YouTube ビデオ撮影から映像取り込み、動画編集から公開・共有まで

YouTube SNS
YouTube

きょうは YouTube 動画編集について学びます。

パソコンに取り込んだ映像を「作品」に、といっても映像の断片をつなぎ並べ替え、不要なシーンを削るだけ。手間さえかければ視る人を、うならせるようなビデオも夢ではありません。

やはり文章より画像の力を見せつけられた感じです。YouTube が人気沸騰前から投稿している三重県津市在住のそこそこ年取っている男性です。

特殊効果や BGM といったアクセントをつけて、あなただけの「作品」に、見せても見ても楽しい「作品」に仕上げていきましょう。

きょうはあなたと、YouTube 動画編集について学習します。

1.YouTube ビデオ撮影に必要なカメラやマイク機材

YouTube ビデオ撮影に必要なカメラやマイク機材
YouTube ビデオ撮影に必要なカメラやマイク機材

1.一般的に必要なもの

装備は、ビデオの内容やスタイルによって異なりますが、一般的な必要なものを以下に示します。ビデオ制作のレベルや予算に応じて、選択肢が豊富です。

カメラ

  • スマートフォンカメラ: モダンなスマートフォンには高品質のビデオ撮影機能が備わっており、予算を節約するために使えます。
  • デジタル一眼レフカメラ (DSLR) またはミラーレスカメラ: 高画質な映像を撮影するための一般的な選択肢です。
  • ビデオカメラ: ビデオ制作に特化したカメラもあります。手ブレ補正やオーディオ入力などの機能が充実しています。

マイク

  • ラベリアマイク: フィルム撮影やインタビューに適しています。
  • ショットガンマイク: ダイナミックなオーディオ収録に適しています。
  • USBマイク: パソコンでの撮影やストリーミングに適しています。

ライティング機材

  • リングライト: ポートレートやビデオチャットに適しています。
  • LEDパネルライト: 明るさや色温度を調整でき、さまざまな照明効果を作成できます。
  • ソフトボックス: ソフトな光を提供し、被写体を柔らかく照らすのに使用します。

三脚

  • カメラやライトを安定して配置するために重要です。

ビデオ編集ソフトウェア

  • YouTubeビデオを編集するためのソフトウェアが必要です。一般的な選択肢にはAdobe Premiere Pro、Final Cut Pro、DaVinci Resolveなどがあります。

バックドロップ

  • 背景を整えるためにバックドロップやグリーンスクリーンを使用することがあります。

ストレージ

  • 高解像度のビデオファイルを保存するための外部ハードドライブやクラウドストレージが必要です。

編集コンピュータ

  • 高解像度のビデオを処理できるパワフルなコンピュータが必要です。

スクリプトとストーリーボード

  1. ビデオの計画と制作を効率化するためにスクリプトとストーリーボードを作成します。

以上の装備は、YouTubeビデオ制作の基本的な要素ですが、特定のプロジェクトやクリエイターのニーズに応じて追加の機材やソフトウェアが必要になることがあります。また、クオリティと予算のバランスを考えて選択することが大切です。

2.映像取り込みに使用するコンピューターとソフトウェアのリスト

YouTubeに映像をアップロードするために必要なコンピューターとソフトウェアのリストを以下に示します。YouTubeへの映像アップロードは比較的簡単なプロセスですが、高品質のコンテンツを作成し、YouTubeのガイドラインに従うことが重要です。

必要なコンピューター要件:

  1. コンピューター(Windows、Mac、Linuxなど)
  2. 高性能なコンピューター:高解像度のビデオ編集や処理には高性能のコンピューターが役立ちます。

必要なソフトウェア:

  1. ビデオ編集ソフトウェア:YouTube用の映像を編集するために、以下のようなソフトウェアが必要です。
    • Adobe Premiere Pro
    • Final Cut Pro (Macユーザー向け)
    • DaVinci Resolve
    • HitFilm Express
    • iMovie (Macユーザー向け)
  2. グラフィックソフトウェア(オプション):サムネイルやグラフィックを作成するために、Adobe PhotoshopやGIMPなどのグラフィックソフトウェアを使用できます。
  3. オーディオ編集ソフトウェア(オプション):オーディオの品質を向上させたり、音声トラックを編集するために、AudacityやAdobe Auditionなどのオーディオ編集ソフトウェアが役立ちます。
  4. ブラウザ:YouTubeのウェブサイトにアクセスしてアップロードを行うために、一般的なブラウザを使用します。Google Chrome、Mozilla Firefox、Microsoft Edgeなどが利用できます。
  5. インターネット接続:高速かつ安定したインターネット接続が必要です。

2. ビデオ撮影の手順

ビデオ撮影の手順
ビデオ撮影の手順

1.カメラの設定とセットアップ

3脚は撮影の必需品です。高性能のカメラやマイクよりも真っ先に用意するのが3脚です。手振れしている映像は視聴するに堪えません。

3脚にはネジが取り付けられていて、そのネジにカメラをとりつけます。

2.ライティングと背景の準備

大切なのは、映りに差がつく「照明」です。肉眼では明るく感じても、撮影用の照明がないと薄暗い映像になってしまいます。見せたいものを明るくする目的で利用します。

全景・アップ撮りわける

1シーンを撮るときは、サイズの違うカットを撮りわけます。まず全体を写し、どんな場所か、何があるかを提示します。次に撮りたいものが具体的にわかるように、例えば咲いている花のまとまりとか、人物なら全体像を取ります。そしてググっと寄って、表情などのアップを撮ります。ズームは使わず、近づいて撮るのが基本です。

引いて全身、寄って中景、さらによってアップ、最後にひいて別のアングルから全景、というのが分かりやすい映像になります。

カメラをぐるっと回さないと全景が入らない時は、5秒くらいカメラを止めてから動かし、最後も5秒くらい止める。空を写してから、下に向けて全景を写すなんて技もあります。

例えば「旅」では、名所旧跡や歴史など十分に下調べをして、何をどう記録するかあらかじめ考えておきます。カメラは常に手元に置き、列車に乗るなら、駅や車内の様子、窓を流れる風景や、それを眺める同行者の顔、切符のアップなどを撮ります。

目的地に着いたら真っ先に降りて同行者の下車するシーンも撮ります。

3.マイクの設定と音声録音のヒント

視聴者にとって、音声が聞きづらいときに感じるストレスは映像とは比べ物になりません。音が聞き取りづらい原因の多くはカメラの内臓マイクを使って録音しているからに他なりません。内臓マイクの多くは、ほどほどの感度にしてあるので、何とか音を改善したいという思いにかられるでしょう。

スマホの撮影でも、外付けマイクを使うことで音質が大きくかわります。購入する際は、「iPhone は ライトニング端子、Android は microUSB 端子」のように、端子に合うものを選びます。

テレビや映画の収録で見かける長いマイクはガンマイクと呼ばれ、向けた方向の音を拾う性質があります。横の音を拾わないのでインタビューなどでよく使われます。

ピンマイクはマイクを持つ必要がない小さいマイクです。出演者の動きを制限しないワイヤレスです。全方向から音を拾う全指向性タイプと、特定の方向のみを拾う単一指向性があります。

4.YouTube ビデオの撮影と録画

動画の編集では、映像の切り替え部分でオーバーラップをよく行います。これは映っていた画面を徐々に消しながら新しい画面を表示して、場面を入れ替える方法です。なので使いたい部分の3秒は余分に撮影するようにします。

映像が傾いていると、視聴者に不安定な印象を与えてしまいます。特に映像を水平に保ちます。3脚に水準器がついているものもあります。

ピント合わせは、人物や動物を撮影するなら、目にピントを合わせるのがポイントです。対象物にピントがあってないと、映像がぼやける、ピンボケ動画になってしまいます。カメラはピントを自動で合わせるオートフォーカス(AF)が標準でついています。

3. 映像の取り込みと編集

動画は1秒間に何枚の画像を映すかでなめらかさが大きく変わります。その値をフレームレートとよび、「fps」という単位で表します。暗い場所ではフレームレートを低くすると、光を取り込む量が増えるので被写体の見栄えがよくなります。一般的に60fps が普通です。

