簡単に呼び出して使用することができます。定型文を使用することにより、

  1. 時間の節約: 頻繁に使用する文を毎回打つ手間が省けます。定型文を選択するだけで、繰り返し作業を迅速に行うことができます。
  2. 一貫性の確保: 定型文を使用することで、メッセージや返信の内容が一貫していることを確保できます。同じ情報を伝える際にも、ミスや漏れが起きにくくなります。
  3. 誤字や文法ミスの防止: 定型文はあらかじめ作成された文なので、タイプミスや文法ミスのリスクを低減することができます。

多くのメッセージングアプリやチャットプラットフォームでは、定型文の機能が提供されています。LINEでも「クイックリプライ」という機能を使用することで、定型文を作成・保存し、メッセージのやり取りに利用することができます。

3.顧客満足度向上のための努力

LINE 公式アカウントと友だちとの間で、LINE でトークするようにやりとりができる機能で、商品の注文や予約、問い合わせなどを受け取ることができます。お客さまとしても、LINE の方が気軽にやり取りがしやすく、結果として電話以上の反応が得られます。

チャットで送られてくる数は、普段の電話がかかってくる数と大差ありません。たとえ友だちになっていても、チャットでやり取りできるのは、メッセージを受け付けたことのある友だちだけです。相手がブロックしない限り、こっちから好きな時に個別のメッセージを送ることができます。

チャットはメッセージ配信数に含まれません。チャットの保存期間は、テキストやスタンプは1年、画像やビデオなどは2週間、ファイルは1週間です。

顧客管理できめ細やかなサポート

チャットが届くと、チャットしストにそれぞれのプロフィール写真とユーザー名が表示されます。チャットをきっかけに、運営者主体でサポートします。リストからチャットを開き、ユーザー名をタップするとプロフィール画面が表示されます。

属性として「タグ」をつけます。300字までの「ノート」もつけられます。タグをつけると、友だちの数が増えて探し出すのが困難なとき楽です。タグは検索窓に入れるだけです。複数個タグを入れると絞り込むときに便利です。

タグは、お客様の生年月日、男の子・女の子、入学式・卒業式、地域名などを入れておけば、その時期にキャンペーンのメッセージを送れます。

集団やまとまりを区切った区分のためにもタグを

ひとり一人につけます。顧客情報としてカルテのようにつけます。購入履歴、サービス履歴、対応、やり取りなどを残します。これをお客様ごとのノートに残しておけば、チャットでお問い合わせがきたときに、どう対処すべきかわかります。チャットは1年で消えてしまいますが、ノートは半永久的です。

7. オンライン販促戦略

LINE 公式アカウントで LINE と同じ権利
LINE 公式アカウントで LINE と同じ権利

ネットを利用した販促では、商品やサービスを知ってもらうことが重要です。一方的に売りたい内容だけを伝えていては、売りたいものも売れません。店舗や商品、サービスへの信頼を感じ取ってもらいましょう。

1.オンラインストアやウェブサイトへの導線の提供

ブッシュ通知で情報を届けられるのが LINE の魅力です。あまりにも頻繁にメッセージを送ると、ユーザーからブロックされてしまうかもしれません。そんなときはタイムラインを併用して情報を伝えていきます。

