【保存版】初心者におすすめの無料動画高画質編集ソフト5選!

画像ソフトのいろいろ SNS
画像ソフトのいろいろ

きょうは YouTube にアップする、パソコン画面について学びます。

YouTube に参入する勢いが止まりませんね。

たしかに「書き物」より「見る物」の方が客を集めるものです。中でも「パソコン画面」を画像にして表現する方が多いです。

そこで無料の「Apowersoft」「ビデオエディター」「Bandicom」の PC録画ソフトについていろいろ調べてみました。

きょうはあなたと、さまざまな高画質ソフトについて学習します。

1.Windows 画面録画機能

windows画面録画機能
Windows画面録画機能

「ウィンドウズボタン+Alt+R」を押すと右上に以下のようなボタンがでます。Windows にはもともと「画面録画機能」が備わっています。ソフトも何も必要ありません。キーボードの「ウィンドウズボタン+Alt+R」を押すと右上にボタンが現れるのでそれをクリックするだけです。

1.ソフトも何も必要ありません

「マイク」をクリックすれば「録音」もできます。その左のアイコンをクリックすれば自動的に「Xbox」に入ります。

画面録画機能
画面録画機能

Windowsには、画面録画機能を利用するためのいくつかのオプションがあります。

Xbox Game Barを使用する方法

  • Windowsキー + Gキーを押してXbox Game Barを起動します。
  • “画面録画”アイコン(四角いアイコン)をクリックします。
  • 録画する領域を選択します(フルスクリーン、アプリケーションウィンドウ、または特定の領域)。
  • 録画を開始するには、”録画”ボタンをクリックします。
  • 録画を停止するには、再びXbox Game Barを開き、”録画を停止”ボタンをクリックします。

PowerPointを使用する方法

  • PowerPointを開きます。
  • “挿入”タブをクリックし、”画面の録画”を選択します。
  • 録画する領域を選択します(フルスクリーン、アプリケーションウィンドウ、または特定の領域)。
  • “録画開始”ボタンをクリックして録画を開始します。
  • 録画を停止するには、画面下部の”録画停止”ボタンをクリックします。
  • 録画されたビデオは、PowerPointスライドに追加されます。

サードパーティの録画ソフトウェアを使用する方法

  • Windows向けのさまざまなサードパーティの録画ソフトウェアが利用可能です。例えば、OBS Studio、Camtasia、Bandicamなどがあります。
  • これらのソフトウェアをインストールし、指示に従って録画設定を行います。
  • ソフトウェアのインターフェースには、録画する領域やオプション、保存形式などが表示されます。
  • 録画を開始して停止するためのボタンまたはショートカットキーが提供されています。

これらは一般的な方法ですが、Windowsのバージョンや設定によって若干異なる場合があります。利用可能なオプションについては、Windowsのバージョンや公式ドキュメントを参照するか、サードパーティのソフトウェアのヘルプを確認してください。

2.Apowersoft とは?

ApowersoftフリーオンラインPC画面録画ソフト
ApowersoftフリーオンラインPC画面録画ソフト

1.無料ソフト《Apowersoft》

このソフトはオンラインで動きます。だからブックマークに保存しておけばいつでも使えます。PC画面録画フリーソフト Apowersoft(エーパワーソフト)フリースクリーン録画ソフはオンラインで使えるので本体のインストールは必要ありません。他にもいろいろ使ってみましたがこれが現在一番使いやすいと思いました。

パソコン画面を録画したい場合に使います

最初はこういう《無料ソフト》を使って試してみるのがいいです。もっとも《有料版》をあります。このソフトは初めて使うときだけ簡単なインストールのみで使えます。無料でありながらロゴが入りません。

Google や Yahoo の《検索画面》に《Apowersoft》と入力し、《Apowersoft オンラインPC画面録画ソフト》をクリックします。似たようなサイトがありますので間違えないよう注意します。いつも使うので《ブックマーク》しておいた方がいいですね。

《録画開始》と《アプリケーションを使用》がありますが、右側はクリックしないでください。有料版のダウンロードを勧められます。

《録画開始》ボタンを押してみると《起動中》となって、《起動ツールをダウンロード》の画面が出ます。《ダウンロード》します。画面左下に《Apowersoft.exe》が表示されるので、そこをクリックし《インストール》します。最初だけです。

