SEO上位表示はユーザーと検索エンジン・キーワード体験

ブログランキング SEO
ブログランキング

きょうは SEO 上位表示について学びます。

SEO 上位表示させるためには、ホームページやブログに検索エンジン最適化工夫を加えないといけませんね。

検索エンジンには Google、Yahoo、Bing がありますが、ほとんどシェアを占めているのが Google ですから Google だけ見ておけば十分です。

では、上位に表示されているのは何かわけがあるのでしょうか?不思議ですね。どうしてなんでしょう。

きょうはあなたと、上位表示させる方法について学習します。

1.キーワード、検索意図、信頼性

キーワード
キーワード

さて、ここで実際に手を動かしてキーボードを叩く前に、自分が書こうとする事象を、子細に観察することではないでしょうか。それについてあれこれ考えを巡らせる。「結論から書くべきだ」という声が大勢なのですが、「結論」はなるべく先送りするという方法があってもいいと思うのです。

Google のロボット・プログラムがリンクをたどりながら情報を収集しデータベースに蓄えています。訪問者が検索エンジンを利用すると、データベースの情報を独自のシステムで評価・順位付けし、検索結果として表示します。

検索エンジンで表示される「順位」は、1.リンク、2.記事、3.サイト設計で決まります。

まず、自分のサイトを開き、右クリックで「ページのソースを表示」をクリック。表示されたら「Ctrl + f 」でサイト内検索を行います。そこに「title」と入力。title の間に表示されているのがタイトルタグです。

全角文字で30文字前後でキーワードを1~2個挿入します。3個以上は NG です。続いて 「description」と入力。ディスクリプションタグ、つまりページの紹介文です。100文字前後でキーワードを1~2個入れます。3個以上は NG です。これらはページごとに固有のものです。

1.h1 にキーワード

1ページのテーマを1つのキーワードで示します。たとえば「プログラミング」をメインにして、「オンラインスクール」「フリーランス」をサブメインにします。キーワードを選ぶ際は、キーワードプランナーを使い、月間検索数/検索ボリュームがあるキーワードを1つ選びます。

タイトルと見出し1(h1)または(h2)の文章は同じで構わない、むしろ同じにすべきという意見もありますが、一度試してみて検索結果を確認します。

例えば、このタイトルは「SEO 上位表示対策は検索エンジンの理解とユーザー信頼で」ですが、h2も「SEO 上位表示は検索エンジンの理解とユーザー信頼」というように「ほぼ同じ」にして、あとは補足説明にしています。

クリック率を高めるタイトル

テクニック的には「理由」「無料」「なぜ?」「方法」「0円」「数字」です。

2.ユーザーの検索意図

SEO キーワードで実際に検索して表示される上位サイトの”タイトルや目次や見出しなど”を参考にします。リード文や見出し、文末など入力したキーワードで Web ページを作成、ディスクリプション(概要)を100字程度で記述、ユーザーの関心を引くようにわかりやすくします。

メタディスクリプションは、検索したときにでるタイトルの下の文章で150字くらいです。太字になる部分が検索です。「読者への問いかけ」「説明」「行動を促す」記事にするべきです。メタキーワードは半角スペース コンマも半角でないと Google は認識しません。

WordPress では「All in one SEO」というのを使います。ホームのディスクリプションに最大160文字で記入します。最近は「All-in-one WP Migration」も人気ですね。

ホームページ設定
ホームページ設定

その下「ホームのキーワード」にキーワードを入れます。半角のカンマで区切ります。

3.専門性・権威性・信頼性の高い内容

新聞記事のように、結論から出すという記事が一般的ではありますが、世間は「そんなに急いでどこへ行く」みたいに冷静に見る人もたくさんいます。こういう結論の細部を「ああこういう見方もあるのだな」くらいに止めておいて、それを思い出しやすいように頭に保管しておけば足りると思っています。

2.プロフィール・体験談・リライト

プロフィール
プロフィール

私はこれでなんのかんの、もう10年以上にわたってブログを書いてきています。その間、多くのブロガーと交流してきましたが、いったいどれくらいの人が今も現役で書き続けているかというと、その数はほとんどなくなっているといっても過言ではありません。

