ads.txt をアップロードする方法と広告が表示されるようになるまで

アップロード アフィリエイト
アップロード

アドセンスに広告載せるには、Google AdSenseのサイトに行って、アカウントを作成するんや。メールアドレスと自分のウェブサイトのURLを入れて登録するんやで。

アカウント作ったら、Googleさんがあんたのウェブサイトを確認するために、コードをくれるんや。それを自分のサイトに貼り付けるんや。普通はヘッダー部分に貼ることが多いわ。

コードを貼り付けたら、Googleさんがサイトをチェックするんや。この審査に通らんとあかんけど、普通は1週間ぐらいかかるわ。

審査に通ったら、次は広告の設定や。広告ユニットを作って、自分のサイトに合うようにカスタマイズするんやで。その広告コードをまたサイトに貼り付けるんや。

広告を貼り付けたら、あとは訪問者が広告をクリックしたりすると収益が入るんや。AdSenseのダッシュボードから収益をチェックできるわ。

    ほな、これであんたもアドセンスの広告を載せられるようになるで!頑張ってな~!

    1.アドセンスに広告を載せるようにするには

    1. ads.txtファイル作成する:
      • まず、ads.txtファイルを作成せなあかんねん。普通のテキストエディタ(メモ帳とか)使うて、広告ネットワークの情報を書き込むんや。例えば、こんな感じやで:
      • rustコードをコピーする
      • google.com, pub-1234567890123456, DIRECT, f08c47fec0942fa0
    2. ファイル保存する:
      • ファイル作成したら、それを「ads.txt」いう名前で保存するんや。間違えんようにテキスト形式(.txt)で保存することやで。
    3. サーバにログインする:
      • 次に、自分のウェブサイトのサーバにログインせなあかんねん。FTPクライアント(FileZillaとか)使うて、サーバに接続するんが一番簡単や。
    4. ルートディレクトリにアップロードする:
      • ログインできたら、ウェブサイトのルートディレクトリ(public_htmlとかwwwとかいうフォルダ)を探すんや。そこにads.txtファイルをアップロードするんやで。ドラッグ&ドロップするだけやから、簡単やで。
    5. アップロード確認する:

    これで、ads.txtのアップロード完了や!何か問題あったら、また聞いてな。

    1.ads.txt が検証を通過するためには、正しい形式のパブリッシャー ID 

    サイトに ads.txt ファイルがない場合は、作成してください。ads.txt が検証を通過するためには、正しい形式のパブリッシャー ID が記載されている必要があります。

    1. メモ帳(Windows)や TextEdit(Mac)などの書式なしテキスト用のエディタを使用して、テキスト ファイル(.txt)を作成します。
    2. AdSense アカウントにログインします。
    3. ホームページにアラートが表示されている場合は、[今すぐ修正] をクリックします。それ以外の場合は、[サイト] をクリックし、ads.txt のステータスが「不明」になっているサイトをクリックします。: サイトと ads.txt のステータスに応じて、複数の確認方法のオプションが表示されます。[Ads.txt スニペット] オプションを選択してください。
    4. [コピー] をクリックします。
    5. コピーされたテキストを、各 ads.txt ファイルに貼り付けます。ads.txt ファイルは次のようになります(pub-0000000000000000 となっている箇所にはご自身のパブリッシャー ID が入ります)。google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0
    6. (任意)使用している広告ネットワークが他にもある場合は、ads.txt ファイルに追加してください。ads.txt の情報については、ご利用の広告ネットワークにお問い合わせください。
    7. ads.txt ファイルをサイトのルート ディレクトリにアップロードします。サイトのルート ディレクトリとは、トップレベル ドメイン直下のディレクトリまたはフォルダ(例: example.com/ads.txt)を指します(example.com/ads.txt の場合、example.com は ads.txt ファイルをアップロードするルート ディレクトリまたはフォルダです)。
    8. ファイルが正しく公開されていることを確認するには、ads.txt ファイルの内容が利用可能かどうかを確認します。ウェブブラウザで、ads.txt の URL(例: https://example.com/ads.txt)を入力します。ads.txt ファイルがウェブブラウザに表示される場合は、AdSense もそのファイルを正しく検出できるはずです。

