AWS 資格、情報処理技術者資格、LinuX 技術者認定資格とは何か?

注目の IT 資格 AWS 認定資格試験 資格
注目の IT 資格 AWS 認定資格試験

きょうは「AWS 認定資格試験」と「情報処理技術者資格」「LinuX」について学びます。

「資格だけでは食べてゆけない!」といわれる時代です。資格が役に立つのは転職の時に、履歴書に書けるという程度でした。目的に合わせてとらないと何の役にもたたない代物になりかねません。

しかし、資格だけでビジネスを成功させている人がいます。それが「AWS」と「情報処理技術者」「LinuX」です。他の資格とどうちがうのでしょうか?不思議ですね。

きょうはあなたと、この3つの資格 について学習します。

ちなみに私は「ブログ歴15年、過去1000記事以上書いてきて、今「資格」について考えている三重県津市在住の男性です。

1.AWS の資格取得だけで稼げるわけでもありませんが

資格をハサミで切る
資格だけで稼げるわけではないが
taka
taka

こんなに暑いのに「コロナは風邪だから」と意に介さない人がいたりします。

「寒くなったらもっとひどいことになる」という人もいます。今のところ「わからない」が正確な情報です。

1.資格をとるのに「 AWS がいい!」とはわかってはいても、「将来どうなの?」

IT 関連の資格は何百とあります。その中でもっとも重視されているのが、情報処理技術者試験です。幅広い体系的な一般理論をベースにしているため製品の流行に左右されません。情報処理技術者試験に合格することは、将来の就職やキャリアにおいて有利な要素となる可能性があります。

  1. 就職競争力の向上: 情報処理技術者試験は、情報処理分野における知識やスキルを評価する資格試験です。合格することで、他の応募者と比べて競争力を高めることができます。特に、求人市場で需要の高い分野であるソフトウェア開発やネットワークエンジニアリングなどの専門領域での就職において、合格は有利に働くでしょう。
  2. 職業的信頼性の向上: 情報処理技術者試験は、一定の基準を満たした知識と技術を有することを証明する資格です。合格することで、自身の職業的信頼性を高めることができます。これは、クライアントや雇用主に対して、自身の能力をアピールする際に役立ちます。
  3. スキルの向上とキャリアの発展: 試験に向けた学習過程で得た知識や経験は、将来の仕事やキャリアの発展に役立つことがあります。また、合格後には、情報処理技術者としてのスキルや知識をさらに深めるための継続的な学習や専門化の機会が与えられる場合もあります。
  4. 資格手当や昇進の可能性: 一部の企業や公的機関では、情報処理技術者試験の合格者に対して資格手当や昇進の機会を提供する場合があります。このような特典は、合格者にとって将来の経済的なメリットとなります。

しかし、情報処理技術者試験に合格したからといって自動的に有利になるわけではありません。

試験の合格はあくまで一つの要素です。

2.ベンダー試験という分野

ベンダー試験とはなんぞや?

ベンダー試験とは、IT製品のメーカー(ベンダー)が提供する製品やサービスについて、その製品やサービスの性能や機能、規格や規定に基づく適合性などを評価するためのテストや検証のことを指します。

ベンダー試験は、顧客や利用者が安心して製品やサービスを利用できるようにするために行われる場合が多く、セキュリティやパフォーマンスなどの重要な要素が含まれます。また、ベンダー自身も製品の品質を確認し、改善につなげることができます。ベンダー試験は、一般的には第三者の機関や専門家が行い、試験結果は公表されることがあります。

特定製品のエンジニア育成と囲い込みを目的とし、活用方法のスキルを評価するものです。(マイクロソフト認定プロフェッショナル、オラクルマスターなど)。ただし、ソフトウェアのバージョンアップに伴い、再試験が必要となり、使い捨てのイメージがつきまといます。

ベンダー試験(Vendor Certification)は、特定のテクノロジーや製品を提供するベンダー(製品やサービスを提供する企業)が実施する技術試験です。ベンダー試験は、そのベンダーの製品やサービスに関連するスキルや知識を持つ個人を認定することを目的としています。

3.ベンダー試験の利用範囲

  1. 技術スキルの認定: ベンダー試験は、特定の技術や製品に関連するスキルを持つ個人を認定するために利用されます。例えば、Microsoft社のMicrosoft Certified Professional(MCP)やCisco社のCisco Certified Network Associate(CCNA)など、特定のベンダーの製品や技術に関する試験があります。
  2. 採用・就職の判断基準: ベンダー試験の認定は、採用や就職の際の判断基準として利用されることがあります。特定のベンダーの製品やサービスに対する知識やスキルを持つことは、企業や雇用主にとって価値のある要素となります。
  3. パートナープログラム: ベンダーと協力関係を築くためのパートナープログラムにおいて、ベンダー試験の認定が必要な場合があります。パートナープログラムに参加するためには、ベンダーが定める一定の要件を満たす必要があります。

