ランディングページランキング No1、会員数増加の売れる3原則

LPのタイトル WordPress
LPのタイトル

きょうはランディングページ(LP)について学びます。

サイドバーのない幅広のホームページがあります。ランディングページ(LP)です。一般的には広告からのリンク先となる1枚の長い Web ページのことで、ネット上での売り上げ向上に最も重要です。その反対が、サイドバーのあるホームページです。

このように、通常のホームページよりもセールスレターやチラシに近いレイアウトになっているので、ランディングページ(LP)と呼ばれます。

では、なぜ、一枚のページにするのか、不思議ですね?どうしてでしょうか。

きょうは、そのランディングページについて学びます。

集客からお問い合わせの誘導までを単独でおこなえるようになっているのがランディング(LP)です。サイドバーがないのですぐ分かります。結論を最後まで明かさない印象がありますね。私は結論を先に言っておきます。三重県津市在住のそこそこ年取っている男性です。

1.ランディングページ(LP)とは何か?

landing page
landing page
takanobu
takanobu

ランディング(LP)とは「着地」のことです。

着地は営業のセールストークを1枚のページで再現したような構成になります。

LP(ランディングページ)とは、オンラインマーケティングの文脈で使用される用語です。LPは、広告やマーケティングキャンペーンなどで訪れたユーザーを誘導するために作成された特定のウェブページのことを指します。

1.LPは、特定の目的やゴールを持つために設計される

ユーザーが特定のアクションを実行することを促すことが一般的です。例えば、製品の購入、メールアドレスの登録、情報の入力、特典の申し込みなどです。

LPは通常、広告やメールマーケティング、ソーシャルメディアなどのチャネルを通じてユーザーにアクセスされます。LPは、ターゲットユーザーに対して魅力的なコンテンツやオファーを提供し、コンバージョン率を向上させることを目的としています。

LPの設計や要素は、コンバージョン率の最大化を目指して最適化されることが一般的です。タイトルや見出し、コピー、画像、CTA(Call to Action)、フォームなど、ユーザーの関心を引きつけ、目的のアクションを促す要素が効果的に配置されます。

LPは、広告キャンペーンの成果を最大化し、特定の目標達成に貢献する重要なツールです。適切なターゲット設定、コンテンツの最適化、トラッキングと分析の実施など、LPの効果的な活用が重要です。

  •  基本は、
  • 設計がきれいか?
  • デザインが優れているか?
  • スマホが最適化されているか?

「着地ページ」つまりユーザーが最初にランディングするページということで、誰でも、かんたんに、無料で使える、ランディングページツールもあります。無料ランディング作成ツール一覧

ランディングページの構成は、トップ、ボディ、クロージングの3つのパートでできています。それぞれのパートには役割があります。

  • メイン:ランディングページで最初に目にする範囲です。その商品の魅力が伝わるように、要点をまとめます。
  • キャッチコピー:ユーザの関心を引くことばで。その商品を利用することによって手に入れられる未来のことを大きく目立つように。
  • 権威付け:例えば、「○○ランキングNo.1」「会員数△△人突破」など。ユーザの気持ちを高めます。具体的な数字で、メダルでスゴさを強調。


専門性が高い作業ほど報酬が高くなる傾向があり、発注金額の設定内容により、応募してくれるクラウドワーカーの数や納品物の品質にも影響があるため、依頼時にはカテゴリの平均発注額を把握することが大切です。仕事カテゴリの発注相場(クラウドワークス)です。

LPの原則

  1. 3秒以内にクリックされるビューになっているか?
  2. 他社との違いがわかるか?優位性があるか?
  3. ユーザーの心理にそったページ構成になっているか?

