プログラミング初めの一歩は今すぐ開発環境を整えて LP 制作から

弓矢をいる女性 独学
弓矢をいる女性

きょうは「転職のためのプログラミング」について学びます。

「プログラミングができるようになりたい」

こうお考えの方には、今ほどプログラミングを学ぶのに楽な時代はないといえると思います。パソコンは安くなったし、ネットでなんでも教えてくれるし、PHP や Java でさえ開発環境が無料で入手できます。

その反対に、プログラミングは、実践的なプログラムが作れるまで続けることはシンドイです。

では、プログラミングしたいことがあるのに、なぜ学ぶのがしんどいのでしょうか?

きょうはあなたと、そのことについて学習します。

1.プログラミングの現実を知ると実現可能なゴールが見えてくる

ゴール
ゴール
taka
taka

新卒採用でエンジニアになった人以外は大変厳しいです。

1.スクーリングを卒業する人は溢れています

未経験の枠はほとんどありません。1割の人だけがなれる職業です。

採用担当者の方へ | Wantedly

IT転職は【Green】Web/インターネット業界の求人に強い転職サイト グリーン

htpps://www.green-japan.com

「職人」の世界ですから日々の学びは欠かせません。最初は300万前後の年収ではないでしょうか。その後、会社員なら900万前後、フリーランスなら1千万以上という魅力的な職業です。

「理想」とは雲の上にあるものではなく、常に切磋琢磨し、良い方向に実践していけば遠いものではなくなるでしょう。将来の自分を築くため、よきプログラマーになりたいものです。プログラミングとは「コンピュータを動かす”命令書”」です。そのプログラミング言語は何から何まで覚えるものではなく、専門家でも”ググる”ものなんですね。だいたい6ヵ月もあれば覚えられるものです。

プログラムを作った人には、答えがわかっています。必ず答えがあると保証されたプログラムを解くのは、そこに見えている頂上へ向かって、ガイド付きの登山道をハイキングするようなものです。

スマホアプリはスマホだけで動いているように見えますが、実はウェブアプリと連動しています。

たとえば Twitter のモバイルアプリでは、他人のツイートを見たり、自分で投稿するとき全てモバイルアプリと Web アプリが連動しています。つまりスマホと Web アプリが両方セットで発展していて、Web アプリエンジニアの需要も同じように発展しています。

副業でエンジニアやってる人は2割ぐらいです。クラウドソーシングでシステム開発、プログラミング請け負い、プログラミングスクールで講師というのが個人的な感覚です。学歴はほとんど関係ないですが、その分、学習ハードルが高くて半年くらいは勉強が必要です。一応それなりに働けるには2~3年が必要です。

2.プログラミングはじめの一歩

「現実の自分」を見つめることです。あまりに高い目的(目標)が先に立つと現実が苦しくなるじゃないですか。苦しい「現実」をがまんしつづけるなんてできますか?

旅行も「どっか行きたいな」という現実があって、「あそこへ行こう」と目的を定めるものです。その前に旅はどこにいくかではなく誰と行くかが問われます。目標を見失うのは道筋の研究をしないためではないでしょうか。

もっとも読書だけは違います。苦しくても読まなければならない本もあります。読みぐるしいのを我慢して、読む勇気を鼓舞することを希望する本もあります。

ともかく現実に密着しながら事態の推移を追いかけて、見て、聞き取りをし、どう仕上げるか悶々とするのです。難しさの中に楽しさを見いだす、その先に目的が見えてくるものです。目的は後です。「目的」のために「手段」を選んではいけないと思います。

プログラミングを習得する上で必須条件は、ただ1つの目標に向かって意志を傾注すること。でも、多くの人は目標を見失います。

エンジニアの仕事は失敗をくり返しながらそれをのり越えていく

3.エンジニアの適性や心構えなどについて

  • 普段から身の回りのことを注視し、どうやったらもっとよくなるかを考えられる人
  • 知的好奇心が旺盛で新しいことへチャレンジできる人
  • 気になったことを調べたり試したりしているうち技術が身についている人
  • 既存のものに満足せず、オリジナルなものを生み出せる人
  • 使う人の立場になり、どんな人とも円滑にコミュニケーションできる人
  • ひとつのことに執着して長く続けられる人
  • 失敗を繰り返しても将来を楽観できる人、こういう人にはうってつけです。

やはり、伸びてる業界で仕事をするに限りますね。さらに、その仕事が好きであればなおさらです。IT業界では個人の技術力や経験が重視されやすいです。一般的な IT エンジニアの仕事は、クライアントの要求をもとに作られた企画書や仕様書に沿ってシステムを開発することです。

