副業 アフィリエイトサイトの裏に介護士求人の報酬と収益性があった

倒れた親を介護する女性 アフィリエイト
倒れた親を介護する女性

きょうは介護保険サービスについて学びます。

介護保険サービスの利用料負担割合が増えますが、ご存知ですか?

ひどい話じゃないですか。一定所得以上の人は2割、3割と負担増になる一方で”軽度者”のサービスが切り捨てられているんですよ。

一方で、老人福祉・介護事業の倒産が過去最多を更新しています。中でも人出不足が深刻な、訪問介護事業者の倒産が急増しているのです。

では、なぜ、訪問介護事業者の倒産が急増させるようなことをするのでしょうか、不思議ですね。どうしてでしょうか。

きょうはあなたと、その介護保険サービスについて学習します。

1.介護現場の今

夜勤の特養
夜勤の特養

一人夜勤の特養では、午後5時から翌朝の午前10時まで、17時間もワンフロワ20人~25人の高齢者をみています。利用者が転倒する可能性を知らせるセンサーコールが3,4回なることもあるそうです。これでは入所者の安全も労働も守れません。

昼間ならともかく、夜、一人で対応するとなるとプレッシャーが凄いでしょう。他のフロアも同じようなものですからとても応援なんてできない。入所者の体調が急変する怖さと毎日たたかっているのです。夜勤は月20回もあるというのですから家にいる時間の方が少ない。

これで高給ならまだ我慢もできますが、他の職業より月10万近く低いときてますから、いったいこの介護・福祉を何と思っているのでしょうか。これだから求人を出しても人が集まらないのです。一人夜勤はとにかく精神的にしんどい。

1.倒産企業が増えている

倒産した8割は小規模事業者で5人未満が7割を占めています。業績不振となると小・零細企業の再建が厳しくなりますね。

要支援1・2が介護から外されて、総合事業へ移行(市町村)されます。要介護3~5の介護利用負担が増える一方、施設入所者の居住費・食費の自己負担が引き上げられます。現在自己負担なしの人でも有料化されるのです。

要支援者に「出て行ってください!」ともいえず面倒見るしかない老人ホームは苦境にたたされるでしょう。

そこへ今度の消費税率10%の増税です。増税で値上がりするものばかり。特養の定員が100人前後だと、水光熱費 270万円オムツ代 50万円その他、トイレットペーパー、洗剤、リネン代、クリーニング、事務費給食費を業者に委託すると運営費もかかります。

介護保険が始まって20年経とうとしています。やっと10月から介護報酬が上がったといっても、一人当たり30円程度。でも施設サービスの介護報酬は下がりっぱなしです。どこの法人も苦しいと思います。そこへ介護職員不足ときては、施設の存続も厳しい。このままでは続かないということに国も気づくべきです。

2.要介護1、2の人の生活援助を外すとは!

要介護1、2の人の生活援助を外すとは!
要介護1、2の人の生活援助を外すとは!

80代前半の小柄な女性がいます。美しい白髪を短くカットしています。長袖のダンガリーのワークシャツに、クリーム色のコットンパンツをはき、汚れたテニスシューズを履いています。白い軍手をはめて、大きな金属製のじょうろで鉢植えの一つひとつに水をやっています。

1.要介護1、2になると認知症の気(け)があります

それなのに生活援助を市町村の職員等に任せようとしています。何の専門性もない職員にですよ、「共生」や「予防」をさせようとしているのです。

要介護2以下は要介護認定者の65.5%を占めています。制度を改善するのが普通なのに、これでは改悪じゃないですか。利用者10人に7人近くに影響がでるんですよ。実に430万人ですよ。

4年前には、要支援1・2の訪問介護・ディサービスなどの通所介護の給付を外し、市町村事業に移行しました。

今回、要介護1・2の生活援助(料理・洗濯・家事援助)も移行しょうとしているのです。要支援1・2の事業は、それまでヘルパーや介護福祉士の専門職がやっていたのを無資格者やボランティアにやらせているのです。

