Yahoo ショッピングなど広い EC サイト ASP ジャンルの中心で愛を叫ぶ!

太陽をバックに指でハートマーク ネットショップ
ECサイトを上手く作るには

きょうは、「愛を叫ぶ!」というテーマを学びます。

EC サイトとは、PC やスマホから注文を行う商取引を指します。

EC サイトを運営するためには、自ら EC サイトを構築して運営するか、楽天や Amazon のように多くの EC サイトが出店しているモール型かを選ぶ必要があります。

自社型かモール型のどちらがいいのでしょうか?

きょうはあなたと、そのどちらかを選ぶかを学習します。

巷にはコンビニが溢れています。小さな個人店からの加盟がほとんどではないでしょうか。それほど地域に密着した店が窮地に陥っている現状があります。24時間働き詰めに関わらず実入りが少ない形態をみると躊躇する私は、三重県津市在住のそこそこ年取っている男性です。

1.FC 契約をめぐる本部と加盟店の FC トラブル

FCトラブル
FCトラブル
takanobu
takanobu

FC もなかなか厳しいようで・・・

FC 契約をめぐる本部と加盟店のトラブルが相次いでいます。巻き込まれないためにはどうしたらいいでしょうか?FC 事業を規制するのは「独占禁止法」と「中小小売商業振興法」です。

1.フランチャイズ(FC)本部と加盟店が交わす契約

一般的に以下のような内容を含んでいます。ただし、具体的な契約内容は各企業や業態によって異なる場合もありますので、一般的なガイドラインとしてご参考ください。

  1. ライセンス提供:本部は加盟店に対して、特定の商標やブランド名、業態、製品やサービスの使用許可(ライセンス)を提供します。これにより加盟店は本部の商標やブランドを使用し、その業態での事業展開を行うことができます。
  2. 開業サポート:本部は加盟店の開業準備をサポートします。具体的には、場所の選定や店舗デザイン、設備の提供、商品やサービスの提供方法の指導、営業支援など、開業に関する様々なサポートを提供します。
  3. ロイヤルティ料:加盟店は本部に対して、一定の期間や売上高に基づいてロイヤルティ料を支払います。これは本部に対する使用許可料やサポート料としての役割を果たします。
  4. 運営ルールとガイドライン:本部は加盟店に対して一定のルールやガイドラインを定めます。これはブランドイメージの統一や顧客サービスの向上を図るために重要です。加盟店はこれらのルールやガイドラインを守ることが求められます。
  5. 契約期間と終了条件:契約期間は一般的に数年間であり、その期間終了後に契約の更新や終了を選択することができます。契約の終了条件や解除条件についても契約書に明記されています。
  6. サポートとトレーニング:本部は加盟店に対して定期的なサポートやトレーニングを提供します。新商品やサービスの導入、営業技術の向上、経営相談など、加盟店の成長と成功を支援するための取り組みです。

以上が一般的な日本のFC本部と加盟店が交わす契約の内容です。ただし、各企業や業態によって契約内容や条件は異なる場合がありますので、具体的な契約内容については個々の企業の契約書やフランチャイズ提案資料を確認する必要があります。

2.FC 本部と加盟店が交わす「契約書」の問題点

フランチャイズ(FC)システムにおける本部と加盟店との間で交わされる「契約書」には、以下のような問題点が存在する場合があります。

  1. 不平等な交渉力: 本部は通常、規模や資本力などで加盟店よりも強い立場にあります。そのため、契約交渉において不平等な交渉力が生じ、加盟店側が不利な条件を受け入れざるを得ない場合があります。
  2. 不明瞭な条項や一方的な変更: 契約書に含まれる条項が不明瞭であったり、一方的な変更が可能な場合があります。本部が利益最大化を図るために契約条件を変更し、加盟店側に負担を強いることがあります。
  3. 適正な利益配分の欠如: 契約書において、本部と加盟店の間での利益配分が適正に行われていない場合があります。本部が過度に高いロイヤリティや広告費を要求し、加盟店の収益性が損なわれる可能性があります。
  4. 独占的な契約条件: 一部のFC本部は、加盟店に対して他のブランドとの競合を禁止するなどの独占的な契約条件を課すことがあります。これにより、加盟店が自由な経営活動を行うことが制限される可能性があります。
  5. 解約条件の厳格さ: 契約書に含まれる解約条件が非常に厳格であり、加盟店が一方的に契約を解除することが難しい場合があります。これにより、加盟店が不満を抱えながらも契約を継続せざるを得ない状況が生じる可能性があります。