1.会社概要や プロフィール

彼らの書いたブログはどうして消えてしまったのかというと、たぶん「http」から「https」の切り替え時ではないかと思っています。httpのままだった人がそのまま離れていってしまったのではないでしょうか。ですからサイト運営をわかりやすく、ユーザーが安心して閲覧できるようにしないといけませんね。

体験や経験談をコンテンツに盛り込む

キーワードを選び、そのキーワードでコンテンツを増やし、1つのトピックを網羅します。体験談は必ず入れたいですね。ただし、体験談はコンテンツの後ろです。自分の体験談を先に持ってくるよりも、「まずはできるかどうか教えてくれよ」というのが訪問者の心理だからです。

月間アクセス数が30以下のコンテンツは削除

”自分語り”のサイトはあまり訪問者には好かれないですね。それと月間アクセス数が30に満たないコンテンツは思い切って削除します。ブロガーの定員数は限られていませんが読み手は限られているからです。

キーワードで認識されている場合はリライト

  • 順位を上げるため
  • タイトルの文字は31文字以内かh2,h3にキーワードが入っているか
  • 関連記事(リンク)が入っているか
  • 1つのテーマで70は1位をとりたい。記事を多く書くことで順位をとりやすい。

Rank tracker の活用

RankTrackerは、世界中の検索エンジンに対応したランキングチェックツールです。(世界中の600以上の検索エンジンに対応)。日本版は終了しましたが、別のサイトが引き継いでいます。キーワードのチェックや KEI の分析、キーワードの候補抽出からレポートの出力まで、このソフトが自動的に実行してくれます。

無料版と有料版があります。申し込むとメールに「ダウンロードURL」のお知らせが届きます。windows,Mac,Linux の版があるので自分のパソコン用を選んでください。なお、実行には、Javaが必要です。(無料)Javaは、以下のURLから入手することが可能です。

https://java.com/ja/download/
プロジェクトウィンドウ
プロジェクトウィンドウ

順位が上がってくるのは3ヵ月後ですので、それまでコツコツと関連記事を書いていきます。例えば「プログラミングスクール」なら少なくとも50以上の記事が必要です。ものを書くのはそれほど難しいことではありません。

しかし、それを50以上書き続けるとなるとかなりの根気が必要です。何度も何度も書き直す必要にせまられます。

例えば、2019年に書いた記事(pckatada.jp/programming1)を2020年にリライト(pckatada.jp/programming2)すると、たぶん2020年の方が価値があるので、「redirect 301/programming https://pckatada.jp/programming2」とします。「.htaccess」に貼ります。