私の周りでもネットで受注、フリーでエンジニアやっている人がいます。仕事の内容は、システムづくりのフローチャート(作業の見通し)を作り、ここでプログラムを設計し完成したところで作業の点検をして発注者に渡します。

年取ってても関係ないですね。山登りだって、最後登りきる寸前がもっともしんどいし、けがもしやすいものです。勤続年数を経てあと一歩のところでこけてしまうのは珍しいことではありません。最後の1年は自分を支えてくれる人がいれば関係ないですね。

2.プログラミングにはランディングページ制作

ランディングページ
ランディングページ

仕事の現場で使われることの多いプログラミングに着目します。ホームページ制作だと、ページ数にもよりますが、1ページあたり1万~2万円というのが相場です。

「自宅での副業」の中でも多くの仕事の案件があり、初心者でも挑戦しやすいのが Web プログラミングです。

1.Web プログラミング

【急募】【コーディング不要】【報酬4万円】メンズ 髭専門脱毛サロンのLPデザイン制作【クラウドワークス】crowdworks.jp

Web サービスや Web ページを作っていく仕事です。そのために学ばなければならない言語は、主に HTML、CSSPHP などです。これらはたくさんの入門書が出ているので独学も簡単です。

さらにオンラインプログラミングスクールなどのサービスを利用すれば、はじめてプログラミングを勉強する方でも効率よく知識を身につけられます。

そのうえで、ある程度知識がついてきたら、まずは知人や友人からの案件を、無償で引き受けてみるのです。自分の Web サイトやブログを作りたいという友人がいれば、手伝ってあげるのです。そのように実際に手を動かして成果物を作る経験を繰り返すことで、実践的な力が身についてきます。

ある程度、コツや制作物のクオリティが上がってきたら、いよいよ実際の案件に挑戦します。案件を探すには、クラウドソーシングサイト(クラウドワークスなど)が便利です。案件の内容と要求されているスキルを確認し、依頼者とやり取りしながら納品まで進めていきます。

クラウドソーシングサイトのサイトは依頼者と受注者とのやり取りの仕組みがわかりやすかったり、報酬の受け渡しの面でも安全だったりするので、初心者でも安心して使うことができます。最初はジンドゥーなどの既存のサービスを使ったサイト作成の案件などを請け負うのが、仕事も進めやすいです。

このように、自分のスキルに合わせて受注する案件を増やしていきながら、自分の経験値も増やしていき、より高価格で幅広い分野の案件をこなしていけば、順調に収益をアップさせることができます。

「自分はパソコンに詳しくないから」とプログラミングを敬遠してしまう人も心配は無用です。HTML/CSS などの言語は書籍やオンライン講座なども充実していて、学ぶ環境が整っています。一度学んでしまえば、あとはトライ&エラーを繰り返して、どんどんスキルアップしていくことができます。

『知識ゼロからはじめる!プログラミン副業で月収10万円』では、実際に初心者からプログラミングの勉強をして、本業と子育てのかたわら、プログラミングを副業として役立てている著者によるノウハウをしっかり解説しています。

プログラミングの勉強方法や案件の探し方、収入アップのコツなど、「これからプログラミング副業に挑戦したい!」と思っている方に役立つ内容が満載です。

プログラミングは、これからの社会で重視されるスキルの一つです。プログラミングを学ぶことで、副業だけでなく、さらにさまざまな可能性が広がっていきます。

プログラミングを自分の得意なスキルの一つにして、副業や本業をたくさん活かしていきましょう。

これからの社会で必要なスキル、閲覧者に喜ばれるサイトを作るかにかかわってくるわけです。でもどうやって作ればいいのでしょうか?

ライバルの商品を研究しライバル商品のメリットを自社商品に取り込む、ライバル商品のデメリットを改善する、付加価値を付ける、といった差別化は誰でも考えていることです。差別化は差別化にはなりません。

2.「ランディングページ」制作に1ページ20,000円~50,000円

これなら3時間くらいで作れそうです。コーポレートサイト制作(企業自身の公式ウェブサイト)なら10ページで約10万円でしょう。この場合、継続的な収入につながるケースもあります。

但し、今はコロナで在宅ワークを探している人も多いのでなかなか契約に結び付かないだけでなく、安い方へ安い方へと流れるので覚悟しておいた方がいいです。「仕事を受けたい」ではなく「仕事を受けます」の立場逆転にもっていきたいものです。

それは、「営業」して「注文をとる」という形ですね。「仕事を受けたい」のは「下流」で、「仕事を受ける」というのは「上流」なのですね。明らかに「賃金」に差がでるのです。

