Google Adsens Keywords を5つのサイトから探せ!

keyword SEO
keyword

きょうはキーワードについて学びます。

あなたはホームページを閲覧するとき、Google, Yahoo, bing どれを使いますか?

日本では Yahoo Japan がわずかに Google をリードしているようですが、Yahoo もGoogle 検索のノウハウを利用しています。検索といえばGoogle ですね。

でも、どうして Google なのでしょか、不思議ですね。どうしてなんでしょうか。

きょうはあなたと、そのキーワードについて学習します。

1.アクセスが集中する仕組み

アクセス集中
taka
taka

あの検索システムを実現するには最新・最高のコンピュータ環境が必要になるでしょう。

せっかく書いたブログが Google検索しても1ページはおろか、どこにも表示されない、としたらガッカリします。これからGoogleアドセンスで収益を上げるためには、1日少なくとも300人のアクセスを集めることが必要になってきます。

いくら値打ちのある記事内容でも、ブログに来てもらえないと意味はありません。Googleアドセンスで収益化をするには、クリック単価が1円~と低いため、たくさんアクセスを集め記事を見てもらう必要があるのです。

Google アドセンスでは1ページ目に表示されるような「キーワード選定」が重要です。1位での検索は約17%と言われています。1位が100とすると5位は50、10位は10、50位は5、100位は1ぐらいの閲覧者しかありません。

「検索エンジンからブログへアクセスを集める」には世間で注目される知りたい情報を検索して、そこにあなたのブログ記事が上位表示されていれば、間違いなくアクセスが集中します。

1.検索エンジンからブログへアクセスを集めるためには

  1. キーワードリサーチ: 検索エンジンで人気のあるキーワードやトピックをリサーチし、それらをブログ記事の中に組み込むことが重要です。キーワードは、読者が検索する際に使用する言葉やフレーズです。具体的で関連性の高いキーワードを使用することで、検索エンジンのランキングを上げ、アクセスを増やすことができます。
  2. 高品質なコンテンツの提供: ブログ記事を高品質で魅力的なコンテンツにすることが重要です。読者が価値を見出し、共有したくなるような情報や解決策を提供しましょう。ユーザビリティに配慮し、わかりやすく読みやすい文章を書くことも大切です。
  3. SEO最適化: 検索エンジン最適化(SEO)の基本的な原則に従って、ブログ記事を最適化しましょう。タイトルタグ、メタディスクリプション、見出しタグなどのHTML要素を適切に使用し、キーワードを適度に配置してください。また、内部リンクや外部リンクを使って記事の関連性と信頼性を高めることも重要です。
  4. サイトマップの作成と提出: サイトマップは、ブログの全てのページや投稿を検索エンジンに通知するためのXMLファイルです。サイトマップを作成し、Google Search Consoleなどのツールを使用して検索エンジンに提出しましょう。これにより、検索エンジンがブログのコンテンツを正確にクロールできるようになります。
  5. ソーシャルメディアの活用: ソーシャルメディアプラットフォームを活用して、ブログの記事を共有しましょう。人々が共有しやすく、話題性のあるコンテンツを作成することで、ソーシャルメディア上での露出とトラフィックを増やすことができます。
mika
mika

他のウェブサイトやブログからのバックリンクを獲得することも重要です。

2. どんなキーワードにすればいい?