解像度は、細かな点のことでピクセルと呼ばれます。横と縦の点が多いほどより細かい映像が撮れますが、それなりのマシンパワーが必要になってきます。フレームレート:30fps、解像度:フルHD が一般的です。

1.ビデオファイルのコンピューターへの取り込み方法

会議室などの「床が硬い」場合、残響が多かったり、外部からの音が入ったりして聴きづらい動画になってしまいます。カーペットやソファなどの柔らかいものが置いてあったり、あまり広すぎない部屋を選ぶことです。書棚に並んだ本などは最適です。

2.ビデオ編集ソフトウェアの選択と基本的な使い方

自撮りでは、カメラと自分の距離をなるべく一定に保っておくことで音量が安定し、視聴者のストレスも軽くなります。ブレに強いアクションカメラは、首掛けようのホルダーを使うと両手が空いて作業しやすくなります。

動画編集は、パソコン作業の中でも特に重い処理を行います。安いパソコンでも動画編集ソフトを動かすことができますが、まともに編集できないときもあります。Celeron シリーズなど安いCPUを使ったタイプは、事務作業程度しかできないものもあります。

要素詳細
CPUWindows では intel Core iシリーズやXeonシリーズ、AMS Ryzen シリーズ、MacではApple シリコン搭載の機種。Celeron シリーズは、動画処理性能が劣ります。
メモリ最低でも8GB、快適な動画編集を望むなら16GB搭載モデル。
グラフィックカードNVIDA GeForce シリーズや Quadro シリーズ、AMD Radeon シリーズなど、高性能なグラフィックカードを搭載していると、ソフトにより編集時の再生がスムーズ。書き出しも速い。
ストレージHDD(ハードディスク)よりもSSDの方が良い。SSDha480GB、HDDは4TB。
パソコンのスペックで重視する要素

3.映像のカット、編集、エフェクトの追加に関する具体的な指示

風景の撮影は、現場感覚が薄いことから退屈になりやすい素材です。そこで、例えば山の風景を撮影する場合は、別途に鳥や草花を撮っておいて、これらを編集で組み合わせると臨場感あふれる動画になります。

料理で一番大切なのは味です。食べ物は直接手や舌で触れるものなので、温度や触感など直接的に体感できると効果的です。湯気でできたての温度を表現し、背後には見つめる人物を入れることで「おいしい」という感情の共感を得るように意図して撮影しているものです。

食欲を刺激するのは、赤や黄色などの暖色です。撮影時には電球をオレンジ色にしたり、カメラのホワイトバランスで色温度を下げ、暖色の色味に調節します。動画編集ソフトでフィルターを使って加工する方法もあります。

4. ビディオ撮影のクオリティとトラブルシューティング

クオリティとトラブルシューティング
クオリティとトラブルシューティング

1.ビデオと音声のクオリティ向上のヒント

音の確認で大事なのがスピーカーとヘッドホン・イヤホンの両方を1種類ずつ確かめることです。声とBGMの聞こえ方は大きく違うので、基本はスピーカーで確認しながら作業し、時々ヘッドホンで確かめます。

音声をクリアに収録したい場合、一般的なビデオやスマホはマイク1本しか使えません。複数のマイクや音楽プレーヤーなどをつないで、音を1つにまとめることができるのがミキサーです。

ミキサーからカメラ側に直接音声を流し込んで収録する場合、すべての音が混ざって収録されるので、それぞれの音のバランス調節ができません。レコーダーは「マルチトラック録音」ができます。1つにまとめたデータとは別に、個々のマイクの音を別々に記録できて、編集で好きなバランスに調節できます。

