ブログの始め方、Affiliate アフィリエイトの作り方収益の上げ方はこれだ!

アフィリエイトビジネス アフィリエイト
アフィリエイトビジネス

きょうはアフィリエイトの始め方について学びます。

アフィリエイトは広告です。消費者がアフィリエイト広告をクリックし、広告主の成果条件を満たしたら、サイトの運営者に報酬が支払われる仕組みです。

報酬には、商品が売れたら報酬が得られる「成果報酬型」と、広告がクリックされたら報酬が得られる「クリック報酬型」にわかれます。

でも、Googleでは、アフィリエイトのためだけのウェブサイトや「内容の薄い」アフィリエイトサイトはウェブユーザーに付加価値を提供していないと考えています。

では、なぜ、こんなに普及しているのでしょうか。不思議ですね。どうしてでしょうか。

きょうはあなたと、そのことについて学習します。

1.アフィリエイトとは

アフィリエイト相関図
アフィリエイト相関図
taka
taka

一般的には上図のような画像がよく目につくと思います。

しかし、消費者を加えなければ正確な図とはいえません。

アフィリエイト広告の仕組み

消費者を加えたアフィリエイト相関図
消費者を加えたアフィリエイト相関図

消費者目線から見るとこのような図になります。

アフィリエイターとよばれる個人や法人がインターネットに比較記事・体験談を出し、そこにあるリンクから注文があると成果報酬を得る仕組みになっています。

自分のブログにネットショップの商品広告を載せ、商品が購入されると報酬がもらえるのが「アフィリエイト」です。アフィリエイトとは、サイトに広告や資料請求のリンクを貼り、訪問された方がクリックし、購入・入会につながったら収益を得られる仕組みのことです。

広告主の子会社や下請けとして、従属し立場で販売宣伝を行う立場です。一見、中立的な第3者に見えますが、利害関係者であることはまちがいありません。SNS などに投稿する際は「広告」と明示することや、もし不当表示だったらすぐ削除しなければなりません。

「ズダボロだった肝臓が半年で復活・・・? お酒も食事も我慢しなくてもOK な方法がスゴすぎる!」などといったような根拠のない効能を宣伝するのは違法です。特に「薬機法」による広告規制はアフィリエイターも取り締まり対象です。

小遣い稼ぎのつもりで気軽に、消費者をだます”誇大広告の手先”にはなりたくないものです。ただでさえ、収益が出るまでに長期間が必要です。その間は収益がなく、アフィリエイターの多くは、ここを乗り越えられずに挫折することが多いようです。

affiriiate 収入
affiriiate 収入

ひと月のアフィリエイト収入をみると、0~5,000 円未満の割合が増え、58.5%を占めます。一方、昨年増えていた「100 万円以上」の割合は減少し、一昨年の水準に戻っています。業界規模は拡大しているところからすると、一部のアフィリエイターによる寡占が進んでいると推測できます。引用:アフィリエイトマーケティング協会(ひと月のアフィリエイト収入)

これを見て「ああアフィリエイトの収入ってこういうものなんだ」と納得してそのままページを閉じます。とても効率がいい。話が早い。つまり頭のいい人の典型的な例です。

月額アフィリエイト収入
月額アフィリエイト収入

ところがあまり頭の良くない人は、そんなに簡単にアフィリエイトが理解できませんから、一人あとに残って、実際に自分でアフィリエイトをやってみます。そうするには時間がかかるし手間もかかります。そしてようやく「そうか、これがアフィリエイトというものか」と納得します。

mika
mika

affiliate も寡占化が進んでいるようね。

2.アフィリエイトに、まずはブログを作成する

wordpress
wordpress
taka
taka

いちばん人気のあるブログは XSERVER のWordPress です。

こういってはなんですが、アフィリエイトブロガーの大半は、どちらかといえば頭の良くない側に属していると思います。実際にキーボードを叩いて商品を紹介しなければ、アフィリエイトはどんなものか理解できないタイプです。