これらの問題点は、本部と加盟店のパートナーシップの健全な発展や加盟店の経営安定性に影響を与える可能性があります。加盟店は契約書の内容を慎重に検討し、必要な場合は法的な助言を受けることが重要です。

  • 契約では本部の義務は抽象的に書かれる一方、加盟店の義務の方は具体的に多く書かれ、加盟金や違約金は高く設定されやすい。
  • 素人同然の加盟店が裁判などで本部と対等の「事業者」とみなされ、加盟店が保護されない一因となっています。
  • 本部との契約トラブルを防ぐ第一の方法は、本部とつながっていない元加盟店オーナーに話を聞くことです。

3.FC 加盟契約前に確認すべきポイント

フランチャイズ(FC)に加盟する前に、以下の点を確認することが重要です。

  1. ブランドの評判と信頼性: 加盟しようとしているFCブランドの評判や信頼性を調査しましょう。消費者からの評価や口コミ、業界の評価などを確認することで、ブランドの市場価値や成長性を把握することができます。
  2. FC本部のサポート体制: FC本部が加盟店をどのようにサポートするのかを明確に確認しましょう。研修プログラムやオペレーションマニュアル、マーケティング支援、物流や調達などの支援体制が整っているかを詳しく調査します。
  3. 契約条件とロイヤリティ: 加盟契約の条件やロイヤリティの詳細を確認しましょう。契約期間や解約条件、ロイヤリティの金額や支払い方法、広告費の負担などを明確に把握することが重要です。
  4. 独占地域や競合排除条項: FCブランドが加盟店に対して独占的な地域を約束するか、競合排除条項を設ける場合があります。自分のビジネスの成長や競争力を考慮し、このような制約がある場合にどのように対処するかを確認しましょう。
  5. 加盟店の権利と責任: 加盟店としての権利と責任について理解しておきましょう。FC本部のルールや規定に従う必要があり、運営や品質管理、ロイヤリティの支払いなどに関する責任が加盟店に課せられる場合があります。
  6. 経済的な見積もりと収益性: 加盟店にかかる経済的な負担と見込まれる収益性を評価しましょう。初期投資額、運営費用、売上予測、利益率などをしっかりと検討し、ビジネスの持続可能性や収益性を確認します。
  7. 加盟店の権利の保護: 契約書に加盟店の権利と保護措置が明示されているかを確認しましょう。契約解除や争議解決の手続き、知的財産権の保護、契約更新条件などに関する条項を注意深く検討します。

これらの要素を注意深く調査し、契約前に熟考することで、より良い判断とビジネスの成功につながるでしょう。

  1. ネットでFCの名称と「裁判」「トラブル」などのキーワードを入れて検索。
  2. 中小企業庁作成の冊子「フランチャイズ事業を始めるにあたって」を読む。
  3. 中小企業庁ホームページで、同業の非FC企業の利益率を検索する。
  4. 出店地域の加盟店の収益予測と、その根拠となる事実を本部から得る。
  5. 本部の紹介以外の加盟店、元加盟店を訪問し、現場の実情を聞く。
mika
mika

加盟契約は重要な法的文書ですので、必要な場合は法的なアドバイスを受けることもおすすめです。

2.EC サイトを構築するためにはまず CMS

FCネットショップ
ネットショップ
takanobu
takanobu

EC サイトを運営したいけど、作り方もわからないし方法や手順がわからない

1.プラットフォームコンテンツ管理システム

「EC サイトを運営したいけど、作り方もわからないし方法や手順がわからない」場合、テキスト・画像・動画をウェブサイト上に投稿・公開できるプラットフォーム(Contents Management System)コンテンツ管理システムを用います。

