【PHP初体験】どんなことができるのか?XAMPPを導入

エグザンプを使ってPHP PHP
エグザンプを使ってPHP

きょうは PHP について学ぶ1回目です。

WordPress はPHP で書かれています。Web 開発に欠かせない根強い人気を持ち、初心者でも取り組みやすい言語の一つです。PHP はサーバーサイドでコードを実行します。

OS やアプリの動作の変換を自動化します。作成や変換を簡単にできます。

ゴチャゴチャしておりますが、ユーザーさんが多いので、ドンドン新しいことを取り込み進化している言語ではないでしょうか?

きょうはあなたと、PHP について学習する1回目です。

私が HTTP と CSS をマスターして、次何をするか?といったら JavaScript か PHP になるじゃないですか。で、方向としてサイト制作と Web アプリ開発がある。それで JavaScript を先にやって今、PHP をしている、三重県津市在住のそこそこ年取っている男性です。

1.PHP とは何か?

taka
taka

PHP は HTML に埋め込んで使うことができるスクリプト言語です。

プログラム言語の1種と呼ばれる言語で、データベースと連携した処理を簡単に開発できます。

1.PHP と JavaScript はどう違うの?

PHP とJ avaScrip は、両方ともウェブ開発において重要な役割を果たすプログラミング言語ですが、いくつかの重要な違いがあります。

  1. PHP は主にサーバーサイドで実行される言語です。サーバーサイドの処理とは、ウェブサーバー上でPHPコードが実行され、その結果がクライアントに送信されることを意味します。一方、JavaScript は主にクライアントサイドで実行される言語です。(最近はサーバーでも実行されていますが)。クライアントのウェブブラウザで直接実行され、動的なウェブページの操作やクライアント側での処理を可能にします。
  2. PHP はウェブサイトやウェブアプリケーションのバックエンド開発に使用されます。バックエンドとは、データベースとのやり取りやビジネスロジックの処理など、サーバーサイドで行われる処理を指します。一方、JavaScript は主にウェブページのフロントエンド開発に使用されます。ユーザーインタラクションや動的なコンテンツの表示など、クライアント側での表示と操作を担当します。
  3. PHP は主にウェブ開発向けに設計されたスクリプト言語であり、シンタックスが C 言語や Perl に似ています。データベースへのアクセスやフォームデータの処理など、ウェブ開発に必要な機能を備えています。一方、JavaScript はプロトタイプベースのスクリプト言語であり、動的なコンテンツやイベント駆動の操作に重点を置いています。JavaScript はブラウザ上で直接実行されるため、ウェブページの見た目や動作に関連する機能を提供します。
  4. PHP は、ウェブサイトやウェブアプリケーションのバックエンド開発やサーバーサイドの処理に最適です。データベースの操作、フォームのバリデーション、データの処理など、サーバーサイドのタスクを効果的に実行することができます。一方、JavaScript はクライアントサイドでのインタラクティブな機能や動的なコンテンツの表示に適しています。ユーザーの入力に対する応答やDOM 操作、アニメーションなど、ブラウザ上での動作に関するタスクに使用されます。
mika
mika

DOM(Document Object Model)操作は、ウェブページの要素やコンテンツに対して動的な変更や操作を行うための技術や手法のことを指します。

taka
taka

DOM は、HTML や XML ドキュメントの階層構造を表現し、各要素やノードにアクセスするための方法を提供します。

ウェブブラウザは、ウェブページを読み込む際に DOM ツリーを構築します。DOM ツリーは、HTML 要素(タグ)やテキスト、属性などのノードから構成されています。DOM 操作は、このDOMツリー上で行われます。

DOM 操作を使用すると、JavaScript などのスクリプト言語を使用して、DOM ツリー内の要素や属性を変更、作成、削除したり、イベントのリスナーを追加したりできます。例えば、特定の要素のテキストを変更する、新しい要素を追加する、クラス名やスタイルを変更するなどの操作が可能です。

DOM 操作は、動的なコンテンツの表示や非表示、フォームの入力値の取得や設定、ユーザーのアクションに対する応答など、インタラクティブなウェブページの作成や操作に広く使用されます。