知れば知るほど収入にはつながらない、あるいはどこまで書けばいいのかわからなくなってくる。そうなるとこれはもう「効率以前」の問題なので頭のいい人は敬遠するしかないでしょう。

私も最初、Xserver の Free を利用させていただきましたが、無料版は SSL化に対応していないので、1か月後有料に移行しました。月720円、ドメイン代1,188円、サーバー代13,000円(1年)です。しばらくして検索順位で1位になったことも2位になったことも3位になったことも多々あります。

それでいて他の人からは疎まれたりすることはありません。なぜなら「それを長期にわたって書き続けられない」ということを、ブロガー連中はよく承知しているからです。私は検索順位1位を何十個と持っていた人を知っていますが「ブロガーとしての賞味期限」はせいぜい10年くらいでした。

言い換えるなら「少年野球」が「高校野球」に「大学野球」にそして「プロ野球」へと転換していくことが求められます。そのような幾つかの転換ポイントをうまく乗り越えられた人だけが、おそらく時代を超えて生き残っていくのだと思います。

というわけで今もアフィリエイト収入月100万以上のブロガーに対して敬意を抱いています。個人的には好き嫌いがありますが10年以上トップを走り続けてている人たちには何かしら優れた資質を持っているはずだと思うからです。

ブログを書くのはそれほど難しくはありません。小説を書くのに比べたら月とスッポンほどの違いがあると思います。誰にでもできるものだからです。ただし1回ぽっきり書くのと、続けられるかというのは別問題です。書きたい、書き続けたいという人がブログを書くみたいです。

その点、デザインが多い、加工できる、機能を追加できるなど使いやすさや自由度の高さが魅力的で、あれこれ手間ひまかけるなら WordPress です。Xサーバー導入にはドメインを取得したりレンタルサーバーとの契約が必要です。

どんな人に向けてどんなブログを作るのかですが、すでにブログを持っているので、アフィリエイト広告を貼る場所を考える、これがアフィリエイトブログのだいご味ではないでしょうか。

  1. ブログの記事の中にさりげなくアフィリエイトを挿入する。
  2. 体験・レビューで新商品を紹介する。
  3. ショッピングモールのように多種多様な商品を一覧表示する。

いずれにしても、月間最低1万人(毎日300人以上)くらい訪問者(閲覧者)がいないと収益には結びつきません。Google Adsence という手もありますが、こちらは広告をベタベタ貼らされるわりにあまり収益には結びつきません(1クリック1円~)。

3.アフィリエイトには ASP の A8net に申し込む

A8ネット
A8ネット

A8.netに申し込むべきかどうかを判断する際に考慮すべきポイントは、まず、A8.netが提供している広告主や商品が、あなたのブログやウェブサイトのテーマやターゲットオーディエンスと合致しているかどうか確認すべきです。関連性の高い広告主や商品は、クリック率やコンバージョン率を向上させる可能性が高いです。

次に、 A8.netのアフィリエイトプログラムの報酬率や報酬体系を確認します。報酬率が競合他社と比較して優れているか、報酬の支払い条件が適切かどうかを考慮します。A8.netのプラットフォームが使いやすいかどうかも重要です。報酬の確認や広告素材の取得、トラッキングなどがスムーズに行えるか確認してください。

さらにサポートが提供されているかどうかも重要です。問題が発生した際に適切なサポートを受けることができるか確認します。そしてA8.net以外のアフィリエイトプラットフォームも存在するため、競合プラットフォームと比較検討することで、最適な選択肢を見つけることができるかもしれません。