商品や人物の魅力を伝える

LINEのカードタイプメッセージを使用して、商品や人物の魅力を伝えます。

  1. カードのデザインを魅力的にする:
    • カードに使用する画像や写真は、商品や人物の特徴や魅力を引き立てるように選びましょう。
    • 鮮明で高品質な画像を使用することで、よりプロフェッショナルな印象を与えることができます。
    • 色使いやフォントの選択にも注意し、カード全体のデザインが一貫して魅力的になるようにしましょう。
  2. 視覚的な要
    • カード内に商品や人物の特徴を表すアイコンやイラストを使用することで、視覚的なインパクトを与えることができます。
    • 商品の場合、特徴的な部分や利点を強調するために、アイコンやイラストを使用すると効果的です。
    • 人物の場合、魅力的な特徴や個性を表すアイコンやイラストを活用することで、視覚的な魅力を引き出すことができます。
  3. 素を活用する:
    • カードに使用する画像や写真は、商品や人物の特徴や魅力を引き立てるように選びましょう。
    • 鮮明で高品質な画像を使用することで、よりプロフェッショナルな印象を与えることができます。
    • 色使いやフォントの選択にも注意し、カード全体のデザインが一貫して魅力的になるようにしましょう。
  4. 短いキャッチコピーを追加する:
    • カードには短くて分かりやすいキャッチコピーを追加しましょう。
    • 商品の場合、特徴や利点を強調するキャッチコピーを使うことで、魅力的なメッセージが伝わります。
    • 人物の場合、その人の特徴や魅力を端的に表すキャッチコピーを使うことで、印象的なメッセージになります。
  5. ボタンやリンクを活用する:
    • カード内に「詳細を見る」や「購入する」などのボタンを配置し、ユーザーが簡単に行動に移せるようにしましょう。
    • 商品の場合、購入ページへのリンクを設置することで、ユーザーの購買意欲を刺激します。
    • 人物の場合、詳細情報やSNSアカウントへのリンクを設置することで、興味を持ったユーザーが更に詳しく情報を得られるようになります。
  6. 以上が、LINEのカードタイプメッセージを活用して商品や人物の魅力を伝える方法です。デザインやコピーの工夫をすることで、より効果的なメッセージを作成することができます。

2.クーポンや特典の提供

クーポンはもっとも集客効果があります。PR ページにはクーポンを利用するためのツールが多数用意されています。

LINE クーポンとは?

商品の販売の告知時に、見せると10%オフとかにしてくれる“券”のようなものです。ほとんどは商品代金の値引きとなるため、効果的な集客に結び付きやすいというメリットがあります。PRページから発行すると、クーポン配布が効率的に行えます。

クーポンを新規作成

「全員配布」と「抽選配布」の2種類があります。全員配布は、友だち登録しているユーザー全員に、抽選配布は、事前に当選者数を定めておき、抽選方法で当選者を決めて配布するクーポンです。

「全員配布」は、お店のアカウントに登録している全員に、PRページの個別設定で「発行方式」「表示形式」「使用頻度」の3種類で配布します。

「抽選配布」は、お店のアカウントに登録しているユーザーから、枚数か当選確率を指定して発行できるクーポンです。「抽選で〇名様」「先着〇名様」という使い方ができます。抽選はLINEが自動で行ってくれます。

クーポンを配信

管理画面で「PRページ」に入ると、ここに「クーポン(全員配布)」と「クーポン(抽選)」の機能があるので、この機能を利用して配信します。

クーポンの編集と削除、統計の確認

タウン誌や情報誌なども、クーポンが掲載されているので割引率などを比較されやすい。同じ商品、似たような商品やサービスでは、やはり割引率が高く、お得感が大きいものほど利用されやすいです。クーポンは発行することで友だち登録してくれたり、リピーターを増やすためにあります。

有効期限を明示:これが欠けていると、利用者が不安を感じます。

説明はわかりやすく:具体的なサービス内容を、簡潔に伝えます。「何が(誰が)どれだけお得なのか」を理解してもらうことです。

使用方法は具体的に:利用者が見落としがちなのが、提示のタイミング。予約の必要性も明記し、お客が自然にサービスを受けられるように配慮します。

注意事項は明確に:サービスに制限があったり、使えない条件がある場合は記載しておきます。

3.イベントやセールの実施

新商品やおすすめ商品の情報を伝えたいときには、たくさんの人に確実に見てもらうためにタイムラインで紹介するとともにメッセージでも紹介します。ブッシュ通知で、売り込みすぎないメッセージ文を作ります。トーク内では紹介する程度で十分です。