プラットフォームコンテンツ管理システムは、オンラインプラットフォームやウェブサイトなどで提供されるコンテンツを効果的に管理するためのシステムです。

  1. コンテンツの統合と管理: 提供される多様なコンテンツを一元的に管理することが重要です。これには、記事、画像、動画、音声、ユーザー生成コンテンツなど、さまざまな形式のコンテンツを統合し、適切に分類、整理、管理することが含まれます。
  2. コンテンツの作成と編集: 管理システムは、コンテンツの作成と編集を支援する機能を提供します。複数のユーザーが同時にコンテンツを編集できるようなコラボレーション機能や、バージョン管理機能、ワークフロー管理などが含まれます。
  3. ユーザーエクスペリエンスの最適化: プラットフォームのユーザーエクスペリエンスを向上させるための機能が組み込まれています。コンテンツの検索機能、カテゴリー分類、タグ付け、推奨システムなどを活用して、ユーザーが求める情報や関連コンテンツに簡単にアクセスできるようにします。
  4. モデレーションとコンテンツの品質管理: プラットフォーム上でのコンテンツの品質管理は重要です。不適切なコンテンツのフィルタリングやモデレーション、スパム対策、著作権侵害の監視などの機能が組み込まれ、コンテンツの信頼性や安全性を確保します。
  5. パフォーマンス分析と改善: 管理システムは、コンテンツのパフォーマンスを分析し、改善するためのデータや洞察を提供します。アクセス数、ユーザーの行動分析、コンテンツの評価などの情報を活用し、コンテンツ戦略の最適化や改善施策の立案に役立ちます。

プラットフォームコンテンツ管理システムは、多様なコンテンツを効率的に管理し、ユーザーエクスペリエンスを向上させるためのツールとして重要です。企業や組織がプラットフォーム上でコンテンツを展開する際には、このようなシステムの活用が推奨されます。

自社 EC サイトのメリット

  1. ブランドの強化とコントロール: 自社ECサイトを持つことで、独自のブランドイメージを構築し、ブランド価値を高めることができます。デザイン、コンテンツ、ユーザーエクスペリエンスなど、全体のコントロールが可能です。
  2. 顧客との直接的な関係構築: 自社ECサイトでは、顧客との直接的な関係を築くことができます。購買履歴や顧客情報の管理、顧客への個別のマーケティングメッセージやプロモーションの提供などが可能です。これにより、顧客ロイヤルティの向上やリピーターの獲得が期待できます。
  3. 販売チャネルの多様化と拡張: 自社ECサイトは、既存の販売チャネルに加えて新たな販売チャネルを提供します。オンラインでの販売が可能なため、地理的な制約を超えて顧客にアクセスすることができます。また、海外展開やB2B向けの販売など、新たな市場や顧客セグメントへの進出も促進されます。
  4. カスタマイズとパーソナライズ: 自社ECサイトでは、顧客のニーズや好みに合わせたカスタマイズやパーソナライズが可能です。推奨商品や関連商品の表示、個別の価格設定、マイアカウントの提供など、顧客にとって魅力的で便利なショッピング体験を提供することができます。
  5. データ分析と改善: 自社ECサイトでは、購買データや顧客行動データなどの豊富な情報を収集し、データ分析を行うことができます。これにより、顧客の傾向や需要予測を把握し、マーケティング戦略や商品ラインナップの改善に活用することができます。

以上のメリットから分かるように、自社ECサイトはブランドの強化や直接的な顧客関係構築、販売チャネルの拡大など、ビジネスの成長や競争力強化に大きく寄与することが期待されます。

  • ランニングコストが安い
  • 独自ドメインでサイト構築が可能
  • マーケティングが可能

自社 EC サイトのデメリット

サイト作成にコストがかかり集客が上手くできないこともある。自社ECサイトには以下のようなデメリットが存在します。

  1. 運営コストとリソースの要求: 自社ECサイトの運営には、ウェブサイトの開発・設計、セキュリティ対策、ホスティング、オンライン決済システムの導入など、多くのコストとリソースが必要です。また、サイトの保守やカスタマーサポート、商品在庫管理などの運営業務にも時間と労力が必要となります。
  2. トラフィックと集客の課題: 自社ECサイトを立ち上げたとしても、集客やトラフィックの確保が課題となる場合があります。競争が激化しているオンライン市場では、SEO対策やデジタルマーケティングなど、集客に関する専門的な知識や戦略が必要です。
  3. ブランド認知度と信頼性の構築: 既存の大手ECプラットフォームに比べてブランドの認知度や信頼性を築くのに時間がかかる場合があります。顧客が新しいサイトに対して不安を感じたり、競合他社との差別化を図る必要があるため、マーケティングとブランド戦略の重要性が高まります。
  4. セキュリティとプライバシーのリスク: オンライン取引の増加に伴い、サイバーセキュリティのリスクやプライバシーの問題も増えています。自社ECサイトでは、顧客情報や支払い情報のセキュリティ対策を徹底する必要があります。セキュリティ対策の不備やデータ漏洩は、信頼性の低下や法的な問題を引き起こす可能性があります。
  5. 電子商取引の法的制約: 自社ECサイトの運営には、電子商取引に関連する法的制約や規制への適合が求められます。消費者保護法、プライバシー法、情報セキュリティ法など、地域や国によって異なる法的要件に準拠する必要があります。これには法的な専門知識やコンプライアンス体制の整備が必要です。

