クラウドソーシングに登録、最強のWeb・プログラマー・SE に転職なワケ

転職 資格
転職

きょうはプログラミングの実践活動について学びます。

クラウドソーシングサイトに登録していますか?

クラウドワークスやランサーズは活発に採用しています。

もっとも最初のうちは安く叩かれますが、それを承知で経験を積むのです。1年間は割り切りましょう。だれでも最初はそんなものです。それでも、2年目からは目も肥えて、経験も積んで世間がわかってきます。

きょうはあなたと、そんな実践活動について学習します。

1.クラウドソーシングサイトに登録

転職
転職
taka
taka

会社の仕事ばかりだとどうしても案件が偏り、自分の世界が狭まりますよね?

クラウドソーシングサイトに登録することで、世間で求められている案件や、自分の専門分野にどんなニーズがあるか知ることができるという利点があります。

CrowdWorksクラウドワークス
Web やデザインの案件が多いです。発注者・受注者、コミケなど評価が高い。プロ向けから初心者向けの仕事まで。Pro Crowd Worker基準認定あり。アンケートや口コミ投稿なども多い。  

shuftiシュフティ
在宅ワーカーやフリーランス、SOHO に仕事を依頼→簡単に取引。1日2時間で週に3日だけみたいな少量で様々な種類の仕事。自宅でできるブログ記事の執筆案件・データ入力・内職系の作業。手数料は一律10%。

Lancersランサーズ
ライティングなら国内トップクラス。発注者と受注者が匿名でWeb サイト制作やシステム開発など仕事のやりとりができます。ブログ記事のライティング、デザイン・制作などデザイン案件が多い。

coconala ココナラ
たとえば、オーストラリア移住に関する記事を書きたい場合など、あなたの特異な体験などがおススメです。くわしくはこちら 

1.ただし、フリーランスは無権利労働です

クラウドソーシングサイトには多くの案件依頼がリストアップされていて、自分からやりたいとアプローチし、選ばれれば受注となりますが、副業ですから大きな案件は請けられません。人気のある案件には数十人が立候補し、見積額を提示します。

「好きな時間に好きなだけ働く」といえば聞こえはいいのですが、それは企業が労働者を安く、都合よく働かせられる仕組みでもあるわけです。ほとんどは最低限の収入の保障も産休や育休もありません。ネットを介して単発、短期の仕事を請け負う働き方です。文章作成や Web サイト作成などさまざまな案件を大量に受発注しています。

最低賃金を下回らないためには複数の案件をこなさなければなりません。安くすれば受注しやすくなりますが、作業量に見合わなければ徒労感は強くなります。安くても早く効率的に作れるよう備えておかねばならないです。

「請負契約」というのは、成果を納品して賃金を貰うものですから、クラウドソーシングの場合、検品時や支払い時に正当な代金を払ってもらえない危惧がつきまといます。働いた時間だけ賃金を貰う「準委任契約」ではないので、検品納品時に”難癖をつけられて料金を叩かれる”ことさえあるからです。

コスト削減にさらされる労働者

コンピュータシステムを運用している会社にやっと就職できても、メーカーはコスト削減のために、今まで請け負いなどの外部にさせていた業務を自社化するかもしれません。そうなればとたんにエンジニアといえども仕事がなくなります。会社に戻っても仕事はなく、希望退職に応じるよう圧力をかけられるかも知れません。

転職に成功するには上司や同僚、クライアントからの紹介です。今の職場で一人でも入れる組合(ユニオン)に加入し良好な人間関係を作っておくことですね。

日雇い派遣は使い捨て労働

taka
taka

現在、30日以下の派遣は原則禁止です。

例外的にシステムエンジニアや通訳などの職種と60歳以上の高齢者、年収500万以上の人の副業しか認められていません。日雇い派遣は、”使い捨て自由”な雇用形態で、過重労働や労働災害のリスクも高いからです。

現行の30日以下の日雇い派遣禁止についても「抜け穴」があります。31日以上の雇用契約を結んでおいて、その期間内で任意の日を労働日とすることが可能なのです。個人で一律3年の受け入れ制限が設けられる一方、派遣元に対して派遣労働者の、派遣先への直接雇用の依頼が義務付けられ、計画的な教育訓練も課せられました。

しかし、3年を口実に「派遣切り」が横行したのが実態です。事業所単位での派遣受け入れ期間3年の延長は認めないなど、派遣労働者の正社員化などを図るよう求めていく。こういった点に注意してまともな Web 系企業に入りましょう。

