即効性抜群!ダイエットには手軽に無線接続する Bluetooth で

肥満体の人 アフィリエイト
肥満体の人

最近、「肥えてきたな?」と思ったことありませんか?

コロナの影響で家籠りが長かったことも影響しているかもしれません。どうしても運動不足になり勝ちですからね。

そこでダイエット。

でも、なまった体にはなかなかきっかけが生まれにくいものです。また、始めたとしても続けるのがシンドイ。

体重を減らす方法は3つあります。3つしかないというべきなんです。

そんなあなたと、Bluetooth で健康管理する方法を学習します。

1.Bluetooth で健康管理する方法

Bluetooth で健康管理
Bluetooth で健康管理

だからダイエットが困難とか読む必要ないんです。とてもシンプルなことです。

1.食べ物を減らす、適当な量にする。

2、日々適当な運動をする。

3、恋をする。最後のやつは結構効きますよ。頑張ってください。

1.データ通信でカンタン管理

ところでタニタ歩数計は、パソコンに歩数データを転送できます。ポケットやカバンの中に入れておくだけで歩数のカウントができます。体重体組成計を使えば、パソコンやネットでデータ分析や活用ができます。

タニタの体重組成計「インナースキャンデュアル RD-916L」は、体重や体脂肪率に加え、内臓脂肪レベルや基礎代謝も測定できます。価格は実売で27,500円程度です。

2.インナースキャンデュアル RD-916Lで測定データを簡単管理

ダイエット
ダイエット

Bluetooth通信に対応し、iPhone/Android端末に、測定データを転送し、体重や体脂肪率、骨格筋などを確認・管理することができます。

3.乗るだけであなたを自動認識。すぐに測定スタート

体組成計でヘルスケア
体組成計でヘルスケア

過去の体組成データから、誰が体重体組成計に乗っているのかを推定するバックライトで測定結果の判定がわかります。

個人番号によって4色のバックライトでわかりやすい液晶表示です。測定者ごとにボタンで切り替える必要がなく、乗るだけですばやく測定を開始するのでカンタンです。

4.「歩数計」のデータを手軽に分析&活用する

「歩数計」のデータを手軽に分析&活用する
「歩数計」のデータを手軽に分析&活用する

「体重や体脂肪率を定期的に測って、体調を管理したい」「軽い運動を習慣化して、日ごろの運動不足を解消したい」——-健康が気になる人ならだれでもが思うはずです。体調管理に必須のデータ分析はパソコンの得意技です。

しかし、体重計や歩数計の測定結果をエクセルのシートにいちいち入力してグラフにするといったやりかたでは、面倒でなかなか長続きしないものです。

ところが最近は、パソコンを使った健康管理が、実に手軽になっているのです。パソコンに接続できる健康器具が増えているのです。データの転送はクリック一つで完了。付属の専用ソフトを使えば、データの管理や分析も簡単です。さらにデータを専用サイトに転送し、他のユーザーとも比較できます。

とりあげるのは、タニタの歩数計。専用サイトで歩数を競うあうなど、ウオーキングを続けるための工夫が豊富に用意されています。実売では円程度で入手できます。予算に余裕があれば、歩数計と体重体組成がセットになった もあります。価格は実売で 円程度です。

5.パソコンと接続、歩数データを転送する

活動量計 カロリズム AM-161 (ブラック)
活動量計 カロリズム AM-161 (ブラック)

歩数計 の歩数データを、パソコンに転送する方法です。無線通信の規格のひとつがBluetooth です。対応した機器同士は、ケーブルなどを接続しなくてもデータをやり取りできます。有効範囲はおよそ10m以内です。

カロリズムエンジン PRO 搭載で高精度測定

分析・表示
分析・表示

「走り」「歩き」「生活」「安静」の4つに自動で分類し、行動別に消費カロリーや活動時間、脂肪燃焼量などを分析・表示します。

走り、歩き、生活、安静の4つの行動に対して、消費カロリーや活動時間、脂肪燃焼量などを分析することは可能です。このような分析を行うには、適切なデータを収集してデータベースを作成し、それを使って分析を行うことが一般的です。

  1. データ収集: 走る、歩く、日常生活、休息などの行動に対するデータを収集します。このデータには、行動の種類、活動時間、活動強度、個人の身体情報(体重、身長、年齢など)、消費カロリーなどが含まれます。
  2. データ整理: 収集したデータを適切な形式に整理します。例えば、日付ごとに行動の種類と活動時間をまとめるなどの操作を行います。
  3. ピボットテーブルの作成: 分析に適した形式でデータを集計するために、データベースを使ってピボットテーブルを作成します。このピボットテーブルには、行動別の消費カロリーや活動時間、脂肪燃焼量などを含めることができます。
  4. 分析: ピボットテーブルを使って、行動別の消費カロリーや活動時間、脂肪燃焼量などを分析します。例えば、走ることがどれだけのカロリーを消費するか、歩くことと走ることの消費カロリーの違いなどを比較することができます。
  5. データの可視化: 分析結果をグラフやチャートなどの可視化方法を使って視覚的に表現することで、より理解しやすくなります。