以上のデメリットから分かるように、自社ECサイトの運営にはコストやリソースの要求、集客やブランド構築の課題、セキュリティリスク、法的制約などの懸念事項が存在します。これらの課題に対して適切な対策を講じる必要があります。

EC ショッピングモールのメリット

知名度があるので集客力が高い、テンプレートがあるので出店が簡単などECショッピングモールには以下のようなメリットがあります。

  1. 多様な商品とショップの一括集約: ECショッピングモールは、複数のショップやブランドが集まる場所です。ユーザーは1つのサイトでさまざまな商品やブランドを閲覧し、比較検討することができます。これにより、多様な選択肢が提供され、ユーザーの利便性が向上します。
  2. 集客とブランド認知度の向上: 複数のショップやブランドが参加するため、集客力が高まります。ユーザーはショッピングモールの知名度や信頼性に基づいてアクセスし、ショップやブランドを発見することができます。新興の小規模なショップでも、ショッピングモールを通じて多くの顧客にアプローチする機会が生まれます。
  3. マーケティングとプロモーションの支援: 集約されたショップやブランドのマーケティングとプロモーションを支援します。共同のマーケティングキャンペーンや特集ページ、セールイベントなどを通じて、ショップやブランドの露出と売上を増やすことができます。
  4. セキュリティと信頼性の向上: 一部のECショッピングモールでは、セキュリティ対策や品質管理に力を入れています。ユーザーは信頼性の高いトランザクション環境で安心して買い物をすることができます。また、ショッピングモールが信頼できる決済システムや顧客サポートを提供することで、ユーザーの満足度も向上します。
  5. ショッピング体験の統一と利便性: 一貫したショッピング体験と利便性を提供します。ユーザーは同じプラットフォーム内で複数のショップで買い物をするため、決済や配送などの手続きが簡略化されます。また、ショッピングカートの共有や統一したユーザーアカウント管理なども利点です。

ECショッピングモールは、集客力、ブランド認知度、マーケティング支援、セキュリティ、統一されたショッピング体験などのメリットを提供することにより、ショップやブランドの成長や販売促進に寄与します。

EC ショッピングモールのデメリット

ECショッピングモールには以下のようなデメリットが存在します。

  1. 激しい競争と価格競争: ECショッピングモールは複数のショップやブランドが参加するため、激しい競争が生じる場合があります。同じ商品や類似商品を提供するショップ同士が価格競争に入ることがあり、利益率の低下やマージンの圧迫が起こる場合があります。
  2. ブランド差別化の難しさ: 多くのショップやブランドが競合するため、自社のブランドを差別化し、他社との差を示すことが難しい場合があります。ユーザーは価格や評価などの要素で選択するため、ブランドイメージや独自性を強化するための努力が必要です。
  3. 制約されたカスタマイズとデザイン: 共通のプラットフォーム上で運営されるため、独自のデザインやカスタマイズが制約される場合があります。ショップのブランドイメージや個別の要件を反映させるためには、制限された範囲内でのカスタマイズが必要になるかもしれません。
  4. 依存度と制約: 参加すると、自社のビジネスがそのプラットフォームに依存することになります。プラットフォームの運営方針やルールの変更により、自社のビジネスに影響が出る可能性があります。また、ショッピングモール内のルールや制約に従う必要があり、自由度が制限される場合があります。
  5. データの制限と制御: 顧客データや売上データなどの情報をプラットフォームと共有する必要があります。データの制限やアクセス制御など、自社がデータを保有し制御することに比べて制約が生じる場合があります。データセキュリティやプライバシーに関する懸念も存在します。

以上のデメリットから分かるように、ECショッピングモールには競争の激化や価格競争、ブランド差別化の難しさ、カスタマイズの制約、依存度と制約、データ制限などの課題が存在します。それぞれの事業者は、自社の状況と目標に基づいて、利点とデメリットを検討する必要があります。