《録画開始》を押しても録画を始めるわけではありません。ツールバーがでるだけです。《REC》を押して、これで《Apowersoft》の録画ができます。

Apowersoft のツールバー
Apowersoft のツールバー

ツールバーには、録画ボタン、画面のボタン、マイクなどがあります

このツールバーは移動するのでもし隠れてしまっていたら Windows 側の下のツールバーにあるのでクリックして再表示します。

フルスクリーンは画面の大きさです。部分的に収録したい場合は《エリアカスタマイズ》を選びます。今回は《フルスクリーン》を選んでおきます。

《基本》は、「録画を開始する前にカウントダウン」は「3・2・1」と表示されるものです。「録画のツールバーを表示する」は録画中に《ツールバー》を出しておくかどうかです。ただし、フルスクリーンだとこのツールバーも映ってしまいますので、隅っこに移動させるか、または後で消すことができます。

設定ボタンは一応全部 ☑ をいれておきます。《動画のフォーマット》は一般的な《MP4》を選びます。《アドバンスト》は、マウスポインタの表示方法の指定。アニメーション効果を表示はつけておかないと、マウスでクリックしたかどうかわかりづらいです。

2.《動画設定》は表示されている ☑ 全部つけて《確認》を押す

《キーボードショートカット》は、マウスを使わなくてもキーボードだけで操作する方法、《デフォルト出力ディレクトリー》は出来上がった録画ファイルの《保存先》です。特に指定しなければ《document》ファイルに保存されます。

右側の《鉛筆マーク》をクリックすると、録画しながら画面上にいろいろ《書き込み》できるようになっています。□を選び、●で線の太さ、色を選べば自由に描画できます。

《スクリーン》は自由に拡大・縮小できます。《ウェブカメラ》どちらかを選びます。《ウェブカメラ》にするとパソコンのカメラから自分の顔を写すことができます。《マイク》は、今回《システムサウンド》を選びます。

これでパソコン画面に映った録画ができるようになります。赤丸の《録画開始》を押します。点線の枠で囲まれた部分を録画しています。《録画中》となって時間が表示されます。イコライザーが動いて音声も入っていることが確認できます。

3.それでは、《Google》の画面に移してみます。

Google 画面を写してみる
Google 画面を写してみる

《3・2・1》と表示されます。

画面を戻します。すると右下にツールバーが表示されているので《||》の《停止》ボタンを押します。右側の ☑ を押すと《ビデオファイルを保存》をクリックし《名前を付けて保存》をクリックします。

《Video Editor》が開くので保存したものを《再生》したいと思います。

ドキュメントに保存された
ドキュメントに保存された

《フィルム》のアイコンから録画した画像を表示したいと思います。

《mp4》をクリックします。

《保存先》は「PC>ドキュメント> Apowersoft>Apower です。

YouTubie にアップ
YouTubie にアップ

《詳細》から《動画の要素》《チェック》《公開設定》まで順を追って編集していきます。下にある《次へ》をクリックしていきます。最後の《公開設定》では、《非公開》《限定公開》《公開》からどれか1つ選びます。

あとはいろいろ《編集》もできます。

3.Microsoft ビディオエディターを使ってみる

ビデオエディターを表示
ビデオエディターを表示

1.編集ソフトを起動し、取り込む

《スタート》→《ビデオエディター》

Windows10 に標準装備されているビデオエディターで、ビデオを表示してみます。

「ビデオエディターへようこそ!」の画面になります。

《新しいビデオプロジェクト》をクリックします。

プロジェクトライブラリー
プロジェクトライブラリー

すると《ビデオの名前を設定》がでて、《新しいビデオ》と入力されています。このままでもいいし、名前を変えてもいいです。《OK》をクリックします。

すると上に2枚の画面が表れます。左の方の「プロジェクトライブラリー」の下、《+追加》をクリックします。すると「このPCから」「コレクションから」「Web から」の3つが表示されます。通常は《PCから》なのでこれをクリックします。フォルダがでるので、すでに少し作ってあるファイルを開きます。

