【体験】PHP の開発環境を準備しプログラムを実行する

PHP PHP
PHP

きょうは、PHP を学ぶ第3回目です。

HTML/CSS をマスターすると次は、Web か サイト制作になると思います。

サイト制作の方では PHP ではないでしょうか?

PHPは、HTMLに埋め込まれることができ、ウェブページを動的に生成するために使用されます。

例えば、PHPを使用してウェブフォームを処理し、データベースにデータを保存したり、データを取得したりすることができます。

きょうはあなたと、 PHP を動かすソフトについて学習します。

今や ChatGPT でプログラム作成までできてしまう時代になりました。その進歩と変化にとまどっている三重県津市在住のそこそこ年とっている男性です。

1.PHP のプログラムを実行する

taka
taka

PHPは、サーバーサイドで動作します。

1.PHP はサーバーサイドで動く

Apacheは、Webブラウザからの要求に対し、Webページの内容を回答させる役割があります。Web サーバの Apache を中心として、データベースの MySQL、スクリプト言語の PHP、Perl、ライブラリの PEAR などの OSS が含まれています。Apache と連携することで、Web ページを自由に作れます。本ブログの学習テーマです。

PHP(Hypertext Preprocessor)は、オープンソースの汎用スクリプト言語であり、主にWebアプリケーション開発に使用されます。PHPは、サーバーサイドで動作するため、クライアント側に何かをインストールする必要がなく、ほとんどのWebサーバーで利用できます。

PHPは、HTMLに埋め込まれることができ、ウェブページを動的に生成するために使用されます。例えば、PHPを使用してウェブフォームを処理し、データベースにデータを保存したり、データを取得したりすることができます。

PHPを記述する場合、「<?php」で始まり「?>」で終わるというルールがあります。この間に書かれるスクリプトは複数行になってもよいのですが、スクリプトの最後には「;」が必要です。

ユーザーが Web サイト上で打ち込んだ情報を元にデータベースと連携し、その結果を Web サイトに表示させるなど「動的」な処理を開発できます。ググれば情報があふれているので、ほとんどの Web サービスが PHP を使って開発されています。

WordPress も PHP を活用して作られています。ソースコードを書かなくても、利用者がサイトの更新を行えます。PHP は「Laravel」フレームワークの型に当てはめることで、初心者でも Web アプリを構築することができます。

コードを正確にかけていなくても動作してしまうこともあります。

PHPは、豊富な構文と機能を備えており、Webアプリケーションの開発に役立ちます。また、PHPは多くのフレームワークやライブラリが利用できるため、より高度なWebアプリケーションの開発が容易になります。PHPは、無料で利用でき、広くサポートされているため、Web開発者にとって重要なツールの1つです。

mika
mika

PHP は無料で利用できます。

2.ソースコードが自由に書け、学びやすい言語ですが

PHP は非常に人気のあるプログラミング言語であり、多くのウェブアプリケーションやウェブサイトで使用されています。PHPの柔軟性と学習しやすさは、多くの開発者にとって魅力的な要素です。

ただし、PHP が完全にバグや問題から免れることはありません。

  1. バグやエラー: ソフトウェア開発においては、バグやエラーが発生する可能性があります。コードのミスや予期せぬ状況によって、PHP のプログラムは正しく動作しないことがあります。デバッグやエラー処理のスキルを持つことは、問題の特定と修正に役立ちます。
  2. バージョンの互換性: PHP は定期的にバージョンアップされます。新しいバージョンでは、古いバージョンとは互換性がない変更や機能追加が行われることがあります。したがって、古いコードが新しいバージョンで正常に動作しないことがあります。アプリケーションのアップデートやバージョン管理の戦略が重要です。
  3. サーバー設定の問題: PHP はサーバーサイドのスクリプト言語であるため、サーバーの設定によっては正しく動作しないことがあります。例えば、必要な PHP 拡張モジュールがインストールされていない場合や、設定ファイルが適切に構成されていない場合などがあります。
  4. パフォーマンスの問題: 大規模なプロジェクトやトラフィックの多いウェブサイトでは、パフォーマンスの問題が発生することがあります。コードの最適化やキャッシュの活用、データベースのクエリの最適化など、パフォーマンスチューニングの手法が必要となる場合があります。

これらの問題に直面した場合、デバッグやトラブルシューティングのスキル、PHP のドキュメンテーションやコミュニティのサポートの活用が重要です。また、良好なコーディング慣行やセキュリティ対策の実施も、問題の回避や対策に役立ちます。

