プログラミングエンジニアの末路はセールスエンジニアという提案!

エンジニア 資格
エンジニア

きょうはプログラミングで生き残る方法について学びます。

就職して1年目はありがとうといわれ、2年目になるとご苦労さまといわれ、3年目になると、おやめくださいといわれるのでしょうか?

エンジニアはプログラミングを書きます。では、なぜ、エンジニアは生き残れないと考える人が60%近くなのか、不思議ですね。どうしてでしょうか。

きょうはあなたと、プログラミングで生き残る方法について学習します。

1.今後、技術スキル以外にどのような能力を高めるべきか?

スキル
スキル

今後、エンジニアは技術的スキルだけで生き残れると思いますか?エンジニア人材サービス(VSN)

  • 生き残れないと思う    55.9%
  • 生き残れる                20.0%

青空が広がって、風は夏に向う暑さをはらみながら社旗をはためかせ、地面に座り込んだ就活生たちの間を通り抜けています。

ネットで人材募集している会社は、たいてい登録して紹介してもらうシステムになっています。募集そのものはたくさんあるものの圧倒的に派遣が多いです。派遣でも長期のものから3ヵ月といった期間限定のものまで幅広くあります。

器用に世の中を渡っていく人らからしたら住みやすいかもしれへんけど、いったんつまづいたり、社会のそれこそ隅っこへ追いやられたりしてもうた人間からしたら、こんな住みにくい世の中はありません。

  • 自ら課題を見つけ解決策を提案できる「コンサルティング力」29.9%
  • システム全体の進捗を統括する「プロジェクトマネジメント力」19.3%
  • プロジェクトやチームをリードする「ファシリテ―ション力」14.8%
  • 他の領域でのエンジニア職に挑戦したい。26.2%
  • IT関連のコンサルト職に挑戦したい。18.0%
  • エンジニア領域で管理職になりたい。15.3%

AI や ロボットなど、IT などの先端技術は勉強を続けないとすぐ時代遅れになるので、独学の無料のオンライン教育は最高の武器だと思います。

ただしプログラミングを使う仕事はいろいろなので、とりあえず自分のしたいこを決め、勉強を始めましょう。

1.システムエンジニアが今後必要とされるためには

技術スキルのみならず、システムエンジニアは、開発チーム内や顧客との間でコミュニケーションを取りながらプロジェクトを進めていくため、コミュニケーション能力が求められます。上司や同僚、顧客と円滑にコミュニケーションをとるために、説明力や聞き取り能力を高めることが必要です。

複数のプロジェクトを同時に進めたり、納期や品質を担保しながら進行管理を行ったりする必要があります。そのため、プロジェクトマネジメントの知識やスキルを身につけ、組織やチームの目標達成に貢献できるようにすることが大切です。

開発中に発生する問題やトラブルを解決しなければなりません。そのため、問題解決力を高めることが必要です。適切な情報収集や分析、仮説立てや実験、解決策の選定と実行、そして評価と改善のサイクルを繰り返すことが重要です。

技術的な問題を解決するだけでなく、ビジネスの要件やニーズを理解し、それを実現するためのシステムを開発する必要があります。そのため、ビジネス知識を身につけ、顧客や上司との意思疎通をスムーズに行えるようにすることが必要です。

システムエンジニアは、セキュリティ対策についても責任を持たなければなりません。セキュリティに関する最新技術や脅威についての情報を収集し、その知識をもとに、システムの脆弱性を防ぐためのセキュリティ対策を身につけなければなりません。

IoT 技術といえば、最近自宅のシステムがスマホ一で管理できるサービスが人気です。自宅のエアコンを付けっ放しにして外出するとスマホに通知が届き、遠隔操作でエアコンのオン・オフを切り替えることができます。これらも IoT が活用されており、インターネットに接続されているからこそできることです。

次の3つが「有望」です。

1.Python(パイソン)