調理や掃除をする生活援助といっても家事をこなすだけではありません。援助に入った家の様子や利用者の言動から認知症の症状に気づき、早い対応につながるケースがあるでしょう。

例えば、「お金がない!」とはよくあるケースです。ここで「共感して安心できる声掛けができる」かどうかでしょう。プロのヘルパーさんならそれが出来ます。当事者に嫌な印象が残ると次に難しくなるでしょう。生活援助の介護給付が外されると、自立した生活維持が難しくなるではありませんか。できないことが増え、業態悪化は目に見えています。

要支援者は、公民館などの「体操教室」に放りこむというのでしょうか?元気な老人ならいざしらず、支援が必要な老人に「体操でもさせておけ」ということでしょうか?支援が必要なのに無資格者やボランティアに丸投げ。これでは健康を害するだけでなく、今までの生活さえ維持できなくなるではありませんか。

2.市町村も迷惑な話

市町村は困惑
市町村は困惑

費用は国から降りてくるものですから文句も言えない。「介護給付はこれだけ!」と切り下げてきます。事業所へ配分する金が予算を超えないようにするには切り下げるしかありません。

「一定の研修を受けた人」はなかなか見つかりません。であればヘルパーさんにやってもらうしかない。となると人件費がかさむ。結局、経営にしわ寄せがくるという構図です。市町村としては事業を継続させようとすると、要介護認定の申請をさせなくするしかありませんね。

利用者本人は25項目にチェックリストに答えなければなりませんが(家族が申請する場合は不要)、市町村は申請すらさせなくして総合事業に移すようになるでしょう。

この厳しい状況の中でアフィリエイターは、老人福祉や介護事業者には、介護サービスを待つ人々がいることを忘れてはいけないと思います。

例えば、認知症の人がいるとしましょう。会話ができない、字を読むのが難しい、衣服を着れない脱げない、トイレに行けない、薬も飲めない。これで介護3ですよ。

3.介護利用料は1割負担で月4万数千円

年金は最高をもらっても月6万円弱で、そこから介護保険料と後期高齢者医療保険が引かれます。残り1万5千円でどんな生活ができるのゆうのですか。認知症になって特養に申し込んでも、事業者から「ディサービス週3日でがまんして」とか言われます。介護保険料を払ってるのに利用できないなんて、これは詐欺ですよ。

おまけに、75歳以上の医療費窓口負担を1割から2割に引き上げようとしています。歳をとれば高血圧、不整脈、糖尿病、緑内障、癌など、だれでも1つや2つ持病を抱えています。介護と医療の保険料は年間30数万円。さらに窓口負担を増やすなんて、年寄りは早く死んでくれというような政策じゃないですか。

サービスを受ける介護者が不利益を受けないようにしなくてはいけません。同時に、介護職に就くには、倒産しない事業者を選ばなけばなりません。近所の娘さんも介護に従事していますが、給料の低さにためいきをついています。役所に勤めている人より10万円も少ないのです。

さらにボーナスときたら4分の1、基本給しかないんですよ。しかも、専門的ではない市の職員に介護の処遇をさせるって、これでは介護職続けられませんよ。転職や離職が多い業界ですが、「やっぱり介護職として働きたい。。。」という方も多くいらっしゃるでしょう。

そう言った方たちに介護の転職の体験談を多く語ってもらう転職サイトを紹介したいですね。同時に、ASP
にいかに興味を持ってもらうか、どう伝えていくかが重要です。ただ広告を貼るだけではなく、転職の方法や面接のポイントまでを丁寧に紹介していきたいものです。

3.介護士はアフィリエイト収入を得やすいジャンルか?