今ある仕事のかなりの部分がコンピュータに代わられいずれ人がいなくなると予想されています。それは新たにコンピュータ周りの仕事が増えていくということでもあります。

3.最初は「下流」の仕事で経験を積んで、徐々に「上流」から仕事を受ける

  • iPhon アプリを Swift で作りたい
  • Android Studio でアプリを作りたい
  • Unity でゲーム開発に挑戦したい

プロ上級者でも最初からできたわけではありません。プログラミングの知識がゼロの方でも安心して読める本、理解できる教育、経験がなくても学べるシステムがたくさんあります。資格がなくても実力があれば仕事につけます。

IT 業界では今、深刻なエンジニア不足ということで、2020年には小学校でプログラミングが必須化が決定し話題になっています。

出典:教育・学習分野の情報化に係る国内外の動向と先進事例

4.エンジニアは”売り手市場”なので将来有望

ですが、それだけに未知数の部分も多々あります。 例えば、コンピュータシステムを動かす子会社に勤務すると社員は20代~30代が7~8割です。求人広告で「50才以上でも応募可」としていても、実際に採用に至る50代エンジニアは数%です。

「請負」として働くと悲惨な目に合います。工場を毎日稼働させるには深夜であっても自宅からトラブルに対処しなければなりません。これはつらいです。 孤独な仕事でノイローゼ気味になる人もいるので気分転換が大事です。

「自分はグズだからなぁ」と尻込みばかりしている方、最初はみんなそうなんです。難しい秘訣はありません。ただちに実行に移します。「千里の道も一歩から」ということわざがありますがまず第一歩を踏み出すことです。ひとりでできるようになるまで自分で自分を訓練することです。

ランディングページ(LP)の作り方、売れる3原則とデザイン、テンプレート作成方法 集客からお問い合わせの誘導までを単独でおこなえるようになっているのがランディング(LP)「着地ページ」つまりユーザーが最初にランディングするページということで、誰でも、かんたんに、無料で使え

3.プログラミングのパソコンを用意する:開発環境

マックブック
マックブック

1.Macbook を購入する Apple日本

できれば Windows より Mac。エンジニアやデザイナーを目指すのであれば、出来るなら Mac を使いたいところです。職人で言えば「包丁」にあたるものです。13インチがスペックが十分に高く、画面サイズもちょうど良く、持ち運びに便利でおすすめです。ブラインドタッチで打てるようにしてください。

メリット

  1. 起動のスピードが全然違う。
  2. 電源を消しても直前まで作業していた内容をPCが記憶し、次回起動時にアプリが立ち上がり、続きから作業できる。
  3. ウィンドウズをインストールすることもできる。
  4. デスクトップを切り替える操作ができる。
  5. 薄くて軽い、パワフル、トラックパッドでマウスがなくても困らない。
  6. Windows には良いアプリはあるが、Mac のアプリのほうが魅力的なものが多い。

ともあれ、今、マックが無ければお金貯めて買うか、買ってからお金を払うか(Apple は分割購入しても金利が0%)ですよね。 いずれにしても「買う」ことでモチベーションが上がります。

2.Mac でないとダメ?

プログラミングを始めるには、Mac Windows どちらがいいということはありません。Perl (パール)、Python (パイソン)、Ruby(ルビー)を試してみたい時、Mac では標準装備されているのでとっつきやすいということはありますが、Windowsでも導入は簡単にできます。
マックブック・プロを購入 アップル日本

iPhone (アイホン)や iPad などの iOS 向けのアプリを作る場合、Xcode しかできないので、こういった特定の場合をのぞき、ウィンドウズでもマックでもどちらでもいいのです。

3.歳とってからでは遅い?

プログラミングには早い遅いはまったく問題ではありません。音楽やスポーツと違います。大事なことは楽しむことです。楽しくなければ続けなくていいのです。

プログラミングを車の運転に例えてみましょう。

「どうやって運転したらいいの!?」と思ってしまったら一歩も動きません。まず、「ハンドルを持つ」→「キーを指す」→「ギヤをドライブに入れる」→「ブレーキを踏む」→「キーを回してエンジンをかける」。

まずは1からやってみることです。プログラミングもまず、「全体を日本語で書いて」1行からコードを書いてみるのです。わからなければグーグルで検索すればいいのです。ひとつ書いたら一つ動かしてみることです。エラーも見つけやすいです。エラーメッセージを見ます。全体を個別に見ればわかります。個別を作れば全体を作れるようになるのです。

4.転職はクラウドソーシングに登録、

Web クリエーター・プログラマー・システムエンジニアになるにはクラウドワークスやランサーズは活発に採用しています。もっとも最初のうちは安く叩かれますが、それを承知で経験を積むのです。1年間は割り切りましょう。それでも、2年目からは目も肥えてきます。

