必見!英会話初心者におすすめの誰でもできるちょっと変わった英語学習法

これだけでOK英語学習 English
これだけでOK英語学習

きょうは英語学習法について学びます。

私は日本の外国語教育は根本的に間違っていると思っています。喋れるようになったり、ネイティブと同じスピードで文章が読めるようになるには、ちょっと違ったやりかたがあると思っています。

まず中学校の教科書、1年から3年までを3冊用意します。その3冊の教科書を毎日10分ずつ声を出して読みます。ただひたすら、お経を唱えるように読むのです。

言うのは簡単ですが、ふつうは飽きてきますよね?

きょうはあなたと、その勉強法について学習します。

1.その「飽きる」というのが重要です

勉強に飽きた人々
勉強に飽きた人々

問題提起

文章を一度読んだだけであっという間に暗記してしまう。なぜそんなに早く覚えれるのか?とたずねると、

問題を放置した際に起こる不利益

この文章に書かれている山々に抱かれた広大な牧草地帯、そこに太陽がキラキラと照り付けている。その太陽を受けて草がきらめいている、その草を羊がはんでいるという光景を、自分は目の前に浮かべてしまう。するとひとりでに文章が覚えられるのだ。

つまり「一枚の絵として浮かべやすいものは、覚えやすい」

2.私がなぜ英語の勉強ができなかったのか

私がなぜ英語の勉強ができなかったのか
私がなぜ英語の勉強ができなかったのか

乗り越えるべき課題

1.勉強のやり方、つまり勉強法に問題があった

私がなぜ英語の勉強ができなかったのかわかるような気がします。それは、勉強できる、できないではなく、勉強のやり方、つまり勉強法に問題があったように思います。

「英検」になぜ合格できなかったのか? その一番のポイントになるのは「ゴールからの発想」だと思います。量だけは人一倍やってきましたが、量ではなく質で勝負しなければならないということがわかりました。

合理的な勉強法として「全体像をつかむ」—体系を考える—-目次をコピーなど、「はじめに」と「終わりに」を先に読んでしまう「全体像をつかむ」勉強が必要でした。さらに、常に物事を表面からではなく裏面からも考えてみる習慣をつけることも大事です。

勉強時間も足りませんでした。限界だと思ってからが挑戦であるのに、もうダメだと思ってからもう一問解くとか、もう読めないと思ってから、さらにあと一頁読んでみるとか「根性」も必要です。

人間は意志が弱い動物だから、勉強を続けるためには遠くにある本当の目標に代わってすぐ目先に仮の目標を立てることも大事ですね。3級、2級、1級と目標にすべきでところを、つい受験費用のことを考えて「飛び級」してしまいがちです。

こういう対面の「英会話」も必要ですが、自分で自分に講義する仕方も勉強になります。過去問に始り過去問に終わると、自分に必要なものは何か考えるようになります。

英会話だけでなく、「書き取り」も重要な要素です。マーキングは、章立て・内容区別項目分け・重要度です。具体例のメモは、抽象的な事柄を理解するためです。頭の回転を早くする方法は、録音した音声の早回しがいいです。

明日の予習の目的は講義の中で疑問を発見すること。講義が終わったあとの5分間は復習のゴールデンタイムです。時間の使い方は優先順位をつけることでしょうか。

1週間前から試験当日と同じ時間に起きて、同じ時間に問題を解き、同じ時間に昼食をとり、同じ時間にトイレに行くとか、スケジュールに慣れておくといいようです。勉強して疲れたときは、浅くてこまぎれの睡眠をとるだけで疲労回復できます。30分以内がいいです。

3.塾は勉強ではなく勉強法を教える所

塾で勉強する
塾で勉強する

課題を克服する方法

良い先生というのは「自分で勉強したいと思わせる」先生だと思います。

1.勉強の面白さは5段階

  1. 点数が取れて楽しいゲーム感覚
  2. 社会的な評価を得る達成感
  3. 自己成長の満足感
  4. 時間を忘れて没頭する感覚
  5. 追い求めていた以上の発見

「わかった」とは自分の体験でいうことができること

「人生の目標は、世界中の子どもの笑顔を取り戻すこと」

それはなぜか?「人間は幸せになる権利があると思うし、それは日本の子どもたちでけではなく世界中の子どもたちも同じです。世界にはまだ悲惨な状況に置かれた子どもたちがいるのでそういう子供たちが幸せになる社会を作りたいと思います」

そのために何をされていますか?