するとその画面が表示されます。他に写真とかを入れられます。このファイルを下の《ストーリーボード》にドラッグ&ドロップします。これで右上に動画として再生できます。▶でスタートします。左側に「所要時間」が表示されます。その右の矢印は《全画面表示》です。

画面の上には《BGM》があります

音声を選べます。下に音楽の音量が表示されます。「ビデオを音楽のビートに同期する」に☑を入れると一緒に流れます。ただし、YouTube に流す場合は「著作権」があるので使わない方が無難です。無料の音楽もあるのでそれらを使います。

《カスタムオーディオ》は、オーディオファイルを追加できます。ナレーションや効果音の各ファイルをここにドラッグするか《追加》をクリックします。

《ビデオの完了》は最後に《ビデオの画質》を選ぶことができます。《1080》が推奨されています。《エクスポート》すれば完了です。ファイルを削除したい場合は右クリックで《削除》です。「すべての削除」を押すとすべてのファイルが消えてしまうので注意してください。

《タイトル》を入れたいと思います。

《テキスト》をクリック、窓へ「pckatada」と入力します。《レイアウト》で場所を自由に選べます。画面の下に表示される時間が青い帯で示されます。

今度はは「Web から」選びます。

新しいビデオの追加
新しいビデオの追加

「アップル」をクリックするとさまざまな種類があります。以下のアップルを選びました。

ビデオエディター
ビデオエディター

プロジェクトライブラリの「+追加」をクリックするとそこに選んだ画像が表示されます。次にその画像をドラッグし、左下へドラッグすると、右上に大きな画像が表示されます。

BGM の選択
BGM の選択

2.BGM の選択

全体の流れを見て、映像のBGM にしたい音楽を決め、ドラッグ&ドロップします。音楽の長さを合わせたり、サビの部分を合致させたりする調整は、後からでもできますので、ざっくりと入れます。音楽が表示されたバーの開始と終了の地点を押して、左右にマウスを動かすだけで、短くしたり長くしたりできます。

「好みの音楽」を選び、音楽の音量を調整します。完了をクリックします。サンプル音を聞きたい場合は左の▽をクリックして試聴します。ついでに「音量」の調整もしておきます。「カスタムオーディオ」は自分の音源を使用する方法です。

まず最初に「タイトルカードの追加」をクリックします

すると無地の画面が表示されます。表示されたら画面右の「テキスト」をクリックします。「タイトルボード」が表示されるので入力します。

「期間」を選ぶと「1秒から7秒まで」表示されるので好みの時間を選びます。なお、これはサンプルですので時間は短く設定してあります。ストーリーボードへ、クリップを運びます。クリックを押したまま、目的の位置までドラッグします。

このように次々と「+追加」をクリックし、アップルの画像を選ぶと下の欄にドラッグしていきます。前後の順番を変えたいときも、ストーリーボードの映像をドラッグ&ドロップで場面を替えるだけです。とりあえず、ここで再生ボタンを押せば1本につながった動画を見られます。

それぞれの画像の長さは「3.0」となっているので4枚ですから「012.00」と表示されているのがおわかりですね。こうやって何枚でも追加できます。

取り込みを始める前に、これから作る映像の完成版を想像しておくといいですね。あの場面とあの光景は必要だ、くらいでも構いません。後の作業効率がぐっとあがります。取り込みは図の手順通りです。これから作る映像に名前を付けることをのぞけば、マウスを押していけばできてしまいます。

画像を丸ごと取り込む方法もありますが、このように場面ごとに大まかに切り分けながら取り組む方が効率がいいです。「急がば回れ」ということです。ここから不要な部分を切り取ってメリハリのある映像にしていきます。

おぼえているかい 故郷の村を
おぼえているかい 故郷の村を

下の「テキスト」をクリックすると「テキストを入力する場所」と「フォントの形」や「レイアウト」、そして字幕が流れる時間が表示されます。左右の手の形をした箇所をドラッグすると「表示させたい場所」が指定できます。

赤枠で囲った中で、テキストが表示される時間を指定するのが2つのハンドルです。このハンドルを移動させて時間を指定します。「完了」をクリックします。これで最初の画面に戻るので、右上の1番大きな画面で再生ボタンを押してプレビューします。