コードに間違いがあっても、見かけ上は正しく動いている場合、後々予期しないエラーで苦しむかもしれません。

そのため PHP を学ぶなら、しっかりと正しいコードで書くことを意識しながら勉強を進めるのがおすすめです。「関数」が多くフレームワークも複数あるので、それらを使えば初心者でも比較的簡単にプログラムを組めるようになるでしょう。

易しい言語であるため、フリーエンジニアとして早く案件を獲得したい方には PHP の習得をおすすめします。独立を考えている人は PHP を学ぶべきです。案件が豊富にあるので、WordPress と PHP によるシステム構築などを手がけると、稼ぎにもつながりやすくなります。

学びやすく書きやすい半面、PHP のアプリが新バージョンの PHP では動かなかったりするので Web
知識が無いと苦労します。セキュリティにも弱く課題が多い言語ではありますが、ほぼすべての
Web アプリケーション開発が可能でそのため受託案件も受注できる案件も増えます。

3.PHP の開発環境を準備する

code.visualstudioによる
code.visualstudioによる

エラーがあっても気にしないで。プログラム作成の流れを覚えます。

第1回目は下記です。

2.PHPのインストール

PHP
PHP
taka
taka

まず、PHPをインストールする必要があります。

WebサーバーでPHPを実行するには、PHPのインストールが必要です。PHPの公式サイトから、自分の環境に合わせたバージョンのPHPをダウンロードしてインストールします。また、WebサーバーとPHPのバージョンが互換性があることを確認してください。

PHPの公式サイト(https://www.php.net/downloads.php)からダウンロードして、インストーラーを実行してください。または、XAMPPやMAMPなどの統合開発環境をダウンロードすることもできます。これらのツールには、PHP、Apache、MySQLなどの必要なコンポーネントが含まれています。

1.PHPアプリケーションを配置する

PHPアプリケーションのファイルをWebサーバーのドキュメントルートに配置します。ドキュメントルートは、Webサーバーが公開するファイルの格納場所であり、一般的には/var/www/htmlなどのディレクトリになります。

Webサーバーが実行中で、PHPアプリケーションのファイルが配置されている場合、Webブラウザでアプリケーションにアクセスすることができます。WebブラウザでアプリケーションのURLを入力してアクセスすると、PHPアプリケーションが実行されます。

以上が、PHPアプリケーションを実行するための一般的な手順です。また、PHPのフレームワークを使用することで、アプリケーションの開発が効率的になる場合があります。フレームワークには、Laravel、Symfony、CakePHPなどがあります。

mika
mika

PHPでアプリケーションを実行するには、以下の手順を実行する必要があります。

2.PHPのインストール

まず、PHPをインストールする必要があります。PHPは公式のウェブサイト(https://www.php.net/downloads.php)からダウンロードするか、またはパッケージマネージャー(例えば、aptやyumなど)を使用してインストールできます。インストールが完了したら、ターミナルで「php -v」と入力して、PHPのバージョンが表示されるか確認しましょう。

PHPコードを作成するために、お好みのテキストエディタを選択してください。人気のあるテキストエディタにはVisual Studio Code、Sublime Text、Atomなどがあります。

選択したテキストエディタを使用して、新しいファイルを作成し、拡張子が「.php」のファイル名を付けます。例えば、「index.php」という名前のファイルを作成します。

作成したPHPファイル(index.phpなど)を開き、PHPコードを記述します。例えば、以下のようなコードを記述します。

<?php
echo "Hello, World!";
?>

上記の例では、PHPタグ(<?phpと?>)の中に「Hello, World!」というテキストを出力するecho文があります。

PHPは通常、ウェブサーバーと組み合わせて使用されます。ローカル環境で実行する場合は、ApacheやNginxなどのウェブサーバーをインストールする必要があります。ウェブサーバーのインストール方法は、使用しているオペレーティングシステムによって異なります。

ウェブサーバーのドキュメントルート(ウェブコンテンツのルートディレクトリ)に、作成したPHPファイル(index.phpなど)を配置します。ドキュメントルートの場所も、使用しているウェブサーバーとオペレーティングシステムによって異なりますが、一般的には「/var/www/html/」や「C:\xampp\htdocs\」などのディレクトリです。