もちろん、ここぞ!というときは「来てね」「お待ちしてます!」などセールストークを使います。

素材のこだわりなどを伝えて誘導

食材、栄養、調理の豆知識など、店舗の独自性も魅力です。料亭や寿司店なら生きのいい鮮魚など、旬の素材情報を伝えるだけでもお客様をひきつけることができます。

LINE 公式アカウントのメッセージを見ている人にだけ提供できるメニューも人気がでます。

観光地の現地情報は受ける

交通機関の込み具合など、現地でなければわからない情報は発信するにに最適です。スキー場なら雪のコンディション、レジャー施設ならアトラクションの稼働状況、動物園なら赤ちゃんの誕生など、こうした情報はタイムライン上で「いいね」が付きやすくコメントももらいやすく盛り上がります。

動物の様子を毎日伝えるのもおすすめです。投稿を一緒に楽しむことで、お店を身近に感じてもらうことができます。

店舗スタッフの代わりをするキャラクターをつくる

例えば、犬や猫を登場させて公式アカウントへ誘導して友だちになってもらうとか。

8. データ分析と改善

データ分析と改善
データ分析と改善

1.LINE公式アカウントの分析ツールの活用

2.効果的なコンテンツと戦略の特定

3.顧客反応の改善

9. LINE 公式アカウントで収益アップを実現、成功事例の紹介

成功事例の紹介
成功事例の紹介

1.実際の事例を通じて、成功した小さなお店の事例を紹介

2.成功の秘訣や戦略の詳細

LINEは「クリエイターズアカウント」と呼ばれるプログラムを提供しています。このプログラムに登録することで、公式アカウントを通じて収益を得ることができます。クリエイターズアカウントには、LINEスタンプの販売、プレミアムコンテンツの提供、広告収入の取得など、さまざまな収益化オプションがあります。

一部のLINE公式アカウントでは、有料の特別コンテンツやサービスを提供して収益を得ることができます。例えば、会員制コミュニティや有料記事、プレミアムコンテンツなどを提供することで、ユーザーからの収入を得ることができます。

これには、特別な記事、情報、動画、音声コンテンツなどが含まれます。ユーザーはこれらのコンテンツにアクセスするために料金を支払います。LINE公式アカウントを利用して、自社の商品やサービスを販売することも可能です。

LINEショッピングやLINE Payなどの機能を組み合わせて、ユーザーに直接商品を提供し、収益を得ることができます。オンラインショップを構築し、アカウントのフォロワーに対して商品を販売することで、収益を得ることができます。

LINEの、このプログラムに参加すると、LINE公式アカウント上でのコンテンツ制作や活動に対して、報酬や支援を受けることができます。

これらは一部の方法ですが、

また、LINE公式アカウントの収益化には、一定のフォロワーベースやコンテンツの品質、マーケティング戦略などが重要ですので、それらにも注意して取り組んでください。

なので、多くの顧客に「友だち登録」してもらって、そのうえでコンテンツ配信、プロモーションをすることが大切になってきます。LINE 公式アカウントでは、チャットでトーク、画像・スタンプの送信など、LINE と同じ権利を利用できます。

必ず読まれる配信のタイミング

インターネット利用」については、平日の時間帯別行為者は、7時台から23時台まで20%を超える値で推移しており、特に12時台(34.7%)は、時間帯別行為者が高くなる21時台(41.9%)や22時台(40%)に次いで高い値となっている。また、平日・休日ともに21時台の時間別帯別行為者が最も高くなっている。

総務省情報通信政策研究所「令和2年情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査

10.LINE公式アカウントでプロモーション

プロモーション
プロモーション

伝えたい商品の紹介方法

LINE公式アカウントを通じて、企業やブランドのプロモーションや広告を行うことで収益を得ることができます。例えば、商品やサービスの紹介や特典の提供、イベントの告知などを行い、企業との提携を通じて広告料を受け取ることができます。