最終的な判断は、あなたのビジネス戦略や目標、ウェブサイトの性質に合わせて行うべきです。可能であれば、他のアフィリエイターやウェブマスターの意見や経験も参考にして、最適な選択をすることが大切です。

mika
mika

ひとくちにアフィリサイトといってもタイプがいろいろあります。

4.アフィリエイトブログを始める理由

ブログ
ブログ
taka
taka

好きなことを書けるのがブログです。

1.ブログを始める理由は様々です

  1. 自己表現と情報共有: ブログは自分の意見や考えを文章にまとめ、他の人と共有する良い方法です。趣味や専門知識について情報発信することで、共感を得たり、他の人と交流したりすることができます。
  2. スキル向上: ブログを運営することで執筆力やコンテンツ制作のスキルが向上します。文章力やコミュニケーション能力の向上に繋がることもあります。
  3. ブランディングと個人ブランドの構築: 自分の専門知識や興味分野についてブログを書くことで、その分野での知名度や専門性を高めることができます。
  4. 収益化: ブログは広告やアフィリエイトなどを利用して収益を得ることができる場合があります。一部のブロガーは、ブログをビジネスとして運営し、収入を得ている場合もあります。
  5. 趣味や習慣の記録: ブログは日記のような役割も果たすことがあります。旅行記や料理レシピ、日々の出来事などを記録することで、後から振り返ることができます。
  6. 社会的影響力の拡大: ブログが人々の関心を引くような内容であれば、社会的な影響力を持つことができる場合もあります。特定の問題やテーマについて呼びかけを行い、社会に変化をもたらすことができるかもしれません。

これらの理由は、個人によって異なるかもしれませんし、複数の目的を持ってブログを始めることもあります。自分の目標や興味に合わせて、ブログを始めるメリットを考えてみると良いでしょう。

私がアフィリエイトブロガーになるためにどんな訓練なり習慣が必要だったかというと、これはとても難しい問題です。少なくとも私は「ううむ」と腕組みしてしまいます。「収入が欲しい」というのは「動機」であって、「訓練・習慣」とは別次元だからです。

結局、「あれこれブログを書いているうちにアフィリエイトブロガーになった」ということがあります。それが習慣になって、あれこれ読書するようになって、その次に、世の中の出来事を観察する、それについてあれこれ考えをめぐらすということじゃないかと思います。

歌は歌うことでしか、書くことは書くことでしか文章力は向上しません。投稿することはネット上に自分の資産を積み上げていくことと同じ。それは検索を通じて誰かの役に立ちます。記事へのコメントを通して、同じ趣味を持つ人に出会えるかもしれません。

「おすすめ」の先に

インターネットで買い物をしていたら、選んでないのに「おすすめ」や「こちらもおすすめ」などの商品が表示され、「ほぅ、こんなものもあるのか」と当初はかうつもりのなかった商品を買ってしまった経験のある方は多いと思います。

人々が自然にある行動をとったり、考えがある方向に向くように導くことを「ナッジ」そっと後押しするといい、人々に自発的な行動を促すために用いられています。

ナッジはインターネットに限らず世の中のさまざまなところで使われていて、新型コロナウィルスの感染対策など、国の施策にも活用されています。

「おすすめ」では、閲覧履歴や購買履歴、サイトに登録した個人情報などの膨大なデータをAIのアルゴリズムなどに則って処理し、個人の行動や好みを分析し、「このあとどういう行動をとるか」推測し、個人にカスタマイズされた「この人が欲しそうな」商品を提示しています。

これがアフィリエイトです

個人に最適化された商品を提示するのは、ニュースサイトも同じです。過去の閲覧履歴などをもとに、「この人が読むと予測される記事」を表示します。興味のある記事がピックアップされ、情報を処理するには効果的ですが、その反面、多様な情報が入ってきにくくなります。これは検索エンジンでの検索やSNSでも同じです。

現実の社会は多様性に富み、物事に対する立場も考え方も異なるさまざまな人がいるのに、インターネット上では自分にとって耳障りな反対意見や別の考え方、見たくない情報に接することなく、自分用にフィルターのかかった心地よい情報だけに囲まれて過ごすことができてしまいます。

まるで、泡に包まれているように、泡の外の情報は見えません。これは私たちになにをもたらすのでしょうか。

ともあれ、AIなどの技術は気づかないうちに生活や社会に浸透し、社会の在り方をも変えてします可能性があります。技術そのものだけでなく、技術と社会とのかかわりにちいて考えることが大切になってきたようです。