2.中学の教科書3冊を「ただ毎日読み続けます」

それを半年続けます。すると頭の中で何かが死に、そのかわり一時的に何かが目を覚まします。半年もするとものすごい勢いで英文が読めるようになります。

高校の教書ではなく中学の教科書というのが味噌です。やさしい英文で頭を使わないというか、英語だとか、文章だとか意識しないで、ただの音のつながり、っていうかそれさえも考えず、ただひたすら唱える、どういいますか読むんじゃなくて唱えるのです。

これは右脳と左脳との関係のようです。左脳が牙城としている言語関係の仕事の一部を右脳に引き渡すにはすごく時間がかかるということですね。なんせ半年も中学の英語の教科書をお経のように唱えるとなると、やさしい文章でないといけなかったのは、複雑な文章の苦手な右脳が覚えるためだったのです。

「無知な教師」という本があります。この教師はフランス人ですが、ぜんぜんわからないオランダ語を学生に教えることになりました。どういう指導をしたかというとフランス語とオランダ語それぞれの対訳語を丸暗記させたようです。それでオランダ語ができるようにさせました。

「あなたは誰に日本語を教えてもらいましたか?」

生まれてから誰ともなく物を覚えていった筈です。「リンゴ」なら見ればわかるようになっていくわけです。けっして小学校ではなかったでしょう。人間は教師なしでも勉強できるのです。

本を1冊、最初から最後までいちおう読めるようになりました。しかしその結果、英語の試験の成績が向上したかというとそうではありませんでした。あいかわらず英語の成績はぱっとしませんでした。日本の中学・高校における英語の授業は、生徒が生きた実際のの英語を身につけるようにはなっていないということです。

高校・大学受験の英語テストでいい点数をとること、それが目的になっているからです。英文を話したりするような実用的な英語よりも、普段使わないような難しい単語を覚えたり、前置詞や冠詞、仮定法過去完了はどういう構文なのかということが重要になっているのです。

もちろんそういう細かい知識も必要ではありますが、それらは後からいくらでも補強することができます。そのくせ受験英語ができた優秀な生徒は、外国へ行って英語が話せるかというとそうではないのですね。ですから小学生の内から英語教室に通わせるなんてのは時間の無駄とした言いようがないように思います。

「あの高校、この大学に何人合格させた」というように親も子も教師も一喜一憂しているのですか、いやはやなんともはやといいたいところです。

自分の人生の目標は何か?それはなぜか?そのために何をしているのか?

私はかって、塾を経営していました。

塾を始めるとき、特別な準備というか心構えのようなものが欠けていたと思います。自宅を教室にしたので建物は不必要でしたし、開業資金もそれほど掛かるものではありませんでしたし、知り合いの手伝いもいりませんでした。

しかし今、考えてみると本来以下のような段階を踏んだ方が良かったように思います。

真の人を育てたいと熱意を込めて語り歩く

それは面白そうだからと銀行を紹介してくれる

銀行で「夢を叶える勉強法を教える塾を作りたい」と一生懸命語る

担保なしに金を貸してくれる銀行が現れる

事務所スペースではなく、柱がなく広い教室として使えるスペースを突然紹介してくれる

昔の知り合いから電話がはいり、塾を立ち上げる話をすると「ぜひ手伝わせてくれ」となる。

何もないところから出発して、一生懸命理想を語ったら、次から次へと必要なものが集まってくるとしたらすごいものです。

  1. 私たちは私利私欲ではなく、本当に理念のある人を育てたいと心から思っている
  2. 利他的な心が何かを呼び寄せている。

夢や理想は頭の中で考えているだけでは実現しませんよね。紙に書いたり、壁に貼ったり、人に話したり、宣言したりして外に出していかなければなりません。口に出していう言葉はプラス思考のもので、否定的な言葉を使う人の傍に行かないこともポイントかと。

後ろを振り返ると自分の登ってきた山道が延々と見えるような勉強をしたいです。勉強は人生の種まきで、自分が蒔いた種によって将来が決まるといっても過言ではないと思います。