「あっ!こういう流れで書いていったら、人間って物が欲しくなるんだなぁ」という心理があるということをまず頭に入れておいてください。

 

2.ランディングページ(LP)の構成

ランディングページの構成
ランディングページの構成
takanobu
takanobu

一般的なLPの構成要素とその役割を説明します。

1.ランディングページ(LP)は、特定のアクションを促す

  1. ヘッダー: ランディングページの上部に配置され、ブランドのロゴやキャッチフレーズなどが含まれます。訪問者にブランドの認識や識別を促す役割があります。
  2. タイトルとサブタイトル: ランディングページの中心に配置され、訪問者の注意を引きつける役割を果たします。短く魅力的なタイトルとサブタイトルを使用して、訪問者に価値や利益を伝えます。
  3. 特徴や利点の説明: 訪問者に製品やサービスの特徴や利点を伝えるセクションです。簡潔かつ具体的な情報を提供し、訪問者が興味を持つかどうかを判断できるようにします。
  4. コール・トゥ・アクション(CTA): LPの目的は、訪問者に特定のアクションを促すことです。CTAは、ボタンやリンクなどの形式で表示され、訪問者に対してアクションを起こすように誘導します。例えば、「今すぐ購入する」「無料トライアルにサインアップする」などが一般的なCTAの例です。
  5. 信頼性の要素: LPでは、信頼性を高める要素を組み込むことが重要です。お客様の声やレビュー、パートナーシップや資格などの証明、ブランドのロゴやパートナーのロゴなどを表示して、訪問者に信頼感を与えます。
  6. フォーム: ランディングページでは、訪問者から情報を収集するためのフォームを配置することが一般的です。フォームには、名前、メールアドレス、連絡先情報などの必要な項目が含まれます。フォームを通じて訪問者が情報を提供することで、セールスリードやコンバージョンの機会を生み出すことができます。
  7. フッター: LPの最下部に配置され、プライバシーポリシーや利用規約、連絡先情報、ソーシャルメディアのリンクなどの補足情報が含まれます。訪問者により詳しい情報やコンタクト方法を提供する役割があります。

これらは一般的なLPの構成要素ですが、デザインや目的によって変化する場合もあります。

mika
mika

重要なのは、LPが明確な目的を持ち、訪問者の興味を引きつけ、特定のアクションに導くことです。

2.ランディングページ(LP)の作り方

takanobu
takanobu

一般的な要素や構成の例を以下に示します。

  1. タイトルと見出し: ユーザーの注意を引きつけるために魅力的なタイトルと見出しを使用します。明確で分かりやすい言葉を選び、価値や利益を強調します。ここでまず「目をキャッチ」するわけです。ここで読者の心をつかんでいるかってことです。英会話スクールだと「入会金0円」とかですね。女性が笑顔で「月額12,000円って安いな」そんな感じですね。
  2. 画像やビデオ: 目に見える要素を使用して、ユーザーの関心を引きつけます。製品やサービスの魅力的な画像やデモンストレーションビデオを配置することで、理解を助けます。「4月分月謝、いまだったら無料ですね」みたいな、ここでクーポン配布みたいな感じで「フォーム」に飛んでいくわけですね。
  3. コピーテキスト: LPの本文コピーは、ユーザーに情報を提供し、価値を伝えるために重要です。コピーは簡潔で読みやすく、利点や特典、特徴などの要素を強調します。「支払が楽」みたいな、早朝から夜までやってますとかメリットを伝えるわけです。
  4. 信頼性の要素: ユーザーの信頼を獲得するために、実績や評価、顧客の声などの信頼性の要素を表示することが有効です。お客様の成功事例、パートナーシップや認証のロゴ、評価やレビューなどを示すことができます。ここからパソナの法則というか「悩みの明確化」みたいな「安くなってほしい、都合のいい時間にレッスン受けたいとか、英語話せないけどついていけるかな?」とか、真ん中に女性を置いて悩みとか明確化して売り込んでいくわけです。
  5. コール・トゥ・アクション(CTA): ユーザーが望むアクションを促す明確なCTAボタンを配置します。例えば、「今すぐ購入する」「無料トライアルを始める」「申し込む」などのアクションを指示します。つまり「選ばれる理由メリット」を書くわけです。
  6. フォーム: ユーザーから必要な情報を収集するためのフォームを設置することがあります。フォームの項目はシンプルで、ユーザーに負担をかけないようにします。
  7. ソーシャルシェアボタン: ユーザーがコンテンツを簡単に共有できるように、ソーシャルメディア共有ボタンを配置することがあります。有名な会社で使われていますよとか、講師もすごいですよとか、卒業生の声とかものせるわけですね。ここでお客さんも「なんかできそうだな?」って思うわけですね。
  8. レスポンシブデザイン: モバイルデバイスでの閲覧を考慮し、レスポンシブデザインを採用して、異なる画面サイズに対応するようにします。「じゃあどうやって申し込んだらいいんだろう?」って、ここから「無料カウンセリング」とか「無料体験レッスン」とかに、1,2,3で進み方がわかるという形になっています。「あっ、全部無料でいけるんだ」ってことがわかるわけです。

