価格競争で勝負せず、流行商品で売り上げを出す最新のネットショップ

自社サイトを運営する男性 ネットショップ
amazonに負けないサイト作りは、集客・価格で勝負しないこと

きょうは流行商品について学びます。

ネットの進化は、そもそも市場を厳しく「効率化」する性質のものです。相対的に非効率なものしか提供できない事業者が生き残れる余地はないのですね。厳しいのです。

コバンザメのように張り付いているアフィリエイトはどうすればいいの?

きょうはあなたと、流行商品で生き残る学習をしたいと思います。

1.ネットショップは価格競争をやめた方がいいの?

ネットショップ
ネットショップ
taka
taka

A8.netバリューコマースなどは成果報酬型のアフィリエイトです。

価格競争は、あんまり長続きせんで、しんどいだけやねん。でも、完全にやめるのもアカンねん。競争力のある価格で売れる商品を提供することも大事や。でも、ただ値段を下げるだけやなくて、ユーザーが価値を感じる商品やサービスを提供して、お客さんが戻ってきてくれるようにするのが一番やで。

記事の広告がクリックされた先で商品の購入やサービスの成約が発生することで収益を得られます。そこそこの額です。

一方、Googleアドセンスではクリック報酬型のアフィリエイトです。ブログに掲載されている広告がクリックされるだけで収入が得られます。ただしすごく少額(1円)です。

マーケティングとは、「売れる仕組み」「儲かる仕組み」のこと。アフィリエイトを含め、ネット通販はメーカー直販以外はほぼ勝てなくなるのではないでしょうか? 個人がタダでお店が出せる時代です。中小零細企業が SEO と広告と安売り送料無料で売れる時代ではなくなってきています。

今、ネットは姿を変え、EC 事業者を淘汰し始めています。EC サイトとは「電子商取引」ができるサイトのこと。ASP は企業から広告を請け負う業者。アフィリエイトはもっぱらこちら ASP に属します。

ネットの進化は、そもそも市場を厳しく「効率化」する性質のものです。相対的に非効率なものしか提供できない事業者が生き残れる余地はないのです。EC 業者はアマゾン・楽天らと競合する厳しい現実にさらされているのです。

mika
mika

コバンザメのように張り付いているアフィリエイトはどうすればいいの?

1.EC 業者の生き残る戦略としては3つしかない

EC業者が生き残るためには、単に安売りするだけじゃなくて、顧客のニーズに合った商品やサービスを提供することやな。例えば、ユニークな商品や体験を提供したり、顧客サービスを丁寧に行ったりするとええねん。そして、常にマーケットの変化に合わせて柔軟に対応することも大事や。価格競争だけでなく、価値競争も忘れずにやらなあかんで。

EC(電子商取引)業者が生き残るための戦略はさまざまですが、いくつかの重要な要素を挙げることができます。

  1. EC業者は、顧客がウェブサイトやアプリ上でシームレスかつ快適な体験を得ることができるようにする必要があります。使いやすいインターフェース、迅速なページの読み込み、安全な支払いオプションなど、顧客が利便性と信頼性を感じることができる要素を重視しましょう。
  2. 顧客に対して個別に対応することが重要です。顧客の購買履歴や興味に基づいて推奨商品を表示したり、カスタマイズされたプロモーションや割引を提供したりすることで、顧客のロイヤルティを高めることができます。
  3. 顧客にとって魅力的な品揃えを提供し、在庫管理を適切に行うことが重要です。人気商品の迅速な補充や、需要予測や在庫管理システムを活用して在庫切れを最小限に抑えることが求められます。
  • 価格競争をやめる。
  • 集客で勝負しない。
  • マーケティングを捨てる。

アフィリエイターは

  • 高額案件に絞る
  • アマゾン・楽天で扱っていない商品をターゲットに
  • 売れる商品ではなく欲しがっている商品を

この戦略でいった方がいい。

同じ商品、それが新品であれば、どこよりも安く買える所をあちこち探すものです。特定地域のサービスであれば、だれしも、まずは料金が安い所から検討をするでしょう。

しかし、価格の安さを重視する人ほど、いろいろな店を使いたがるものです。価格競争では、目先の“売上”をつくることができても、永続的な“顧客”をつくることはできません。価格競争は体力勝負の消耗戦になりますから、潤沢な経営資源があり、幅広い商品を取り扱う大企業、すなわち Amazon , 楽天が有利になるわけです。全体的な低価格競争になり、それは低賃金に至ります。

それは地域全体の経済力の低下につながり地域社会が劣化します。競争社を駆逐したあと、商品価格を引き上げてきます。この連鎖をどこかで断ち切らなければいけません。

  1. スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスからのアクセスを考慮したユーザー体験を提供することも重要です。モバイルアプリやレスポンシブデザインのウェブサイトを提供することで、モバイルユーザーにも快適なショッピング体験を提供できます。
  2. 迅速かつ正確な配送を実現するために、物流パートナーとの強力なパートナーシップを築くことが重要です。効率的な倉庫管理や追跡システムの導入、配送オプションの多様化など、顧客にとって便利な配送プロセスを提供することが求められます。
  3. 顧客行動や購買パターンなどのデータを収集し、分析する。