PHP と JavaScript は、ウェブ開発において相補的な役割を果たしています。PHP はサーバーサイドの処理を担当し、データの取得や処理、データベースの操作などを行います。JavaScript はクライアントサイドの処理を担当し、ユーザーのインタラクションや動的なコンテンツの表示などを実現します。

mika
mika

PHP と JavaScript は相補っているのね。

サイト制作なら JavaScript、Web 制作なら PHP って聞いたことあるので、今回はとりあえず PHP をやってみようと思います。Web アプリの代表格は Twitter や Instagram 。この辺を作れたら楽しそうじゃないですか。

PHP は計算が得意だけど記憶はよくないんだって(w)

PHP は計算が得意ですが記憶はよくありません。この記憶に「データベース」を使っています。記憶するためのツールですね。

HTML を作るということから始めます。

2.PHP があるとどんなことができるの?

PHP(Hypertext Preprocessor)は、サーバーサイドで動作するオープンソースのスクリプト言語です。PHPを使用すると、WebサイトやWebアプリケーションの開発や管理にさまざまなことができます。以下に、PHPが提供する主な機能や用途をいくつか挙げてみます。

  1. 動的なWebページの生成: PHPはHTML内に埋め込まれ、動的なコンテンツを生成するために使用されます。データベースから情報を取得し、それをHTMLに組み込んでユーザーに表示することができます。
  2. フォーム処理: PHPを使ってWebフォームを処理することができます。ユーザーがフォームに情報を入力し、それを受け取り、処理するためのスクリプトを書くことができます。
  3. セッション管理: PHPはセッションを管理するための機能を提供します。ユーザーのログイン状態を維持し、セッションを介してユーザーの状態をトラックしたり、セキュアなログイン機能を実装したりすることができます。
  4. データベース連携: PHPは多くのデータベースとの連携をサポートしています。MySQLやPostgreSQL、SQLiteなどのデータベースに接続し、データの取得、更新、削除などを行うことができます。
  5. ファイル処理: PHPはファイルの読み書きや操作を行うための機能を提供します。ファイルのアップロードやダウンロード、操作などを行うことができます。
  6. 画像処理: PHPには画像処理ライブラリが組み込まれており、画像の生成、編集、変換などを行うことができます。
  7. APIの作成: PHPを使用して、RESTful APIやSOAPなどのWebサービスを作成することができます。これにより、外部のアプリケーションやサービスとの連携が可能になります。
  8. フレームワーク: PHPにはさまざまなフレームワークがあります。例えば、LaravelやSymfonyなどがあり、これらのフレームワークを使用することで、効率的にWebアプリケーションを開発することができます。

これらはPHPの主な機能や用途の一部ですが、実際にはさらに多くのことができます。PHPはWeb開発において非常に柔軟で強力なツールです。

HTML で例えば「時間」を書くとします。でも時間は過ぎていってもそのまま変わりません。しかし、PHP は「今の時間」を表示したいとき次のように入力します。時間が変わるたびに PHP は人間の代わりに HTML を書いてくれるのです。

<?phpecho date(‘Y-m-d’).”<br/>n”;//現在日付 2022-04-05
echodate(‘H:i:s’).”<br/>n”;//現在時間 01:01:01
echo date(‘Y-m-d
H:i:s’).”<br/>n”;//現在日時 2022-01-01 01:01:01?>

ローカル環境構築とはどんなプログラム言語でも必要なものです。ローカルに開発環境したい場合、XAMPP(ザンプ)を使います。PHP を使用することができるレンタルサーバーもあるので、すぐに勉強を始められます。

Web アプリを公開するためにはサーバーに置く必要があります。サーバーにアップする前に、サイトの動作や表示確認を手持ちのパソコン内で行うことです。 インターネット上のサイトに影響を与えることなく、安心してカスタマイズ(作り変えること)を行えるようになります。

サーバーとはコンピュータのことですが普通のコンピュータです。サーバーはコンピュータが果たすどんなコンピュータでもサーバーになれます。

いつなんどき誰がアクセスしてくるかわかりませんよね? そこでサーバーを立ち上げます。誰かがアクセスしてくるまで待機しているコンピュータのことをサーバーと呼びます。誰かがアクセスしてきたら HTML を返すことを Web サーバーと呼びます。