  1. 解像度の向上: 高解像度のビデオは、よりクリアで鮮明な映像を提供します。録画またはストリーミングする際に、可能な限り高い解像度を選択します。
  2. フレームレートの向上: フレームレートが高いほど、動きが滑らかになります。60fps以上のフレームレートを使用することで、よりリアルな映像を実現できます。
  3. 照明と背景: 明るく均一な照明条件を確保し、背景に乱雑さを排除します。これにより、ビデオの品質が向上し、視聴者の注意を引きやすくなります。
  4. カメラの安定化: カメラの手ぶれを最小限に抑えるために、三脚や手ぶれ補正機能を使用します。安定した映像は、視聴体験を向上させます。
  5. ノイズ低減: 録画中に外部ノイズが発生する場合は、ノイズ低減フィルターやマイクの方向性を調整することで、ノイズを最小限に抑えます。

2.よくある問題と解決策

  1. ビデオのブロックノイズ: 圧縮されたビデオファイルでは、ブロックノイズが発生することがあります。この問題を軽減するために、より高いビットレートを使用するか、より高い解像度で録画することを検討します。
  2. 音声のエコー: 音声が部屋内で反響すると、エコーが生じます。これを軽減するためには、適切な音響処理を行うか、マイクの位置を調整して直接音声を収録するようにします。
  3. ビデオのフリーズや遅延: インターネット接続が不安定な場合や、コンピュータの性能が低い場合には、ビデオのフリーズや遅延が発生することがあります。これを軽減するためには、より高速で安定したインターネット接続を使用し、十分なシステムリソースを確保します。
  4. 色合いの問題: 調整されていない色合いは、ビデオの品質を低下させることがあります。カメラやビデオ編集ソフトウェアを使用して、色合いを調整し、より自然な見栄えにします。

これらのヒントと解決策を実践することで、ビデオと音声のクオリティを向上させることができます。

5. ビデオ撮影を通じて得られた経験とスキルの要約

ビデオ撮影を通じて得られた経験とスキルの要約
ビデオ撮影を通じて得られた経験とスキルの要約

1.視聴者に対する感謝のメッセージ

みなさん、こんにちは。

この素晴らしい旅を共有できることに感謝しています。ビデオ撮影を通じて、さまざまな経験とスキルを得ることができ、それはあなたたちのおかげです。

視聴者の皆さんには、いつも応援していただき、私たちの成長を支えていただき、心から感謝しています。あなたたちの存在が私たちの創造力や情熱を刺激し、日々の励みになっています。

ビデオを通じて、私たちは共に笑い、感動し、学び合うことができます。そして、その瞬間を共有することで、私たちはより結束し、強くなります。

今後も、より良いコンテンツを提供し、視聴者の皆さんに喜んでいただけるよう努めてまいります。感謝の気持ちを忘れず、いつもあなたたちと共に歩んでいけることを楽しみにしています。

心からの感謝を込めて、ありがとうございます。

(あなたの名前またはチャンネル名)

2.使用した機材のリンクや詳細

ビデオ撮影に使用される機材は、目的や予算に応じて異なりますが、一般的に使用されるものをいくつか挙げます。

  1. カメラ:
    • ミラーレスカメラや一眼レフカメラ: 例えば、Canon EOSシリーズやSony αシリーズなど。
    • シネマカメラ: 例えば、REDやBlackmagic Designのカメラなど。高品質な映像を撮影するために使用されます。
  2. レンズ:
    • 標準ズームレンズ: 一般的な撮影に適しています。
    • 広角レンズ: ランドスケープや広いスペースを撮影する際に使用します。
    • 望遠レンズ: 遠くの被写体を撮影する際に使用します。
  3. マイク:
    • ショットガンマイク: ビデオ撮影時に外部の音声を収集するために使用されます。
    • ラベリアマイク: 主にインタビューやトークショーなど、被写体に固定して使用します。
  4. 三脚:
    • 安定した映像を撮影するために使用します。軽量かつ耐久性があり、高さ調節が可能なものが好まれます。
  5. 照明機材:
    • LEDパネルライト: 映像の照明に使用されます。調光や色温度調整が可能なものが便利です。
    • ソフトボックス: 柔らかく均一な照明を提供し、影を軽減します。
  6. バッテリーと充電器:
    • 長時間の撮影に備えて、カメラや照明機材用の予備バッテリーや充電器が必要です。
  7. 記録メディア:
    • SDカードやCFexpressカードなど、ビデオを記録するためのメモリーカードが必要です。
  8. ビデオ編集ソフトウェア:
    • 撮影した素材を編集し、完成度の高いビデオを制作するために使用します。Adobe Premiere ProやFinal Cut Proなどが一般的です。