ベンダー試験は、技術者や開発者などの個人が特定の技術や製品に関するスキルを証明するための手段として利用されます。これにより、市場価値を高めたり、専門的な知識を磨いたりすることができます。ただし、ベンダー試験はベンダーごとに異なる内容や要件があるため、試験の受験や詳細については各ベンダーの公式ウェブサイトや資料を参照してください。

4.ベンダーニュートラル試験という分野

情報処理技術者試験は、ベンダーニュートラル(Vendor Neutral)な試験です。ベンダーニュートラルとは、特定のベンダーや製品に依存せず、広範な情報処理分野の知識やスキルを評価する試験のことを指します。

情報処理技術者試験は、日本の情報処理推進機構(IPA)が主催しており、情報処理技術者の基礎的な知識やスキルを総合的に評価することを目的としています。この試験は、情報処理技術者の倫理観、ビジネス理解、システム開発やネットワーク、データベースなどの技術領域に関する知識を問うものです。

したがって、情報処理技術者試験は、特定のベンダーの製品や技術に関連するものではなく、広範な情報処理分野の知識とスキルを評価するため、ベンダーニュートラルな試験と言えます。

プロジェクトマネージャー、XML マスターなどです。業界レベルでの普及や技術者養成を目的とし、専門分野が細かく分類されています。そのため、資格を取得すると高く評価され、ベンダー試験と比べて投資対効果が高いといえます。AWS もこの分野にはいりますね。

サーバー・ストレージ・データベース・ソフトウェアといったコンピューターを使った様々なサービスを利用することを指します。クラウドコンピューティングでは、1台の PC とネット環境さえあれば、サーバーや大容量のストレージ、高速なデータベースなどを必要な分だけ利用できるわけです。

ベンダーニュートラル試験は、ソフトウェア製品やサービスが、特定のベンダーのプラットフォームや技術に依存しないで、異なるベンダーのプラットフォーム上で動作することを確認するテストのことです。つまり、特定のベンダーに依存しないことで、システムの柔軟性や相互運用性を確保することが目的となります。

ベンダーニュートラル試験では、異なるベンダーのプラットフォームで同じソフトウェアやサービスをテストし、正しく動作することを確認します。これにより、ベンダーロックインを回避し、より広範な市場に製品を提供することが可能になります。また、ベンダーニュートラル試験は、オープンスタンダードを遵守し、相互運用性を保証するためにも役立ちます。

ベンダーニュートラル試験(Vendor-Neutral Certification)は、特定のベンダーや製品に依存しない技術試験のことです。ベンダーニュートラル試験は、幅広い技術スキルや知識を持つ個人を認定することを目的としています。

5.ベンダーニュートラル試験の特徴

  1. 複数のベンダーや製品に対応: ベンダーニュートラル試験は、特定のベンダーや製品に依存せず、広範な技術や概念に対応しています。これにより、個人の技術力や知識の幅を測ることができます。
  2. 汎用的なスキルの評価: ベンダーニュートラル試験は、一般的な技術スキルやベストプラクティスに焦点を当てています。特定の製品やベンダーに固有の知識よりも、幅広い技術的な理解や問題解決能力を評価することを目的としています。
  3. 業界標準の認定: ベンダーニュートラル試験は、業界で認められた標準として位置づけられることがあります。これにより、試験の認定は、特定のベンダーや製品に限定されない普遍的な価値を持つことが期待されます。

ベンダーニュートラル試験は、特定の技術領域や専門分野に関連する知識やスキルを証明するための手段として利用されます。前述した「情報処理技術者試験」なんかですね。他には、コンピュータネットワーキングの試験であるCompTIA Network+や、プロジェクト管理の試験であるProject Management Professional(PMP)などがベンダーニュートラルな試験の例です。