今まであまりなじみがなかった言語ですが、実は30年の歴史があります。今や常に上位に位置する人気があります。

Python Pythonは、機械学習やデータサイエンス分野での需要が高く、さまざまな分野で利用されています。また、Web開発や自然言語処理などの分野でも広く使われています。Pythonは、読みやすく書きやすいコードを書くことができ、初心者でも学びやすいという特徴があります。

TIOBE Index – TIOBE www.tiobe.com
文法がシンプルである

そのため「作業がすばやく」行え、さらには学習コストが低いというメリットがあります。これは短い時間で習得できるという点で大きな魅力です。

バッテリー同梱

家電製品を買ったときバッテリーが入っていると買い手は助かります。それと同じことで「ディストリビューション」と呼ばれる配布物をダウンロードして環境を整えることができます。

豊富なライブラリー

ディストリビューションには拡張機能があります。それらのライブリーには「機械学習・Web
開発・データ分析・IoT」といったパッケージがすぐ利用できます。

無料のオープンソースソフトウェア

ソースコードが自由に閲覧・使用・配布・改定されています。利用者はそれを無料で使用できるし、自由にカスタマイズできます。

このように短いコード量で簡単にプログラムが書けるプログラミグ言語です。IoTに限らず AI、Web 開発等といった分野で人気が高くなっているプログラミング言語の一つです。人工知能の開発などにもよく利用され、機械学習を得意とする機能性がとても高いです。

2.JavaScript

応用力もかなり高い言語として知られている Java は IoT ではセキュリティー面が強いプログラミングで多くのハードに対応できる可能性があることから、IoTでも積極的に活用されていますが、JavaScript JavaScriptは、Web開発に欠かせない言語であり、今後も需要が高いと考えられます。

Webアプリケーションやモバイルアプリケーションなどで利用され、フロントエンドの技術としても重要な役割を担っています。

システムエンジニアが将来必要とされるためには、JavaScriptの知識は非常に有用です。JavaScriptはWeb開発において広く使用されているプログラミング言語であり、以下の理由から重要な役割を果たしています。

JavaScriptは、ウェブブラウザ上で動作するクライアントサイドのスクリプト言語として主要な役割を果たしています。Webアプリケーションのフロントエンド開発において、JavaScriptを使用して動的なコンテンツやインタラクティブな機能を作成することができます。

Node.jsと呼ばれるJavaScriptのランタイム環境を使用することで、JavaScriptをサーバーサイドで使用することも可能です。バックエンドの開発においても、JavaScriptを使ってサーバーサイドのロジックやAPIの作成ができます。

JavaScriptには多くの人気のあるフレームワークやライブラリが存在します。例えば、ReactやAngularといったフロントエンドのフレームワークや、ExpressやNode.jsなどのバックエンドのフレームワークがあります。これらのツールを使用することで、開発効率を向上させることができます。

インターネットの普及により、Webアプリケーションやモバイルアプリケーションの需要が増えています。JavaScriptはクロスプラットフォームで使用できるため、異なるデバイスやプラットフォームでの開発にも活用されています。

しかしながら、システムエンジニアとして成功するためには、JavaScriptだけでなく、他のプログラミング言語や技術にも理解を深める必要があります。例えば、PythonやJavaなどの言語や、データベース、ネットワーキング、セキュリティなどの幅広い領域についての知識が求められます。多様な技術に対応できる柔軟性と、常に学習と成長を続ける姿勢が重要です。

3.C言語

プログラミング言語の中で知名度も高いプログラミング言語です。C言語はコンパクトで処理速度が早いことが特徴ですC++はC言語に「オブジェクト指向※」を追加したもので、より効率よくプログラミングができるように作られています。

C#は Microsoft が開発したプログラミング言語です。Windows のデスクトップやアプリ、Web やスマホのアプリ、ゲーム、AWS のど多種多様な場面や環境で活用されています。C言語が扱えるようになると機械への指示を直接出せるようになります。汎用性もかなり高く、「C++」等も活用されています。