  • 利用料・追加サービス料・売上課金などのコストがかかる
  • 価格競争に追われオリジナリティーを出すことが難しい

2.EC サイトを構築する CMS の種類

日本のECサイトを構築するためのCMS(コンテンツ管理システム)としては、以下のようなものがあります。

  1. BASE(ベイス): 日本国内で人気のあるECサイト構築CMSです。シンプルなデザインや使いやすさが特徴であり、初心者でも簡単にオンラインストアを作成することができます。商品管理、注文処理、決済などの機能も提供しています。
  2. STORES.jp: ショップデザインの自由度が高く、テンプレートやレイアウトをカスタマイズすることができます。また、決済方法の選択肢も多く、ECサイトの運営に必要な機能を網羅しています。
  3. GMOあんしんペイメントサービス:ECサイトの決済機能を提供するCMSです。安全性と利便性に重点を置いており、クレジットカード決済やコンビニ決済などの各種決済方法を組み込むことができます。
  4. カラーミーショップ: 独自のデザインカスタマイズや豊富な機能を備えた日本のECサイト構築CMSです。オンラインストアの作成から決済、注文管理、マーケティングツールまで、幅広い機能が提供されています。

これらは日本国内で利用されている一部のECサイト構築CMSです。各CMSには特徴や利点があり、予算や目的に合わせて選択することが重要です。

  1. ASP(Application Service Provider:アプリケーション・サービス・プロバイダ
  2. ある程度 EC サイト構築の枠組みが完成しているパッケージ
  3. カスタマイズが比較的自由に行えるオープンソースをダウンロード
  4. システムやソフトを一から開発する

その EC サイト構築には、すでに出来上がっている EC のシステムを使って構築する方式、なにもないところから EC サイトを開発するという方法があります。

自分が作りたい EC サイト、運営したいネットショップを作るにはどのような方法がいいのか?

3.ECサイトを作るためのステップ

  1. 目的やターゲットを明確にする:ECサイトを作る前に、何を目的としてECサイトを作るのか、どのようなターゲット層を対象とするのかを明確にすることが大切です。
  2. ECプラットフォームを選ぶ:ECサイトを作るためには、ECプラットフォームを選択する必要があります。商材やサイトの規模、拡張性などを考慮して、適したECプラットフォームを選びましょう。
  3. ドメインとホスティングを取得する:ECサイトを運営するには、ドメインとホスティングの取得が必要です。自分で用意する場合もありますが、サービスを利用する場合もあります。
  4. デザインを決める:ECサイトのデザインを決めます。ユーザーが使いやすく、商品がよく見えるようなデザインを目指しましょう。
  5. 商品情報を登録する:ECサイトに掲載する商品の情報を登録します。商品名、価格、商品説明、画像などを登録し、ユーザーにわかりやすく情報を提供しましょう。
  6. 決済方法を設定する:ECサイトでは、ユーザーが商品を購入するために決済方法を提供する必要があります。クレジットカード、代金引換、銀行振込など、利用者のニーズに合わせて決済方法を設定しましょう。
  7. 集客対策を実施する:ECサイトを運営する上で、集客対策も重要です。SNSやSEO対策、広告など、適切な方法で集客を行い、ECサイトを成長させましょう。

ECサイトを作るためには、上記のステップを適切に進めることが重要です。

mika
mika

初めての場合は、ECプラットフォームや集客方法などについて学習することが大切です。

3.ネットショップを開業する4つの方法

ASPサイト
ASPサイト
takanobu
takanobu

ASP サイトって個人事業主向きだよね。

  1. 無料 ASP を使う
  2. WordPress で EC サイトプラグイン(無料)を使う
  3. オープンソースでECサイトを作る
  4. Yahooショッピングに出店する ただし、完全無料ではありません

開設自体は無料でも、月額利用料がかかったり、商品が売れた場合に決済手数料が必要になったりするからです。

WordPress の無料プラグインを使う方法やオープンソースは構築自体が無料でも、サーバー代とドメイン料がかかります。サーバー代は月額・年間レンタルがあり、スペックやセキュリティの信頼度によって価格が変わってきます。

  1. 広告主の企業が ASP に商品リンクや広告を卸す
  2. ASP に登録しているアフィリエイターが広告を選択する。一般的には、企業に提携申請をして承認された場合のみ広告を使える。このとき、アフィリエイターは自分専用のアフィリエイトリンク URL を取得する。(リンク先は商品の販売サイト)
  3. アフィリエイターが自分のサイトに掲載する
  1. 顧客が広告をクリックする。リンク先のサイトへ誘導。クリック保証型広告の場合はクリック時に報酬が発生する
  2. 顧客がリンク先で商品を購入する。ASP はクッキーというシステムを使い、顧客がどの(誰の)アフィリエイトリンク URL を使って商品を購入したかを調べる。広告料金が支払われる。EC サイトが ASP に広告料金を支払う
  3. 成果報酬が支払われる。ASP からアフィリエイターへ成果報酬を支払う

ASPとは?

