サーチコンソールで上位表示させる活用の仕方を徹底解説

Google Seach Console SEO
Google Seach Console

Search Console はサイトの掲載順位サービスです。検索結果の表示やランキングを上げるためには、ちょっとしたコツがあるで。

まずは、キーワードを使いまっせ。自分のサイトのテーマに合ったキーワードをちゃんと使うことで、検索エンジンがサイトの内容をワカリやすくなるし、ユーザーもちゃんと見つけやすくなるんやで。

次に、コンテンツを更新し続けることが大事や。新しい情報をアップデートしたり、定期的に新しい記事を書き足していくと、検索エンジンがサイトをアクティブなものと見なして、ランキングを上げてくれることがあるで。

そして、他のサイトからのリンクを増やすことも忘れんといて。他の関連サイトやブログなんかからリンクをもらえると、自分のサイトの信頼性がアップして、ランキングも上がりやすくなるんや。

最後に、ちゃんとしたメタタグや見出し、画像のALT属性なんかもしっかり設定するとええで。これらを使うことで、検索エンジンがサイトの内容を正しく理解しやすくなるんや。

まとめると、キーワードを使ってコンテンツをアップデートし続け、他のサイトからのリンクを増やし、ちゃんとしたメタ情報を設定することが、検索結果の表示やランキングを上げるコツやで。

きょうはあなたと、Search Console ことについて学習します。

1.Google 検索の仕組み

Google検索
Google検索
taka
taka

Google検索の仕組みに以下のようなプロセスがあります。

  1. クローリング Googleは、ウェブ上のページを自動的に巡回し、情報を抽出する「クローラー」と呼ばれるプログラムを使用しています。このプログラムは、インターネット上のリンクをたどって、新しいページを見つけます。
  2. インデックス クローラーがページを見つけた後、Google はページの内容を解析し、インデックスに追加します。インデックスには、ページのタイトル、URL、本文、画像、動画などが含まれます。
  3. ランキング ユーザーが検索クエリを入力すると、Google はインデックスから適切なページを検索し、ランキングアルゴリズムに基づいて結果を表示します。ランキングアルゴリズムは、検索クエリに関連するページを見つけるために多数の要因を考慮します。例えば、ページのコンテンツの質、ページの信頼性、ページへのリンクの質などです。
  4. 表示 最後に、Google はランキングされたページを表示します。検索結果は、ページのタイトル、URL、説明、その他の特徴を含むスニペットと呼ばれる表示形式で表示されます。ユーザーは、これらのスニペットから情報を取得し、必要に応じてクリックして詳細を表示することができます。

これが、Google 検索の仕組みの基本的な流れです。ただし、ランキングアルゴリズムは常に進化しており、より高度な機能が追加されています。

クロール、インデックス登録、検索結果表示の処理について理解できていないと、サイトの問題のデバッグや検索における動作の予測が困難になります。Google は、ページの URL を検出すると、そこにアクセス(つまりクロール)して内容を確認します。

ホームページはサイトで最も重要なページです。サイト全体がクロールされるようにするには、ホームページに、サイト内のすべての重要なセクションやページにリンクするナビゲーションシステムを組みこむ必要があります。

ページが検出されると、Google はそのページの内容を把握しようと「インデックス登録」をします。ユーザーが検索クエリを入力すると、Google はインデックスから最も関連性の高いサイトを見つけようとします。最も精度の高いものを判断して提供します。

つまり、同じようなページがあったら Google ロボットは「どっちのページが主かな?」って迷ってしまうことになります。主なページを示さないと検索率が50%ずつになってしまうのです。

mika
mika

つまり検索順位が下がってしまうことになります。

2.検索結果の表示やランキングを向上させる方法

Google Search Console
Google Search Console
taka
taka

検索結果の表示やランキングを向上させるためには、以下のような方法があります。

  1. サイトのコンテンツを最適化する Google は、コンテンツの質が高いサイトをランキングの上位に表示する傾向があります。コンテンツの質を向上させるためには、キーワードを含んだタイトルや本文、ユーザーにとって有益な情報を提供することが重要です。
  2. メタデータを最適化する メタデータとは、HTML の head タグ内にあるデータのことで、タイトルや説明文などが含まれます。メタデータを最適化することで、ユーザーが検索結果を見たときに、サイトの内容が分かりやすくなります。
  3. サイトのスピードを向上させる Google は、サイトの読み込み速度が遅い場合にランキングを下げることがあります。サイトのスピードを向上させるためには、画像や動画などのコンテンツの最適化、キャッシュの設定、サイトのホスティング環境の改善などが必要です。
  4. サイトの信頼性を高める Google は、信頼性の高いサイトをランキングの上位に表示する傾向があります。信頼性を高めるためには、SSL証明書の導入、不正なリンクの排除、クオリティの高いバックリンクの獲得などが必要です。
  5. ソーシャルメディアの活用 ソーシャルメディアを活用することで、サイトへのトラフィックを増やし、バックリンクを獲得することができます。また、ソーシャルメディア上での評判やインフルエンサーの影響力も、ランキングに影響を与える可能性があります。