それでも書きたい、書き続けたいと思う人がブロガーとして生きているのだと思います。

3.ドメイン・SNS・サイテーション

ドメイン
ドメイン

.com/.net/.jp この3つの中から選ぶのがいいですね。私は「com」にしました。

1.SNSでコンテンツを宣伝、被リンクを増やす

SNS でサイトを上げていきます。Twitter、Facebook のユーザーに向けて SEO をテーマにした内容で、ユーザーと投稿の関連性を高めて共有します。

SNS(ソーシャルメディア)を活用してコンテンツを宣伝し、被リンクを増やす方法は以下のようなものがあります。

  1. 魅力的なコンテンツの作成: 最初に、コンテンツがユーザーにとって魅力的で興味を引くものであることが重要です。興味を持ってもらうために、価値のある情報、面白いストーリー、魅力的な画像やビデオなどを盛り込むようにしましょう。
  2. ターゲットオーディエンスを理解する: コンテンツを共有する際には、ターゲットオーディエンスをよく理解しておくことが大切です。どのような人々があなたのコンテンツに興味を持ちそうなのかを考え、その興味を引くようなコンテンツを制作しましょう。
  3. ソーシャルメディアプラットフォームの選定: あなたのターゲットオーディエンスがどのソーシャルメディアプラットフォームをよく利用しているかを把握し、それに合ったプラットフォームに重点を置きましょう。Facebook、Twitter、Instagram、LinkedInなど、それぞれのプラットフォームに適したコンテンツを共有することが重要です。
  4. 定期的な投稿とコンスタントな活動: ユーザーの関心を維持し、フォロワーを増やすために、定期的にコンテンツを投稿し、ソーシャルメディア上でコンスタントに活動することが必要です。
  5. エンゲージメントを促進する: コンテンツへのいいねやシェア、コメントを促進するために、読者との対話を重視しましょう。質問を投げかけたり、フォロワーの意見を尊重する姿勢を示したりすることで、エンゲージメントを増やすことができます。
  6. ソーシャルメディア広告の活用: 有料広告を利用することで、ターゲットオーディエンスにリーチしやすくなります。広告を通じてコンテンツを宣伝し、被リンクを増やすことができます。
  7. コラボレーションやインフルエンサーの活用: 同業他社や影響力のあるインフルエンサーとのコラボレーションを通じて、コンテンツの拡散や被リンクの増加を図ることができます。

これらの方法を組み合わせて、SNSを活用したコンテンツの宣伝と被リンクの増加を促進していくことが重要です。

SNS でサイト名が出るだけでも検索結果に影響(サイテーション)

SNS 上で情報を発信、Twitter で例えば「#SEO」といったハッシュタグをつけてつぶやくことにします。

指名検索→ブランドが上がります。

SEOにおける「サイテーション(Citation)」は、主にローカルSEO(地域検索エンジン最適化)に関連する用語で、特定のビジネスや場所に関する情報がインターネット上で引用されたり、言及されたりすることを指します。これは、企業の名前、住所、電話番号(NAP情報)、ウェブサイトのURLなどが他のウェブサイト、ディレクトリ、ソーシャルメディア、レビューサイトなどに掲載されることを意味します。

サイテーションはローカルSEOの重要な要素であり、地域の検索エンジンやディレクトリにおいて、ビジネスの信頼性や存在を確立するために役立ちます。信頼性のある情報源からのサイテーションは、検索エンジンにとって信頼性の高いビジネスとして認識される可能性が高まります。一方で、不正確な情報や一貫性のない情報が多い場合は、検索エンジンに対して信頼性が低いとみなされ、ランキングに悪影響を及ぼす可能性があります。

ローカルビジネスは、自分のビジネス情報が正確に掲載されているかどうかを確認し、必要に応じて情報を修正したり更新したりすることが重要です。また、信頼性の高いディレクトリや地域のウェブサイトに登録したり、リンクを獲得することによって、サイテーションの質を向上させることが望ましいです。

ドメインは Xdomain が最近有名です。

4.アナリティクス、サーチコンソール、リンク

アナリティクス
アナリティクス

アナリティクス、サーチコンソールは Google のアカウントをもっていれば無料で使えます。

1.アクセス数やコンバージョン

先月比で訪問客が伸びているか、よく読まれている記事はどれかを調べます。リアルタイムは SNS で拡散したとき、どれくらい流れてくるか見ておくのも参考になります。

コンバージョンとは、訪問者が見込み客に変わることです。Google アナリティクス、リライト(書き換え)できそうなキーワードはサーチコンソールの検索アナリティクスで確認します。検索順位の確認は、「GRC」「BULL 有料」チェックツールを活用します。

アナリティクスはサイトの順位がわかります。「プログラミングスクール フリーランス 無料」のキーワードだったのが、3ヵ月後見直したら「プログラミングスクール 初心者」で流入している場合もあるのでキーワードも見直した方がいいかもしれません。

ユーザビリティを考え、読みやさに徹する

使いやすさ、ユーザーの利便性が高まれば、直帰率が下がり滞在時間の増加が見こめます。

2.「takotubo.jp」リンク切れチェックツール

リンク切れをチェックしたいページ URL を入力「check!」ボタンを押す。「サーチコンソール」でも、「クロールエラー」からレスポンスコード404となってる 存在しない URL でリンク切れが確認できます。

リンクには、内部リンクといって同じページにリンクを貼る、外部リンクは外のページに貼る、もう一つ被リンクというのがあります。これは別のブログ等に自分のページをリンクしてもらうことです。