介護士はアフィリエイト収入を得やすいジャンル
介護士はアフィリエイト収入を得やすいジャンル

アフィリエイト収入は、ウェブサイトやブログなどを通じて商品やサービスを紹介し、紹介リンクを経由して訪問者が商品を購入することで報酬を得る仕組みです。

1.介護士の場合、アフィリエイト収入を得る可能性

  1. 関連性のあるジャンル: 介護士の知識や経験に関連するジャンルがあれば、アフィリエイト収入を得やすくなる可能性が高まります。例えば、介護用品や介護施設に関連する商品やサービスの紹介が考えられます。
  2. ニーズの高さ: 需要のあるジャンルであれば、より多くの人が商品やサービスを購入しやすくなります。介護士がターゲットとするニーズが高いジャンルであれば、アフィリエイト収入を増やしやすいでしょう。
  3. コンテンツの質: 成功するアフィリエイトには、良質で有益なコンテンツが重要です。介護士としての専門知識を生かした価値のあるコンテンツを提供できるかどうかが影響します。
  4. 競合の有無: 既に同じジャンルで競合が多い場合、アフィリエイト収入を得るのが難しくなる可能性があります。
  5. 訪問者の信頼性: コンテンツを通じて信頼性を築き、読者が紹介リンクをクリックし、商品を購入する自信を持ってもらうことが重要です。

具体的なジャンルに関しては、個別の市場や地域によって異なりますので、その時点での市場調査を行うことが重要です。また、アフィリエイトは簡単に大きな収入を得られるものではなく、コンテンツ作成やプロモーションに多くの時間と労力が必要な場合もあります。

2.介護士求人でのアフィリエイトはどのように始めればいい?

「アフィリエイト広告があるASPはどこ?」

このような疑問に悩んでいる人は多いと思います。(実は私もそうです)

超高齢化で今、介護を必要とする人が増え、同時に介護職に就きたいという人も増え、さらに介護士求人の需要もいっそう高まってゆくのは目に見えているのはわかっているんです。ここでは介護士求人でのアフィリエイト ASP について考えたいと思います。

  • 高齢者とそれを支える子ども・孫世代の労働人口が逆転し、必要になるのが介護士で多くの施設が求人を出している。
  • 核家族で介護士の需要は高く働く女性が多いため、介護士のサポートが必要になる家庭も少なくない。
  • よって介護士求人アフィリエイトの需要は高く収益を上げやすいジャンル。

介護士は過酷労働であるので、少しでもよい条件の職場を探す人が多い。
自分の希望に合った勤務時間や報酬などの職場を求める人も多い。

ここまではよくわかっています。となれば、介護士求人を利用するメリットをしっかり記載することが、アフィリエイト成約率アップの秘訣ではないかと思うわけです。

4.介護士求人のアフィリエイトの報酬と収益性

介護士求人のアフィリエイトの報酬と収益性
介護士求人のアフィリエイトの報酬と収益性

1.介護士求人のアフィリエイト報酬は700円~15,000円

アフィリエイト報酬は、プログラムによって異なります。介護士求人のアフィリエイトプログラムも複数存在しますが、具体的な報酬額は各プログラムの条件によって異なります。

  1. 成果報酬型: 商品やサービスが実際に売れた際に報酬が発生します。例えば、介護施設の求人が実際に採用された場合に報酬を得ることができます。
  2. クリック報酬型: 特定のリンクを訪れた際に報酬が発生します。ただし、この方法は現在あまり一般的ではありません。
  3. リード報酬型: リンクをクリックしたユーザーが特定のアクションを実行した場合に報酬が発生します。例えば、求人情報に興味を持ったユーザーがフォームに情報を入力した場合などが該当します。

具体的な報酬額は、プログラムによって異なるため、各プログラムのウェブサイトやアフィリエイトネットワークで報酬体系を確認することが重要です。アフィリエイト報酬は、単発の金額から継続的な収入を得られるものまでさまざまな形態があります。成功するには、適切なプログラムを見つけ、価値あるコンテンツを提供し、効果的なプロモーションを行うことが重要です。