これらの方法を継続的に実施し、サイトの質を向上させることで、検索結果の表示やランキングを向上させることができます。

ページの読み込み速度を速くし、モバイル対応にします。有益なコンテンツをページに掲載し、最新の状態に維持します。Google のウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)を守ります。SEO スターター ガイドでヒントやおすすめの方法を確認します。

質の高い検索結果を維持するために、Google が検索品質評価者に提供しているガイドラインも含まれます。

正規ページがどのようなもので、サイトのクロールやインデックス登録にどう影響するのか、サイトの重複コンテンツを削除または適切に処理する方法について。

画像、CSS ファイルやページが Google からアクセスできること、robots.txt でブロックされておらず、匿名ユーザーがアクセスできることを確認します。アクセスできないページはインデックス カバレッジ レポートに表示されず、URL 検査ツールではクロールされていないと表示されます。

ページ上の重要なリソースがブロックされていると、Google によるページのクロールが正しく行われない可能性があります。URL 検査ツールを使用して実際のページをレンダリングし、想定どおりに Google に認識されるかどうかを確認します。

クロールを防ぐには robots.txt ルールを、またクロールを促すにはサイトマップを使用します。アイコンやロゴなどの小さくて使用頻度の高いグラフィックスなどのクロールは、そのリクエストによりサーバーに不要な負荷をかける可能性があるため、ブロックします。

インデックス登録を防ぐ手段として robots.txt は使用しません。代わりに、noindex を使用するかログインを必須とします。

3.サイトマップ

map
map
taka
taka

サイトマップが有効な場合がある理由をいくつか挙げます。

サイトマップは必須ではありませんが、サイトの改善や検索エンジンへの効率的なインデックス作成のために役立つことがあります。

  1. インデックス作成の効率化 サイトマップを作成することで、検索エンジンはサイト内のページをより効率的にクロールできます。サイトマップを提供することで、サイトの全体像が一目で分かるため、インデックス作成の効率が向上する可能性があります。
  2. エラーの修正 サイトマップを作成することで、サイト内の全てのページを一括でチェックできます。これによって、404エラーやロボットのインデックス指示の誤りなど、問題が発生した場合には、迅速に修正することができます。
  3. SEO対策 サイトマップを提供することで、検索エンジンによってより効果的にインデックスされる可能性があります。また、サイトマップ内にキーワードを含めることで、サイト内のキーワードの重要性をアピールすることができます。
  4. ユーザーの利便性の向上 サイトマップを提供することで、ユーザーはサイト内の全てのページを一覧できるため、目的のページにより簡単にアクセスすることができます。

総じて、サイトマップは必須ではありませんが、サイトの改善や検索エンジンへの効率的なインデックス作成に役立つことがあります。サイトマップを提供することで、サイト全体を管理しやすくすることができ、ユーザーにもより使いやすいサイトを提供することができます。

サイトマップは、サイトにとって重要なページや、ページの補足情報(更新の頻度など)を Google
に伝えるための大切な手段です。同時に、テキスト以外の画像や動画のクロールにおいても重要な役割を担います。