最新情報を記事にすると被リンクを受けやすいです。いち早く記事にすると、このサイトを見に来た人が「このサイトにしかないデータ」を掲載したりするからです。つまり1次情報ですね。

セールスライティング

文字でリンクを貼る。売れるリンクは広告だと気づかれません。例えば、プログラミングスクールでは、「ドメイン欄」に「.お名前ドットコム」、「サーバー欄」には「Xserver」とかの「文字」でさりげなくリンクを貼ります。

5.利便性、AMP、https 化

https
https

写真や動画コンテンツが多くなると表示速度が遅くなります。だいたい3~5秒以内に表示されたら問題ないです。それからコンテンツがイメージできる参照されやすく 利便性の高い URL 名をつけることですね。

1.画像は O-DAN か canva(無料)がいい

このブログはすべて canva です。儲かってきたら有料版がいいかと。Alt タグには h2 のタイトルをコピペすれば OK です。

画像を挿入する場所

  • タイトルの下
  • h2 の下
  • shutterstock(有料)
  • O-DAN(無料)canva
  • h2 タグをコピペするだけ。

AMP対応

表示速度の速さが問題です。画像や javascript、CSS のファイルサイズを圧縮、コンテンツを先に表示し、ブラウザのキャッシュを活用してリクエスト数を減らします。表示速度確認ツール「PageSpeed Insights」「Test My Site」で PHP を改善しサーバーの応答時間を短縮します。

https 化する

SSL 証明書をサーバーにインストール、https ページ内のリソースの書き換えや http から https へのリダイレクト、サイト内の URL 周りを SSL 化(盗聴や改ざんを防ぐ)します。サーチコンソールに https 化した新規 URL を登録、使用するドメインを切りかえます。

6.サイト最適化、サイトマップ、ファイル削除

Google 検索
Google 検索

1.サイト構造を最適化

Google のクローラーが、その Web ページの内容を理解しやすくインデックスしやすいようにします。基本的に、”訪問者の悩みを解決する記事”これが「良い記事」です。特化サイトというのは、例えば「プログラミング」に特化したサイトで、それ以外の記事ははいっていません。

長文SEO(○○10選とか)

競合が少ない時だけにします。長文では読者が離脱(順位が下がる)します。検索数を表示するには、例えば、「site:https://kiramekinet.blogspot.com/」と入力すると出ます。

 EAT

Expertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、Trustworthiness(信頼性)です。検索されるワードで最適報発信、情報を最適な構成で書く、つながる記事も書く。この3段階でサイトの値打ちがあがります。

大切なのは「キーワード」→「その記事を書く」です。この逆をしたらダメですね。「記事を書く」→「その記事のキーワード」になってしまってズレてしまうのですね。「ビッグキーワード」とはアフィリエイトにつながる言葉ですね。

このクエリの検索パフォーマンス
このクエリの検索パフォーマンス

例えば、上の「blogger 使い方」で、私の別のブログが3位にいますが、クリック数は27もあります。これ結構、アフィリエイトの収益につながっています。マインドマップで整理していった方がわかりやすいですね。ここで整理した内容でブログを書いていきます。

サイトマップ

sitemap.xml ファイルを FTP でアップロード、WordPress であればプラグインを活用します。

不要なファイルをピックアップ

サイト内のページ/ディレクトリ /css/JavaScript/ 画像など URL へのクロールを拒否するように指定して記述した robots.txt を FTP でアップロードします。

7.Twitter からの呼びこみ

Twitter(X)
Twitter(X)

Google 等の最新情報をいち早く発信すると被リンクされやすいです。数万人フォロワーが増えれば明らかにブログの順位が上がります。

例えば、数百人ブログに入ってくれば Google ロボットもいっしょに入ってくるのでブログの順位が上がるという仕組みですね。読者が戻ってこないような外部リンクは避けます。カテゴリに対して階層化してリンクを貼ります。