Phone アプリならば Swift、Android アプリならば Kotlin。また、プラットフォーム非依存のUnity(C#言語)が主流です。

2.英語も学べる「Codecademy」コードカデミィ

Codecademy

Codecademy は世界で4500万人が利用しているプログラミング講座の無料版です。環境構築は不要でプログラミングの勉強ができます。英語で書かれているので、プログラミングと英語を両方勉強できます。

Codecademy はオンラインのプログラミング学習プラットフォームであり、多くの言語やテクノロジーの学習コースを提供しています。

Codecademy のコースは英語で提供されていますが、プログラミングは主にコードで表現されるため、言語の壁を比較的乗り越えやすい場合があります。また、Codecademy はビジュアルエディタを提供しており、コーディングの練習や実行がオンライン上で直感的に行えます。

さらに、Codecademy には日本語に対応した翻訳や日本語コースも一部提供されています。これにより、日本語を母国語とする人々にとって、プログラミングの基礎や応用について理解しやすくなっています。

ただし、個々の学習スタイルや目標によっては、他のオンライン学習プラットフォームや教材が合う場合もあります。Codecademy 以外にも、Udemy や Coursera など、様々なプラットフォームが存在しますので、自分に合った学習方法を選ぶことが重要です。

  • 対応言語:HTML/CSS/Python/JavaScript/Java/SQLBash/Shell/Rubyなど
  • 無料/有料

2.登録不要の「シラバス」講義の内容や進め方を示す計画書

シラバス
シラバス

シラバスは、「マネして学べる」 プログラミング学習サイト です。

  • 登録不要で利用できます。
  • Web デザイン や Web アプリのコースが豊富です。
  • Github からの情報を集めてコースが作られています。
  • 対応言語:HTML/CSS/WordPress/Ruby on Rails/Backbone.jsなど
  • 価格無料

人気企業3社が語る今欲しいエンジニアの条件「2020年以降のエンジニアに最も必要なのは“技術以外”のスキル」

1.シラバスの評判は良い

シラバスは、大学や学校の授業の詳細な計画書であり、教授や講師が授業の目標、コースの内容、参考文献、評価基準などを明確に示すものです。

シラバスの利点は多岐にわたります。例えば、学生が授業の要件を理解し、目標を達成するために必要なスキルや知識を獲得するのを支援することができます。また、シラバスによって、授業の進捗状況を追跡し、成績を向上させるための取り組みを計画することができます。

さらに、シラバスは教授や講師が授業を計画するための貴重なリソースであり、学生とのコミュニケーションを改善するのに役立ちます。そのため、多くの大学や学校では、シラバスを授業の必要な要素の1つとして位置付けており、重要視されています。

ただし、シラバスにも欠点があります。例えば、実際の授業の進行や、学生の興味や関心に合わせたカリキュラムの調整が必要になる場合があります。また、教授や講師が変更を加えた場合、学生に適切に伝えなければならないことがあります。

総じて、シラバスは授業において非常に重要な要素であり、学生や教員にとって役立つものとなっています。

日本で有名なITシラバスを提供している場所はいくつかあります。

  1. 東京大学(東大):東京大学は日本を代表する大学の一つであり、コンピュータサイエンスや情報学において高い評価を受けています。東大のIT関連のシラバスは幅広い領域をカバーしており、研究や教育の面で優れたプログラムを提供しています。
  2. 京都大学:京都大学も日本有数の総合大学であり、IT分野においても評価が高いです。特に、情報学研究科や工学研究科のコンピュータ科学専攻が注目されています。
  3. 慶應義塾大学:慶應義塾大学は東京にある私立大学で、IT分野においても高い評価を受けています。慶應義塾大学の情報学部や理工学部では、幅広いIT関連の学科や専攻が提供されています。
  4. 東京工業大学(東工大):東京工業大学は工学に特化した大学であり、IT分野でも優れた研究と教育を提供しています。情報理工学院や電気電子系学科など、ITに関連した専攻が充実しています。

