ブロガー徹底活用!SEO 対策に ChatGPT など便利なツールが大集合!

SEO のパソコン画面 SEO
SEO

きょうは SEO 対策について学びます。

SEO 内部対策はコンテンツに関わる SEO と、ソースコードに関わる SEO とがあります。

コンテンツに関わる SEO とは、その Web サイトがいかに訪問者にとって役に立つ、有益な内容をもっているか、ソースコードに関する SEO は HTML や CSS といったソースコードが訪問者に分かりやすいように書かれているかどうかです。

では、なぜ、ホームページやブログを世に知らしめる代表的な方法が「Google」をはじめとする検索エンジンに表示させることなんでしょうか?

きょうはあなたと、SEO 対策について学習します。

1.ブログランキング SEO 対策とは?

seo
seo
taka
taka

老若男女、小学生でさえ「ググる」と言って検索サイトで自分の求める情報を探します。

1.まずは、なにがしかのキーワードでそこに表示させる

ことが、知名度を上げる基本中の基本です。

私も、まるで堤防に立って潮目を読む老漁師のように、とめどなく打ち寄せる小波を、ただ口を結んで見つめているのです。いまでは、言語(キーワード)主体の検索以外にも、ソーシャルメディア(SNS)で情報を得る機会が増えました。

例えば、「インスタ映え」と称される直感的な画像を Instagram で無料で検索できますし、「ユーチューバー」のように YouTube を使って課金してプロモーションビデオを発信することもできます。

Facebook は言語・画像・映像の複合コンテンツで情報発信や相互コミュニケーションができるだけでなく、年齢・性別・地域・趣味などターゲットを絞って広告することもできます。

LINE は広告だけでなく、アフターコミュニケーションで一見さんを「常連客」化することもできます。カリスマ美容師やスナックのママさんが上手に使っていますね。

「おなじもん食っとるのに何で太らんのだとか、食わすもん食わしとらんみたいで、ごがわく(腹が立つ)」

「口の悪い人は腹はないでよー、こらえたってちょうな」

「ほめもするし、愚痴もでるわさ」

これからもさまざまな SNS が登場して、より多角的な情報発信ができるようになると思います。

ただ、多くの人は新しいツールに振り回されているでけで、本当にビジネスに役立てているケースはひと握りです。

また、SNS 系の広告は押しつけがましく一方的なので、あまり効果がないといわれています。やはり時の流れや流行に関係なくもっともベーシックな情報発信は、Googe に代表される検索サイトになると思いますが、ここにきて「ChatGPT」なるものが取って代わろうとしているのです。

mika
mika

ChatGPT は世界の常識を変えるかもしれません。

2.ブログランキング SEO 対策のポイント

検索エンジンにアクセスするユーザーが、どのような検索ワードを入力するかを予測し、それに対応したキーワードを記事のタイトルや本文に適切に配置することが大切です。ただし、あまりにもキーワードを無理に詰め込むと、かえって検索エンジンにスパムと認識されてしまうため、自然な形でキーワードを配置するようにしましょう。

ブログの記事の内容や品質を向上させることは、SEO対策にとって非常に重要です。検索エンジンは、ユーザーにとって有益な情報を提供することが目的であり、質の高いコンテンツが重視されます。

自分のブログ内で関連する記事を紹介する内部リンクを設定することで、読者にとっても便利であり、検索エンジンにとってもサイトの構造を理解しやすくなります。

他のサイトから自分のサイトへのリンク(外部リンク)を取得することで、自分のサイトの信頼性が高くなり、検索エンジンからの評価が高くなる可能性があります。ただし、外部リンクはあくまでも自然な形で取得するようにし、スパム的な取得は避ける必要があります。

サイトの読み込み速度が遅いと、ユーザーはサイトから離れる可能性が高くなります。また、検索エンジンも読み込み速度を評価の指標の1つとしているため、サイトの速度アップを図ることが重要です。

ただし、SEO対策は常に変化するため、最新の情報やトレンドにも注意することが重要です。

2.これまでの SEO 対策はもはや通用しない!?