2.結論を先に出すか、先送りするか

「それはこうです」みたいに明確な結論を先にいうのが大勢です。どちかといえば評論家ですね。「それはこうです」みたいな結論が先にでたとしても、「いやそれはちょっと待て。こちらの勝手な思い込みかも知れない」と考え直すような人は小説家向きです。

結論型が大勢を占める中で、私としては「どちらともいえない」という立場があってもいいんじゃないかという立場です。それで「アフィリエイトとしてやっていけるの?」と思われるかもしれませんが、素早く結論を取り出すよりも、できるだけありのままを受け入れ、蓄積することだと考えています。

他のブロガーと交流することはモチベーションを高めるだけでなく、有用な知識やアイデアを得ることにも繋がります。HTML や CSS、PHP や  JAVA  のような言語を知り、内容やデザインを改善していく過程で、多くのノウハウを得ることができます。

ブログで生計を立てたり、フリーランスとして本を出すチャンス、企業からコンタクトがあり、商品のテストやレビューを依頼されることもあるかもしれません。自分に関心のあることについて書くことは、読者とのやりとりも含めて、よい経験になるはずです。

ブログを続けることは決して簡単なことではありませんが、個人としての喜びと収益面の両面において、少なからず間違いなく価値のあることだと思います。

5.アフィリエイトの記事を書くには

ブログを書く
ブログを書く
taka
taka

ブログを書くには作業工程が必要です。

いきなりパソコン画面に向かうのではなく、紙に設計図を書きます。その時々の行程をチェックしていくときにトレロは役立ちます。

1.設計図を書く

キーワード

「さて何を書こうかな?」では、ただのブログに終わってしまいます。少なくとも「検索してもらう記事」を書くには、「キーワード」を決めることです。私は思います。裏の物置を開けて、そこにとりあえずあるものを—-がらくた同然のものしか見当たらなくてもとにかく集めて、頭を働かせるしかありません。

関連キーワード検索ツール」と「Google キーワードプランナー」です。

これらで「キーワードがどれくらい検索されているのか」調べられます。とにかくありあわせのもので、頑張るしかないですね。

自分の得意な分野をどんどん押し出していけばいいわけです。自分の使いやすい言葉で記述していけばいいわけです。売れっ子のアフィリエイターにコンプレックスを持つ必要なんてありません。また妙な優越感を持つ必要もありません。

画像

サイトを訪れた人は、サイトを読むか去るかを数秒以内に判断します。このとき興味をひく写真やイラストが入っていると滞在してもらいやすくなります。canva はきれいな写真・イラストが無料で使えます。構想を組みたててあらすじを考え、図や写真など視覚資料も盛りこみます。あらすじにそって読み手が理解しやすいような表現を使って書き進めます。

Web は分かりやすさが大切なので結論を先に書きます。何が言いたいのか先に書かれることで読み手は、その結論を軸に読み進めることができるからです。書き手の方も結論だけを書くように自分を方向づけるので簡略な文章になります。結論を書いて後で理由をいう、最後に締めくくりの結論、という形ですね。

文章の型

文章っていくつかのパターンに整理されます。そのうち3つ覚えておけば大丈夫です。

  1. 結論優先型
  2. 列挙型
  3. ストーリー型

結論優先型

まず、結論を先に言って、その後理由や背景、まとめを書く。

例えば、「契約不成立の報告を上司に告げるばあい」。

①A 社との契約は不成立に終わった。
②A 社は最低でも予算100万円は欲しいとのこと。
③一方、当社が出せるのは最大で90万円。
④仕切り直して90万円の予算で受けてくれる企業を探します。

ーーーという具合です。

ネガティブなことでも何でも「知りたい情報」を先に持ってくるのがコツです。契約の不成立や背景から書きたくなるけど、逆に「言い訳がましい」ととられることがあるからね。