これらの手順を経て、走り、歩き、生活、安静の4つの行動に対する消費カロリーや活動時間、脂肪燃焼量などの分析を行うことができます。ただし、データの正確性や信頼性に注意し、十分なデータ量があることが重要です。また、専門的な知識や専用のソフトウェアを使用することも有用です。

設定
設定

6.目標は「プラス1000歩」。グラフ化して分析を

歩行の平均値
歩行の平均値

歩数の平均値は、なんと平成21年度から令和元年まででは、若干減っているではないか!

年齢調整しても確実に減っている!

先進国においては人間の歩数が減少しているという傾向が見られます。

近年、都市化の進展やテクノロジーの普及により、人々の生活スタイルが変化しています。自動車や公共交通機関の利用が増え、エレベーターやエスカレーターの普及によって歩く機会が減少したり、デジタルデバイスの利用が増えることにより、外での活動が減っているといった要因が挙げられます。

また、2020年には新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックが広がり、多くの人々が外出制限を受ける状況となりました。この影響によって、歩数が減ったり運動機会が減少したりすることも考えられます。

ただし、健康意識の高まりや健康促進の取り組みによって、一部の地域や人々では積極的に運動を取り入れている場合もあります。状況は地域や個人によって異なるため、一概に全ての人間の歩数が減っているとは言い切れないでしょう。

将来的なトレンドや状況については、最新の調査結果やデータを確認することが重要です。

年齢階級別
年齢階級別

30歳~64歳と65歳以上ではこんなにも違うものか。

実際の歩数値は、個人の健康状態、ライフスタイル、職業などによって異なるため、一概に言うことはできません。ただし、一般的な傾向として、30歳から64歳の成人と65歳以上の高齢者の間には歩数に違いが見られることがあります。

30歳から64歳の成人:

  • 健康な成人の場合、平均的な1日の歩数は約7,000~10,000歩程度と言われています。これは健康を維持するために推奨される目標歩数の範囲です。一般的に、この年齢層の人々は活発な日常生活を送り、仕事や家事などで一定の運動を行うことが多い傾向があります。

65歳以上の高齢者:

  • 年齢が上がると、身体的な制約や健康問題などの影響を受けることが多いため、平均的な1日の歩数は若い成人よりも低くなることがあります。しかし、高齢者でも健康な方は毎日数千歩以上を歩くことがあります。
  • 高齢者は、歩行に関する問題や体力の低下を経験することがあるため、個々の状況によって歩数に大きなばらつきがあります。健康状態や趣味、社会的な活動などが歩数に影響を与える要因となります。

注意点として、一般的な平均値はあくまで参考程度であり、個人の状況によって大きく異なることを理解してください。また、年齢に関係なく、健康状態を改善するために定期的な運動や日常のアクティビティを取り入れることが重要です。歩数は、健康管理の一つの指標として利用されることがありますが、健康全体を評価する際には他の要素も考慮する必要があります。

日々衰退しているのが実感できる。

Health Planet

タニタヘルスリンクの健康管理サービスです。体重・体脂肪などのデータをグラフ管理し、SNS サイトにも反映させることができます。ライフスタイルに合わせ、パソコン・スマホで自由にご利用できます。

登録完了
登録完了

グラフを有効に活用するためには、目標値の設定が必要です。目標値は後からでも変更できるので、まずは気軽に設定してみます。

体組成計セットコース
体組成計セットコース

目標値を決める際の参考として、厚労省が実施した「令和元年国民栄養調査」の結果から、日本人の平均歩数を挙げておきます。厚労省では、平均歩数に約1000歩プラスすることを推奨しています。ゆくゆくは最低でもこの目標値を歩数の目標にしたいところです。

しかし、無理なく続けるには、1週間ほど様子を見て、「自分の普段の歩数プラス1000歩」程度を目標にすればいいでしょう。

では、ソフトに目標を設定します。「設定」画面を開いたら「目標設定」タブで各項目の目標値を入力します。もしダイエットが目的なら、1か月で3キロやせるために、脂肪燃焼量を1日100グラムにする、といって考え方で目標を設定してもいいです。