サイトマップを使用することで、Google がクロール対象のページを見つけやすくなり、それらのページを優先的にクロールできます。

4.ページやサイトの移行

ページやサイトの移行
ページやサイトの移行
taka
taka

ページやサイトの移行は、SEOの観点から非常に重要な作業です。

  1. 301リダイレクトを設定する 新しいURLに移行する際には、古いURLから新しいURLへの301リダイレクトを設定する必要があります。これによって、旧URLのページのリンクや検索エンジンのインデックスが新しいURLに移行され、ページの権威性を維持することができます。
  2. URL構造を維持する 新しいサイトのURL構造が変わった場合は、旧URLと同じような構造を維持するようにしましょう。これによって、旧URLのページの権威性を新しいURLに継承することができます。
  3. サイトマップを更新する 移行後、サイトマップを更新することで、検索エンジンが新しいURLをクロールしやすくなります。
  4. リンクの更新 移行前のリンクがある場合は、それらを更新する必要があります。これによって、検索エンジンが新しいURLにリンクされたページをクロールしやすくなります。
  5. Google Search Consoleを活用する Google Search Consoleを使用することで、検索エンジンによって新しいURLが正しくクロールされているかを確認することができます。また、移行後のページに問題がある場合は、その問題を修正することができます。
  6. 移行後のページの品質を維持する 移行後のページが、移行前のページと同じ品質を保持するようにしましょう。これによって、ページの権威性やランキングが維持されます。

総じて、ページやサイトの移行は、SEOの観点から非常に重要な作業です。注意点を把握し、移行前から十分な準備を行い、移行後も品質を維持することが重要です。

mika
mika

単一の URL やサイト全体を移動する場合は、次のガイドラインを守ってください。

1.単一の URL の移行

ページを別の場所に移動する場合は、そのページに 301 リダイレクトを実装します。一時的に移動するのみの場合は、代わりに 302を返すようにします。これにより、Google に対して引き続きそのページをクロールするように指示できます。

削除済みのページをリクエストされた場合に備え、カスタム 404 ページを作成します。また、リクエストされたページが存在しない場合は、ソフト 404 ではなく、必ず 404 エラーを返すようにします。

サイトの移行

サイト全体を移行する場合は、必要な 301の実装とサイトマップの変更をすべて行ったうえで、移行について Google に通知します。新しいサイトに対するクロールやシグナルの転送が可能になります。サイトの移行方法についてはこちらをご確認ください。

5.リンクをクロールするおすすめの方法

リンク
リンク
taka
taka

リンクをクロールするためのおすすめの方法の一部です。

1.リンクをクロールする方法

  1. Google Search Console は、Web サイトの検索エンジン最適化に必須のツールです。Google Search Console の「クロール」セクションには、Google がサイトをクロールする際に発生したエラーが表示されます。また、サイトマップを提出することもできます。Google が新しいページをクロールするためには、サイトマップを提出することがおすすめです。
  2. リンク切れチェッカーは、サイト内のリンクが有効かどうかをチェックするためのツールです。リンク切れが多い場合、検索エンジンはサイト全体をクロールすることができません。したがって、リンク切れチェッカーを使用して、サイト内のリンクが正常に機能していることを確認しましょう。
  3. バックリンクチェッカーは、他のサイトからあなたのサイトにリンクされている場合を確認するためのツールです。バックリンクの品質が高ければ、あなたのサイトの権威性やランキングが向上する可能性があります。したがって、バックリンクチェッカーを使用して、自分のサイトにリンクしているサイトを特定しましょう。
  4. Screaming Frog SEO Spider は、Web サイトのクロールと SEO分析に使用されるツールです。Screaming Frog SEO Spider を使用すると、サイト内のすべてのページをクロールし、検索エンジンによるクロールの際に発生したエラーを特定できます。また、ページのタイトルやメタ説明、URLなど、SEO に重要な要素を分析することもできます。
mika
mika

各ツールにはそれぞれ特徴がありますので、目的に合ったものを使用することが大切です。

リンクをクロールできるようにする

Google のクローラがたどれるリンクは、href 属性が指定された <a> タグのみです。その他の形式のリンクはたどれません。<a> タグでも href 属性がないものや、スクリプトのクリックイベントによりリンクとして機能するその他のタグをたどることはできません。

AJAX ベースのサイトについて

AJAX を使用しているサイトの場合は、Google が AJAX ページをクロールする方法について確認します。

JavaScript の使用について

ウェブサイトで JavaScript を使用する場合のおすすめの方法を確認します。

複数ページの記事について

1つの記事が複数ページにわたる場合は、次ページや前ページへのリンクを目立つようにして、ユーザーが容易にクリックできるようにします(同時に、クロール可能なリンクにします)。

Google でインデックス登録できるファイル形式については、こちらのリストをご覧ください。ネイティブにクロールできないファイル形式の場合は、その説明テキストからリンクするか、ファイルが動画、画像、ポッドキャストフィードである場合はサイトマップにメタデータを含めるようにします。