介護士求人のアフィリエイト報酬が幅広い理由は、いくつかの要素が組み合わさっているためです。

  1. 求人の種類と難易度: 介護士求人には、施設や在宅ケアなど様々な種類があります。報酬の幅広さは、求人の種類による需要と難易度の違いによって引き起こされます。一部の求人は需要が高く、コンバージョン率が高いため、報酬も高く設定されている場合があります。一方で、需要や応募難易度が低い求人の報酬は比較的低くなる場合があります。
  2. 案件の地域や求人広告主の要求: 地域によって求人の需要や報酬水準が異なることも影響しています。都市部や需要が高い地域では、報酬が相対的に高くなる傾向があります。また、求人広告主やアフィリエイトプログラムの要求によっても報酬が異なる場合があります。報酬が高い案件は、アフィリエイトプログラムや求人広告主が積極的にアフィリエイトパートナーに報酬を還元することで設定される場合があります。
  3. コンバージョンの度合いと収益性: 介護士求人のアフィリエイトは、コンバージョン率や収益性によって報酬が決まります。一部の求人は、高いコンバージョン率や収益性を持つため、報酬も相応に高くなっています。逆に、求人の需要や競争が低く、コンバージョン率が低い場合は報酬が低くなることがあります。

以上の要素が組み合わさって、介護士求人のアフィリエイト報酬が幅広くなることがあります。アフィリエイトパートナーとしては、需要の高い求人や報酬の高い案件を選択することや、効果的なマーケティング手法を活用することで、収益性を最大化することが重要です。

主に介護士求人への登録や応募でアフィリエイト報酬が発生するところが多いです。これだけアフィリエイト報酬に差があるので、介護士求人のプログラムの内容をしっかり比較しないといけませんね。

介護士求人のアフィリエイトの成果発生・確定条件など、介護士求人のアフィリエイト成果は新規会員登録後、期日内に本人確認を完了して発生します。中には本人確認でなく、面談日が確定した時点で報酬が発生する介護士求人サイトもあるのでご注意しないといけません。

介護士求人ごとにアフィリエイト成果の発生条件は異なるのでしっかり確認する必要があります。

またはじめての介護士求人のご利用の場合のみアフィリエイト報酬が発生します。2回目以降はないのでご注意ください。登録不備なども介護士求人に限らずアフィリエイト成果否認となってしまうので、もれなく記入するようにしましょう。

5.介護士求人のターゲットやおすすめポイント4

新卒で介護士求人を探す
新卒で介護士求人を探す

あなただけの体験や感想を記事にできれば、読者も共感を感じやすく成約率も高いですが、それだけではダメです。アフィリエイトは使った感じや感想を知りたい人がターゲットになるのでありふれた情報などには価値がないでしょう。

1 新卒で介護士求人を探している

現在は、新卒者も職場探しに苦労する時代です。介護士求人を自力で探す方もいるはずで、新卒だからこその魅力を活かした介護士求人を紹介すれば、アフィリエイトの成約率は高まると思います。

(例)

【実務者研修】想定月給238,000円、想定年収3,258,500円

【初任者研修】想定月給236,000円、想定年収3,234,500円

■月給内訳

  • 基本給:175,000円~230,000円
  • 調整手当:3,000円
  • 資格手当:2,000円~8,000円
  • 皆勤手当:5,000円
  • 夜勤手当:25,000円(月5回)
  • 処遇改善手当:26,000円程度
  • 住宅手当:5,000円~10,000円
  • 扶養手当:3,000円
  • 深夜割増手当:法定通り支給・通勤手当:法人規定より支給(50,000円/月)
  • 賞与:年2回、合計2,3ヶ月(昨年実績)
  • 昇給あり(年1回)

※昇給・賞与は、業況や本人の勤怠状況により決定
※試用期間3ヶ月(条件変更なし)

2 転職のために介護士求人を探している

転職のための介護士求人履歴書
転職のための介護士求人履歴書

すでに経験があり収入や労働時間など、「もっとも自分に合った労働形態を探し出したい」と思っている方が利用できるのもアフィリエイトの訴求ポイントとなるでしょう。新卒・転職問わず多くの介護士求人を比較して、もっとも自分に合ったものを紹介してくれるのが介護士求人の魅力です。

またアフィリエイトでの成果報酬にも結び付くポイントだと言えます。
中には介護士求人情報だけでなく、直接スタッフに相談してみたい方も、介護士求人アフィリエイトのターゲットになります。未経験でも介護士ができるか知りたい、求人への面談や対策などをしてほしい方もいるでしょう。