Keywords
Keywords
taka
taka

キーワードの選択は、ブログのテーマや目標に合わせて行う必要があります。

  1. ニッチキーワード: 競争が激しい一般的なキーワードよりも、より具体的でニッチなキーワードに焦点を当てることが有効です。例えば、「ダイエット」ではなく、「低炭水化物ダイエット方法」や「ベジタリアンレシピ」など、より特定のトピックやカテゴリに関連したキーワードを選びます。
  2. 長尾キーワード: 長尾キーワードは、複数のワードで構成される具体的なフレーズです。これらのキーワードは、より具体的な検索意図に合致するため、競争が少なくなる傾向があります。たとえば、「東京観光」よりも「東京のおしゃれなカフェ」や「東京ディズニーランドのアトラクション」などの長尾キーワードを選びます。
  3. 検索ボリュームと競争度: キーワード選択の際には、検索ボリュームと競争度をバランスさせることが重要です。高検索ボリュームのキーワードは人気がありますが、競争も激しくなります。一方、低検索ボリュームのキーワードは競争は少ないですが、アクセス数も限られます。最適なキーワードは、検索ボリュームがある程度ありつつも競争度が低いものを選ぶことです。
  4. キーワードリサーチツールの活用: キーワードリサーチツールを使用すると、関連するキーワードやそれらの検索ボリューム、競争度などのデータを入手することができます。Google Keyword Planner、Ahrefs、Semrushなどのツールを活用し、自分のブログのテーマに関連するキーワードをリサーチしてみましょう。
  5. ユーザーの意図を考慮: 検索エンジンでキーワードを検索するユーザーの意図を理解しましょう。ユーザーが何を求めているかを知ることが大切です。

キーワード選択のための一般的なアプローチといくつかのヒントを示しました。

ビッグキーワード

「Google アドセンス」というような1語のキーワードをいいます。ビッグキーワード(重要なキーワード)を見つけるためには、

  1. 現在のトレンドや注目の話題を把握することは重要です。ソーシャルメディア、ニュースサイト、業界の専門サイトなどで最新のトピックスを追跡します。
  2. キーワードリサーチツールを使用すると、検索ボリュームや競争度などの情報を得ることができます。代表的なツールにはGoogleキーワードプランナーAhrefsSEMrushなどがあります。
  3. 自分の競合他社や競合サイトがどのようなキーワードを使っているか調査します。これにより、新たなアイデアや人気のキーワードを発見できます。
  4. オンライン上のフォーラムやコミュニティでディスカッションを追跡し、ユーザーの関心や話題を把握することができます。
  5. ソーシャルメディアプラットフォーム(TwitterInstagramFacebookなど)でのトレンドやハッシュタグを調査し、人々がどのような話題に関心を持っているかを把握できます。
  6. キーワードジェネレーターや関連キーワード提案ツールなどを活用して、関連するキーワードを探すことができます。

これらの手法やツールを組み合わせて使用することで、ビッグキーワードを見つけるための情報収集や分析を行うことができます。また、自身の業界やターゲットオーディエンスに関する知識も重要です。

ロングテール・キーワード

(長い尻尾がついた)キーワードです。ロングテール・キーワード(長尾キーワード)を見つけるためには、

  1. キーワードリサーチツールを使用すると、一般的なキーワードの他にも長尾キーワードを見つけることができます。GoogleキーワードプランナーやAhrefs、SEMrushなどのツールを活用しましょう。
  2. Googleや他の検索エンジンの検索バーにキーワードを入力すると、自動補完機能が関連する長尾キーワードを表示してくれることがあります。これを利用して、検索者が実際に入力しているフレーズや質問を把握します。
  3. Googleの検索結果ページに表示される「People Also Ask」セクションには、関連する質問や長尾キーワードが表示されます。ここからアイデアを得ることができます。
  4. 自分の業界やターゲットオーディエンスが集まるブログやフォーラムに参加し、ユーザーが実際に使っている長尾キーワードや質問を把握します。
  5. 自社や競合他社の商品やサービスに関する顧客の声やフィードバックを分析することで、長尾キーワードを発見することができます。顧客の具体的なニーズや問題を把握し、それに関連するキーワードを見つけます。
  6. ソーシャルメディア上でのユーザーの投稿やコメント、ハッシュタグを調査することで、長尾キーワードを見つけることができます。

これらの手法やツールを組み合わせて使用することで、ロングテール・キーワードを見つけるための情報収集や分析を行うことができます。長尾キーワードは競争が低く、特定のニーズに対応するため、SEOやコンテンツ戦略において重要な役割を果たします。

Google アドセンス・キーワード

たくさんのアクセスを集めるには、常に「今日と明日」話題になりそうなキーワードを探します。

Google AdSenseは、ウェブサイトやブログの所有者が広告を掲載し、収益を得るための広告プラットフォームです。AdSenseでは、コンテンツに関連するキーワードを使用して広告を表示します。