これらの大学は日本のトップ大学の一部であり、優れたIT教育プログラムを提供しています。ただし、大学ごとに専攻やコースの内容が異なる場合がありますので、具体的なシラバス情報を確認する際には各大学のウェブサイトや入試案内を参照することをおすすめします。

3.セールスエンジニアという選択肢もある

セールスエンジニア
セールスエンジニア

「IT エンジニアとして働いても、目が出ないかも・・・」と不安になるかもしれません。

ITエンジニアは、現代社会においてますます需要が高まっている分野の一つです。ITエンジニアは、新しい技術やシステムの開発、既存のシステムの改良、セキュリティの強化など、様々な分野で活躍することができます。

特に、人工知能、ビッグデータ、クラウドコンピューティング、モバイルアプリケーションなどの分野においては、ITエンジニアの需要が高まっています。これらの技術は、現代社会において重要な役割を果たしており、今後もますます需要が高まることが予想されています。

また、世界中でデジタル化が進んでいることから、ITエンジニアは地理的な制限を受けずに、世界中の企業やプロジェクトに参加することができます。そのため、グローバルな視野を持ち、柔軟性のある働き方が求められる分野でもあります。

総じて、ITエンジニアは将来性の高い分野の一つであり、需要が高まることが予想されます。しかしながら、技術の進化は非常に速いため、常に最新の技術やトレンドに対応することが求められます。そのために、自己研鑽を怠らず、新しいスキルや知識を習得することが重要です。

1.エンジニアが持つ知識・スキルは「営業」でこそ求められる

日々進歩する IT 技術に追い付くには、業務時間外も勉強しないといけない。それなのに、そのがんばりは「あたりまえ」とみなされ長期間評価されず、給料に反映されにくい・・・。

このように、なかなか努力が報われないと悩む「IT エンジニア」の方に、おすすめしたいキャリアがセールスエンジニア(プリセールス)です。今まで培ってきたエンジニアの知見を「営業の場」で活かして働ける職業です。

「営業は、営業職の仕事なのでは?」と思うかもしれませんが、営業職の方はお客様が納得して購入するだけの「自社製品の技術的な詳細」を理解しているとは限りません。そこで、技術的知見を持つセールスエンジニアが商談に同行し、技術的な側面から製品をお客様に分かりやすく説明・提案することで、商談を受注しやすくするのです。

このセールスエンジニアは、エンジニアの方が就くことで、次のメリットがあります。

  • エンジニアの知見(システムの要件定義・設計・開発・テスト・保守・運用の知識)を持っているので、実現性の高い提案ができ、商談を受注しやすい。
  • 商談を受注できれば、表彰されるなど、評価される期間が増える
  • 肯定的な評価を得ることができれば、給料に反映されやすい

未経験の業界に転職してゼロから知識・スキルを蓄えるよりも、短期間で精を出しやすいキャリアチェンジといえます。

では具体的にどのように商談に関わり成果を出すのか、いくつかの例をみてみます。

2.お客様の「問題」にマッチした提案をする

そもそも「商談」はなぜ生まれるのか?

商談を受注するためにセールスエンジニアはどんな役割を果たすのか。

お客様は何かしら困りごとがあって製品の購入を検討します。そして、セールスエンジニア(と営業)はその困りごとを解決する役割を担っているのです。それを踏まえればお客様の困りごとは商談で必ず正確に把握しなければなりません。

営業がヒヤリングのためにお客様の会社や店へ訪問するときは、セールスエンジニアも同行して、困りごとをくわしく技術的な観点からも聴きだします。

その際、注意するのは「お客様が欲しいモノ」だけに耳を傾けないということ。ヒヤリングでお客様が具体的に「〇〇が欲しい」とおっしゃることもありますが、それが問題を解決するとは限りません。

たとえば「顧客 DB(データベース)がほしい」とおっしゃるお客様がいたとしても、その方の問題解決に必要なのは DB ではなく「 CRM(顧客関係管理)」なのかもしれません。