エディタ:プログラムを書くには VSCord がおすすめです。

Linux:サーバーで動いています。

Git/GitHub:ポートフォリオを管理します。

Web の仕組み:どうやって表示されているのかを知ります。

Linter:ソースコードがルールに従って書かれているかをチェック。

テスト:プログラムにバグがないか自動でチェックしてくれる手法。

CI/CD:本番環境にしてくれます。

セキュリティ:個人情報が漏洩すれば莫大な損害になります。

プログラミングスクールは、「独学では継続しにくいなら」考えてもいいと思います。プログラミングスクールに行かなくてもエンジニアになれます。

スクールに通うメリットは「継続しやすい」「早く習得したい」です。一定のお金を払ってますし、約束事ですからね。しかし、勉強するのは「本人」なので、「絶対にがんばる!」という気持ちがあれば、別にスクール行かなくてもとは思います。

プログラム学習にとって平坦な大道はありません。険しい小道をよじ登る労苦に恐れない人々だけが、その輝く頂上に辿りつく幸運にめぐまれます。労苦の中に楽しみを見いだすのが秘訣ではないでしょうか。

デメリット

  • Mac で作ったデータを zip で Windows 側に送ると文字化けする。
  • Mac ではフォントにアンチエイリアス(ギザギザがなくなる)がかかりますが、Windows では汚く見えます。

4.プログラミングスクールってどうなの?

1.プログラミングを学ぶことが難しいと感じる理由

  1. 抽象的な概念が多い:プログラミングは、抽象的な概念が多く、初心者には理解が難しい場合があります。プログラミング言語には、制御構造、データ型、関数、クラス、オブジェクトなど、複雑で抽象的な概念があります。
  2. エラーが多い:プログラミングは、コードを書く際にエラーが発生することがよくあります。初心者の場合、エラーの原因を特定することが難しいことがあります。
  3. 習慣の問題:プログラミングを学ぶためには、習慣を作る必要があります。毎日少しずつ練習することが大切ですが、忙しいスケジュールに追われている場合、練習する時間を確保するのは難しいかもしれません。
  4. 学習コストが高い:プログラミングを学ぶためには、コンピューターサイエンスの基礎的な概念を理解する必要があります。また、プログラミング言語や開発環境、フレームワークなどのツールを学ぶ必要があります。これらの知識を身につけるためには、時間と労力が必要になります。

2.プログラミングを習得するには

(1)現実を知る。
(2)簡潔明瞭な開発環境にする。
(3)年取ってからでも遅くはない。

こうやって原点をふりかえり、今に至る足跡を確認することが、新しい仕事への更なるステップになると考えています。

もし自分の考え方がまちがっていることに気がついたら、ただちにそれを改めてまた本来の考え方に立ち直る。こうした一つひとつの努力を積み重ねてこそ、ついに目指す目的が訪れるということを承知するでしょう。

山登りでいえば、アプローチをよじ登ってきて、いよいよ頂上が見えて、最終キャンプから頂上を目指すアタックだということです。ここから先が大変ですが、いよいよプログラミングをつくるということが射程に入ってきたというのが現状だと思います。

確かにつらいのですが、つらいからこそ友人の荷物を持ってあげる、という心遣いが必要ではないでしょうか。

誰か苦しそうにしてる人の手助けをすることで精神的な力がでてくるんです。

あとがき

昔といっても50年くらい前ですが、安保闘争というものがありました。ヘルメットを被り大勢の人がデモをし押し寄せたものです。大暴れした連中の中にも、純粋に正義感に駆られてやっている人もいたでしょうが、社会全体、世界全体が歴史の中で見えていないのだろうと思いました。

自分の思いと現実が背反すると、現実が悪いという風になって暴力闘争に走る。そして、そこを権力が利用するわけです。厳しく国家と闘っているように見えるけど、それは国家権力から見れば、そうやって連中が暴れれば、それだけ本来の民主主義を求める人々の打撃になるわけです。

デモや演説や集会を規制する法律も作りやすくなるのです。

要は、理想と現実が背反すると、「理想どうりにはいかない」といいますが、そのばあい、理想の立て方が、いいかげんであったからです。そういう理想を立てた自分たちが間違っていたからです。そう考えて、もう一度、理想を練り直すことこそ大事です。

プログラミングについて、悩みや疑問がありましたらご自由にコメント欄に投稿してください。(コメント欄はこの記事の最下部です)。いただいたコメントはすべて拝見し、真剣に回答させていただきます。

コメント

何なりとお申し付けください。