これらの要素は、ランディングページの目的やターゲットオーディエンスによって異なる場合があります。

3.ランディングページ(LP)制作の注意点

  • 大きな画像ランディングページを最初に見たときの印象がこの大きな画像で決まります。その商品のメリット・特徴、キャッチコピーの内容。大きなアイキャッチ画像のつぎは「悩みの明確化」です。「あなたはこんな悩みありませんか?」「今の仕事とは別に収入源を持ちませんか?」とかレベルアップしませんかとかですね。
  • 行動導線:申し込む行動ボタンを配置。ボタンの周りにユーザの気持ちを高める要素を入れ込みます。送料無料、特典、期間限定のメリットなど。行動導線は、ファーストビューの範囲に入れ、コンテンツの終わりにアクション導線を配置する。論より証拠というか、ここから権威性とか実績を入れていきます。
  • きっかけ:共感を呼ぶことが目的。この商品気になる、もっと詳しく知りたい!と思わせる工夫をつくります。ユーザの不安・悩みを具体的に。
  • 商品から得られる効果:導入で共感を得た「不安・悩み」をこの商品が解決できる理由を示します。メリットを羅列する場合は最大で7個までですね。
  • 商品説明:この商品を購入したくなってきたところで、商品の詳細を記載。費用は明確に記載する。サイズや色、商品画像、サービスのイメージ画像を載せる。
  • お客さまの:でも、本当にこの商品は信用できるのかな?利用しているお客さまの生の声を見せて「こんなにいろんな人が良いと言っているのだから、私も申し込むべきよね!」と背中を後押ししてあげましょう。お客さまの顔写真、居住地、名前、年齢、その他情報。
  • よくあるご質問:最後に、それでもまだ気になることがあって行動を迷っているユーザのために、これまでのコンテンツで触れなかった情報を、「よくあるご質問」として記載します。購入前の注意点とかですね。よくある質問というのはお客様の疑問解消に全部つながっています。ここで「申し込みボタン」を設置します。

4.売れるランディングページ4つのポイント

  • 商品の注文・お問い合わせ → 売上げアップ
  • 見学会・内覧会などのイベントの予約 → 見込み客の発掘
  • 試供品・無料会員・無料体験への申込み → 見込み客の発掘
  • 求人募集への申込み→ 人材の獲得

こういう意図が隠されています。まずは「目的」を明確にしなくちゃいけませんね。どんな人に、どんな目的で来てもらうかをはっきり絞りこむ必要があるのです。

無料テンプレートはこちら

商品の良さを伝える相手を間違えてしまうと全く反応が出ません。例えば、美容整形を、中高年男性に伝えても効果がないですね。ターゲットの間違いしないことです。

性別、家族構成、所得、学歴、住所などからイメージして、その人物の生活スタイル、感情の傾向などがわかり、何を伝えれば商品の良さを理解して購入してもらえるかがわかるようになります。

ABテストをする

2つのLPを作り、どちらがいいか比較していきます。1週間ごとに検査していきます。ヒートマップなどをつかいどこをクリックしていくかを見ます。途中、給料日を挟んだりして比較しにくいところがありますのでその点を注意します。こうやって何度も比較していくことによってよいLPが作られていきます。