エンジニアは人出不足なのでなんとか潜り込んで、そこでスキルアップして、ゆくゆくはフリーランスになってもいいと思います。その時は、「準委任契約」を結んで仕事ができます。賃金も正当な額が要求できます。

独学で Java を学び、未経験者歓迎と書いてある Web プログラマーのバイトにいくつか応募したのですが、なかなか受かりません。やはり実務経験がないと厳しいのでしょうか?またその場合、最低どれくらいの実務経験があれば望ましいでしょうか?(20代男性)

メンターの回答

そうですね、未経験者歓迎とうたっていても、もし同時期に経験者の応募があれば、経験値の面ではどうしても不利になってしまいます。実務経験をどの程度重視するかは採用側次第ですが、最低1年程度かと思います。

仮に私が採用側だったとすると、数ヶ月程度の実務経験では、実質「経験なし」とみなします。ベンダーの設けている Java の資格や、情報処理技術者試験の資格などがあると、能力値の客観的な証明になるので、いくらか加点要素になるでしょう。

無料体験で、応募に関する相談を現役のエンジニアにして、アドバイスをもらってみるのもいいと思います。プログラミングスクールでは学習経験だけです。実務経験がないので書類審査すら通過できないという人が増えているのです。どんなに高度な学習を積んでも転職できないというのでは考えものです。

プログラミングスクールの広告では「数か月の講習で Web デザイナー」みたいに打ち出していますが、その手は桑名の蛤であることをよくお考えください。

いいこともあります。

小さな会社では、IT 担当者が移動になると不具合が起こっても直せないので困ってしまうケースがあり、社内でマクロを教える教室を開いたらすごく感謝されるということもあります。プログラミング講師自体、時給5000円とか普通です。技術コンサルだと時給1万以上でしょう。

ただし HTML のコーディングとかだと、システムの立ち上げ案件の場合は、その会社に出向かなくてはなりませんので、副業としては難しくなるでしょう。

mika
mika

なかなか厳しいのが現実です。。。

2.Webクリエイターの仕事

Web クリエーター
Web クリエーター
taka
taka

WordPress だけはやっておいたほうがいいです。

フリーランスで活躍しているエンジニアの知人に相談したところ、 Webサイト制作を仕事にするならWordPressは絶対にやっておいた方がいいといってました。

1.Web デザインの業界では、HTML, CSS, JavaScript が必須

デザイン寄りだと、他に Photoshop や Illustrator といったスキル、プログラミング寄りだと、JavaScript のフレームワークや Web サーバや DB サーバのミドルウェアのスキルを問われます。

就職にどのくらいスキルがあればよいかですが、これは条件次第です。低条件だがほぼ未経験から受け入れるところもあれば、高条件だが一般的な Web サイトのデザインを一人で完成させられるレベルを求めるところもあります。商売・ビジネスを成功させるには、ホームページをもっているだけではなく、お客さんに自分の商品サービスをどう伝えるかか勝負どころです。

Web デザインだけだと、仕事の幅が狭くなり、給与待遇も安くなりがちです。HTML, CSS, JavaScript、関連フレームワークも含めた、いわゆる Web フロントエンドの技術を習得していくのが良いです。

勉強は上記の技術は当然ですが、コンピュータやインターネットといった、IT の基礎も重要な要素です。勉強の方法には、書籍やオンライン教材での独学、プログラミングスクールでの履修などあります。

Microsoft, Google, chrome, Mozilla, そしてスマホやタブレッドの iPhone, iPad, Android も HTML5 をサポートしています。HTML や CSS, JavaScript などのコードを画像やテキストに割り当てなければブラウザに表現できません。

お客さん目線に立ち「情報がわかりやすい」「探しやすい」コンテンツを目指しましょう。扱う商品が多いとページやリンク先も増え、売りたい、訴えたいものが隠れて目立たなくなります。Webサイトは増え続けています。

ただ、手作業で文章や画像を並びかえていくようなものではなく、自動化ツールやフレームワークを使いこなして作業していく性質になっていくと考えます。職人芸というよりは、ツールを適切に使いこなせる人に、仕事が集まっていくでしょう。

Web で折り込みチラシのように表現し一押し商品が、少ない操作で購入できることや資料請求ができるようにします。 Web ページを制作するための HTML CSS のコードを記述。標準的な Web ページを見て、内容を正しく理解し、適切な追記・修正を行います。

また、仕様書にもとづき、文書の構造化や CSS によるレイアウトを行います。 インフラもコードで動かす時代になってきています。 クラウド時代のサービスと技術を Web サイトで幅広く学びましょう。

ただし、フリーランスでの仕事となると使い捨てにされます。朝9時から夜9時まで働きづめで、食事も作業しながらとなります。取引先との会議以外はほとんど自分ひとりでの作業となります。

ウェブサイトに掲載される記事の執筆や他の人が書いた原稿などの添削をするしごとなど、正社員と同じ仕事をしても100万から300万ぐらいではないでしょうか。年収ですよ!