2.価格競争を避けるためには、

価格競争を避けるためには、他店との差別化を図ることやな。たとえば、独自の商品やサービスを提供するか、オリジナルのコンテンツを発信するなど、お客さんが他店にはない価値を見つけられるような工夫をするんや。また、顧客サービスを大事にしといて、お客さんが満足してまた戻ってきてくれるような関係を築くことも大切やで。

  1. 顧客が感じる品質(知覚品質)を高める
  2. ブランド力・商品の独自性を強める
  3. 代替品の少ない商品を扱う

表示金額は安くみえても、それに付随するオプションや送料、サービス料などの料金が高くて、総額では世間一般的な値段という場合が多い。ネット検索でも、どこが本当に安いのか見極めるのは至難のワザです。

ネット上では表面的な金額しか提示し、実際に問い合わせをしないと総額の料金が判明しない悪質なサイトもあります。

私は当初、アフィリ商品を所かまわずベタベタ貼り付けていました。CTR(クリック率)は高まりませんでした。

  1. 品質を感じる商品に絞ること。
  2. 独自性のある商品に絞ること。
  3. 他にはない商品に絞ること。
mika
mika

ここに着目することにしました。

2.ネットショップは集客で勝負しないの?

集客
集客
taka
taka

ネットを利用は不安が大きいです。

ネットショップも集客は大事やけど、単にたくさんの人を引き寄せるだけじゃ意味ないねん。集客しても、その後のお客さんの体験や満足度が大事や。商品やサービスが良ければ、お客さんが自然と戻ってきてくれるし、口コミで広がる。だから、集客だけでなく、お客さんの心をつかんで長く付き合える関係を築くことが大事やね。

店頭で顔を合わせ、商品を見ながら買い物をしたり、サービスを選ぶのに比べて、ネット利用の買い物は、金額が安ければいいというモノではなく、サービスの信頼性や満足度だと思います。もちろん、価格設定も重要ですが、他社よりも少しでも安ければというのは、考えものではないでしょうか。

1.カスタマイズ

ユーザーの好みや使い勝手に合わせて、見た目や機能、構成といった製品の仕様を変更します。サイト訪問者が、どこから流入してきたのかデータを分析し、その情報を利用します。新規訪問の場合、「ベストセラー」カテゴリーを表示し、どんな商品を取り扱っているのかがわかるようにします。

消費者が買い物をする間、商品をウィッシュリスト(夢や願いをどんどん書き連ねてリスト化したもの)に追加したり、お気に入りに登録する手助けを行うことによって、サイトへの親近感が湧き、再来訪の可能性が高まります。

新規訪問客がページを回遊している時は、他の消費者の履歴を使って、クロスセル(関連商品の購入を顧客に促すこと)やアップセル(顧客の単価を向上させる)につながる商品を表示します。

よく閲覧されているカテゴリーやお気に入り、過去の購入履歴に基づいた商品を表示して、次回以降の買い物につながる情報を提供します。カスタマイズされたお薦め商品の表示によって、買い物をスムーズにするとともに、平均注文金額を上げることができます。

2.他の消費者のレビューやコメント

商品写真、商品レビューは購入の意志決定に役立ち、たとえば和服であれば、早い、手軽、着崩れない、フィット感を表現してもらうようにします。

レビューやコメントは、他の消費者が実際に製品やサービスを使用した経験に基づく評価を提供します。これにより、他の人々が製品やサービスの品質や性能についての情報を得ることができます。購買意欲を高めるために、良い評価を受けた製品やサービスを強調することもできます。

レビューやコメントは、ネットショップの信頼性と信用性を向上させるのに役立ちます。他の消費者の意見や評価があることで、購入者はより信頼できるショップであると感じることができます。購入者は、実際の顧客の声を参考にすることで、ショップの評判や信用性を判断することができます。

レビューやコメントは、購入者が製品やサービスを選ぶ際の意思決定を支援します。他の人々の経験や意見を参考にすることで、購入者は製品やサービスの長所や短所を把握しやすくなります。これにより、購入者は自分に最適な選択を行うことができます。

レビューやコメントは、ネットショップにとって貴重なフィードバックの源です。顧客の意見や要望を把握することで、サービスや製品の改善点や問題点を特定し、それに応じた対策を講じることができます。また、良い評価やポジティブなコメントは、ネットショップの成果を称えることができるため、モチベーション向上にも寄与します。