目標値を設定すると、グラフ画面で、達成度が表示されるようになります。毎日の達成度が一目でわかるので励みになります。

また、「範囲切り替え」欄で「日間」「週間」「月間」「年間」をクリックすると、それぞれの期間のグラフを表示できます。「累計」を選ぶと、歩数計を使い始めてからの累計歩数と、1日あたりの歩数「ベスト5」が表示されます。長期的な傾向をときどき確認し、新たな目標設定に役立てます。

7.専用サイトに登録し、自分のページにデータを送信

パソコンにデータを管理すると、自分の運動量は把握できる。それに加えて、他の人のデータと比較したいなら、インターネットを活用します。

有料の専用サイトが用意されています。ここでは、ユーザー同士で歩数を競い合ったり、ウォーキングについて専門家のアドバイスを受けるといったサービスを利用できます。利用料は月額で、6カ月単位で支払います。試してみるのもいいかもしれません。

専用サイトを利用するには、ユーザー登録が必要です。付属ソフトで「サイト接続」をクリックすると、インターネットの専用サイトが開きます。画面の指示に従って、名前や生年月日などの個人情報と、ID、パスワードを入力して登録します。登録が完了すれば、自分専用の「マイページ」が自動で作成されます。

ユーザー登録が完了したら、いったん専用ソフトに戻り、先ほど登録した IP とパスワードを設定すると、専用ソフトで「設定」を押し、開いた画面で「ネットワークの設定」タブを表示して指定します。これは、専用ソフトから直接、専用サイトに接続して歩数データを送信できるようにするためです。

ID とパスワードを設定したら、「データ送信」をクリックします。これで歩数データを専用ホームページの自分のページに送信できます。

8.専用サイトでは、ランキングや交流、相談も

Twitter と連携
Twitter と連携

専用サイトにデータを送信したら、自分専用の「マイページ」を見てみます。

マイページでは、ランキングで歩数を競ったり、自分の消費カロリーを「ステーキ」や「お好み焼き」に換算できます。さらに、総歩行距離を換算して、日本縦断の仮想旅行にチャレンジしたり、掲示板で他のユーザーと励ましあったりすることができます。

専門家にメールを送り、アドバイスをもらうこともできます。

2.体重体組成計を使って、正しいダイエットに挑戦

体重体組成計
体重体組成計

あなたは体重計って好きですか?

「体重計に乗るたびにいやな気分になるから」大嫌いだよ!という人もいるかもしれませんね。そういういわれのない理由で嫌われる体重計が気の毒です。

私は個人的に体重計が好きになったり嫌いになったりする時期があります。

1.もしダイエットが目的なら

体重体組成計を組み合わせた「体組成計・体脂肪計」がおススメです。ダイエットを成功させるには、体重体組成計を使って、体重や体脂肪率、筋肉量をチェックする必要があるからです。

正しいダイエットのポイントは、食事制限と適度な運動を合わせて行うことにあります。食事制限だけのダイエットでは、一見体重が減っているように見えても、実際には脂肪はあまり減っていないことがあります。しかも筋肉量が減ると、かえって太りやすい体質になってしまいます。

体重体組成計を使うと、体重と体脂肪率に加えて筋肉量なども測定できるので、「隠れ肥満」になっていないかをチェックできます。

この体重体組成計では、測定データをいったん歩数計に転送しておき、歩数計からパソコンにデータを転送する仕組みになっています。データの転送方法は、歩数データの転送と同じです。

専用ソフトで、「体組成計」に画面を切り替えると、体重グラフや体組成計チャートが表示されます。専用サイトにデータを送信すれば、他のユーザーとの比較もできます。

あとがき

Bluetoothを使用して、健康管理に役立つ多数のデバイスがあります。Bluetoothを使用すると、これらのデバイスをスマートフォンやタブレットに接続し、健康情報を追跡できます。

例えば、Bluetoothを使用したデバイスには、以下のようなものがあります。

  1. スマートウォッチやフィットネスバンド:心拍数、歩数、睡眠時間などの健康情報を追跡できます。
  2. 血圧計:血圧の測定結果をスマートフォンに送信できます。
  3. 血糖計:血糖値を測定し、その結果をスマートフォンに送信できます。
  4. 体重計:体重やBMIなどの情報を追跡し、それらをスマートフォンに送信できます。

これらのデバイスは、Bluetooth経由でスマートフォンやタブレットに接続し、アプリケーションを通じて健康情報を追跡することができます。これにより、自分の健康状態を把握し、改善するために必要なアクションを取ることができます。

最後に、「恋愛すると痩せる件」ですが、恋すると食事が喉を通らなくなりますよね。それが「食事の量を減らす」につながります。これが一番効きそうです。

コメント

何なりとお申し付けください。