3 介護士求人の就転職サポート

介護士求人の就転職サポート
介護士求人の就転職サポート

介護士の求人や転職サポートを提供する多くのサービスが存在しています。これらのサービスは、求職者が自分のスキルや経験に合った職場を見つけるのを支援し、面接の準備や履歴書の書き方などのアドバイスも提供する場合があります。

  1. 求人サイトや求人情報サービス:インターネット上には、介護士の求人情報を集めた専門のウェブサイトがあります。これらのサイトを利用することで、地域や条件に合った求人情報を簡単に見つけることができます。
  2. 転職エージェント:転職エージェントは、求職者に代わって求人情報を収集し、適切な求人を紹介してくれるサービスです。個々の希望や条件を考慮して、求職者と企業とのマッチングを行ってくれます。
  3. 介護施設や福祉関連団体:地域の介護施設や福祉関連団体では、直接求人情報を提供していることがあります。求人の掲示板やホームページで情報を確認できます。
  4. 転職セミナーやイベント:転職に関するセミナーやイベントでは、業界や求人情報についての情報提供や、面接対策などのノウハウを学ぶことができる場合があります。
  5. 地域の雇用サポートセンター:地域の雇用サポートセンターや公共職業安定所では、求職者向けの情報提供や転職支援を行っていることがあります。

ただし、2023年時点では新たなサービスや変更がある可能性があるため、最新の情報を得るためにインターネット検索を行うか、地域の情報提供機関に問い合わせることをお勧めします。

介護士求人のアフィリエイトは今から収益を上げるのにぴったりだと言えます。今後高齢化社会は進み、介護士の需要もさらに高まってくるでしょう。

すると介護士求人が増えるのと同時に介護士希望者も増えてるので、求人アフィリエイトで収益の道が拓けます。長期的なアフィリエイト収入も期待できますね。しっかり収益を上げるためには介護士求人でさまざま求人を比較できるだけでなく、介護士の就職や転職の知識が身についたり情報が手に入ったりすることも大切です。

介護士アフィリエイトの重要なポイントになるのでしっかり押さえておきましょう。

4 介護士求人のアフィリエイト広告案件

介護士求人のアフィリエイト広告案件
介護士求人のアフィリエイト広告案件

国が訪問介護事業者の倒産を急増させるようなことをするわけではありません。むしろ、高齢化社会において、ますます増加する介護需要に対応するために、国は訪問介護事業者の支援や育成を行っています。

しかし、一方で、訪問介護事業者が倒産する原因として、以下のような要因が挙げられます。

  1. 人手不足 介護業界全体が抱える大きな問題の一つが、人手不足です。介護職員の採用や育成に大きなコストがかかり、その負担が訪問介護事業者にもかかるため、経営が困難になることがあります。
  2. 厚生労働省の基準改定 厚生労働省が定めた訪問介護の基準が厳しくなり、訪問介護事業者がその基準をクリアするためには、多大なコストがかかるようになりました。これによって、経営が困難になる事業者が増えたという側面があります。
  3. 競合の激化 訪問介護事業者の数が増え、競争が激化したことで、価格競争が起きることがあります。その結果、訪問介護事業者の収益が減少し、経営が困難になることがあります。

以上のような要因が重なり、訪問介護事業者の倒産が急増することがあります。ただし、国は介護業界全体に対して、人材確保や基準改定への対応支援を行っているため、倒産防止に向けた取り組みが進められています。

あとがき

「一人の声」は、日本を変えるにはあまりに無力に見えます。「一人の声」と「世界」は、一見果てしなく距離があるように見えます。しかし、「一人の声」とは、一人の願いの実践的表現であり、ひとり一人が自分の願いの表現者になれば、世界は必ず変えられます。

「理想」を求めて行動すれば、方策は見つかると伊藤千尋さんは、熱く呼びかけています。確かに「一人の声」から、世界は変わるのだと、本書を読んで、私は評者の横井久美子さんとともに私はそう確信しました。

コメント

何なりとお申し付けください。