これらの機材は、ビデオ制作のための基本的な要素です。さらに、予算や撮影スタイルに合わせて機材を選択し、ビデオの品質と効率を向上させることが重要です。

3.参考文献やリソースへのリンク

この構成をベースにブログ記事を執筆することで、読者にとってわかりやすく役立つ情報を提供できるでしょう。また、ビデオ撮影や映像編集、CD 書き込みの各ステップについて具体的な手順とヒントを提供することが大切です。

動画、写真、音楽の整理方法にはいくつかのアプローチがあります。例えば、音楽系ファイルを管理するフォルダーでは「タイトル」や「アルバム」などが表示されます。普通のフォルダーでは「更新日時」や「種類」などが見えるようになっていますが、音楽ファイルの場合には、それらの情報よりもタイトルの方が重要だからです。

ウィンドウズは、フォルダー内にあるどの種類のファイルが多くあるかを感知し、「そのファイルを管理するのに最適な機能はどれか」を自動判別してくれます。

ただし、自分でフォルダの種類を変えたい場合は、「コンピューター」の「ローカルディスク」から目的のフォルダーのあるディスクをを選択、そのフォルダに移動したら、右クリックして「プロパティ」を選び、「カスタマイズ」タブ中にある「フォルダの種類」という部分から設定を変更します。

4.YouTube での動画、写真、音楽

デスクトップやドキュメントフォルダー内に、動画、写真、音楽用のフォルダーを作成します。さらに、カテゴリーやイベントごとにサブフォルダーを作成することで、コンテンツをより詳細に整理できます。

ファイル名を明確にし、整理しやすくするために、特定の規則を設けます。例えば、日付やイベント名、場所などの要素を含んだファイル名を使用することで、素早く特定のコンテンツを見つけることができます。

写真や音楽のメタデータ(撮影日時、場所、アーティスト名、アルバム名など)を活用します。ファイルのプロパティやタグを編集して、検索やソートがしやすくなります。

写真や音楽にタグを付けることで、カテゴリーやキーワードでの検索が容易になります。類似したテーマや人物、場所に関連するタグを付けて、関連コンテンツを一括して表示することができます。

動画、写真、音楽をクラウドストレージにアップロードすることで、デバイスのストレージを節約し、バックアップを取ることができます。また、クラウドサービスの整理機能や検索機能を活用して、コンテンツを整理することも可能です。

動画、写真、音楽の整理に特化したアプリやソフトウェアを使用することで、自動的に整理されたライブラリを作成することができます。これらのツールは、メタデータの解析や顔認識などの機能を提供し、コンテンツの整理を効率化します。

これらの方法を組み合わせて、自分に最適な整理方法を見つけてください。大切なのは一貫性を持って整理することで、コンテンツの探しやすさと管理のしやすさを確保することです。

例えば、音楽系ファイルを管理するフォルダーでは「タイトル」や「アルバム」などが表示されます。普通のフォルダーでは「更新日時」や「種類」などが見えるようになっていますが、音楽ファイルの場合には、それらの情報よりもタイトルの方が重要だからです。

ウィンドウズは、フォルダー内にあるどの種類のファイルが多くあるかを感知し、「そのファイルを管理するのに最適な機能はどれか」を自動判別してくれます。

ただし、自分でフォルダの種類を変えたい場合は、「コンピューター」の「ローカルディスク」から目的のフォルダーのあるディスクをを選択、そのフォルダに移動したら、右クリックして「プロパティ」を選び、「カスタマイズ」タブ中にある「フォルダの種類」という部分から設定を変更します。

《ビディオエディター》や 《Apowersoft》ソフトがあります。

5.YouTube でサポートされているファイル形式

YouTube は多くの動画ファイル形式に対応しているので、スマホやデジタルビデオカメラなどで撮影した画像をそのままアップロードできます。非対応のファイル形式の場合は、変換ソフトを使ってYouTube 対応のファイル形式にします。