ベンダーニュートラル試験は、特定のベンダーや製品に偏らず、広範な技術スキルを持つ個人の評価や認定を可能にします。そのため、複数のベンダーや製品に対応するスキルを持ちたい、ベンダーに依存しない広範な知識を習得したい場合に有用です。

mika
mika

ベンダーとベンダーニュートラル、2つの種類があるのね。

2.AWS はベンダー試験

QUALIFICATION
AWSの資格
taka
taka

AWSの資格AWSはAmazon.comの子会社であり、クラウドコンピューティングサービスを提供する大手のベンダーです。

1.AWS(Amazon Web Services)は、ベンダーです

AWSは、幅広いクラウドサービスを提供しており、仮想サーバー(EC2)、データストレージ(S3)、データベース(RDS)、アプリケーションホスティング(Elastic Beanstalk)などのサービスを含んでいます。これらのサービスは、クラウドベースのインフラストラクチャやリソースを利用するためのツールやAPIを提供しています。

AWSはベンダーニュートラルではありません。つまり、AWSのサービスはAWS自体が開発・提供しているため、AWS固有の仕組みやAPIに依存することになります。AWSのサービスを利用する際には、AWSの提供するツールやサービスに対する知識やスキルが必要です。

ただし、AWSは業界で広く採用されており、AWSのスキルや認定は市場価値が高いです。AWSの認定資格を取得することで、AWSのサービスに関連するスキルや知識を証明することができます。また、AWSが提供するサービスは多岐にわたるため、AWSの知識や経験はクラウドコンピューティングの分野で有用なスキルとなります。

これらのサービスの主な特徴は?

  1. マシンタイプや OS を自由に組み合わせて構築できるサーバーサービス
  2. 高機能かつ安全性の高いストレージサービス
  3. AWS で提供されたリソースを置いて構築する仮想ネットワークサービス
  4. 主要な DWMS をすぐに使うことができるデータベースサービス
mika
mika

どのAWSを受けるか、それが問題よね。

3.情報処理技術者資格(ベンダーニュートラル)

クラウドとパソコン
コンピュータ資格をめざそう
taka
taka

幅広い情報処理分野の知識とスキルを習得する必要があります。

1.ネットワーク

複数のデバイス(コンピュータ、サーバ、スイッチ、ルータなど)が相互に接続され、データや情報をやり取りするための仕組みです。ネットワークによって、異なる場所にあるデバイス同士が通信を行い、リソースやサービスを共有することが可能になります。

ネットワークは、コンピュータネットワークとして広く知られていますが、他の機器やシステムもネットワークに接続されることがあります。インターネット自体も、世界中のネットワークが相互に接続された大規模なネットワークの一例です。

ネットワークは、いくつかの要素から構成されます。

  1. ノード(デバイス): ネットワークに接続された個々のデバイスやコンピュータを指します。ノードはデータの送受信や処理を行います。
  2. リンク(接続): ノード同士を接続する物理的な媒体や通信路を指します。有線や無線などの接続手段があります。
  3. プロトコル: ネットワーク上でデータの送受信や通信の制御を行う規則や手順のセットです。プロトコルは、データのフォーマット、転送方法、エラー検出や修正などの手順を定義します。
  4. ネットワーク機器: ネットワーク上でデータを中継・転送するための機器です。例えば、スイッチやルータがあります。これらの機器はネットワークの制御や管理を担当します。

ネットワークの利点としては、

  • データの共有: ネットワークを通じてデータや情報を共有できます。複数のユーザがデータにアクセスできるため、効率的なコラボレーションが可能です。
  • リソース共有: ネットワーク上のリソース(プリンタ、ストレージ、データベースなど)を複数のユーザが共有できます。
  • 通信とコミュニケーション: ネットワークを介して、メール、チャットなどが共有できます。

データベース

情報やデータを整理・格納・管理するための組織化された集合体です。データベースは、データを効率的にアクセス、保存、更新、削除することができるように設計されています。

データベースは、様々な種類の情報を含む複数の関連テーブルから構成されます。これらの関連テーブルは、特定のテーマや目的に基づいて情報を分類し、関連性を維持します。

データベースは、様々な目的で使用されます。例えば、ビジネスにおいては、顧客情報、在庫データ、売上データなどを管理するためにデータベースが使用されます。ウェブサイトやアプリケーションのバックエンドにもデータベースが使用され、ユーザーの情報やコンテンツを保存・取得するために活用されます。

一般的なデータベース管理システム(DBMS)は、データベースの作成、更新、削除、データのクエリ実行などのタスクを管理します。データベースは、構造化クエリ言語(SQL)やその他のデータベースクエリ言語を使用して操作されます。

データベースの利点には、データの一貫性と整合性を保証すること、データのセキュリティを確保すること、大量のデータを効率的に処理すること、データの共有と同時アクセスを可能にすることなどがあります。データベースは、情報の効率的な管理と活用に不可欠なツールとして広く使用されています。

オペレーティングシステム(Operating System)