以上の理由から、ネットショップ運営において他の消費者のレビューやコメントは非常に重要です。それらは購買者の意思決定を支援し、信頼性を高め、フィードバックを提供する貴重な情報源となります。

mika
mika

訪問者の3人に2人はレビューに影響を受けると答えています。

3.ショッピングモール店舗ほどの売り上げは出せない?

taka
taka

自社サイトのネットショップの売り上げはまだまだ伸ばせます。

しかし、モール店舗は競合他社の商品と値段を比較されやすく、商品購入後リピートしてくれるお客さんを獲得するのは至難の業です。でも、自社サイトのネットショップであれば、多額の手数料を払うことなく、他社との価格競争におびえることなく、お客さんに次もこのネットショップで購入したいと思わせることができます。

新型コロナの感染拡大をうけ、「緊急事態宣言や不要不急の外出を避ける」という新しい生活様式が広まって需要が拡大し、流通額が一気に増加しました。「集客」を工夫すれば自社サイトのネットショップの売り上げはもっと伸ばせます。

とはいっても、商品を検索すれば、上位に表示されるのは Amazon や楽天ばかりで、自社ドメインのサイトにはアクセスさえしてもらえない・・・。そんなときは、まず自社サイトの「電話番号」を大きく掲載するのです。

ショッピングモールでは、電話番号などを載せて直接注文をとるのは基本的に禁じられています。しかし、自社サイトであれば電話やメール、FAX などで直接注文ができることを強くアピールできるのです。お客さん側からすれば、電話ですぐ販売元に商品の質問・注文ができるのです。

ネット通販への心理的ハードルを下げることもできます。各種 SNS の活用や動画コンテンツも制作して、スマホサイトや自社ポイント制度の運用も考えることができます。

1.価格競争で勝負しないネットショップが成功するためには

価格競争じゃないネットショップが成功するためには、他店との違いを見つけることやな。独自の商品やサービスを提供したり、お客さんに特別な体験を提供したりすることが大切や。また、お客さんとのコミュニケーションを大事にしといて、信頼関係を築くことも大切やで。価格だけでなく、お客さんの心をつかんで長く付き合える関係を築くことが成功の秘訣やねん。

  1. ユニークな商品ラインナップ 競合と差別化するために、ユニークな商品をラインナップすることが重要です。独自性のある製品やオリジナルデザインの商品を取り扱ったり、他のショップでは扱わないようなマニアックな商品を扱ったりするなど、個性的で興味を引く商品を選びましょう。
  2. 流行やトレンドに敏感な目 流行やトレンドに敏感な目を持ち、早い段階で取り入れることができると、他店と差別化できます。商品の購入に際して、どのような嗜好やニーズがあるのかを理解し、それに合わせた商品選びをすることが重要です。
  3. ファンを作るためのサービス提供 価格で勝負しない場合は、ファンを作ることが重要になってきます。ファンを作るためには、ユーザー目線でのカスタマーサポートや返品交換サービスの充実、プレミアム会員特典などの提供が必要です。また、メールやSNSを使ったお得情報やキャンペーンの情報発信なども効果的です。
  4. 魅力的なコンテンツ提供 商品の特徴や使い方、その商品に合わせたファッションスタイルの提案など、魅力的なコンテンツを提供することで、ユーザーに興味を引き付け、商品の魅力を伝えることができます。
  5. 顧客情報を活用したマーケティング 顧客情報を収集し、その情報を元に、ターゲットを絞ったマーケティング施策を行うことが重要です。顧客の嗜好や購買履歴に基づいた個別の情報提供や、カスタマイズされた商品の提案などが有効です。

これらの要点に注意しながら、個性的な商品やトレンドに合った商品を提供し、魅力的なマーケティング戦略と顧客エクスペリエンスを提供することで、価格競争に頼らずにネットショップの売り上げを伸ばすことができます。

最新のネットショップは、価格競争よりも、ユーザーが求める流行商品にフォーカスしてるね。例えば、オリジナルデザインのTシャツや、限定アイテムなど、ユーザーが欲しがるものを提供してる。価格だけじゃなくて、商品のクオリティやデザインに価値を見出して、顧客の心を掴んでるんやで。

mika
mika

価格競争に頼らず、流行商品で売り上げを伸ばすネットショップを目指してみてください。

あとがき

わが国の企業の99.7%は中小企業で、雇用の70%を創出しています。その存在感は非常に大きいといわざるをえません。

その中小企業・零細企業に休廃業が増えています。最大の要因は「社長が高齢化し後継者がいないこと。しかし単に人口が減って後継者がいないのではありません。ビジネスモデルに将来性を見いだせないという問題が背景にあるのです。

私は早速、サイトの構成を変えました。

  • カテゴリに合わせてアフィリエイト商品を配置しました。
  • 関連商品も配置して購入を促す工夫をしました。
  • よく閲覧されているページの商品を重点化しました。

コメント

何なりとお申し付けください。