3.模擬テストの調査票

「もし志望校について学校の先生と自分の希望とが違って、揺れている人がいたら、この模試の結果を学校に見せなさい」と自信満々にいう塾講師がいます。

受験競争や学歴信仰が叫ばれ、ますます点数競争が進んで、いかに早く正確に問題を解いて受験に合格するかが求められています。

最近はオリンピックの体操競技さえ軽業的妙技が要求されます。つまり、専門家の指導の下で徹底して訓練が必要になりました。

「学校だけで勉強がわかり、進学ができるくらいなら塾へは行かせない」という親がいます。

「学校の授業は眠いけど、塾の塾の授業は面白いっていってます。学校の先生って、雑用で忙しい忙しいといって、授業が分からなくなって子どもを置いてきぼりにするのはよくない」という親もいます。

「塾だと他の学校の生徒も来ているし、先生もよく話を聞いてくれるし、勉強もわからないところは授業の後で職員室へ行けば教えてくれる」という子もいます。彼ら彼女らにとっては、塾は社交の場であり、勉強をわかるまで教えてくれる場所でもあるのです。

いま、塾へ行かなくても授業が分かる子どもは、自らの生活と勉強をコントロールできる力をもっています。

学校の教師も、生徒との触れ合いを大切にして、プロの教師としての授業能力と人間的魅力を持ち合わせていなければならないのです。

反省しなければならないのは、子どもを塾へ追いやっている受験の在り方や学校の教育、そして自分の子どもがしっかり見えていない親たちだと思います。子どもたちは、学校であれ塾であれ、自分たちの城にしてしまう逞しさをもっています。

4.外国人と話す方法

個人レベルのつきあいでは、相手に会社名や役職をいっても仕方がない。どんな内容をどう伝えれば興味を持ってもらえるのか、それを学ぶ。2つ目は意見交換に不可欠な陳述能力を伸ばす方法。3つ目は英語日記の書き方。

まずは「自分の名前から」。番目は「職業」。日本人は会社名や大学を職業のように言うが、外国人には職業をいう。

一言で言えない場合は(出版社で働いています)

2番目は「家族や誕生日を話す」。個人的な話をすることが「自分にに親しみを持ってくれているんだな」と親密な感じを与える。年齢を聞くのは失礼だが誕生日を聞くのは失礼ではない。これまでにどんな国を旅したのかも聞くと共通点を見つけられてよい。

3番目は自分の趣味や好きな小説家、音楽などの話も積極的に出すと人間性がでて良い。

あとがき

日本人に適した英語学習法は、以下のような特徴を持つものがあります。

  1. 文法の習得に重点を置く 日本語と英語の文法には大きな違いがあります。そのため、英語学習初心者にとっては、英語の文法をしっかりと習得することが重要です。英語の文法を理解することで、英語の構造を理解し、自分自身で英文を作ることができるようになります。
  2. 大量のリスニングを行う 英語に慣れ親しむために、日本語字幕のついた英語の映画やドラマを視聴することが有効です。また、英語のラジオ番組やポッドキャストを聴くことも効果的です。大量のリスニングを行うことで、英語のリズムやイントネーション、発音などを身につけることができます。
  3. 口頭での練習を重視する 英語は口頭で話すことが必要です。リスニング力や読解力を高めることも大切ですが、英会話をするためには、話す練習を積むことが不可欠です。英語を話す相手がいない場合は、自分で声に出して練習することもできます。
  4. ポジティブなアプローチを心がける 英語を学ぶ上で、失敗やミスを恐れると学習意欲が低下してしまいます。ポジティブなアプローチを心がけ、失敗を恐れずに積極的に英語学習に取り組むことが大切です。
  5. 自分に合った学習法を見つける 英語学習には人それぞれの好みや学習スタイルがあります。自分に合った学習法を見つけることで、より効率的に英語学習を進めることができます。たとえば、英語を書くことが好きな人は、英作文を書いたり、日記を英語で書くことで英語力を向上させることができます。

以上が、日本人に適した英語学習法の一例です。しかし、英語学習には個人差があるため、自分に合った学習法を見つけることが大切です。

コメント

何なりとお申し付けください。