企業にとっては「いつでも見つけられて、少額で働かせられて、必要がなくなったらすぐ捨てられる」使い捨て労働力なのです。フリーランスの Web デザイナーになるにはどんな知識・スキル・機材が必要かというと、Webサイト(全体もしくは一部)のデザインを代行するような仕事になります。

業態としては個人事業主で、ご自分のサイトや SNS で集客したり、クラウドソーシングで案件を獲得したりという形態です。イラスト制作のようなこともする場合には、加えて Photohshop や Illustrator といったソフトも利用されます。

プログラミングに特殊な機材は不要ですが、本格的に仕事に使いだすと、家庭用のリーズナブルな PC では性能が不足しがちになるかもしれません。大画面ディスプレイや、手書き用のタブレットもあると便利です。

Webデザインは、大きなものではサイト構成やページ遷移を決めることや、小さなものでは配色やレイアウトを決めることが主な業務内容になります。

対して、コーダーはコーディング(プログラミング)を行う人を指します。プログラマーといった場合、プログラミングそのものに加えて、設計や試験も担当するケースがあります。明確な定義はありませんが、コーダーといった場合、純粋にコーディングだけを行う人を指す印象があります。

3.プログラマーの仕事

プログラマー
プログラマー
taka
taka

サーバーサイドエンジニアです。求人数が多いです。

上流と下流のつなぎ役から、仕組みを作るのに興味がある人に向いています。

1.上流工程を SE が担当、設計・テストなどの下流工程を担当

年収も差がつきます。 システムエンジニアの作成したソフトウェア設計にもとづき、プログラミングをする仕事です。ソフトウェア設計の中心は SE で、プログラマーはそのアシスタントであり、プログラム制作の実行者です。

しかし、単に、SE の指示に従って作業を進めるだけでは不十分で、それを補完し、自分で組み立てて完成していかなくてはなりません。プログラムを作るだけではありません。会社の業種や規模によって異なりますが、作るべきシステムや機能の仕様を固めるシステムエンジニア(SE)が仕様書または設計書を作ります。

求人によくある「アプリ開発経験者」とは、募集側の状況により様々ですが、売り物になるようなアプリの少なくとも一部を開発した、というのが最低限のラインかと思います。書籍やWebサイト上にあるようなサンプルアプリを作成した、というものだと、一般には経験不足と扱われます。

たいてい、そのアプリ開発経験の中で苦労したこと、工夫したことは何か、技術上の要点は何か、と言う質問がセットなので、それに応えられるような経験が必要です。

どういったモジュール分割を行うのかということを設計するプログラマによる詳細仕様書(プログラミング)が出来上がります。テスト仕様書にもとづき、正しく動作するかテストします。不具合(バグ)があれば再テストです。 プログラム作りは、紙と鉛筆を使っての作業も多いです。専門的知識、能力の他に、数学的センスと忍耐力が必要です。

仕事の内容は、受注型のものになり、お客さんの都合で注文のソフトウェアの内容がくるくる変わったり、仕様書のない注文があったりして、残業時間が多くなります。 情報処理技術者の第2種、第1種がプログラマーに相当します。

ただしプログラマーと SE の間に明確な境界があるわけではありません。実際、現場ではかなり相互に乗り入れた状態で仕事をしています。 プログラマーから SE への道に壁がないということでもあります。 PHP,JAVA は必須です。

フリーランスでの仕事となると話は別です。働き始めた当初は自分から契約を交わさず、口約束だけのことが少なくないからです。そのため発注者の都合による追加作業に追加費用が支払われないことがあるのです。

成果物が発注者に認められず、報酬の支払いを拒否されることもあります。発注者から「これじゃ払えないよ」と言われてもどうしょうもありません。

mika
mika

契約書がないのですから泣き寝入りするしかないのです。

4.システムエンジニアの仕事

システムエンジニア
システムエンジニア
taka
taka

システムエンジニアといっても、さまざまな業界や働き方があります。

業種ではプログラミング、サーバ構築、マネジメントがあります。業界では Web アプリ、ゲーム、モバイルなどがあります。コンピュータメーカーに属したり、ソフトウェア制作会社に属したり、フリーの人もいます。