それがレンタルサーバー、Xserver のような会社ですね。レンタルといっても家に貸してくれるものじゃなくてある場所に置いてあるサーバーを借りるわけです。

これらはネットでつなぐというか契約することができます。

Web サーバーに PHP をいれる必要があります。

3.PHP を使った Web サイトを公開する場合

PHP を使った Web サイトを公開するためには、いくつかの手順と要件があります。

  1. Web ホスティング: PHP を実行できる Web ホスティングプロバイダーを選択する必要があります。一般的に、共有ホスティングやクラウドホスティングプランが利用可能です。主要なプロバイダーには、Bluehost、HostGator、SiteGround、DigitalOcean などがあります。
  2. PHP のバージョン管理: PHP バージョンの管理が重要です。適切なバージョンを選択し、アップデートを定期的に行うことで、セキュリティとパフォーマンスを確保します。
  3. データベース: 多くの Web アプリケーションはデータベースを使用します。MySQL や PostgreSQL などのデータベースを選択し、適切に設定しておく必要があります。
  4. セキュリティ: Web サイトのセキュリティを確保するためには、適切なセキュリティ対策を講じる必要があります。これには、HTTPS の使用、データ検証、SQL インジェクション対策、クロスサイトスクリプティング(XSS)対策などが含まれます。
  5. フレームワークまたはライブラリの選択: PHP フレームワークやライブラリを使用することで、開発を迅速化し、コードの再利用性と保守性を高めることができます。人気のあるフレームワークには、Laravel、Symfony、CodeIgniter などがあります。
  6. ファイル構造の設計: PHP プロジェクトのファイル構造を適切に設計することで、コードの整理やメンテナンスが容易になります。一般的な構造には、MVC(Model-View-Controller)などのデザインパターンを採用することが含まれます。
  7. バージョン管理システム: コードの変更履歴を管理するために、バージョン管理システム(例えば、Git)を使用することをお勧めします。これにより、チームでの協力やプロジェクトのバージョン管理が容易になります。
  8. デプロイメント: Web サイトを公開する前に、適切なデプロイメントプロセスを確立しておくことが重要です。これには、サーバーへのファイルのアップロードや設定の確認、テスト、自動化などが含まれます。

これらの要素を適切に考慮し、実装することで、PHP を使った Web サイトを安全かつ効果的に公開することができます。

しかし、通常 PHP のソフトは自分のパソコンの中に入っていません。普段は必要ないものですから。サーバーをリモート環境、自分のパソコンをローカル環境といいます。ローカル環境の中に PHP を入れる必要があるのです。ブラウザから PHP が書き換えた HTML を確認するためには Web サーバーが必要です。

  • PHP で書かれたプログラムのことを PHP スクリプト(より小さなプログラム)と呼んでいます。
  • スクリプトを実行する場合コンパイル(プログラムをコンピュータに解釈できる形に変換する処理)という作業がいりません。Java と違い PHP はその必要がないのです。

スクリプト言語と呼ばれる、PHP、JavaScript、Ruby などはスクリプトを書いたらそのままの状態で実行できるのです。レンタルサーバーと契約して、アップロードすれば開発したプログラムを簡単に公開することができます。

レンタルサーバーと契約して、アップロードすればいいのね。

2.PHP を学ぶ順序

PHP
PHP
  1. 基本的なプログラミング概念の理解: PHPを学ぶ前に、プログラミングの基礎概念を理解することが重要です。変数、条件分岐、ループ、関数などの基本的なプログラミング概念について学ぶと良いでしょう。
  2. HTMLとCSSの学習: PHPは主にウェブ開発で使用される言語ですので、HTMLとCSSの基礎を学ぶことが必要です。HTMLはウェブページの構造を定義するためのマークアップ言語であり、CSSはウェブページのスタイルやデザインを指定するための言語です。
  3. PHPの基礎: PHPの基本構文やデータ型、変数、配列、制御構造(条件分岐、ループ)などを学びましょう。PHPの公式ドキュメントやオンラインチュートリアルが役立つ情報源です。
  4. フォーム処理とデータベース: PHPを使ってウェブフォームの処理やデータベースとの連携を学びましょう。フォームデータの受け取りや検証、データベースへのデータの保存や取得などを実践的に学ぶことが重要です。
  5. セキュリティとベストプラクティス: PHPでウェブアプリケーションを開発する際には、セキュリティ上の考慮事項やベストプラクティスについて学ぶことが重要です。セキュリティ脆弱性の対策や攻撃への対処方法などについて理解しましょう。
  6. フレームワークの学習: PHPのフレームワーク(例: Laravel、Symfony、CodeIgniterなど)を学ぶことで、効率的なウェブアプリケーションの開発が可能になります。フレームワークは、共通のタスクやパターンを抽象化し、開発の効率性を向上させるためのツールやライブラリの集合です。