個人事業主、試験的に EC サイトを始める法人、低予算で始めたい方 EC プラットフォームをインターネットを通じて利用(レンタル)することができるサービスです。

  • 個人や企業が共通のプラットフォームを利用し、提供されている標準機能を低価格で使えます。インターネットを通じてアプリケーションを利用するという形態なので自由なカスタマイズを行うことができません。
  • パッケージ:EC 年商1億以上の法人、販売方法が独自な商品を取り扱う法人 EC サイト構築に必要な基本機能がパッケージとして用意されているもので、オリジナルのカスタマイズを加え、独自の EC サイトを構築することができます。
  • デメリットは ASP に比べると費用がかかり、初期費用でも数百万円~、その後追加カスタマイズにかかる費用も数十万円~と決して低くはありません。
  • そのためパッケージサイトの平均年商は1億円~50億円規模と言われています。(例)吉野家、CASIO、日本航空

ASP とは 広告を掲載してもらいたい企業(EC サイト)、自分のサイトで広告を掲載したい人(アフィリエイター)を仲介する役割です。EC 企業は ASP にあらゆる商品リンクや広告を登録でき、アフィリエイターはその中から扱うものを選択します。

  • A8.net:アフィリエイトサイト数200万以上、広告主数(累計)16000以上
  • バリューコマース:アフィリエイトサイト数100万以上、アフィリエイト広告の出稿実績6,000社
    ASPは PC 上にインストールしなくても使用できるブラウザで利用することができます。

提供されたサービスを月額でレンタルする形が多く、ネットショップ(ECサイト)に限らず、給与計算システムや販売管理システムなど、様々なシステムが Web 上で提供されています。

ASP でネットショップを構築すると、ソフトウェアやサーバーを管理しなくても良くなるので、ブラウザ上で簡単に EC 管理・運用が可能です。常に利用者はいつでも最新のネットショップを構築・運営することができます。

事業者がサービス停止をしてしまう恐れが無きにしもあらずですが「コストをかけず、かつスピーディに機能的な EC サイトは?」と思っている方には、パッケージが一番おすすめです。

まずは、個人事業者が EC サイトを構築しようとする場合です。個人事業の場合、企業ほど莫大な資金があるわけではないケースがほとんどかと思います。

その一方、社内会議や他部署との連携といった要素がなく、決断や決済が早いというメリットがあるかもしれません。スピーディで小回りのきく個人事業のECサイト構築におすすめの方式は、ASPパッケージです。定型的な小規模サイトを希望するのであれば、ASP のスピード感とコストは個人事業にふさわしいといえるでしょう。

Amazon アソシエーション:1億種以上の商品から選べる、売上金額の最大10%の紹介料が獲得できる、Amazon 商品だからこその高いコンバージョンがある。

mika
mika

別格としてアマゾンがあります。

5. 出店すること自体は無料の Yahooショッピング

takanobu
takanobu

Yahooショッピングは月額料金なしだけど、商品が売れるごと手数料がかかる。

1.ヤフーショッピングの出店方法

月額の利用料などもかかりませんが、商品が売れるごとに決済手数料がかかります。決済金額の3.0%~4.48%ほどです。また、T ポイント発行にかかる原資、アフィリエイト成功報酬原資、手数料の負担もあります。

Yahoo ショッピングへの出店は、4つの方法のうちではもっとも集客力が高く、大きな収益を見込める方法ではあります。ただ、手数料が比較的高いため、月額費用で考えるともっとも高コストの出店方法といえるかもしれません