広告を掲載することで広告主は、あなたの公式アカウントの大きなフォロワーベースや影響力を利用して広告を出稿し、その広告から収益を得ることができます。

現地情報で共感を得る

LINEでは、現地情報で共感を得るためのさまざまな方法があります。

  1. 写真や動画の共有: 現地での風景や食べ物、イベントの写真や動画をLINEのトークルームやタイムラインで共有することで、他の人と現地の雰囲気を共感することができます。また、写真や動画にコメントやキャプションを付けて説明を加えると、より具体的な情報を伝えることができます。
  2. スタンプや絵文字の活用: LINEにはさまざまなスタンプや絵文字が用意されています。現地の特産品や文化に関連するスタンプを使用することで、他の人と共感を得ることができます。
  3. 現地の話題を提供: 現地のおすすめスポットやイベント、飲食店などの情報をLINEで共有することで、他の人との会話を通じて現地情報について語り合うことができます。また、興味深い記事やニュースを共有することも有効です。
  4. チャットボットの活用: LINEのチャットボット機能を使って、現地の情報やおすすめスポット、地元の人のおすすめなどをインタラクティブに提供することもできます。チャットボットは自動応答の形式で情報を提供し、相手との会話の流れを作り出すことができます。

これらの方法を活用することで、LINE上で現地情報に関する共感を得ることができます。相手とのコミュニケーションを大切にしながら、興味を持ってもらえる情報を提供してみてください。

キャラクターで親近感

LINEでは、キャラクターを使用して親近感を出すことができます。

  1. スタンプ: LINEにはさまざまなキャラクターのスタンプがあります。自分の好きなキャラクタースタンプを使用することで、相手とのコミュニケーションをより楽しく、親近感を感じさせることができます。
  2. キャラクターアイコン: LINEのプロフィール写真やアイコンに自分のお気に入りのキャラクターの画像を設定することで、相手に自分の好みや趣味を伝えることができます。共通のキャラクターに興味を持っている人との会話が弾むかもしれません。
  3. キャラクターテーマ: LINEには、キャラクターをテーマにしたカスタムテーマが提供されています。自分の好きなキャラクターのテーマを設定することで、LINEの見た目を個性的で可愛らしいものに変えることができます。
  4. キャラクターグッズの共有: キャラクターグッズを購入したり、自分のコレクションを共有することで、相手との共通の趣味や好みを見つけるきっかけになります。写真や動画を共有することで、キャラクターに関する話題を盛り上げることができます。

これらの方法を活用して、自分の好きなキャラクターを通じて親近感を出すことができます。相手との共通の趣味や好みを見つけることで、会話が弾みやすくなるでしょう。ただし、相手が同じキャラクターに興味を持っているかどうかは確認しておくと良いでしょう。

参加型コンテストを利用

イベントの告知で集客

店舗への集客に効果のあるイベントを開催。お祭りのように人を集めて地域の「活性化」を図る。コンサートや演劇をして「代金」を受け取る。講演会で人集めをして「感化」する。

イベントの告知には、メッセージ、タイムライン、リッチメッセージを利用することで、申し込みへの誘導がしやすくなる。電話や申し込み用のボタンの設置は必須。イベントの当日まで、イベントの雰囲気を楽しんでもらう段階を踏んだ企画はタイムラインで行う。

動画でプロモーション

LINE 公式アカウントで配信する動画は、奇麗さより「わかりやすさ」です。

チラシを配信する

単身世帯や若い世代は新聞を読まなくなっているが、チラシへの興味はある。画像化したチラシをメッセージ配信するか、タイムラインやWebへ投稿します。

友だちをまとめて集客

店舗の雰囲気を伝える

位置情報を掲載して店舗に誘導

結論

ketsuron
ketsuron

1.LINE公式アカウントの有用性再確認

2.小さなお店が成功するためのポイントのまとめ

追加リソース

tsuika
tsuika

1.関連するツールやリンク

2.問い合わせ先情報

カードタイプメッセージを配信

何なりとお申し付けください。