1.Twitterからの呼び込みがランキング向上に寄与する場合

  1. トラフィックの増加: Twitterは大規模なユーザーベースを持っており、リンクを共有することで多くのユーザーにアクセスしてもらえる可能性が高まります。これにより、ブログへのアクセス数が増え、ランキング向上に繋がる可能性があります。
  2. ソーシャルシグナル: 検索エンジンは、ソーシャルメディアでの共有やリツイートなど、ソーシャルシグナルもランキングに影響を与えるとされています。Twitterで多くのユーザーに共有されることで、検索エンジンに対してブログの人気や価値が示されることになります。
  3. バックリンクの増加: Twitterでブログのリンクを共有してもらうことで、他のウェブサイトからのバックリンクが増える可能性があります。バックリンクはSEOにおいて重要な要素であり、ランキング向上に寄与することがあります。

しかし、Twitterからの呼び込みが必要なのかどうかは、ブログのコンテンツやターゲットオーディエンス、マーケティング戦略によって異なります。

例えば、ブログが特定のテーマに焦点を当てており、そのテーマに興味を持つユーザーがTwitterを頻繁に利用している場合は、Twitterからの呼び込みが有効である可能性が高いです。一方で、ブログの主な読者がTwitterを使わない場合や、他のソーシャルメディアやメールニュースレターなどのプラットフォームが効果的な場合もあります。

結論として、ブログのランキング向上を図るためには、単一のプラットフォームに依存せず、複数のマーケティング戦略を組み合わせることが重要です。ソーシャルメディアからのトラフィックを増やすことは一つの方法ですが、他のSEO対策やコンテンツの質向上、コミュニティの構築なども同様に重要な要素となります。

指名検索(例えば pckatada.com)が増えると Google の評価が上がります。

8.ラッコーキーワードを使う

ラッコーキーワード
ラッコーキーワード

related キーワード、名前が変わりまして「ラッコーキーワード」になりました。検索キーワードに「プログラミングスクール」と入力。 リレーテッド からキーワードを選び、どれをメインにするか、どれを複合にするかでサイトの階層を考えます。

1.ラッコーキーワードは、特定のトピックやテーマや関連キーワードを指す

これらのキーワードは、検索エンジンがコンテンツの内容や意図を理解するのに役立ちます。適切なLSIキーワードを含めることで、コンテンツのSEO向上や読者への価値提供が期待できます。

  1. コンテンツの研究: まず、対象とするトピックについての充分な研究を行います。関連する用語やキーワード、概念について理解することが重要です。検索エンジンがトピックを理解しやすくなります。
  2. キーワードプランニングツールの使用: キーワードプランニングツール(Google Keyword Planner、LSI Graphなど)を利用して、主要なキーワードに関連するLSIキーワードを見つけます。これらのツールは、検索ボリュームや競合度などの情報も提供してくれるので便利です。
  3. コンテンツ内に組み込む: LSIキーワードを自然な形でコンテンツに組み込みます。強引なキーワードの詰め込みやキーワードスタッフィングは避け、読みやすく意味のある文章になるよう心掛けましょう。
  4. タグや見出しに使用: コンテンツ内の見出しやタグにもLSIキーワードを使用すると、コンテンツの構造が明確になり、検索エンジンに対しても内容の理解が進みやすくなります。
  5. 関連コンテンツの作成: 同じトピックやテーマに関連するコンテンツを複数作成すると、LSIキーワードの重要性が高まります。コンテンツの幅広い視点を示すことができます。
  6. 自然な流れを重視: LSIキーワードを無理に追加せず、コンテンツの自然な流れを重視しましょう。読者の理解や興味を引くことが重要です。

最終的に、コンテンツの品質と価値が最も重要な要素です。LSIキーワードはSEO戦略の一部であり、有用なコンテンツと組み合わせることで、読者に有益な情報を提供し、検索エンジンでのランキング向上に寄与することが期待できます。

「プログラミングスクール」をメインキーワードにしたら、「~おすすめ」「~無料」「~オンライン」の記事を書きリンクをはります。「サジェスト」の部分で上位をとれれば収益が発生します。(アクセスが多い) 

アナリティクス

  • 前月比でアクセスは伸びているか
  • よく読まれている記事はどれか
  • リアルタイムアクセスを見る(SNS で拡散したときどれくらい入ってくるか)