seo
seo
taka
taka

SEO 対策とは検索サイトの結果で上位に表示させるために行われる様々な施策です。

1.SEO 対策は「外部対策」と「内部対策」の2つ

外部対策とは外部からのリンクを貼り付けること、内部対策とは Web サイトの内部を最適化することです。実はこれらの SEO 対策が通用しなくなっているのです。これからの SEO 対策は「Web ライティング」です。

最近スポットライトが当たっているのが、「Web サイトの中身(コンテンツ)」です。

検索エンジンは Web サイトのコンテンツの価値を独自に評価しています。つまり、良いコンテンツをたくさん掲載してゆけば、検索エンジンに認められて、自動的に検索順位が上がってゆくわけです。

一口にコンテンツと言っても、文章、写真、動画など種類は様々です。その中でも文章の占める割合は大きいです。では、検索エンジンが「良い」と判断するコンテンツとはどのようなものなのでしょうか?

2.SEO 対策で最も重要なのが「文章」

Web サイトというとデザインや写真といった見た目のことに意識が向きがちかも知れません。しかし
Web サイトを構成する要素の中で最も重要なのが「文章」です。

なぜなら、Web サイトの目的が、

  1. 情報を伝える、
  2. 行動を起こしてもらう、
  3. コミュニケーションをする

という3つのことにある以上、そこには必ず「言葉」が必要となるからです。

文章を読んでくれる相手をイメージして文章を書くことが、「読まれる→伝わる」Web 文章を書くための秘訣となります。

伝わる文章の書き方は、良い評価を受けているコンテンツを分析することで、ある程度推測することができます。ただ良い文章を書くだけではなく、検索エンジンの動作を分析しそれを生かした「Web
コンテンツ」を作成する必要があります。

1.主張:最初に話す内容の結論(主張)を明確にします。

2.理由:その主張に至った理由をわかりやすく書きます。

3.具体例:より分かりやすくするため、具体例を出す。

4.結論:理由・具体例をふまえて、再説明する。

こういった書き出しが考えられます。

雑誌系では、「さまざまな情報を」「ゆっくり理解していきながら読みたい」という目的の方が多いのではないでしょうか。

それには多くの情報を盛りこむことや、流れを整理しながら最終的な結論に至る書き方でも読者は離脱しにくいものです。

一方、Web 系では、「知りたい情報だけ」「流し読みで要点だけ」という目的の方が多いので、得たい情報をわかりやすく、結論から書いていくといいかもしれません。

3.ChatGPT の登場によって、SEO 対策の重要性や効果は変わる可能性

一般的な SEO の原則やベストプラクティスは依然として重要です。ChatGPT は自然言語処理を利用して応答を生成するため、キーワードの密度やメタタグの最適化など、従来の SEO の一部要素はその重要性を失いつつあります。

しかし、以下の点に注意する必要があります。

  1. コンテンツの品質と価値: ChatGPT は質問に対して的確な回答を生成する能力を持っていますが、検索エンジンは依然としてユーザーのニーズに合った高品質なコンテンツを重視します。コンテンツの品質、正確性、信頼性は依然として重要です。
  2. ユーザー体験の重視: 検索エンジンはユーザー体験を重視し、使いやすい、読みやすい、モバイルフレンドリーなサイトを評価します。サイトの速度、レスポンシブデザイン、ナビゲーションの使いやすさなど、ユーザーが快適に利用できるサイトを提供することが重要です。
  3. コンテンツの意図を理解する能力: ChatGPT は人間のような応答を生成する能力を持っていますが、検索エンジンはコンテンツの意図を理解し、ユーザーのニーズに合ったコンテンツを提供することを重視します。従来の SEO のようにキーワードの密度にのみ注目するのではなく、ユーザーが求めている情報を提供するコンテンツを作成することが重要です。