ウェブサーバーが正しくセットアップされ、PHPファイルがドキュメントルートに配置されたら、ウェブブラウザを開き、以下のようにURLを入力してアクセスします。

http://localhost/index.php   これで、PHPコードが実行され、ブラウザに「Hello, World!」と表示されるはずです。

ウェブアプリケーションを開発する場合は、さらに多くの要素やフレームワークが関与することがありますが、基本的なPHPの実行方法を理解するためのスタート地点となるでしょう。

taka
taka

以上がPHPでアプリケーションを実行するための基本的な手順です。

Webブラウザでアクセスする

  1. PHPをインストール: まず、PHPをインストールする必要があります。PHPの公式ウェブサイト(https://www.php.net/)からPHPの最新バージョンをダウンロードし、インストールしてください。インストール手順は、使用しているオペレーティングシステムに応じて異なります。
  2. Webサーバを設定: PHPを使用するためには、Webサーバ(通常はApache、Nginx、またはIISなど)を設定する必要があります。これには、インストールされたPHPとWebサーバの統合が含まれます。各Webサーバには異なる手順がありますので、それぞれの公式ドキュメントを参照してください。
  3. PHPファイルの作成: PHPコードを含むファイルを作成します。一般的な拡張子は .php ですが、これは必須ではありません。PHPコードを含むファイルをテキストエディタで作成し、必要に応じて保存します。
  4. Webブラウザでアクセス: PHPファイルがWebサーバに配置され、PHPが正しく構成されている場合、Webブラウザからそのファイルにアクセスすることができます。ブラウザのアドレスバーにファイルのURLを入力してアクセスします。例えば、http://localhost/myphpfile.php のようなURLです。
  5. PHPコードの実行: WebブラウザからPHPファイルにアクセスすると、サーバ上でPHPエンジンが実行され、その結果がブラウザに表示されます。PHPファイル内のコードが適切に動作することが期待されます。

これらの手順を実行することで、PHPをWebブラウザでアクセスすることができます。

テキストエディタのインストール

PHPのコードを作成するために、適切なテキストエディタをインストールする必要があります。一般的なオプションには、Visual Studio Code、Sublime Text、Atom、Notepad++などがあります。これらのエディタは、PHPのシンタックスハイライトやデバッグツールなどの機能を提供することができます。

PHP を習得すると Web ページにさまざまな機能を盛り込むことができます。

PHP の開発環境を準備する

  1. PHP でできること
  2. XAMPP のインストール
  3. Appache を起動する
  4. PHP のパスを確認
  5. MySQL を起動する
  6. データベース

HTMLとCSSを使用して、フォームのデザインを作成します。フォームには、お名前、メールアドレス、件名、メッセージなどの項目が含まれる場合があります。また、バリデーションに失敗した場合にエラーメッセージを表示するための要素も含めることができます。

PHPを使用して、送信されたフォームデータをバリデーションします。これには、必須項目の確認、メールアドレスの検証、スパムメッセージの防止などが含まれます。バリデーションに失敗した場合は、エラーメッセージを表示し、フォームを再表示します。

フォームデータのバリデーションを行う

  1. フォームの作成: HTMLでフォームを作成します。例えば、以下のような形式です。

htmlCopy code

<form action="process_form.php" method="post"> <input type="text" name="username" placeholder="ユーザー名"><br> <input type="email" name="email" placeholder="Eメール"><br> <input type="password" name="password" placeholder="パスワード"><br> <input type="submit" value="送信"> </form>

  1. フォームデータの受け取り: PHPスクリプトで、フォームから送信されたデータを受け取ります。このスクリプトは、action属性で指定されたファイルになります。

phpCopy code

<?php if ($_SERVER["REQUEST_METHOD"] == "POST") { $username = $_POST["username"]; $email = $_POST["email"]; $password = $_POST["password"]; // バリデーションを実行するための次のステップに進みます。 } ?>

  1. バリデーションの実行: 受け取ったデータをバリデーションします。以下は一般的なバリデーションの例です。

phpCopy code

<?php // 必須フィールドの確認 if (empty($username) || empty($email) || empty($password)) { echo "すべてのフィールドを入力してください"; } else { // Eメールの形式チェック if (!filter_var($email, FILTER_VALIDATE_EMAIL)) { echo "有効なEメールアドレスを入力してください"; } else { // パスワードの長さチェック if (strlen($password) < 8) { echo "パスワードは8文字以上である必要があります"; } else { // バリデーションが成功した場合、処理を続行する // 例えば、データベースにデータを保存するなど echo "バリデーションが成功しました。データを処理してください。"; } } } ?>

  1. エラーメッセージの表示: バリデーションに失敗した場合は、エラーメッセージを表示して、ユーザーに通知します。

これらの手順に従うことで、PHPでフォームデータのバリデーションを実装することができます。また、バリデーションにはフレームワークやライブラリを使用することもできます。

フォームデータをメールで送信する

PHPのmail関数を使用して、フォームデータを指定されたメールアドレスに送信します。メールには、送信者の名前、メールアドレス、件名、メッセージが含まれます。また、送信者に自動返信メールを送信することもできます。