もっともYouTube に投稿する場合は、YouTube 側にもっと簡単なテキスト表示のできる仕組みがそなわっているので、そちらと見比べてみるのをお勧めします。「△」をクリックするとBGM が流れます。これで完成です。

ビデオの完了
ビデオの完了

右上の「ビデオの完了」をクリックします。ビデオの画質は「高1080p」でOK です。エクスポートをクリックすると指定された場所へ保存されます。アップロード時には、「ビデオ公開設定」のところで「公開しない」を忘れずに選びます。これを忘れると、不特定多数の人が映像を閲覧可能になってしまいます。

ただし、このビデオは著作権があるのでトリミングできません。自由にトリミングしたい場合は、自撮りのビデオが必要になります。そこでこれまでストーリーボードに入れ込んできたのを「・・・」で削除します。(部分的に削除したい場合はゴミ箱です)

すっかり消えました。そこで新しく「公園」の自撮りをストーリーボードにドラッグします。

ストーリーボード
ストーリーボード

要領は今までどおりです。「トリミング」や「分割」などが並んでいます。ファイル管理に使う「フォルダー表示」には、いくつかの種類があります。「ビデオ」などは、音楽や写真、動画などの管理に特化した機能を持っています。

4.Bandicam 高性能 PC 画面録画ソフト

Bandicam 高性能 PC 画面録画ソフト
Bandicam 高性能 PC 画面録画ソフト

1.Bandicam は高性能なPC画面録画ソフトウェア

Bandicamは、Windows向けに開発された録画ソフトウェアであり、ゲームプレイやデスクトップアクティビティ、ウェブカメラ映像など、さまざまな画面を録画することができます。高圧縮率での録画や、高品質な映像・音声の録画が特徴です。

高圧縮録画

Bandicamは、独自の圧縮アルゴリズムを使用して、高品質な録画映像を比較的小さなファイルサイズで保存することができます。これにより、ディスク容量の節約や、ウェブ上での共有に適しています。

フルスクリーン・ウィンドウモード録画

Bandicamは、フルスクリーンモードや指定したウィンドウを対象にした録画を行うことができます。これにより、ゲームプレイや特定のアプリケーションの録画が可能です。

デバイス録音

Bandicamは、パソコンのマイク入力以外に、外部の音声デバイス(スピーカーやヘッドセットなど)からの音声を録音することもできます。これにより、ゲーム音声やマイク音声を一緒に録画することができます。

オーバーレイ表示

Bandicamは、録画中にオーバーレイ表示を行うことができます。FPS(フレームレート)、マウスカーソルの表示、録画時間などの情報を画面上に表示することができます。

エンコードと出力形式

Bandicamは、録画した映像を各種フォーマット(AVI、MP4など)で保存することができます。また、録画中にエンコードを行うことも可能です。

Bandicamは、高性能なPC画面録画ソフトウェアとして広く使用されています。ただし、ライセンスを購入する必要がありますが、試用期間を通じて一部の機能を無料で使用することもできます。

2.Bandicam の画面録画モード

Windows パソコンの画面の全体または一部に表示される内容を見ているものと聞いているものをそのまま録画して保存するときに使います。

※著作権保護のために録画やスクリーンショットの動作が制限される場合があります。必ず無料版で動作をご確認ください。

Windows のデスクトップ画面に表示されているものならどんなものでも高画質で録画できます。たとえばブラウザー上のゲームや動画コンテンツ、ライブストリーミングコンテンツなど、デスクトップの画面上の一部分や画面全体を保存できます。オンライン教材やチュートリアルビデオの作成や、ブラウザー上のコンテンツの保存など、さまざまな用途に活用できます。

パソコンの画面をそのまま高画質な動画ファイル(AVI, MP4)として保存する PC デスクトップキャプチャーソフトと、DirectX/OpenGL/Vulkan で開発されたゲームのプレイ動画や実況を Bandicam
でキャプチャーする高画質ゲームキャプチャーソフトの機能を兼ね備えています。

Bandicam Company 独自の様々な最適化技術と、インテル、NVIDIA、AMDのハードウェアアクセラレーション(H.264エンコーダー)機能を利用し、CPU への負荷を減らしながら、元の画質や音質の劣化を最小限におさえ、高品質、高圧縮、高速でキャプチャーします。