6.Google がサイトを認識しやすくするには

Search Console
Search Console
taka
taka

Googleがあなたのサイトを認識しやすくするための基本的な方法です。

1.サイトのランキングを向上させる

  1. サイトマップは、Web サイトの構造を Google に通知するのに役立ちます。サイトマップを Google Search Console に提出することで、Google はあなたのサイトをより正確にクロールできます。
  2. 内部リンクを整理することは、Google があなたのサイトを理解するのに役立ちます。内部リンクを整理すると、Google があなたのサイトのページ構造をより理解しやすくなり、あなたのサイトのランキングにもプラスの影響を与えることができます。
  3. サイトのスピードが遅いと、Google があなたのサイトをクロールするのに時間がかかります。サイトのスピードを改善することで、Google があなたのサイトをより迅速にクロールできるようになります。また、サイトのスピードはユーザーエクスペリエンスにも影響を与えるため、改善することは重要です。
  4. Google は、モバイルフレンドリーなサイトを優先的に表示するようになりました。モバイルフレンドリーなサイトを作ることで、Google があなたのサイトを認識しやすくなり、モバイルユーザーからのアクセスも増やすことができます。
  5. ページのコンテンツを最適化することは、Google があなたのサイトを理解するのに役立ちます。キーワードを適切に配置し、メタデータを最適化することで、Google があなたのサイトのテーマやコンテンツを正確に理解できるようになります。
mika
mika

これらの方法を実践することで、あなたのサイトのランキングを向上させることができます。

Google ではさまざまなファイル形式の解析やインデックス登録が可能ですが、ページの内容を認識するうえで、テキストが最も確実な手段です。テキスト以外のコンテンツを使用している場合、またはサイトのコンテンツに関するより詳しい情報を提供する場合は、ページに構造化データを追加します。

HTML と基本的なコーディングに慣れていれば、デベロッパー ガイドに沿って、手動で構造化データを追加できます。基本的な構造化データの生成には、WYSIWYG の構造化データ マークアップ支援ツールが役立ちます。

2.ガイドラインの遵守

重要

必ずウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)を守りします。内容には推奨事項やおすすめの方法も一部含まれていますが、その他は守らないと Google インデックスからサイトが削除される可能性があります。

コンテンツ固有のガイドライン

サイトに特定の種類のコンテンツを掲載する場合について、Google に最適な方法で表示するためのおすすめの方法を以下に示します。

動画

動画のベスト プラクティスに沿うことで、サイトでホストする動画を Google が見つけてクロールし、結果に表示できるようにします。

ポッドキャスト

こちらのガイドラインを守ることで、ポッドキャストを Google に公開できます。構造化データで公開されている場合、またはポッドキャストのホームページが Google Podcasts のホームページ要件に準拠している場合です。Google は、更新された RSS フィードを検出して再クロールします。

画像

Google 画像検索に関するおすすめの方法に沿って、画像を検索結果に表示します。画像のホストページに画像権利メタデータを含めることにより、画像検索で画像に関する追加情報を表示できます。画像のインデックス登録をブロックするには、robots.txt の Disallow ルールを使用します。

ニュース

ニュースサイトの場合は、以下の点に注意します。

3.ユーザー エクスペリエンスの管理

エクスペリエンスの提供には多くの要素が含まれますが、ユーザーとサイトのセキュリティを向上させるために、ウェブサイトでは HTTP ではなく HTTPS の使用をおすすめします

HTTP を使用するサイトには、Chrome ブラウザで「安全でない」という表示が付く可能性があります。HTTPS でサイトを保護するためのガイドラインをご覧ください。サイトが各種のブラウザやプラットフォームで動作することを確認します。

新しいウェブに関する主な指標レポートによりサイト全体のパフォーマンス値を確認でき、また PageSpeed Insights で個々のページのパフォーマンスをテストできます。高速なページの作成について詳しくは、web.dev サイトをご覧ください。高速なページの作成にあたっては、AMP の使用も検討します。

4.モバイルの注意事項

サイトをモバイル対応にすることは重要です。Googlebot は、デフォルトのウェブサイト クローラとしてモバイル クローラを使用するようになっています。サイトをモバイル対応にする方法については、こちらをご覧ください

また、フィーチャー フォンでの動作、モバイル デバイスでの Google Discover の動作、(Google Chrome で警告を出さないように)モバイル料金請求について明確に通知するためのガイドラインなど、Google でのモバイルの使用に関するこちらのページを確認します。

ペイウォールとアクセス制御

訪問者に限定数の無料ビューを提供する場合は、コンテンツへの制限付き無料アクセスの提供に関するおすすめの方法を説明した Flexible Sampling のガイダンスや、ペイウォール コンテンツに対するクロールの有効化に関する説明をご覧ください。