ヤフーショッピングは、日本国内で非常に人気のあるECプラットフォームです。ヤフーショッピングへの出店方法については以下の手順が一般的です。

  1. ヤフーショッピングパートナーへの登録: まずヤフーショッピングパートナーに登録する必要があります。ヤフーショッピングパートナーは、ヤフーショッピングの出店や運営を支援するためのサービスを提供しています。ヤフーショッピングパートナーのウェブサイトにアクセスし、登録手続きを行います。
  2. 出店申し込みと審査: ヤフーショッピングパートナーに登録した後、出店申し込みを行います。出店申し込みでは、出店する店舗や商品に関する情報を提供する必要があります。申し込み後、ヤフーショッピング側で審査が行われ、出店が承認されると次のステップに進むことができます。
  3. ショップ設定と商品登録: 出店が承認されたら、ヤフーショッピングの管理画面にアクセスし、ショップ設定や商品登録を行います。ショップ設定では、店舗名やロゴ、配送方法、支払い方法などの情報を設定します。商品登録では、出品する商品の情報や写真、価格などを登録します。
  4. 注文処理と配送: ヤフーショッピングでは、顧客からの注文が入った場合、注文処理と配送を行う必要があります。注文情報の確認や出荷手続き、配送業者との連携などが必要です。ヤフーショッピングパートナーを通じて注文処理や配送に関するサポートを受けることもできます。
  5. マーケティングと運営: ヤフーショッピングでは、マーケティング活動やプロモーションを通じて集客や売上を増やすことが重要です。ヤフーショッピングパートナーの提供するツールや機能を活用し、広告出稿やキャンペーンなどの運営を行います。

ただし、具体的な手続きや条件は変動する場合がありますので、ヤフーショッピング公式ウェブサイトやヤフーショッピングパートナーの情報を確認して最新の情報を入手することをおすすめします。

mika
mika

以上が一般的なヤフーショッピングへの出店手順です。

6.無料で開設できる ASP「BASE」

BASE
BASE
takanobu
takanobu

BASE は初期費用、月次費用ともに0円で、気軽にウェブショップを開ける。

Baseは、日本のASP(Application Service Provider)であり、オンラインショップの構築や運営を支援しています。Baseへの出店方法について説明します。

  1. Baseの公式ウェブサイトにアクセスします。 Baseの公式ウェブサイトにアクセスすることで、出店手続きを開始することができます。公式ウェブサイトのURLは、https://thebase.in/です。
  2. 「新規登録」または「無料お試し」などのボタンをクリックします。 Baseの公式ウェブサイトにアクセスしたら、トップページに表示されている「新規登録」や「無料お試し」などのボタンをクリックします。
  3. 必要な情報を入力して登録します。 出店手続きを進めるためには、必要な情報を入力してアカウントを登録する必要があります。基本的な情報としては、店舗名、連絡先、メールアドレスなどが求められることがあります。
  4. ショップ設定を行います。 アカウント登録が完了すると、ショップ設定を行う画面に進むことができます。ここでは、出店するショップの詳細情報やデザイン、支払い方法などを設定することができます。
  5. 商品の登録を行います。 ショップ設定が完了したら、実際の商品を登録する作業に移ります。商品の写真や説明、価格などを入力し、出品する商品を準備します。
  6. 出店完了となり、ショップが公開されます。 商品の登録が完了したら、出店手続きはほぼ完了です。Baseのショップは公開され、顧客に向けて商品の販売が開始されます。

以上が、Baseへの出店方法の一般的な手順です。Baseの公式ウェブサイトにアクセスし、指示に従って必要な情報を入力していくことで、スムーズに出店手続きを進めることができます。なお、詳細な手順や特定の要件に関しては、Baseの公式ウェブサイトやサポートページを参照することをおすすめします。

初期費用、月次費用ともに0円で、気軽にウェブショップを開けることがうたい文句になっています。

ただし、「決済手数料」がかかり、商品が売れるごとに支払います。使用する ASP や商品の価格によって違いはありますが、商品価格の3〜5%が相場です。注文1,000円あたり30〜50円程度の決済手数料がかかります。

この決済手数料が無料 ASP の収益源であり、ユーザーに対して無料で ASP を提供できる源になっています。無料 ASP は「売れない限り費用0円」でも、商品が売れるたびに利用料を支払う形態をとっています。

mika
mika

わたしも BASE を利用しています

7. EC 系のオープンソース、EC-CUBE

EC CUBE のホームページ
EC CUBE のホームページ
takanobu
takanobu

EC CUBE は企業向けだよね。

1.日本のEC系オープンソース

  1. Magento:PHPで開発されたECプラットフォームで、日本でも多くのユーザーが利用しています。多機能であり、拡張性も高いため、大規模なECサイトに適しています。
  2. WooCommerce:WordPressのプラグインとして提供されているECプラットフォームです。WordPressの利用者が多く、操作性が良いため、小規模から中規模のECサイトに適しています。
  3. OpenCart:PHPで開発されたECプラットフォームで、軽量で高速に動作するため、小規模なECサイトに適しています。
  4. EC-CUBE:PHPで開発されたECプラットフォームで、日本国内で開発・提供されています。日本語に対応しており、初心者でも使いやすいように設計されています。
  5. Zen Cart:PHPで開発されたECプラットフォームで、日本語に対応しています。多言語対応や多通貨対応が可能であり、拡張性も高いため、海外ECサイトにも適しています。