列挙型

まず、「ポイントは3つあります」などと書いて、その後項目を列挙していくパターンです。「ポイントが3つあるんだな」と読み手に心の準備をしてもらえるメリットがある。

例えばトラブル対策の提案を書くときに、「解決策は以下の5つです」と書いて、具体的な選択肢を並べます。この場合、注意するのは「列挙の接続詞」に注意します。「はじめに」で始まったら、「続いて」「最後に」だし、「第一に」だったら,「第二」「第三」と続けることです。

ストーリー型

前半(マイナス)と後半(プラス)の落差で読み手の心を動かす書き方です。挫折や弱点から入り、転機を経て成功する、いわゆる「サクセスストーリー」だ。

①幼いころ私は虚弱体質でした。
②たまたま見た空手映画「ベスト・キッド」が私の人生を変えた。
③られて道場に通い続け、体質改善できた。
④国体に出場するのが夢

6.アフィリエイトの明暗を分けるもの

明暗を分ける
明暗を分ける

まず、 「何のために書くのか?」「どの範囲で?」「誰に向けて?」書くのかを検討し、テーマ(主題)を決めます。

例えば、「私が失敗した Web 制作の見本」「WordPress エラーの克服法」「PHP はもう古い! 」など、誰も気づいていないようなテーマを探します。「ニッチなテーマにすると、検索に不利なのでは?」ということはありません。サイトの特徴を示しプラスに働くのです。

多くの訪問者がきてほしいのはやまやまですが、幅広い年齢を対象としたサイトを作ると特徴のないサイトになってしまい逆効果です。

Googel anlytics(グーグルアナリティクス)に登録すれば「昨日のアクセス」「閲覧ページ」「閲覧時間」「国・地域」などわかります。

Seach Consore(サーチ・コンソール)は検索候補のデータで、どういう「検索キーワードで訪問してくれたか」がわかります。

GRC は「このキーワードで自分のサイトが何位なのか」わかります。検索順位を知るには欠かせません。

GRC
GRC

早くても3ヵ月から半年は収益が見込めないことを認識します。

  • ASP には少なくとも3社くらい登録を。
  • 閲覧者を増やすには、Google Analytics と Surch Consore を活用する。
  • とりあえず30記事以上書いて収益目標と客数目標を立てる。
  • SNS を駆使してさらに集客アップを図る。

収益=客数×客単価です。数値にもとづく販促提案の組み立て方は

  1. PV:ブログのアクセス数(気づき)集客のためのコンテンツ。
  2. CTR:広告のクリック率(理解)販売のためのコンテンツ。
  3. CVR:商品が売れる確率(評価)時節柄を考えたコンテンツ。

たとえば、1か月

10,000(PV)
3%(CTR)
5% (CVR)

とすると、(10,000×0.03×0.05)=15
報酬単価、1,000円のものなら15個売れることになり15,000円の収益となります。収益5万円を目指すなら、単価3,300円のものを売るか、PVが33,000必要だということになります。

1.アフィリエイトにおいて明暗を分ける要因

  1. コンテンツの質 アフィリエイトにおいて、コンテンツは非常に重要です。コンテンツの質が高ければ、読者が興味を持ち、クリックや購入につながりやすくなります。逆に、質が低ければ、読者に不快感を与えてしまい、クリック率や売上が低下することがあります。
  2. ターゲットユーザーへのリーチ アフィリエイトを行う上で、ターゲットユーザーにリーチできるかどうかも重要です。ターゲットユーザーが閲覧するWebサイトやSNS、メールマガジンなどを活用して、効果的にアフィリエイトリンクを配信することが必要です。
  3. 商品の選定 アフィリエイトにおいて、どのような商品を紹介するかも重要な要素の一つです。需要の高い商品を選んだり、自分が実際に使用している商品を紹介することで、信頼性が高まり、クリック率や売上につながることがあります。

なるほど。コンテンツの質、ターゲットユーザーへのリーチ、商品の選定が大事だということですね。他には

  1. SEO対策 アフィリエイトにおいて、検索エンジンからのアクセスも重要な要素です。SEO対策を行い、検索エンジンからのアクセスを増やすことで、集客数を増やし、売上アップにつながることがあります。
  2. コンバージョン率の改善 アフィリエイトにおいて、アフィリエイトリンクをクリックしてから実際に購入までの「コンバージョン率」も重要です。コンバージョン率を改善するためには、ページのレイアウトや商品の説明文の改善、キャンペーンの実施などが有効です。