5.検索での見え方の制御

Google 検索では、クチコミの星、埋め込みのサイト内検索ボックス、イベントやレシピといった特定の種類の情報に対する特別な結果タイプなど、さまざまな検索結果機能や表示形式を利用できます。サイトの検索結果に表示するファビコン記事の公開日を指定することもできます。

検索結果に効果的なタイトルとスニペットが表示されるようにする方法についての記事を必ずご確認ください。スニペットについては、必要に応じて長さを制限することも、完全に省略することもできます。メタタグを使用して、検索結果スニペットの生成時にテキストや画像の使用を制限する方法を確認します。

7.Search Console の使用

Search Console
Search Console
taka
taka

Search Consoleは無料で利用でき、Webサイトのパフォーマンスを向上させるための貴重なツールです。

1.Webサイトを運営する人にとって非常に重要なツール

Search Consoleは、Googleがあなたのサイトをクロールする際に発生する問題を特定し、あなたのサイトのパフォーマンスを改善するのに役立ちます。

  1. Search Consoleは、Googleがあなたのサイトをクロールする際にエラーが発生する場合にその原因を特定することができます。エラーを修正することで、Googleがあなたのサイトをより正確にクロールできるようになります。
  2. Search Consoleは、Googleで検索されたクエリのデータを提供するため、あなたがサイト上でどのようなキーワードが使用されているかを知ることができます。これにより、あなたはサイトのコンテンツやSEO戦略を最適化することができます。
  3. Search Consoleを使用すると、Googleにサイトマップを提出することができます。これにより、Googleがあなたのサイトをクロールする際に、あなたのサイトの全ページを発見するのに役立ちます。
  4. Search Consoleは、あなたのサイトがモバイルフレンドリーかどうかを確認することができます。Googleは、モバイルフレンドリーなサイトを検索結果の上位に表示するため、モバイルフレンドリーなサイトになることは非常に重要です。

できるだけドメイン プロパティを使用します。所有権の確認プロセスは少し複雑になりますが、ドメインプロパティではすべてのプロトコル バリエーション(HTTP /HTTPS)とすべてのサブドメインが対象となるため、複数のバリエーションの管理が容易になります。

Search Console のレポートとツールの概要を読み、自由に使えるツールとレポートの全体像を把握してください。

サイトに新しいエラーやイベントが生じると、Search Console からメッセージが届きます。このメールを読んで問題を理解し、記載されたアドバイスに沿ってデバッグを実施します。

定期的にインデックス カバレッジ レポートをチェックし、サイトの規模拡大に応じてサイトカバレッジが増加することを確認します。サイトのページがすべてインデックス登録されるわけではありません。多くの重要な部分がインデックス登録されていない場合は、URL 検査ツールを使用してデバッグします。

構造化データがある場合は、概要ページの [拡張]セクションに、サイトで見つかったエラー、警告、有効な構造化データのスパークライン(サムネイルグラフ)が表示されます。構造化データのエラーをすべて修正します。

サイトに AMP がある場合は、サイト全体の AMP ステータスを AMP ステータス レポートで確認します。新しいサイトマップの送信や、それが Google に正しく読み取られたかどうかの確認には、サイトマップ レポートを使用します。

特にサイトテンプレートを変更した場合、またはサイトの大部分に影響する変更を行った場合には、速度レポートでサイト全体のユーザー パフォーマンスを、またウェブに関する主な指標レポートでモバイル ユーザビリティをチェックします。

mika
mika

これらは、Search Console 利点の一部です。使用することを強くお勧めします。

あとがき

メインの SEO レポートは、ウェブページの検索パフォーマンス レポートです。(Discover の検索パフォーマンスレポートもあります)。このレポートには、キーワード(クエリ)やデバイスごとのインプレッション数やクリック率など、重要な指標が記載されています。

キーワードは1語のみですが、クエリはキーワードが2語以上集まったものをいうようですね。

SEO スターター ガイドウェブマスター ブログを読む、ウェブマスター フォーラムで質問する、コミュニティ イベントやオンライン オフィスアワーに参加する、またはその他の公式なソースを使用することによって、サイト管理のおすすめの方法に関する信頼できる情報を入手します。

トラブルシューティングのガイドについてはこちらをご覧ください。また、いつでもフォーラム ページから他のユーザーにサポートを依頼できます。

コメント

何なりとお申し付けください。