  1. AdSenseは、ウェブページのコンテンツを解析し、それに関連するキーワードを特定します。これにより、表示される広告がコンテンツと関連性のあるものになります。
  2. AdSenseでは、広告主が特定のキーワードに対して入札を行います。入札額が高いキーワードほど、広告主の広告が表示される可能性が高くなります。
  3. AdSenseでは、クリックごとに広告主が支払う金額であるCPC(クリック単価)が重要な要素です。一般的に、高いCPCを持つキーワードほど広告主は競争し、それに応じて収益も高くなります。
  4. AdSenseでは、ウェブページにキーワードを適切に配置することが重要です。コンテンツの自然な流れに沿ってキーワードを使用し、ユーザーエクスペリエンスを損なわないようにします。
  5. AdSenseでは、一部のキーワードが禁止されています。特定のカテゴリー(成人向けコンテンツ、暴力、違法な活動など)に関連するキーワードは使用できません。AdSenseのポリシーを遵守することが重要です。

Google AdSenseを使用する場合、コンテンツの質やアクセス数、ターゲットオーディエンスの関心などが収益に影響を与える要素となります。また、AdSense以外の収益化手段や広告プラットフォームも存在するため、自身のウェブサイトやビジネスのニーズに応じた適切な選択を行うことが重要です。

1.キーワードは4種類あります

一般的にキーワードは以下の4つの種類に分類されます。

  1. ナビゲーションクエリ (Navigation Query): ユーザーが特定のウェブサイトにアクセスするために行う検索です。例えば、「Facebookログイン」や「OpenAIの公式サイト」といったクエリがナビゲーションクエリの例です。
  2. 情報クエリ (Information Query): ユーザーが特定の情報を求めて行う検索です。例えば、「ワールドカップの歴史」や「最新のスマートフォンのレビュー」といったクエリが情報クエリの例です。
  3. トランザクショナルクエリ (Transactional Query): ユーザーが特定のアクションを実行するために行う検索です。例えば、「飛行機チケット予約」や「オンラインで買い物する」といったクエリがトランザクショナルクエリの例です。
  4. 意図クエリ (Intent Query): ユーザーの意図や目的を反映した検索です。これは他の3つのクエリのいずれかに関連しています。例えば、「ベストホテル東京」といったクエリは情報を求める情報クエリとトランザクションを行うトランザクショナルクエリの要素を持っています。

これらのクエリの種類は、検索エンジンのアルゴリズムや検索結果の表示に影響を与える要素となります。ウェブサイトやコンテンツの作成者は、ターゲットオーディエンスのニーズや意図に合わせて適切なキーワードを選択することが重要です。

Do クエリ(行動ワード)

「買いたい」「見たい」「遊びたい」など、何かの行動を前提にしたワードです。行動が前提なのでCVR も高くなります。CVR とは、コンバージョン率のこと。広告がクリックされて購入・請求に結びついた率です。

正確には「Do クエリ」は一般的な用語ではありません。

一般的には、キーワードの分類において「Do クエリ」という用語は使われません。ナビゲーションクエリ、情報クエリ、トランザクショナルクエリ、意図クエリの4つのカテゴリが一般的に使われています。これらのカテゴリは、ユーザーが検索エンジンを使用する際の意図や目的を表現するための分類です。

もし「Do クエリ」という用語が特定の文脈や情報源で使用されている場合は、それがどのような意味を持つのか、その文脈においてどのような意図を持って使われているのかについて、追加の情報を提供していただければ幸いです。

Know クエリ(調査ワード)

行動を起こすためではなく、調べるために検索しています。「アフィリエイトとは?」「EC サイト 口コミ」などです。すぐに行動を起こすわけではないので CVR は低くなります。収益につながるような仕組みができているかですね。

「Know クエリ(調査ワード)」という用語は、特定の文脈で使用されることはありませんが、おそらく「情報クエリ(Information Query)」を指しているのかもしれません。

情報クエリは、ユーザーが特定の情報を調査するために行う検索です。ユーザーは特定のトピックやテーマに関連する情報を求め、それに基づいて検索キーワードを入力します。

例えば、以下のようなキーワードが情報クエリの例として挙げられます:

  • 「ワールドカップの歴史」
  • 「最新のスマートフォンのレビュー」
  • 「プログラミング言語の比較」
  • 「料理のレシピ」

これらの検索クエリは、ユーザーが特定の情報や知識を得るために行っているものであり、調査や学習の目的で使われます。情報クエリは、ウェブサイトやブログの所有者が有益なコンテンツを提供する機会として捉えることができます。

Go クエリ(指名ワード)

社名や商品名での検索のことです。「WordPress」「Google 」など。知名度が高く、ブランドのある企業の場合に、指名検索が多くなります。

GRC の検索順位チェックツール
GRC の検索順位チェックツール

「Go クエリ(指名ワード)」という用語は、一般的な用語ではありません。指名ワードという用語自体が特定の文脈で使用されることはありませんので、具体的な意味や説明を提供することができません。

もし、特定の文脈や情報源で「Go クエリ(指名ワード)」という用語が使われている場合は、その文脈や意図について詳細な情報を提供できるかもしれません。

3.Google Keyword Planner

Google Keyword
Google Keyword
taka
taka

Google Keyword Plannerはキーワードリサーチにおいて非常に有用なツールです。

  1. キーワードのアイデアを提供: Google Keyword Plannerは、入力したキーワードに関連する他のキーワードのアイデアを提供します。これにより、より具体的なキーワードやニッチなキーワードを見つけることができます。
  2. 検索ボリュームの情報: 各キーワードの月間の検索ボリュームデータを表示してくれます。これにより、特定のキーワードがどれくらいの人々に検索されているかを把握できます。
  3. 競争度の情報: キーワードの競争度を示す指標や、広告の入札価格範囲を提供します。これにより、競争の激しいキーワードや競争の少ないキーワードを特定することができます。
  4. 地理的なターゲティング: 特定の地域や言語におけるキーワードのパフォーマンスデータも提供してくれます。これにより、地理的なターゲティングやローカルSEO戦略に活用することができます。

Google Keyword PlannerはGoogle Adsの一部であり、アカウント登録が必要ですが、無料で利用することができます。キーワードリサーチやSEO戦略の立案において、Google Keyword Plannerは貴重な情報源となります。ただし、競争の激しいキーワードに関しては、追加のリサーチや他のキーワードツールの活用も検討することが重要です。

Googleで検索した際に表示される関連キーワード。「みんながどんな情報を知りたがっているか」が重要です。
例えば、「アフィリエイト」で検索すると、google では110件、bingでは59件見つかります。

「検索数が多い=求めていること」で、キーワードの組み合わせを1つずつ記事にしていきます。Googleの検索時に表示される関連キーワードも入れるとより効果的です。関連キーワード取得ツールという、キーワードを見つけやすいツールを使っていきます。「アフィリエイト」で、スペースキーを1回押します。

Google 広告 – ログイン

「Googleサジェストキーワード」「ひらがなをプラスしたときのキーワード候補」などたくさんの使えそうなキーワードが表示されます。

4. Google トレンド

Google Trends
Google Trends

taka
taka

Google トレンド(Google Trends)は、Googleが提供するオンラインのツールです。

このツールは、特定のキーワードやトピックに関連する検索トレンド(検索の増減や人気度)を分析するために使用されます。

Google トレンドは、以下のような機能と情報を提供します。

  1. キーワードの検索トレンド: 特定のキーワードが過去の期間においてどのように検索されてきたかをグラフやデータで表示します。時間軸に沿ってキーワードの人気の変動を追跡することができます。
  2. 関連キーワードの表示: 入力したキーワードに関連する他のキーワードや関心度の高いトピックを表示します。これにより、より具体的なキーワードや関連するトピックを探すことができます。
  3. 地理的なデータ: 特定の地域や言語におけるキーワードの検索トレンドを表示します。地理的な情報を利用して、地域ごとの検索傾向や人気トピックを把握することができます。
  4. 人気のトピックやヘッドラインの表示: インターネット上で話題となっている人気のあるトピックやヘッドラインを表示します。これにより、最新のトレンドや注目すべき話題を把握することができます。