5.PowerDirector

PowerDirector
PowerDirector
taka
taka

PowerDirectorは、CyberLink社が開発した動画編集ソフトウェアです。

1.PowerDirector は日本で一番利用者が多い画像編集ソフト

Windowsオペレーティングシステム用に設計されており、初心者から上級者まで幅広いユーザーに使いやすいように機能が整備されています。

PowerDirectorには、以下のような主な機能があります。

動画編集機能

ビデオのカット、トリミング、クロップ、回転、速度調整、色調補正などが可能です。クロップ(Crop)は、映像や画像の編集技術の一つで、画像の一部を切り取ることを指します。クロップを行うことによって、元の映像や画像の一部を削除したり、特定の領域を強調したりすることができます。

  1. 映像編集において、クロップは画面の一部を切り取ることで、視覚的な焦点を当てたり、不要な要素を削除したりするために使用されます。例えば、映画やテレビ番組で、特定のシーンや主要な対象を強調するために、映像の周囲をクロップして切り取ることがあります。
  2. 画像編集でも、クロップは同様に使用されます。写真やグラフィックデザインにおいて、特定の要素を引き立てるために画像を切り取ることがあります。また、不要な背景や余分な領域を削除して、画像を必要なサイズに調整することもできます。
  3. クロップは、映像や画像のコンポジションや視覚的なメッセージを制御するための強力なツールです。正確なクロップの適用によって、映像や画像の意図した効果やストーリーテリングを強化することができます。エフェクト機能:動画に特殊エフェクトやトランジションを追加することができます。エフェクト(Effect)は、音楽や映像などのメディア制作において、サウンドや映像に特定の変化や加工を施すための手法やツールを指します。エフェクトは、作品に表現や効果を追加し、より鮮やかで興味深い体験を提供するために使用されます。
  4. 音楽制作においては、エフェクトは楽器やボーカルの音を変化させたり、空間的な表現を追加するために使用されます。代表的なエフェクトには、リバーブ(残響効果)、ディレイ(反響効果)、コーラス(重ね響き効果)、フランジャー(波形の変調効果)などがあります。
  5. 映像制作においては、エフェクトは映像の見た目や雰囲気を変えるために使用されます。例えば、カラーグレーディング(色調補正)、特殊効果(爆発や火のエフェクトなど)、映像フィルター(ぼかしや歪みなど)などが一般的なエフェクトの種類です。
  6. エフェクトは、クリエイターが意図する表現や効果を実現するために重要な役割を果たします。さまざまなエフェクトを組み合わせることで、独自のスタイルや雰囲気を作り出すことができます
mika
mika

いろいろな機能を組み合わせて独自のものを作れるんだ!

音声編集機能

音声の編集、ノイズ除去、音量調整、音声の録音などが可能です。

taka
taka

ビデオをデスクに書き込むこともできるよ。

DVD作成機能

PowerDirectorを使用してDVDメニューを作成し、ビデオをディスクに書き込むことができます。

  1. PowerDirectorを起動し、新しいプロジェクトを作成します。
  2. プロジェクトにビデオファイルを追加します。追加するには、メニューバーの「メディアライブラリ」または同様のオプションを選択し、ビデオファイルを選択します。
  3. ビデオファイルをタイムラインにドラッグ&ドロップして配置します。必要に応じてビデオをトリムしたり、エフェクトを追加したりすることができます。
  4. DVDメニューを作成するために、メニューデザイナーを開きます。メニューデザイナーは通常、メニューの作成やカスタマイズを行うためのツールバーにアクセスできる場所にあります。
  5. メニューデザイナーで、テンプレートを選択するか、独自のカスタムメニューを作成します。メニューテキストやボタン、背景画像などをカスタマイズすることができます。
  6. メニューの作成が完了したら、ディスクの書き込みオプションを探します。通常は「書き込む」または「作成」などのオプションがあります。
  7. 書き込みオプションを選択し、ディスクタイプ(DVD-R、DVD+Rなど)や書き込み速度などの設定を行います。
  8. 必要な設定が完了したら、書き込みプロセスを開始します。PowerDirectorはビデオとメニューをディスクに書き込みます。
  9. これらの手順を参考にして、PowerDirectorを使用してDVDメニューを作成し、ビデオをディスクに書き込むことができるはずです。

ビデオをディスクに書き込めて、これで無料ってすごい!