コンピュータシステムの基盤となるソフトウェアです。コンピュータのハードウェアとアプリケーションソフトウェアの間で仲介役として働き、リソースの管理やタスクの実行を担当します。

  1. リソース管理: オペレーティングシステムは、コンピュータのリソース(CPU、メモリ、ストレージ、ネットワークなど)の管理を行います。複数のアプリケーションが同時に実行される場合でも、リソースの割り当てとスケジューリングを管理し、公平な利用やパフォーマンスの最適化を行います。
  2. ファイルシステム管理: オペレーティングシステムは、データの永続的な保存とアクセスを可能にするファイルシステムの管理を行います。ファイルの作成、削除、読み書き、整理などの操作を提供し、データの整合性とセキュリティを確保します。
  3. プロセス管理: オペレーティングシステムは、アプリケーションやタスクの実行を管理します。プロセスの作成、実行、終了、スケジューリング、同期などの管理を行い、複数のプロセスが安全かつ効率的に実行されるようにします。
  4. ユーザインタフェース: オペレーティングシステムは、ユーザとコンピュータの対話を可能にするユーザインタフェースを提供します。これには、コマンドラインインタフェース(CLI)やグラフィカルユーザインタフェース(GUI)などがあります。
  5. ネットワーキング: オペレーティングシステムは、ネットワーク接続を管理し、通信プロトコルを処理してデータの送受信を可能にします。インターネットへの接続やローカルネットワークの管理を行います。

一般的なオペレーティングシステムには、Windows、macOS、Linuxなどがあります。それぞれのオペレーティングシステムは、特定の目的や環境に最適化されており、ユーザのニーズに合わせて使われます。

プロジェクトマネジメント

目標達成のために計画、組織、実行、監視、制御、閉鎖など、プロジェクトの全体的な活動を管理するための手法やプロセスのことを指します。

プロジェクトマネジメントでは、特定の目標や成果物を達成するために、リソース(人、予算、時間、材料など)を効果的に計画し、組織して指揮・監督します。

  1. 目標設定: プロジェクトの目的や成果物、範囲を明確に定義します。目標は、特定の期間内に達成するべき成果物や期待される結果に関連しています。
  2. プランニング: プロジェクトの進行に必要なタスク、スケジュール、リソース、予算などを計画します。これには、作業の段階的な分解(WBS)、リスク評価、コミュニケーション計画、品質管理計画などが含まれます。
  3. 実行と監視: プロジェクトの実際の作業を管理し、進捗状況を監視します。リソースの割り当て、タスクの割り当て、コミュニケーションの調整、品質管理などが行われます。進捗状況は、定期的な報告やミーティングでチームや関係者と共有されます。
  4. 制御と変更管理: プロジェクトの変更やリスクに対応するために、制御プロセスを設けます。進捗状況や品質に対する問題や変更要求が発生した場合、それらに対応するための対策を計画し、実施します。
  5. 終了と評価: プロジェクトの成果物が完了したら、プロジェクトを閉鎖します。これには、成果物の引き渡し、最終レビュー、振り返りなどが含まれます。プロジェクトの成功基準を評価し、学んだ教訓やベストプラクティスを次のプロジェクトに活かします。
mika
mika

なんか難しそうだけど、それだけに闘志が湧くわね。

5.LinuX 技術者認定資格もある!

Linuxのロゴ
Linuxのロゴ
taka
taka

自社内にサーバを用意して管理・運用するということが過去のものになりつつあります。

LinuX技術者認定試験は、Linuxオペレーティングシステム(OS)と関連する技術における知識とスキルを評価するための試験です。この試験は、Linuxの実務経験を持つ技術者が、その知識と能力を証明するために受けることができます。

LinuX技術者認定試験は、一般的なLinux知識、システム管理、ネットワーキング、セキュリティ、データベース管理、プログラミングなどの領域にわたるさまざまな試験から構成されています。各試験は、さまざまな難易度と専門分野をカバーしており、受験者は自分の興味や専門分野に合わせて試験を選択することができます。

LinuX技術者認定試験は、Linuxの専門家やシステム管理者、ネットワークエンジニア、ソフトウェア開発者など、Linuxを活用して業務を行うプロフェッショナルにとって有用な資格です。この認定試験を受けることによって、Linuxに関する高度な知識とスキルを持っていることを証明し、就職やキャリアのアドバンテージを得ることができます。

1.クラウド(仮想)の時代が来ました

クラウド各社にまとめて管理・運用するようになります。クラウドの世界ではオープンソースである Linux が大きな役目を果たしています。クラウド上で動くサーバ OS として多くの場面で使われているので、IT エンジニアにとっては必須のアイテムです。