このような順序で学習することで、PHPの基礎を習得し、実際のウェブ開発に役立てることができます。ただし、個人の学習スタイルや目標に合わせて調整することも重要です。

TechAcademy [テックアカデミー] 

たか
たか

PHP は Web システム開発に特化した開発言語です。

3.PHPプログラミングを始めるためには

PHP
PHP

PHP スクリプトを実行するためには、PHP の実行環境が必要です。一般的な方法は、Web サーバー(例:Apache、Nginx)をインストールし、PHP をサーバーと統合することです。別の選択肢として、ローカル環境で PHP を実行するために XAMPP や MAMP などのパッケージを使用することもできます。

PHP コードを作成するためには、テキストエディタまたは PHP に特化した IDE を使用します。一般的なテキストエディタには Notepad++、Sublime Text、Atom などがあり、PHP に特化した IDE としては PHPStorm、NetBeans、Visual Studio Code(拡張機能を追加することで PHP サポートを得ることができます)などがあります。

PHP に関する学習資料やチュートリアルを参照することで、言語の基礎を学ぶことができます。公式の PHP ドキュメント(http://php.net)は、PHP の詳細な情報を提供しています。また、オンラインのチュートリアルや書籍もPHPの学習に役立ちます。

PHP は主にウェブ開発に使用されるため、ウェブサーバーの基本的な概念や動作原理を理解する必要があります。HTTP リクエストとレスポンス、セッション管理、データベースの連携など、ウェブ開発の基礎知識を身につけることが重要です。

PHP はデータベースとの連携にも使用されます。MySQL や PostgreSQL などのデータベースをインストールし、PHP からデータベースにアクセスする方法を学ぶことが重要です。SQL の基礎知識も役立ちます。

mika
mika

このソフトをつかうことで、手軽に PHP の開発環境を準備できます。

これらの要素を備えることで、PHP プログラミングの準備が整います。また、実際に PHP を使用してウェブアプリケーションを開発する場合は、HTML、CSS、JavaScript などのフロントエンド技術や、セキュリティの基礎知識も必要になることがあります。

初日はまず力を抜いて、PHP でのプログラミングを「体験」します。プログラミングは「楽しむ」ことが一番大切ですからね。

無理に覚えようとせず、サンプルプログラムを打ち込み、動かしてみます。「体験」してゆくことで、「ポイント」が見えてきます。「動いた!」という感動が味わえれば、あなたはもう PHP プログラマです。

taka
taka

あとがき

HTML/CSS が一応できるようになったら、PHP か JavaScript をやるべきだと思います。

PHP は他のプログラミング言語と比べて文法が簡単なため習得しやすいといわれています。また
MySQL などのデータベースとの連携が簡単なことなどから、WordPress の開発にもよく使われています。

PHPの主な特徴として HTML ファイルの中に埋め込んで使えることがあります。これによって PHP・HTML を別々のファイルとしてでなく、1つのファイルにまとめられるので便利です。

PHP は Web サーバー側、JavaScript ユーザー側のブラウザで行われます。PHP は問い合わせフォーム・ショッピングカートなど、さまざまなアプリで使われています。たとえばショッピングカートで購入した商品の種類や数によって確認画面などで表示される内容が変わります。

WordPress で作成された Web ページにアクセスするたびに、PHP が HTML で表示します。記事を投稿するたびに新着記事として、関連記事として紹介する記事が自動的に変更されたりするようになっているわけです。テーマ・プラグインなども PHP で作成されています。

変数や演算子・if文・while文・関数について知ってるだけで、ユーザーの好みと使い方に合わせて、システムやソフトウェアの機能などを設定し直すことができるようになります。WordPress で自分の Web ページを作成したい場合は、ぜひPHPの利用にチャレンジしてみて下さい。

PHP について、悩みや疑問がありましたらご自由にコメント欄に投稿してください。(コメント欄はこの記事の最下部です)。いただいたコメントはすべて拝見し、真剣に回答させていただきます。

コメント

何なりとお申し付けください。