360度動画編集機能

360度動画を編集するための機能があります。

マルチカメラ編集機能

複数のカメラで撮影した映像を同時に編集することができます。

機能の豊富さ

PowerDirectorは、豊富な編集機能を提供しています。映像編集、音声編集、エフェクトの追加、トランジションの挿入など、幅広い編集作業に対応しています。また、クロマキー(グリーンスクリーン)効果やモーショングラフィックスの作成など、プロフェッショナルな編集作業にも対応しています。

ユーザーフレンドリーなインターフェース

PowerDirectorは、使いやすいインターフェースを持っています。直感的なドラッグアンドドロップ操作やタイムライン編集など、初心者から上級者まで幅広いユーザーにとって使いやすいです。

taka
taka

スリーディーも表示できるんだ!

高速なレンダリング

PowerDirectorは、高速なレンダリングエンジンを搭載しており、ビデオのエクスポートやレンダリングが比較的迅速に行えます。これにより、編集作業の時間を短縮することができます。

  1. レンダリングエンジン(Rendering Engine)は、コンピュータグラフィックスやウェブブラウザなどのソフトウェアにおいて、2Dまたは3Dのグラフィックスやイメージを表示するための技術やソフトウェアコンポーネントのことを指します。
  2. 具体的には、レンダリングエンジンは以下のような機能を提供します:
  3. ジオメトリの変換:3Dモデルやオブジェクトの座標系の変換や変形を行います。これには、移動、回転、スケーリングなどが含まれます。
  4. ラスタライゼーション:3Dオブジェクトを2D画像に変換します。ラスタライゼーションは、オブジェクトのポリゴンを画素(ピクセル)単位に分割し、色やテクスチャ情報を適用するプロセスです。
  5. シェーディング:オブジェクトに光や影の効果を与えるために、色や光の反射性を計算します。シェーディングは、オブジェクトの表面の質感や材質を再現するために使用されます。
  6. テクスチャマッピング:2D画像(テクスチャ)を3Dオブジェクトに貼り付けることで、詳細な表現やリアルな見た目を実現します。レンダリングエンジンは、テクスチャ座標とポリゴンの間の対応を計算します。
  7. シャドウマッピング:光源による影の投影をシミュレートします。これにより、オブジェクト間の相対的な位置関係や光の影響をリアルに表現することができます。
  8. ライティング:シーン内の光源の配置と照明効果を計算します。光源の種類や色、方向などを考慮して、オブジェクトに対する明るさや陰影を生成します。
  9. レンダリングエンジンは、3Dゲーム、アニメーション映画、ビジュアルエフェクト、仮想現実(VR)など、さまざまな分野で利用されています。また、ウェブブラウザのレンダリングエンジンは、HTMLやCSSで構成されたウェブページを解釈し、ブラウザ上で表示する役割を果たしています。
mika
mika

なんだか楽しそうね!

taka
taka

もちろんスマホにも対応してる。

マルチプラットフォーム対応

PowerDirectorは、WindowsやMacなど、さまざまなプラットフォームで利用可能です。また、スマートフォンやタブレット用のモバイルアプリも提供されています。