Google トレンドは、キーワードリサーチやマーケットリサーチ、トピックのトレンド分析などに役立つツールです。特定のキーワードやトピックの人気度や需要の変化を把握し、それに基づいて戦略を立てることができます。また、特定の地域や言語における検索トレンドを分析することで、地域ごとのマーケティングやコンテンツ戦略に活用することも可能です。

さらにクリックすれば、人気度の動向や関連キーワードがグラフで表示されます。選ぶべきキーワードは、「自分(あなた)が知りたい・興味がありそう・検索されそうな」です。

mika
mika

うまくマッチングさせることです。

5. Yahoo 検索上昇キーワード

Yahoo 検索上昇キーワード
Yahoo 検索上昇キーワード

Yahoo 検索データの提供が2019年に終了して急上昇キーワードを見られなくなりました。しかし、Yahoo の検索窓にカーソルを入れて空欄のまま検索ボタンを押すだけで可能になりました。

リアルタイムをクリックすればTwitter された投稿数の推移やワードを見られます。 話題のキーワード が Twitterの人気ランキングで表示されます。

Twitterはリアルタイムでつぶやきをされる特性があるので、ニュースサイトより情報が早く、ニュースにする場合もあるため、先回りして話題の情報を入手することができます。

Yahoo検索上昇キーワードは、Yahoo検索エンジンにおいて急上昇している人気のキーワードやトピックを表示する機能です。オンラインのレビューやフォーラム、SNSなどを調査することをおすすめします。また、Yahooの公式ウェブサイトやニュースソースも、関連する情報を提供している可能性があります。

重要なのは、自分の目的やニーズに合った情報を正確に取得することです。Yahoo検索上昇キーワードが提供するデータや情報が、自分のマーケティング戦略やキーワードリサーチに役立つかどうかを慎重に評価することが重要です。

6.cotoha.com トピックス

cotoha.com トピックスの画面
cotoha.com トピックスの画面

Google Twitter などの急上昇ワードを集めたサイトです。

cotoha.comは、コトハ株式会社が提供する自然言語処理(NLP)技術に特化したプラットフォームです。NLPは、人間の言語を理解し、解釈し、処理するためのコンピューターサイエンスの分野です。

cotoha.comのトピックスは、COTOHAプラットフォームの最新のニュース、アップデート、機能の改善、新しい機能やAPIの提供などに関する情報を指しています。最新のcotoha.comのトピックスについては、COTOHAの公式ウェブサイトやブログ、ニュースリリース、ソーシャルメディアのアカウントなどをチェックすることをおすすめします。そこで最新の情報やアップデートにアクセスできます。

cotoha.com トピックスは、キーワードからわかるニュースや話題のまとめサイトで、「それって何?」「その人は誰?」「その人がどうしたの?」といったトピックスがわかります。キーワード候補に需要があれば、関連キーワードやサジェストキーワードに表示されています。

Google 「テーマ」は少なからず需要があるので、ほとんどライバルがいないためアクセスを集めにいくことができます。さらに深掘りさせることで「ブランド」というキーワードも選定できます。これらのサイトから、「今まさに話題になっている情報」が分かります。これらの情報から記事を作成すれば良さそうです。

では、明日の話題を知るにはどうしたらいいでしょうか?

それは、TV番組表が役に立ちます。放送される内容から、「こういう話題が巻き起こりそうだ!」と予想できるからです。

cotoha.com

7. Yahoo! TVガイド

yahooTV番組表
yahooTV番組表

ヤフーテレビガイドの各番組をクリックすれば、放送内容・出演者がわかります。その内容から話題性を予測することができます。

1位表示を目指せるキーワード選定法かわかっても、「これはいける!」と思ったつもりが、まったく上位表示されないということは初心者にはよくあることです。

そこで重要なのがライバルチェック。
生活・健康・医療・観光・文化遺産、学校法人、官公庁、Amazon楽天価格.com その他有名企業サイトは Googleの評価も高く、SEO 対策がされています。

個人ブログには付け入るスキがありません。これらのサイトが1ページに網羅されている場合は退散したほうが無難です。目安としては、「.jp」「.co.jp」です。

無料ブログはほとんどが趣味や遊び感覚の日記のような利用方法で収益化を考えている人はほとんどいません。検索上位に無料ブログが表示されるとライバルとしてとても弱いキーワードと判断できます。 無料ブログが1ページ目に1つでもある場合は、率先して記事を書いていきます。