さまざまなコマンド、ネットワークやサーバ、セキュリティなどの幅広い知識・スキルが必要になってきます。こういったものは一朝一夕で身につくものではないですね。

Linux 技術者認定資格「LinuC」比較的新しい資格ですが、世界的に展開され認められている試験です。LinuC(リナック)はレベル1~3まであり、3が一番高度です。レベル1を取得すると Linux システムを構築・運用・管理できるエンジニアであることを証明できます。

資格取得は大切ですが、資格試験のために勉強すること自体、IT エンジニアにとって大きな力になります。LinuC の学習を通じてスキルアップを目指しましょう。

Linux技術者認定資格は、Linuxオペレーティングシステムに関する知識やスキルを証明するための資格です。これには、Linuxシステムのセットアップ、管理、およびトラブルシューティングなどが含まれます。

2.Linux技術者認定資格を取得するメリット

  1. 雇用可能性が高くなる:Linuxの需要が高まっている現在、Linux技術者認定資格を持っていることは、雇用可能性を高めるのに役立ちます。
  2. スキルアップ:Linux技術者認定資格を取得するために学習することで、Linuxに関する知識やスキルを深めることができます。
  3. 認知度が高まる:Linux技術者認定資格は、業界において一定の認知度があるため、資格を取得することで自己アピールができます。

以上のようなメリットから、Linux技術者認定資格を取得することは、Linuxに関するキャリアの成長を促進するために役立つことができます。

3.LinuX技術者認定試験の難易度

受験者のバックグラウンドや経験によって異なりますが、一般的には中~上級レベルの難しさとされています。

AWS認定試験と比較すると、LinuX技術者認定試験は、AWSのサービスやクラウドコンピューティングに関連する知識よりも、Linuxオペレーティングシステム自体に焦点を当てています。したがって、AWSの試験はAWSの特定のサービスや概念に関する深い理解が必要ですが、LinuX技術者認定試験はLinuxに関する広範な知識とスキルが求められます。

一方、情報処理技術者試験は、ITにおける基本的な知識と技術を幅広くカバーする試験です。試験の難易度は試験のレベルによって異なりますが、情報処理技術者試験は基礎的な知識から応用的な知識までを幅広く問われるため、LinuX技術者認定試験と比較すると、より幅広い範囲の知識が必要とされる場合があります。

ただし、難易度の主観的な評価は受験者のバックグラウンドや経験によって異なるため、個人の感じ方によって試験の難易度は変わることもあります。受験を検討する場合は、試験の要綱やサンプル問題を確認し、自身の知識と経験をもとに判断することが重要です。

mika
mika

ただし、資格取得には時間と労力がかかるため、自分自身のキャリア目標や経験、興味に合わせて判断することが重要です。

あとがき

娘が受験生だったころ。大阪の大学を受験して帰宅し、「リスニングが難しかった」とこぼした。

孫娘を猫かわいがりしていた義母は、それを聞いて、「あなたが悪いんじゃない。英語が大阪弁だから聞き取りにくかったんだよ」。

大真面目に慰めていた。

————-思いが通じて? 合格しました。

AWS をとるのとアマゾンに入社するのはまったく別の話です。アマゾン CEO が世界一の富豪になったのは、組織が2層のピラミッド構造になっていることが大きいです。

物流センター長の下には各部門長が配備されその下にアマゾン社員がいます。その下に請負業者、契約・派遣社員が入・出荷の実務を担っているのです。上から下まで8段階に分かれています。

私たちが見る、倉庫で忙しく働いているのはすべてこれらの人たちです。アマゾン社員といっても朝6時に出社し深夜24時に退勤することが多いのです。固定残業代制度が敷かれ、それ以上残業しても未払いになります。それでもなぜ残業するのでしょうか?

それは、少ない人員で複雑で膨大な業務が課されているからです。アマゾンという会社の特徴は、制度を表面的に守っている形にして悪用しているのです。働く人の善意や危機感を煽り立てて、自分の判断で残業や休日出勤をするよう仕向けているのです。個人に責任を負わせているのです。社員教育さえまともに行いません。

要は、AWS 資格をとるのは良いのですが、アマゾンで働くことは別問題ですよ、ということだけは言っておきたいと思います。

AWS について、悩みや疑問がありましたらご自由にコメント欄に投稿してください。(コメント欄はこの記事の最下部です)。いただいたコメントはすべて拝見し、真剣に回答させていただきます。

コメント

何なりとお申し付けください。