アフィリエイトにおいて、明暗を分ける要素はいくつかあります。

  1. トラフィックの質と量: アフィリエイト収益は、ウェブサイトやブログなどのトラフィック量に大きく依存します。しかし、トラフィックの量だけでなく、質も重要です。ターゲットオーディエンスに適したトラフィックを集めることが重要であり、興味を持つユーザーが訪れることでコンバージョン率が上がります。
  2. 適切な商品やサービスの選択: アフィリエイトプログラムに参加する際には、自分のウェブサイトやブログのテーマやニッチに合った適切な商品やサービスを選ぶことが重要です。ユーザーが関心を持つであろう商品やサービスを提供することで、コンバージョン率を向上させることができます。
  3. 質の高いコンテンツ: 良質なコンテンツは、アフィリエイトの成功に不可欠です。ユーザーが有益な情報や価値を提供していると感じるコンテンツは、信頼性を高め、コンバージョンにつながりやすくなります。SEOにも配慮したコンテンツ作成や、分かりやすく魅力的な文章を心がけることが重要です。
  4. マーケティング手法とプロモーション: アフィリエイト成功には、効果的なマーケティング手法とプロモーションが欠かせません。ソーシャルメディアの活用、メールマーケティング、広告など、多様な手法を駆使して自分のコンテンツやリンクを効果的に宣伝することが重要です。
  5. ユーザーの信頼と関与: アフィリエイトの成功には、ユーザーの信頼と関与が不可欠です。オーセンティックなレビューや推薦、ユーザーとの対話を通じて、信頼関係を築くことが重要です。ユーザーが自分の情報や意見を共有できる場を提供し、フォロワーや読者との関係を構築することが成功の鍵です。
mika
mika

SEO対策、コンバージョン率の改善など、様々な要素が明暗を分けることになるということね。

あとがき

アフィリエイトは先にやり始めた人が有利です。今すぐ始めましょう。サイトをしっかりつくりあげ、閲覧者と検索エンジンに評価されるようになれば、自然に上位に表示されるのは事実です。”小さなことからコツコツと”、お客様目線で書き続けた先に、収益が待っています。

アフィリエイトは、先に始めた人が有利になることがあるかもしれませんが、成功するためには他の要素も重要です。

マーケットの成熟度: アフィリエイト市場が成熟している場合、競争が激化する可能性があります。先行者がすでに確立された顧客ベースやパートナーシップを持っている場合、競争相手に対して優位性を持つことができます。

ノウハウと経験: アフィリエイトはスキルや知識が求められる分野です。先行者が早くから経験を積んでいたり、効果的なマーケティング手法や戦略を習得している場合、成功への道が開けることがあります。

独自のコンテンツやブランド: 先行者がオリジナルで魅力的なコンテンツを提供していたり、独自のブランドを構築している場合、他のアフィリエイターよりも注目されやすくなります。これによって、より多くのトラフィックやコンバージョンを獲得できる可能性が高まります。

ただし、これらの要素がすべてを決定するわけではありません。新しいアフィリエイターでも成功することは可能です。

ニッチな市場: 競争が激化している一般的な市場よりも、特定のニッチ市場に焦点を当てることで成功するチャンスがあります。特定の分野に特化したコンテンツや製品を提供することで、ターゲット層に対してより鮮明なメッセージを発信できます。

高品質なコンテンツ: コンテンツの質と価値は非常に重要です。他のアフィリエイターと差別化するために、ユーザーに役立つ情報やオリジナルな視点を提供することが重要です。信頼性のある情報と高品質なコンテンツは、読者の関心を引き付けることができます。

効果的なマーケティング戦略: アフィリエイトには効果的なマーケティング戦略が欠かせません。

コメント

何なりとお申し付けください。