Yahoo!テレビ.Gガイド [テレビ番組表]

tv.yahoo.co.jp

 

8.Keywords の競合分析を行う

1.ターゲットキーワードの特定 競合分析を行うためには、

まず自身のウェブサイトやブログ、オンラインビジネスに関連するターゲットキーワードを特定します。これは、自分のビジネスやコンテンツの目的やニーズに応じて決定します。

  1. 競合キーワードの特定: ターゲットキーワードに関連する競合ウェブサイトやブログ、競合ビジネスを特定します。これには、競合企業や同じニッチに属する他のウェブサイトを調査し、彼らがターゲットとしているキーワードを把握します。
  2. キーワードリサーチツールの活用: キーワードリサーチツール(例: Google Keyword Planner、Semrush、Ahrefsなど)を活用して、ターゲットキーワードおよび競合キーワードの検索ボリューム、競争度、関連キーワードなどのデータを取得します。これにより、ターゲットキーワードと競合キーワードの性能と人気度を比較することができます。
  3. 検索エンジン結果ページ(SERP)の分析: ターゲットキーワードや競合キーワードを検索エンジンで検索し、上位に表示される競合ウェブサイトの特徴や戦略を分析します。タイトルタグ、メタディスクリプション、コンテンツの構成、内部リンク、外部リンクなど、SEO要素を注目します。
  4. コンテンツの比較: ターゲットキーワードと競合キーワードに関連するコンテンツを比較します。競合ウェブサイトのコンテンツの質、長さ、情報の充実度、ユーザー体験などを考慮します。
  5. バックリンクプロファイルの分析: 競合ウェブサイトのバックリンクプロファイルを分析します。競合がどのようなウェブサイトからバックリンクを受けているか、どのような戦略を取っているかを把握します。

ターゲットキーワードと競合キーワードのパフォーマンス、競争度、戦略、いろいろあるのね。

①キーワード市場

キーワード候補を抽出し、それぞれどのようなサイトが表示されるかをチェックする。

➁検索順位

自分のサイトと競合サイトの位置を確認する。1ページに表示されるサイトをリストアップする。

③コンテンツ比較

キャッチコピー、アフィリ商品・サービス、顧客メリット、問い合わせ・購入のしやすさ、サイトの回遊性(みやすさ)

④外部チャネル

Twitter、facebook、ブログ、LINE などの媒体へどのような形で出稿しているかを調べる。検索エンジン経由から媒体サイトなどに多様化している。

⑤モバイル対応

Google が検索順位を判断する基準をパソコンからスマホに移行しています。今後ますますモバイル主流になります。

あとがき

メインキーワードは必ず先頭に持ってきて何の記事なのかはっきりさせます。検索エンジンは、先頭のキーワードと複合キーワードが結び付ける仕様になっているからです。

グーグル検索で上位表示するために、メインキーワードを例えば、「Google」とし、複合キーワードを「キーワード」の記事タイトルをつけました。『キーワードを探してアフィリエイトサイトを Google 上位表示させよう!』

これだとメインキーワードの「Google」が途中にあるため、「アフィリエイト」に関するキーワードが「Google」と結びつきにくいですね。『Google に上位表示させよう!キーワードを探そう!』のようにメインキーワードを先頭に持ってくる構成にした方が、「Google」の上位表示を目指す記事だと分かりやすくなり、上位表示されやすくなります。

記事タイトルは、31文字以内(グーグルの検索に表示される文字数)にします。

例えば、「言語・教室・独学」2・3・4番目のキーワードもいれる。これら3つのキーワードを入れて、タイトルは日本語として自然で、前半と後半に分け「、」や「。」は使わず「!」「?」「・」を使います。

ビッグキーワードからのアクセスよりも、”検索する人が数人のキーワード群”の方が全体のアクセス数のほとんどを占めています。

コンテンツの中身が充実していれば1位を取らずともアクセスは稼げます。100記事書くのはしんどいですが、ブログは良質な記事が集まるほど収益を得られる資産となり Google に評価され、必然的に上位表示されます。

コメント

何なりとお申し付けください。