商品の良さを伝える相手を間違えないことですね。

3.ランディングページ(LP)売れる3原則

ランディングページとマズローの5大要素
ランディングページ売れる3原則
takanobu
takanobu

ただし、ユーザーが求めている体験やニーズを理解し、それに合わせた効果的なコンテンツとデザインを提供することが重要です。

1.ランディングページ(LP)は情報提供、信頼獲得

  1. 魅力的なコンテンツと情報提供: ユーザーは、購入や行動を起こす前に、商品やサービスについて詳しく知りたいと考えるものです。ランディングページは、魅力的で興味を引くコンテンツを提供し、ユーザーの問題やニーズに対する解決策を明確に伝える必要があります。特長や利点を強調し、ユーザーが購入やアクションを起こすメリットを示します。
  2. 明確なコール・トゥ・アクション(CTA): ユーザーに対して明確なアクションを促すコール・トゥ・アクション(CTA)は欠かせません。CTAは目立ち、魅力的で分かりやすいメッセージで、ユーザーに具体的な次のステップを示します。例えば、「今すぐ購入する」「無料トライアルを始める」「お問い合わせする」などのCTAを効果的に配置します。
  3. ユーザーの信頼を獲得: ユーザーがランディングページを信頼し、安心して購入やアクションを起こせるようにすることも重要です。信頼性を高めるために、実績や評価、顧客の声やレビューなどを掲示することが有効です。セキュアなオンライン決済やプライバシーポリシーの明示も信頼を構築する要素です。

これらの原則を組み合わせることで、ユーザーはページを訪れ、魅力的な情報を受け取り、明確なアクションを起こす意欲を高めることができます。

  1. 一瞬3秒で選ばれるページになっているか?
  2. 他者との違いが明確になっているか?
  3. ユーザーの心理に寄り添っているか?

AIDCAS(アイドカスの理論)

  • Attention(注目)注目を集めてサイトへ誘導する
  • Interest(興味)興味を持ってもらうようにアプローチする
  • Conviction(確信)購入直前の不安を取り除く
  • Action(行動)購入ボタンを押してもらえるようにする
  • Satisfaction(満足)

PASoNA(パソナの法則)

  • Problem(問題提起)こんなことで困っていませんか?
  • Agitation(問題点)そのまま放置しておくと問題ですよ
  • Solution(解決策)解決策はこれです!
  • Narrow Down(絞り込み)今だけ特典があります。
  • Action(行動)さあ、購入へ!
  1. まず、「アイキャッチ!」です。
  2. ここで閲覧者の心をつかむことが大切です。
  3. 今なら「安い」です。
  4. コロナ対策もバッチリです。
  5. メリットは3つあります。
  6. ここからパソナの法則。
  7. お客さん像を明確化して商品を紹介する。
  8. 選ばれる理由3つのメリット
  9. 権威性や実績
  10. 利用する流れ。よくある質問
  11. 買う気を起こすよう訴えかける

「買うか」「買うまいか」から「買えるか」「買えないか」に切り替わる。

ABテスト

いろいろありますが、結局最後はこれになります。つまりAとBを作り絶えずテストしていくやりかたです。

まずは画像全体の雰囲気など、おおまかな枠で比較し、LPに最適な画像を選択します。そして文章の比較や文字色など細かい部分を比較していきます。ただし比べる箇所は1ヵ所に絞ります。でないとあちこち比較するとどこが良かったのかわからなくなるからです。

ABテストをする場合、1週間ほど日時をずらしてください。

mika
mika

この「切り替える」タイミングが重要です。

4.ランディングページ(LP)マズローの5段階欲望

マズローの5大欲求
マズローの5大欲求
taka
taka

欲求5段階理論とランディングページは一定の関係があります。

1.マズローの理論

人間の欲求が5つの階層に分類され、基本的な欲求から高次の欲求へと進んでいくとされています。

  1. 生理的欲求: 食事、睡眠、水などの基本的な身体的欲求。
  2. 安全欲求: 身体的な安全や経済的な安定、環境の安全性への欲求。
  3. 社会的・所属欲求: 友情、愛情、所属意識、組織への帰属欲求。
  4. 尊重欲求: 自己評価、承認、成果、名声などへの欲求。
  5. 自己実現欲求: 自己成長、個人的な目標達成、創造性、自己表現への欲求。

ランディングページは、これらの欲求に合わせたメッセージや要素を活用することで、ユーザーの関心を引きつけ、アクションを促す役割を果たすことができます。

例えば、安全欲求に関連する製品やサービスを提供している場合、LPでは安心感やセキュリティに関するメッセージを強調することが重要です。また、社会的・所属欲求に焦点を当てた場合、ユーザーがコミュニティに参加することや所属意識を持つことのメリットを示すことが効果的です。

さらに、尊重欲求や自己実現欲求に関連する製品やサービスを提供している場合、ユーザーの成長や自己表現、個人的な成果に焦点を当てたメッセージやコンテンツを提供することが重要です。