総じて言えることは、検索エンジン最適化の目標は変わらず、ユーザーのニーズに合った高品質なコンテンツを提供し、ユーザー体験を向上させることです。ChatGPT の登場は、より人間らしい応答を生成することが可能になりましたが、SEO の基本原則は依然として重要です。

mika
mika

SEO には基本原則があるのね。

3.SEO 対策は「検索エンジン向け」、Web 対策は「閲覧者向け」

コーヒーを飲みながらパソコン操作の女性
コーヒーを飲みながらパソコン操作の女性
taka
taka

シンプルで意味のあるURLを作成しなければならないんだ。

1.SEO の内部対策

ターゲットキーワードをコンテンツの中やメタデータに適切に配置することで、検索エンジンに対してコンテンツのテーマや重要性を伝えることができます。

各ページのタイトルタグとメタディスクリプションを適切に作成し、ユーザーに内容の要点を伝えると同時に、検索結果ページでのクリック率を向上させることが重要です。ユーザーが理解しやすく、検索エンジンにとっても意味のあるURL構造を作成することが重要です。キーワードを含めることや冗長なパラメータを避けるなど、シンプルで意味のあるURLを作成しましょう。

サイト内のページ間の内部リンクを適切に設計することで、検索エンジンがコンテンツをクロールしやすくなります。重要なページへの内部リンクを強化し、ユーザーのナビゲーションを改善することが重要です。

ページの読み込み速度が遅いと、ユーザーエクスペリエンスや検索エンジンの評価に悪影響を与える可能性があります。画像の最適化、キャッシュの有効化、不要なプラグインの削除など、サイトの速度を向上させる対策を行いましょう。

モバイルデバイスからのアクセスが増えている現在、モバイルフレンドリーなウェブサイトの設計は重要です。レスポンシブデザインやモバイル専用のサイトを構築し、モバイルユーザーの体験を向上させましょう。

ユーザーが快適にウェブサイトを利用できるよう、使いやすいナビゲーション、読みやすいコンテンツなどです。

2.SEO 対策は「検索エンジン向け」、Web 対策は「閲覧者向け」

この大きな違いを区別してライティングすることが重要です。

Google では年に数回、検索アルゴリズムという大規模な変更を行っています。「コア アップデート」と呼んでいます。関連性が高く権威あるコンテンツを検索ユーザーに提供するという Google の使命を果たすために行われます。

以下に、品質評価ガイドラインをアドバイスとして活用したサードパーティの記事を紹介します(リンク先はすべて英語となります)。

注意: 上記の記事へのリンクは特定の SEO 企業または SEO サービスを推奨するものではありません。このトピックに関して役に立つコンテンツを掲載している記事としてのみ紹介しています。

3.両者を同時に考える

SEO対策とWeb対策は、それぞれ異なる視点でアプローチする必要がありますが、両者は同時に考える必要があります。

SEO対策

検索エンジンが自分のサイトを理解しやすくするために行う対策です。検索エンジンにサイトを適切にインデックスしてもらい、検索結果上位に表示されるようにすることが目的です。

キーワードの選定やコンテンツの最適化、内部リンク、外部リンク、サイトのスピードアップなど、検索エンジンが自分のサイトを評価するために必要な要素を考慮します。

関西の有名な人にSEO対策について教えてもらいました。

「せやなぁ、自分のサイトを検索エンジンにワカリやすくするためには、ちょいとしたSEO対策が必要やね。関西弁で教えてみるで。

まずは、キーワードをちゃんと使うことが大事や。自分のサイトのテーマや内容に合ったキーワードを使って、コンテンツを書き込んでいくとええで。そしたら、検索エンジンがサイトの内容をワカリやすくなるやろ。

次に、ちゃんとしたタイトルや見出しをつけることも重要や。見出しやタイトルにもキーワードをうまく組み込んで、サイトの構造を明確にしていくと、検索エンジンがサイトを読みやすくなるんやで。

あとは、他のサイトからのリンクも大事や。他の関連サイトやブログなんかからリンクをもらえると、自分のサイトの信頼性がアップするんや。それによって、検索エンジンが自分のサイトをより重視してくれる可能性も高まるやろ。

とにかく、自分のサイトをちゃんと整理して、関西弁でもほんまにわかりやすいようにすることが大事やで。」

まあ、ありきたりのコメントですが、これといった対策はないということでしょうか。

Web対策

読者が自分のサイトを見て、興味を持ち、情報を共有するために行う対策です。読者の利便性を向上させ、サイトの訪問者数やコンバージョン率を高めることが目的です。見やすいレイアウト、使いやすいナビゲーション、読みやすいコンテンツ、適切な画像や動画、コンテンツのシェアやコメント機能など、読者にとって有益で価値のあるコンテンツを提供することが重要です。