  1. マルチプラットフォーム対応(Multiplatform Support)は、ソフトウェアやアプリケーションが複数の異なるプラットフォーム(オペレーティングシステムやデバイス)で動作する能力を指します。
  2. 通常、異なるプラットフォームには異なるオペレーティングシステム(例:Windows、macOS、Linux、iOS、Androidなど)やハードウェアアーキテクチャ(例:x86、ARMなど)があります。マルチプラットフォーム対応のソフトウェアは、これらの異なるプラットフォーム上で動作し、利用可能な機能やインタフェースに応じて適切に動作します。
  3. マルチプラットフォーム対応のソフトウェアを開発する場合、以下のポイントに留意する必要があります:
  4. クロスプラットフォーム開発ツールやフレームワークの使用:クロスプラットフォーム開発ツールやフレームワークを使用することで、共通のコードベースを利用して複数のプラットフォームに対応したアプリケーションを開発することができます。代表的なクロスプラットフォーム開発ツールには、React Native、Flutter、Xamarinなどがあります。
  5. プラットフォーム固有の要件に対応する:各プラットフォームには固有の要件やガイドラインが存在します。マルチプラットフォーム対応のソフトウェアを開発する場合、各プラットフォームの要件に対応する必要があります。これには、UI/UXの適合やデバイスの機能の利用、アプリストアのガイドラインへの準拠などが含まれます。
  6. テストと品質管理:マルチプラットフォーム対応のソフトウェアは、複数のプラットフォームで正常に動作することが求められます。したがって、テストプロセスでは、異なるプラットフォームでの動作を確認し、品質管理のプロセスに組み込む必要があります。
  7. マルチプラットフォーム対応のソフトウェアは、ユーザーにとって利便性が高く、開発者にとっても開発の効率性が向上します。さまざまなプラットフォームで広く利用されるソフトウェアやアプリケーションを開発する場合、マルチプラットフォーム対応を考慮することが重要です。

スマホにも対応しているってスゴイ!

サポートとコミュニティ

PowerDirectorの開発元であるCyberLinkは、ユーザーサポートやコミュニティフォーラムを提供しており、ユーザーが問題や疑問を解決するためのサポートを受けることができます。

ただし、個々のユーザーの体験やニーズによって評価は異なる場合があります。使用するコンピュータの仕様や編集ニーズに応じて、PowerDirectorが自分に合うかどうかを判断することが重要です。

PowerDirectorは、有料バージョンと無料バージョンがあります。有料バージョンにはより多くの機能が含まれていますが、無料バージョンでも基本的な動画編集機能を利用することができます。

無料版と有料版があるのね。

あとがき

YouTubeにアップするための人気の無料高画質ソフトは他にもいくつかあります。

  1. OpenShot:OpenShotは、オープンソースの動画編集ソフトウェアで、Windows、Mac、Linuxのすべてのプラットフォームで利用可能です。直感的なインターフェースと豊富な機能を持ち、高品質のビデオ編集が可能です。
  2. DaVinci Resolve:DaVinci Resolveは、動画編集やカラーグレーディングに特化したソフトウェアで、高品質なビデオを作成するための機能が豊富に搭載されています。Windows、Mac、Linuxのすべてのプラットフォームで利用可能です。
  3. Shotcut:Shotcutは、オープンソースのクロスプラットフォーム動画編集ソフトウェアです。Windows、Mac、Linuxのすべてのプラットフォームで利用可能で、多彩な編集機能を備えています。
  4. VSDC Free Video Editor:VSDC Free Video Editorは、Windows向けの無料のビデオ編集ソフトウェアで、高品質のビデオ編集機能を提供しています。直感的なインターフェースと豊富な機能を備えています。
  5. Blender:Blenderは、オープンソースの3Dモデリング、アニメーション、レンダリング、ビデオ編集ソフトウェアで、高品質なビデオを作成するための豊富な機能が搭載されています。Windows、Mac、Linuxのすべてのプラットフォームで利用可能です。

これらのソフトウェアは、いずれも高品質なビデオを作成するための機能を提供しています。それぞれのソフトウェアを試して、自分に合ったものを選ぶことが重要です。

YouTube を視聴する場合、知っていると便利なキーボードショートカットがあります。

  1. 《Space》か《K》で再生・一時停止 《J10》10秒巻き戻し、《L10》10秒早送り
  2. 《←》5秒巻き戻し、《→》5秒早送り
  3. 《Shift》を押して《<》再生速度を下げる
  4. 《Shift》を押して《>》再生速度を上げる
  5. 《F》フルスクリーン(全画面)に切り替える/元に戻す
  6. 《↑》音量を5%上げる、《↓》音量を5%下げる
  7. 《M》ミュート(消音)

無料高画質ソフトについて、悩みや疑問がありましたらご自由にコメント欄に投稿してください。(コメント欄はこの記事の最下部です)。いただいたコメントはすべて拝見し、真剣に回答させていただきます。

コメント

何なりとお申し付けください。