これらのオープンソースECプラットフォームは、それぞれ特徴や強みがあり、ECサイトの規模や目的に合わせて選択することができます。また、オープンソースであるため、ソースコードが公開されており、カスタマイズや拡張が自由にできるというメリットがあります。

インターネット上で公開されている「オープンソース」は、ライセンス費用がかからず、デザイン・カスタマイズが自由な点がメリットです。

わたしも WooCommerce を利用しています(無料版)

2.代表的な EC 系のオープンソース例として、EC-CUBE

EC-CUBE は「ASP サービスでは実現できない独自性の高い EC サイト構築・リニューアルを支援するため、株式会社ロックオンが誰でも無料で利用・改変できる「オープンソース」として公開したものです。

現在100万ダウンロードを突破し、推定22,000店舗以上で稼働されていると思われます。EC-CUBE
のオープンソースは、誰でも無償で利用することができ、自社に技術者がいれば、カスタマイズ・構築も自由に行えるというところも大変魅力ですが、無償ということは、本体側でバグが発生しても、提供している側には責任がないということになっています。

オープンソースが向いている会社オープンソースが持つリスクを承知の上コストを抑えたい自社システムを保守・開発してEC サイトの構築も行い、自ら保守・運営したいサーバーを自前で用意しなければならないバグがあった際の対応など、技術力に自信がある会社が導入していますね。

  • 初期費用は「0円~数百万円」で、ランニングコストは「数千円~数百万円」です。
    契約するサーバー代によっては、かなりのコストがかかることもあります。
  • 独自開発と比較して費用が安く手軽に始めることができる販売額や商品数における従量課金がない
  • 一通り機能がそろっているので、すぐに EC サイトを始められる拡張性がある
  • サービス提供会社のサービス利用停止のリスクが少ないバグが起きた場合の責任は自社で行う必要がある
  • セキュリティー上の問題が発生する場合が多い保守やバージョンの寿命が早い傾向がある
  • パッケージ方式:必要な機能があらかじめついているパッケージソフトウェアをもとにカスタマイズをして開発する方式です。

パッケージとは、ある程度開発で作りこまれたフレームワークをもとに EC サイトを構築したものです。カスタマイズが必要な中・大規模の EC サイト構築によく使われている方式です。費用は、初期に「数十万円~数千万円」で、月額で「数万円~数百万円」です。代表的な例が Orange EC です。

Orange EC は、国内 No.1 のシェアを誇る EC オープンソースソフトウェア「EC-CUBE」をベースに独自カスタマイズした EC サイト構築システムパッケージです。

自由度の高いサイト構築を計画するのであれば、カスタマイズしやすいパッケージがオススメです。より多くのチャネルからお客様が購買できる状況を作り出し、買いたい時に買いたい物を買える状況を実現しておくことで、EC サイトとしての集客と売上を最大化することができ、ユーザビリティの観点からもベストな方法です。

立ち上げまでを急ぎたい場合やスタート予算が少ないという場合は、意外に多いのではないでしょうか。

カスタマイズをしたいという社内要望が発生したり、メンテナンスをする必要が発生した場合に、多くの EC サイトは構築後ソースコードが開示されていないいわゆるベンダーロックインがされた状態のため、EC サイト構築事業者に問い合わせて作業してもらう面倒で時間がかかるという課題があります。

しかし、ソースコードを開示されているベンダーロックインがされていない状況であれば、社内にシステム担当者がいる場合にはすぐに改修し時流に合わせて対処することもできるため便利です。

  • ASP‥‥‥‥‥‥‥ 初期費用:0~数十万円
  • オープンソース‥‥初期費用:0~数百万円
  • パッケージ‥‥‥‥初期費用:数十万~数千万円
  • フルスクラッチ‥‥初期費用:一千万円~これに月額の利用料

あとがき

  •  レンタルでスピードは速い、しかし制約が多い「ASP」
  • 公開されているソフトで、リスクもあるが自由な「オープンソース」
  • ECサイトのベースがあり、カスタマイズも思い通りの「パッケージ」
  • 自由度は高いが、資金や技術が必要な「フルスクラッチ」

サイトの規模や必要なカスタマイズによって料金は変わりますが、見積もりをとって検討してみるのがベストですね。

コメント

何なりとお申し付けください。