したがって、ランディングページはマズローの欲求5段階理論を考慮して設計されることがあります。ユーザーの欲求やニーズを理解し、それに合わせたメッセージや要素を提供することで、ユーザーの関心を引き付け、コンバージョン率を向上させることができます。

mika
mika

ユーザーの関心を惹きつけることね。

1.生理的欲求

まずは、食べ物です。遊びにお金は使えませんよね。この段階の人は、たとえばプログラミング等に興味はありません。今日食べることに精いっぱいですから、この層はパスします。

2.安全欲求

安全・安心な暮らしがしたいですよね?生活環境や健康面の充実、安定した収入も確保したいです。まずは、「キャッチコピー」。わかる文句にしないといけません。

サイドバーやメニューバーをなくし、人の目を画面に集中させるように工夫します。まず「人物モデル」を決めないといけませんね。漠然と万人向けのサイトではダメだってことです。難しいですね。

他のページのリンクも少ないです。これは注文やお問い合わせなどを訪問者に起こさせることに特化しているからで「サイドメニューやメニュー」などの制限がありません。 これにより、自由にデザイン性の高いページを作成できます。

サクサクと縦長のページをスクロールしてもらえるようにテキストよりも画像を活用します。他のページへのリンクが少ないのでページ移動による離脱を抑制できます。訪問者が知りたい情報が1ページに集約されます。

ここまでは「物質的な欲求」ですね。モノを持つ、使うことで欲求が満たされます。

興味をもってもらうように、順を追って説明していく必要がありますね。

3.社会的欲求

集団に属したい、友だちや恋人がほしい。自己を表現したくなります。ここからは「精神的な欲求」になります。精神的に満たされる状態です。

  1. 「こんなことでお悩みではありませんか?」と注意を惹きつける
  2. 「この商品ならお悩みを解決できますよ!」とアピールして商品紹介
  3. 「今なら期間限定でこのお値段!」と、購買を後押しする

もし、この順番が入れ替わってしまったらどうでしょうか?

たちまち訪問者の関心は低下して、販売数も下落してしまうでしょう。訪問者のアクションを誘発させるように、通常のページよりも原稿を練りこんで作らなければなりません。

4.承認欲求

他人から認められたいですよね?対人関係の悩みのすべては承認欲求によるものです。Twitter
や Facebook で「いいね!」をもらいたいのも同じです。

Facebook や Twitter などの SNS での
PR、チラシやパンフレットの二次元バーコードを活用するとか、知識・教育系コンテンツのページ下部にランディングページへと誘導するバナーボタンを設置などですね。

5.自己実現欲求

自分の能力を引き上げたいという欲求です。この層は高レベルのプログラミングを求めています。

すべての動機が、この5つの欲求の為に行われているとされています。人は、自分にあうことをしていないと嫌になってしまいます。行動して報酬をもらうのを目的にせず、行動そのものを目的にすることが大事ですね。

つまり、プログラミングをして報酬をもらうのを目的にせず、プログラミングそのものを目的にすることではないでしょうか?

そして、これらの階層欲求はそれぞれ50%程度達成できれば次の段階へ進むものです。なにも100%達成しなければ次の段階に進めないということではありません。

これらランディングページ作成には、中小企業にお願いすると30万円ほど、大企業だと数100万円かかるのではないでしょうか。相場に関しては、「ランサーズ」の相場価格が参考になります。

あとがき

私たちは食事や睡眠などの生理的な欲求が満たされると、次は自分自身を愛する人たちの安全を欲求します。その欲求が満たされると、こんどは、愛されたい、コミュニティの一員でありたいという欲求をいだきます。

その次の段階では、仕事や課題の達成感とそれに対する評価を欲しがります。そしてそれらの欲求がすべて満たされて初めて、自己実現の欲求—–自分の能力や可能性を存分に花開かていると感じたいという欲求—–をいだくようになります。

人類の歴史を通じて、私たちの生活を形作ってきたのは、この5段階の欲求を順次満たしていこうとする人間の基本的な性質でした。テクノロジーや身の回りにあるモノは変わっても、そういう人間の本質は変わっていないのです。

コメント

何なりとお申し付けください。