そこで、「なぜそれが欲しいのか」を聞き出し、お客様の困りごとを深掘りして課題と解決策と実現可能性を照らし合わせるのがセールスエンジニアの重要な役割の1つです。

3.テレビショッピングをお手本にデモンストレーションにのぞむ

実際に動く製品をお客様に見せるデモンストテーション。これもセールスエンジニアの大切な仕事です。デモを見せることで実際に製品が動くことを示せます。製品の利用イメージを持ってもらうこともできます。

「デモといっても、どんなものかイメージがわかない」という方はテレビショッピングをイメージしてみましょう。おおよそ次の流れで番組が進むはずです。

  1. 日常の困りごとを取り上げる
  2. 製品概要とアピールポイントを説明
  3. 実際の製品を見せて、動きや使いかたを見せる
  4. 効果や利用イメージ、金額の説明をして電話するよう促す

この中で、一番失敗が許されない場面はどれだとおもいますか?

それは「3.実際の製品を見せて、動きや使いかたを見せる」です。デモ中にデモ環境がダウンしたり、エラーが出たり・・・なんてことがあれば、お客様の不信感が募ります。よって、確実に動くことを確認してから、デモにのぞむことが大事です。

このように『ふつうのエンジニアは「営業」でこそ活躍する』では、元エンジニアの方がセールスエンジニアにキャリアチェンジした後、最短で成果を出す考え方やテクニックをお教えします。ぜひ本書を読んで、あなたがより活躍できるキャリアへの一歩を踏み出しましょう。

プログラミング言語は、技術の進化や市場の需要の変化によって有望なものが変わっていく傾向があります。以下のプログラミング言語も今後も需要が高く、有望であると考えられます。

  1. Go は、Google が開発したプログラミング言語であり、Web サーバーやネットワークアプリケーションなどの分野で利用されています。高速で並行処理が得意なため、分散システムやクラウドコンピューティングにも適しています。
  2. Rust は、メモリセーフなコードを書くことができ、高速かつ安全なシステムプログラミングが可能です。また、ウェブブラウザー Firefox の開発にも使われており、今後は組み込みシステムやセキュリティ関連の分野でも需要が高まることが予想されます。
  3. Kotlin は、Java の代替言語として注目されており、Android アプリケーション開発に利用されています。Javaよりもコードが簡潔で読みやすいため、開発の効率化が期待されています。

ただし、プログラミング言語に限らず、プログラミングに関する基礎的な知識やアルゴリズム、データ構造などのスキルを持つことが重要です。また、その言語や技術に限定されず、柔軟に新しい技術や言語に取り組み、常に学び続けることが求められます。

あとがき

さまざまなツールが出てきて、最初から作る必要性なくなっています。「ツールを知っているか?」「どうすればできるか?」といった知識が必要となってきているのですね。

業務の幅が広がって担当領域が難しくなっていることもあります。コミュニケーションで業務を進めていかなければならなくなっています。「特定技術だけを深く狭く極めた人」より、「点と点をバランスよくこなせる人」が重視されるようになってきているのです。

考えてみれば今の自分には、「小さな子どもがいてもおかしくない年齢」だと思っていらっしゃるかたも大勢見えるのではないでしょうか。子育てどころか結婚自体が私にとってちっともリアルな夢じゃない、なんだか、どんどん世の中から取り残されていくようで心細く感じている人もいると思います。

それは女性の方にも言えることで、「女性の賞味期限なんて短いのよ。後で後悔しても知らないから」って言われると、「この先どんどん年はとっていく。それは女としての価値がどんどんなくなっていくのだろうか」という気がしてくるものです。

かといって「誰だっていいってわけにはいかないでしょ。将来のない人に保険かける気なんてないわ。会社といっしょよ」。こんな風に選別される男性の方に私は軽い同情を覚えます。

プログラミングエンジニアについて、悩みや疑問がありましたらご自由にコメント欄に投稿してください。(コメント欄はこの記事の最下部です)。いただいたコメントはすべて拝見し、真剣に回答させていただきます。

コメント

何なりとお申し付けください。