まずはどんな仕事をしたいか、具体的にイメージできるようにしてみてください。職場見学、インターンシップ、先人へのインタビューなど、仕事そのものに触れてみるのが良いかと存じます。

1.仕事はお客さんの利用目的を聞き取ることから始まる

会計経理、商品在庫、売上管理、顧客情報などですが、銀行の全国ネットワーク組織のオンラインシステムなど大掛かりなものとか、通信衛星など最先端科学に属するものもあります。

例えば、顧客がレジで買うと、POS で販売実績が上がり、これを分析して商品管理の見直しをします。顧客管理ではポイントカードの発行で、顧客情報を収集し購買履歴を蓄積します。 これらをもとに、商圏の潜在的購買層を探り、店舗デザインや商品の品ぞろえに反映させているのです。

POS や EOS (仕入れ先に対する発注をシステム化)は必須の業務知識として学ぶ必要があります。銀行の ATM やクレジットカードの決済はシステムがなければ実現しません。

つまり、夜間対応が定期的に発生します。

このように、システムづくりの作業の見通しを作り、プログラムを設計し、プログラマーを指示し、完成したところで作業の点検をしてお客さんに渡します。 システム開発は、上流や下流、アプリ側やインフラ側というように分業することが当たり前になっています。

就業の条件としては、初心者ならプログラマーとしての経験が数年必要です。情報処理技術者としては何段階の国家資格があります。情報社会ネットワークがこれからの働き方を多様化していくなどといわれます。

しかし、そのシステムを構築するため「深夜に呼び出されたり」「請負という形で働かせられたり」する実態があるのです。

mika
mika

JAVA,Ruby を習得しておきたいですね。

5.iOS と Android

クラウドソーシング
クラウドソーシング
taka
taka

iPhone アプリを作ります。Mac が必須です。Windows では作れません。

基本的には Swiich とかで作ります。Android のアプリは Java を主に使います。

1.Androidアプリの作り方は

  1. 開発環境のセットアップ まずは、Androidアプリを開発するための開発環境をセットアップします。Androidアプリを開発するには、Java開発キット(JDK)やAndroid Studioという開発環境をインストールする必要があります。
  2. アプリのアイデアを決める 次に、アプリのアイデアを決めます。アプリのコンセプトや機能、デザインなどを考え、ユーザーにとって価値のあるアプリを作成するためのアイデアを練ります。
  3. プロジェクトの作成 Android Studioを起動し、新しいプロジェクトを作成します。プロジェクトを作成すると、アプリの基本的なファイル構成が自動的に作成されます。
  4. アプリの開発 アプリの開発は、主にJavaやKotlinといったプログラミング言語を用いて行われます。Android Studioの開発環境を使用して、画面のレイアウトやUI部品の配置、機能の実装などを行い、アプリを作成していきます。
  5. テストとデバッグ アプリの開発が完了したら、実機でテストを行い、バグを修正します。Android Studioには、アプリの実行やデバッグを行うための機能が豊富に用意されているため、問題が発生した場合は、問題を解決するためのツールを利用してバグを修正します。
  6. Google Playへの登録 アプリを完成させたら、Google Playに登録してリリースすることができます。登録には、Googleの開発者プログラムに登録する必要があります。登録が完了すると、Google Playでユーザーにアプリを公開することができます。

Androidアプリの作り方の一般的な手順です。

ただし、アプリの種類や開発者のスキルレベルによって、手順は異なる場合があります。

6.プログラミングの転職実践活動にはステップがある

転職活動
転職活動
taka
taka

とかく人は世の中を自分中心に考えてみたがるものです。

早い話が「俺はコロナで金が回らないから、人もそうだろう」と決めこんでしまう。果たしてそうか?いや、あるところにはやっぱりあるのが世の中です。

現代は価値観が多様化しています。安いものがよく売れるとはかぎりません。良いものが売れるという保証もありません。要するに欲しいものならお客はドンドン買います。アクションを起こしましょう。

1.まず、業界を眺めてみます

Sier

企業のシステム構築を請け負っている企業。大手は待遇がいいです。プロジェクトを任される経験をつむこともあります。ただし、技術力は失敗を認めないので中小に比べてつきにくいです。

SES

顧客の現場で IT エンジニアが支援する企業。エンジニアを派遣して収益を上げる会社です。どの案件に派遣されるのかわからないので運しだいですね。

WEB業界

・Web制作

HP や CP サイトの制作を行う企業。そんなに高い技術力がいらないです。すぐに稼ぎたいという人には向いています。地方では仕事がなくても都会では集中しています。

・受託

Web サービスやスマホアプリの受託開発をする企業。開発経験を積みやすいです。最新技術を使用するのでさまざまな案件を経験できます。1からの新規開発が多いのも特徴です。