サーチコンソール

キーワードの順位を図るツール。

リダイレクト方法

「プログラミングはじめの一歩」という記事を、kiramekinet.blogspot.com/2020.7.5 で書いた。

改めて kiramekinet.blogspot.com/2020.8.5. で「プログラミングはじめの一歩」という記事を書いたとします。このままでは記事の重複になってサーチコンソールからペナルティをもらうことになり順位がさがります。

そこで、redirect 301 / seach-engine https://kiramekinet.blogspot.com/2020 と追記することで記事の順位が上がります。

2.だいたいブログというものは

たしかに、キーワードを見つくろってうまく配置すれば検索順位があがるでしょう。しかし、ブログというものは本来、あくまでも身体の内から自然に湧き上がってくる感情を書くものであって、そんなに戦略的に付け足して書けるものではありません。

マーケティングとかをやって、その結果を見て意図的に内容を書き分けられたとしても、そのような出来合いの浅い地点から生み出されたブログは、多くの読者を得ることができるでしょうか。

もしできたとしても、そんなブログはほどなく同じような出来合いのブログの出現を許し、長持ちすることなく消えていくのではないでしょうか。

9.モバイルファースト

モバイルファースト
モバイルファースト

訪問者は、スマホの方がパソコンより多くなっています。スマホに適したサイトになっているかどうかで、SEO で上位表示される重要な指標となっています。モバイルファーストのチェックはこちら。

1.ブログランキングでのSEO上位表示を目指すには

  1. キーワードの選定:ブログのテーマや記事の内容に関連するキーワードを選定し、タイトルや記事内に適切に配置することが重要です。
  2. タイトルの工夫:タイトルにはキーワードを含め、興味を引く工夫をすることが大切です。また、タイトルが短く、分かりやすいこともポイントです。
  3. 内部リンクの設定:関連する記事へのリンクを設定することで、読者の興味を引き、検索エンジンにも評価されます。
  4. 外部リンクの獲得:他のサイトから自分のサイトへのリンクを獲得することで、検索エンジンからの評価を高めることができます。
  5. 記事の更新:定期的に記事を更新することで、検索エンジンからの評価が高まります。また、更新することで読者からの評価も上がります。
  6. ソーシャルメディアの活用:TwitterやFacebookなどのソーシャルメディアで、自分の記事をシェアすることで、読者を増やすことができます。
  7. サイトの構造の最適化:サイトの構造を最適化することで、検索エンジンからの評価が上がります。サイト内の検索機能やカテゴリー分けなどが有効です。
  8. 画像の最適化:画像にもキーワードを含め、適切なサイズで表示することが重要です。また、画像のファイル名やalt属性にもキーワードを含めることが有効です。

これらの方法を組み合わせて、自分のブログをSEO上位表示させることができます。ただし、検索エンジンのアルゴリズムが常に変化するため、常に最新の情報を収集し、対策を行う必要があります。

あとがき

  1. タイトルと見出し1(h1)または(h2)の文章は同じで構いません。むしろ同じにすべきという意見もありますが、一度試してみて検索結果を確認します。
  2. クリック率を高めるタイトルは「理由」「無料」「なぜ?」「方法」「数字」です。
  3. メタディスクリプションは「読者への問いかけ」「説明」「行動を促す」です。
  4. メタキーワードは半角スペースで、コンマも半角です。
  5. リライトは順位を上げるためです。タイトルの文字は31文字以内かh2,h3にキーワードが入っているか、関連記事(リンク)が入っているかです。1つのテーマで100は1位をとりたいですね。記事を多く書くことで順位をとりやすいです。
  6. 画像を挿入する場所は、タイトルの下、h2 の下です。shutterstock(有料)ですがO-DAN(無料)です。タグはh2 タグをコピペするだけです。
  7. 長文SEO(○○10選とか)は競合が少ない時だけ。読者が離脱(順位が下がる)するから。
  8. セールスライティングの方法は文字でリンクに限る。

Google は3ヵ月に1回とかの頻度でアップデートを行っています。他人の人生に大きくかかわるところが重要視されるのです。専門性・権威性・信頼性が大事なのです。

コメント

何なりとお申し付けください。