フォーム送信完了ページを表示する

フォームデータの送信が完了したら、ユーザーに完了ページを表示します。完了ページには、送信ありがとうございますメッセージや、返信までの日数などの情報が含まれる場合があります。

以上が、お問い合わせフォームを作成するための一般的な流れです。この手順に沿って作成することで、安全かつ信頼性の高いお問い合わせフォームを作成することができます。

3.アンケートフォームをつくる

  1. アンケートフォーム作成の流れ
  2. アンケートフォームをつくる
  3. アンケートを保存
  4. アンケートを表示
  5. データベースに保存
  6. アンケートを検索

アンケートフォームを作成するための一般的な手順は以下の通りです。

フォームのデザインを作成する

HTMLとCSSを使用して、フォームのデザインを作成します。アンケートフォームには、質問項目、選択肢、テキスト入力欄などが含まれます。また、必須項目のマークやエラーメッセージ表示用の要素なども含めることができます。

フォームデータのバリデーションを行う

PHPを使用して、送信されたフォームデータをバリデーションします。これには、必須項目の確認、正しい形式での入力、同意事項の確認などが含まれます。バリデーションに失敗した場合は、エラーメッセージを表示し、フォームを再表示します。

フォームデータをデータベースに保存する

フォームデータをデータベースに保存します。データベースには、回答者の名前、メールアドレス、回答内容などが含まれます。データベースのテーブル構造は、アンケートの種類によって異なります。

回答内容を集計して表示する

データベースに保存された回答内容を集計し、グラフやテーブルなどの形で表示します。集計には、SQLを使用してデータを集計することが一般的です。

以上が、アンケートフォームを作成するための一般的な手順です。この手順に沿って作成することで、安全かつ信頼性の高いアンケートフォームを作成することができます。また、PHPを使用することで、フォームのバリデーションやデータベースの操作が容易になります。

Webサーバーをインストールする

PHPアプリケーションを実行するためには、Webサーバーが必要です。代表的なWebサーバーには、Apache、Nginx、IISなどがあります。それぞれのWebサーバーに合わせたインストール手順に従って、Webサーバーをインストールします。

mika
mika

PHP を実行するためにはサーバーが必要で、Apache などがあります。

4.PHPスクリプトを実行するためには

  1. PHPのインストール: PHP の実行環境をセットアップするために、PHP をインストールする必要があります。PHPの公式ウェブサイト(https://www.php.net/)から、最新バージョンのPHPをダウンロードし、インストールしてください。
  2. ウェブサーバー: PHP スクリプトは、ウェブサーバー上で実行されます。一般的なウェブサーバーソフトウェアとしては、Apache、Nginx、IIS などがあります。ウェブサーバーをインストールし、適切に設定してください。
  3. ファイルの配置場所: PHP スクリプトを実行するためには、スクリプトファイルをウェブサーバーのドキュメントルートまたは設定されたウェブサーバーの特定のディレクトリに配置する必要があります。
  4. ブラウザまたはコマンドライン: PHP スクリプトを実行するためには、ウェブブラウザやコマンドラインを使用します。ウェブブラウザを使う場合は、ウェブサーバーにアクセスしてスクリプトを実行します。コマンドラインを使う場合は、PHP の実行コマンドを使用してスクリプトを実行します。

また、PHPスクリプトの実行には、適切な構文とロジックを持ったスクリプトファイルが必要です。

<?php
  //  ブラウザに「Hellow, PHP!」と表示します。
echo( “<HTML>n” );
  echo( “<HEAD>n” );
echo( “<TITLE>01-01</TITLE>n” );
  echo(
“</HEAD>n” );
  echo( “<BODY>n” );
  echo(
“Hellow, PHP!n” );
  echo( “</BODY>n” );
  echo(
“</HTML>n” );
?>
taka
taka

「echo」 というのは PHP の関数の1つで、「今から始めますよ!」という記号です。

内容を HTML 出力用にそのまま書きだします。関数とは「命令」という意味だと思ったらいいです。「n」は「改行」を表すコードです。命令の区切りの部分には「;」をつけます。セミコロンは「終了」という意味です。

Java などの静的型付け言語では通常、ソースコードをコンパイルしてバイナリ形式に変換する必要がありますが、PHP は動的型付け言語であり、コンパイルの段階を経ずに直接実行することができます。

PHP はスクリプト言語として設計されており、PHP のソースコードはそのままインタプリタによって実行されます。つまり、PHPのコードは実行時に逐次解釈され、処理が実行されます。

この動的な実行方法により、PHP の開発が迅速に行われる利点があります。PHP のソースコードを変更した場合、コンパイルの手順を経る必要がなく、変更内容が即座に反映されます。これにより、PHPの開発者は素早くプログラムのテストやデバッグを行うことができます。