・自社開発

自社サービスを開発している企業。自分たちで企画しユーザーに直接提供します。最新技術で開発経験を積みやすいです。東京に一極集中しています。技術を付けたい人向きです。

2.プログラミングの転職実践活動における一般的なステップ

1.希望する業界を Web サイトで調べます。求人を調べます。
2.エンジニアの職種を決める。フロントエンド、サーバーサイド、インフラ、iOS、Android

  1. 自己分析とキャリア設計の考察:自分自身の能力、スキル、価値観、興味関心などを分析し、自己PRを作成するためのキャリア設計を考察します。これには、転職理由や希望する職種、職場の環境なども含まれます。
  2. 求人情報の収集:求人情報を収集するために、転職サイトや求人情報誌、ヘッドハンティング会社、人材紹介会社などを利用することができます。また、SNSやコミュニティサイトなどでも情報を得ることができます。
  3. 履歴書や職務経歴書の作成:求人情報に応募するためには、自己PRを盛り込んだ履歴書や職務経歴書を作成する必要があります。ここでは、自分のスキルや経験を強調し、採用担当者にアピールするようにします。
  4. エントリーシートや面接の対策:求人情報に応募する際には、エントリーシートや面接などの選考プロセスを通過する必要があります。エントリーシートや面接でどのような質問がされるか、どのような回答をすべきかを予習しておくことが大切です。
  5. スキルアップの取り組み:自分自身のスキルアップも転職実践活動の重要な一環です。新しいプログラミング言語の習得や、開発ツールの使用経験の積み上げなど、自己研鑽を行い、自己成長を促進することが大切です。

ただし、それぞれの人に合わせた個別のアプローチが必要になるため、自分自身にとって最適な方法を見つけ、実践することが重要です。

やっぱり自分にあうところを見つけるしかないのね。

あとがき

「プログラミングはじめの一歩」といっても、漠然とした構想では不徹底な部分が多く、結局は計画倒れにならざるをえません。できるだけ詳細に「プログラミングを習得する調査をしなければなりません」。そしてその調査には十分な時間をかけなければなりません。

「どんなプログラムをつくってゆくのか」その責務はすごく大きいです。人々の生活を豊かにしていく責任です。同時にひとり一人が自分が直面している問題を話し合い、課題を明らかにし、立案し、一歩前に進むことが必要だと強く思います。

副業(ダブルワーク)もどんどん解禁されています。定年後も雇用延長、あるいは再雇用という方法もあるかもしれませんが、どうせなら自分のスキルを使って新しい仕事にチャレンジした方がいいですよね?今は副業であっても定年後には「本業」にできる、そのための種まきと考えるのです。

例えばですが、制作の練習としてサイトを作ってみるとかですね。 このレベルを作れるなら、月20万は目指せます。

あなたの時間の使い方を分析してみませんか?
あなたの労働時間をもとにして、1時間当たりのあなたの収入を出してみます。そうすれば、あなたは果たして無駄のない時間の使い方をしていないかよくわかるはずです。

仕事を計画化しはじめると、やがて計画を立てることがちっとも苦にならなくなります。

プログラミング・スクールを選ぶにしろ、あらかじめ作っておいたカードで、その要点を見て面接するとかできます。プログラミング習得に対して十分に熟慮し、その重要性の順序に沿ってビシビシ実行してゆくことです。

プログラミングは ”習うより慣れろ”” といいます。そのつど “作ってみる” こと、これに尽きます。これらのメリット・デメリットを充分理解の上、あなたもプログラミングの世界に足を踏み入れてください。歳を経るほどに落ち込むことがあっても、「新たな一歩」を踏みだせます。

まずは希望職種を決めること

このブログを読んで、プログラミングをやりたい、エンジニアになりたい、と思ってくださった方も、魅力を感じなかった方も、これからプログラムが大きな影響をもつ社会で生きていくことに変わりありません。人として幸せに生き抜くことを考え始めるときがきているのではないでしょうか。

社会の現実がいかに厳しくとも、その先に「希望の光」を見だす道筋をつけていきましょう。

転職について悩みや疑問がありましたらご自由にコメント欄に投稿してください。(コメント欄はこの記事の最下部です)。いただいたコメントはすべて拝見し、真剣に回答させていただきます。

コメント

何なりとお申し付けください。