しかし、検索エンジンは読者と同じように、コンテンツの質や利便性に基づいてサイトを評価するため、SEO対策とWeb対策は密接に関連しています。したがって、SEO対策とWeb対策の両方をバランスよく行うことが重要です。

SEO対策とWeb対策は異なる視点からアプローチする必要がありますが、両者は同時に考えることが重要です。

  1. SEO(Search Engine Optimization)対策は、検索エンジンでの表示順位を向上させるための施策です。具体的なキーワード選定やメタタグの最適化、コンテンツの品質向上、リンク戦略などが含まれます。SEO対策は、検索エンジンからのアクセスや有機的な流入を増やすことに焦点を当てています。
  2. Web対策は、ウェブサイト全体のパフォーマンスやユーザーエクスペリエンスの向上に焦点を当てた施策です。これには、ウェブサイトのデザイン、ナビゲーションの改善、モバイルフレンドリーなレスポンシブデザインの採用、コンテンツのクオリティ向上、ユーザーインタラクションの最適化などが含まれます。Web対策は、ユーザーがサイトにアクセスし、サイト内で快適な体験をすることに焦点を当てています。

両者は異なる視点を持ちながらも密接に関連しています。SEO対策を行っても、ウェブサイト自体が使いづらい、デザインが悪い、コンテンツが魅力的でない場合、ユーザーは離脱してしまう可能性があります。逆に、ウェブサイトが魅力的で使いやすくても、検索エンジンでの表示順位が低い場合、アクセス数が限定的になる可能性があります。

したがって、両者を同時に考えることが重要です。SEO対策を行いながら、ウェブサイトのパフォーマンスやユーザーエクスペリエンスを改善するためのWeb対策も同時に実施することで、最良の結果を得ることができます。ユーザーが満足し、検索エンジンからのアクセスも増えることで、ウェブサイトの成功につながります。

SEO対策とWeb対策は異なる視点でアプローチする必要がありますが、両方を同時に考えることが重要です。

SEO対策は、検索エンジンでの表示やランキングを向上させるための取り組みです。これにはキーワードの適切な使用、メタタグの最適化、サイト内リンクの改善などが含まれます。SEO対策は、検索エンジンがコンテンツを理解しやすくするための手法です。

一方、Web対策は、ユーザーの体験やニーズに焦点を当てた取り組みです。これにはサイトの速度最適化、ユーザーフレンドリーなナビゲーションの設計、モバイルフレンドリーなデザインなどが含まれます。Web対策は、ユーザーがサイトを快適に利用できるようにするための手法です。

両方の視点を同時に考えることは重要です。SEO対策だけを行っても、ユーザーがサイトを訪れても満足できる体験を提供できなければ、長期的な成功は難しいです。同様に、Web対策だけを行っても、検索エンジンでの表示やランキングが向上しなければ、サイトへの集客が難しくなります。

結局のところ、SEO対策とWeb対策は相補的な関係にあります。ユーザーに価値あるコンテンツと優れたユーザーエクスペリエンスを提供することで、検索エンジンでの表示やランキングが向上し、より多くのユーザーを引き付けることができます。

mika
mika

SEO対策とWeb対策はお互いに関連しあっているのね。

あとがき

SEO 内部対策はコンテンツに関わる SEO と、ソースコードに関わる SEO とがあります。コンテンツに関わる SEO とは、その Web サイトがいかに訪問者にとって役に立つ、有益な内容をもっているかです。

それに対してソースコードに関する SEO は HTML や CSS といったソースコードが訪問者に分かりやすいように書かれているかどうかです。そして訪問者が使いやすいソースコードは、すなわち検索エンジンが内容を判断しやすいソースコードでもあるわけです。

ソースコードを見直し、その中に含まれるキーワードを見直すことで、本当にその Web
サイトは訪問者が使いやすいサイトになっているのか、情報を見つけやすいサイトになっているのかということを判定し、改善してゆきます。

「SEO 対策で効果があるのは WEB ライティングだけ!」といえると思います。

コメント

何なりとお申し付けください。