ただし、PHP は実行時にコードを解釈するため、静的型チェックが行われず、実行時のエラーやバグが発生する可能性があります。また、動的な特性からパフォーマンスの面で静的型付け言語と比較して劣る場合もあります。

近年、PHP の実行速度や静的型チェックの導入など、パフォーマンスと開発効率を向上させるための改善が進んでいます。さらに、PHP 7以降では実行速度の向上が見られ、型の厳密さや静的型チェックの導入も進んでいます。

総じて言えることは、PHP はコンパイルの段階を経ずに直接実行される動的型付け言語であるため、開発の迅速さと柔軟性が特徴ですが、静的型付け言語と比較してパフォーマンスや型の厳密さの面で劣る場合もあるということです。

taka
taka

PHP は書いたプログラムをコンピュータが読み取れるように変換しなくてもいいんです!

3.PHP スクリプトを実行する場合コンパイルという作業が不要

コンパイルしなくていい
コンパイルしなくていい

1.コンパイルというのは

人間が書いたプログラムをコンピュータに解釈できる形に変換する処理のことです。Java などはコンパイルによって変換しますが PHP はその必要がないのです。スクリプト言語と呼ばれる、PHP、JavaScript、Ruby などはスクリプトを書いたらそのままの状態で実行できるのです。

PHP のスクリプトは、テキストファイルに書かれたプログラムであり、PHP インタプリターによって直接実行されます。つまり、コンパイルの手順を経なくても、スクリプトを実行することができます。

PHP インタプリターは、PHP スクリプトを読み込んで実行します。スクリプトの実行中に、PHP インタプリターは必要に応じてスクリプト内の関数や変数を自動的に解釈して処理します。このため、PHP スクリプトの変更があった場合、コンパイルをしなくてもすぐに変更内容が反映されます。

ただし、PHP には、スクリプトを高速に実行するために、スクリプトをコンパイルするオプションもあります。これは、スクリプトをコンパイルしてバイナリファイルに変換し、実行時にバイナリファイルを実行する方法です。しかし、一般的には、PHP スクリプトを実行する場合には、コンパイルは必要ありません。

PHPはスクリプト言語であり、コンパイルの必要はありません。

通常、PHP スクリプトは実行時に順を追って、次から次へと進行していくと解釈されます。これは、PHPエンジンがスクリプトを読み込んで実行するという意味です。

PHPスクリプトを実行するためには、PHP エンジンがインストールされていることが前提となります。PHPエンジンはスクリプトを実行するためのランタイム環境を提供します。PHP エンジンはスクリプトを解析し、必要な命令を実行して結果を生成します。

したがって、PHP スクリプトを変更した場合、再コンパイルする必要はありません。スクリプトを保存した後、変更内容は即座に反映されます。これにより、PHP は柔軟で迅速な開発とデバッグを可能にします。

ただし、一部のフレームワークやライブラリでは、事前にキャッシュやオプコードキャッシュなどの最適化を行うことがあります。これにより、スクリプトのパフォーマンスが向上する場合がありますが、これらはPHPエンジン自体の内部の最適化であり、開発者が意識的にコンパイルする必要はありません。

第2回目は下記をどうぞ!

あとがき

XAMPPは無料で利用できるPHPの開発環境の1つです。XAMPPは、Apache HTTP Server、MySQLデータベース、PHP、Perlなどのオープンソースソフトウェアを組み合わせたパッケージで、Windows、Mac、Linuxなどのオペレーティングシステムで利用できます。

XAMPPは、ローカルでPHPアプリケーションを開発するために必要なすべてのコンポーネントを提供します。これにより、Webアプリケーションやウェブサイトのローカル環境での開発やテストが簡単にできます。XAMPPは、Apache、PHP、MySQLなどを独自に設定する必要がないため、簡単にインストールして使用することができます。

XAMPPは、PHPやMySQLなどのコンポーネントのバージョンを柔軟に選択することもできます。開発者は、XAMPPのバージョンをアップグレードすることで、新しいバージョンのコンポーネントを簡単に導入することができます。

ただし、XAMPPは開発環境のため、セキュリティについては注意が必要です。ローカル環境であっても、パスワードの設定やファイアウォールの設定などを適切に行い、セキュリティに配慮した開発を行うことが重要です。

PHP について、悩みや疑問がありましたらご自由にコメント欄に投稿してください。(コメント欄はこの記事の最下部です)。いただいたコメントはすべて拝見し、真剣に回答させていただきます。

コメント

何なりとお申し付けください。