    1. パブリッシャー ID を ads.txt ファイルに追加する
    2. ads.txt ファイルにご自身のパブリッシャー ID が記載されていない場合は、アカウントからコピーして貼り付けます。
    3. AdSense アカウントにログインします。
    4. ホームページにアラートが表示されている場合は、[今すぐ修正] をクリックします。それ以外の場合は、[サイト] をクリックし、ads.txt のステータスが「未承認」になっているサイトをクリックします。
    5. [コピー] をクリックします。
    6. コピーされたテキストを、各 ads.txt ファイルに貼り付けます。ads.txt ファイルは次のようになります(pub-0000000000000000 となっている箇所にはご自身のパブリッシャー ID が入ります)。google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

    2.ads.txt のステータスのアップデートを確認する

    ことばではわかりにくいので実際に実行してみます。

    ads.txt ファイルに変更を加えてもアカウントに反映されない場合は、AdSense による ads.txt ファイルの再確認を依頼できます。

    1. AdSense アカウントにログインします。
    2. [サイト] をクリックします。
    3. アップデートを確認するサイトをクリックします。
    4. [アップデートを確認] をクリックします。[サイト] ページで ads.txt のステータスがアップデートされます。

    「Google アドセンスの管理画面を開けます。

    一番上に「要注意・収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。」と表示されます。その右の「今すぐ修正」をクリックします。

    続いて、あなたが契約しているレンタルサーバーの「管理画面」を開きます。私はXserver を利用しているのでそちらの管理画面を紹介させていただきます。

    濃い青の「ファイル管理」をクリックします。

    そしたらあなたの「ドメイン」をダブルクリックします。

    次に「public_html」をダブルクリックします。

    上部にある「アップロード」をクリックします。

    すると「ファイルをドラッグ&ドロップしてください」と表示されるので、先ほど作成した「ads.txt 」ファイルを選択します。

    「アップロード」のボタンをクリックします。

    すると「ads.txt」というファイルができているのがわかります。これで設定は完了ということになります。

    ただし、反映されるまで1時間くらいかかります。

    自分のドメインをクリックしてみます。

    30分たってから確認しました。ちゃんと表示されています。

    あと一息で「広告表示」までたどり着けます。

    3.広告が自動表示されるようにするには

    まず、あんたのウェブサイトにアドセンスのアカウント作るねん。ほいで、アドセンスのコードをもろて、そのコードを自分のサイトのHTMLに貼り付けるんや。ほんで、Googleがそのコード見て、ページの内容に合う広告を自動的に選んで表示してくれんねん。

    ページの内容とか、訪問者の興味とかに基づいて、最適な広告が選ばれるっちゅうわけや。せやから、訪問者によって表示される広告がちょっとちゃう場合もあるわな。広告がクリックされたり表示されたりするたびに、あんたに広告収入が入ってくるちゅう仕組みや。

    サイトの<head></head>タグの間に Adsense コードをコピーして貼り付けます。

    サイトのすべてのページにこのコードを設置すれば、すべての最適な場所に自動的に広告が表示されます。

    ページに広告が表示されるまで最長 1 時間かかる場合があります。詳しくは、コード導入ガイドをご覧ください。

    ページに自動広告のコードをすでに使っている場合は、このコードと置き換える必要はありません

    わかりやすかったかな?こんな感じでアドセンスの広告がページに表示されるんやで。

    矢印は最初、マイナスになっていますがそれを右に寄せると☑がつきます。

    右下の「保存」をクリックします。

    自動広告が「オン」に変わりました。

    広告が表示されました。広告に埋め尽くされたサイトになったしまいましたが、しょうがないですね。

    載せたくない広告は「ブロック」できます。
    左の項目、「ブランド保護」→「コンテンツ」→「広告レビューセンター」で各種広告表示から、載せたくない広告をブロックできます。

    何なりとお申し付けください。