YouTube でサポートされているファイル形式 - YouTube ヘルプ

PS-LX300USB | コンポーネントオーディオ | ソニー
ソニー コンポーネントオーディオ 公式ウェブサイト。コンポーネントオーディオPS-LX300USBの商品ページです。

6.YouTube 動画を公開、共有

YouTube 動画を公開、共有
YouTube 動画を公開、共有

1.YouTube に投稿できる動画

自分で撮影、作成したものか許可を得ているものに限ります。他の人の動画を勝手に載せたり、テレビ番組や映画の映像を投稿したりできません。著作権で保護されている音楽も動画に入れることはできません。暴力や性など公序良俗に反する動画も載せられません。

自社が作成した動画をアップロードしたり、YouTube が指定する方法で自社のブログなどに貼り付けることもできます。ただし動画へのアクセスを有料にしたり、広告やスポンサーで販売はできませんし、会員制にして有料にするなんてこともできません。

https://www.youtube.com/t/terms

タイトルで目を引く

キーワードを先に持ってきて、視聴者に動画の意図を的確に伝えます。タイトルは動画公開後も変更できます。重要なキーワードは【】でくくったり、★をつけたりします。

説明文

文章の中に必要なキーワードを入れ込み、固定できる情報伝達機能として活用します。最初の3行は特に重要ですから冒頭に記載しておきます。

ハッシュタグは1つの動画に15個までです。説明文の中にURLを記載すると、外部のWebサイトへのリンクとして機能させることができます。

チャプター

YouTube にはチャプターという機能があります。動画の説明文中に記載して使用します。長い動画の場合、チャプターが設定されている動画は、シークバーにマウスポインタを合わせると、チャプターのタイトルが表示されます。チャプタータイトルをクリックすると、チャプター一覧が表示されます。

カード

説明欄にカードを置くという方法もあります。動画の視聴者に、関連するほかの動画やWebサイトを見てもらいたい場合、誘導するためのカードです。ただし動画の途中でカードを入れると中断してしまうので、関連動画への誘導は終了画面で行います。

「動画の詳細」画面を表示→「カード」をクリック→タイムライン上で、カードを表示させたい位置にバーを移動→「関連動画へのリンク」を追加→設置する動画を選択→カスタムメッセージを入力→ティーザーテキストを入力→保存

YouTube 以外のWebサイトにリンクさせる場合、あらかじめGoogle Search console 上で、そのWebサイト動画関連サイトとして登録しておかなければなりません。登録はGoogle が発行する認証用のHTML をダウンロードして、登録したいWebサイトと同じサーバ上にアップロードしたり、HTML タグを埋め込む必要があります。

「関連動画へのリンクを追加」→URL を入力→「適用」をクリック→カードのタイトルを入力→行動を促すフレーズ入力→ティーザーテキストを入力→「保存」

視聴者の囲い込みに「終了画面」

最後まで視聴をやめず見てくれる人は少ないものです。こうしたときに活用するのが終了画面です。動画の終わり15秒間には、関連動画へのリンクや、チャンネル登録のボタンを設置できるようになっています。

「動画の要素」画面で「終了画面の追加」の「追加」をクリック→「+要素」をクリック→追加したい要素を選択→設置したい要素を選択→任意の場所に設置→「保存」

全体:上下の端から140ピクセルは要素を配置できないので、テキストなどの配置に充てる。
チャンネル登録用のスペース:300×300ピクセルの円形ボタンが入るスペースを空けておく。
動画要素:最小サイズ618×348、最大サイズ862×486ピクセルのいずれかを想定してスペースを空けておく。

プレミアム公開

動画の公開日時をあらかじめ決めておき、その時間が来たらYouTuber といっしょに動画を楽しむことができる機能です。チャンネルでは「プレミアム公開」と記載された予告が表示され、30分前にはチャンネル登録者に通知されます。公開時間になるとカウントダウンが始まったり、リアルタイムでチャットが始まったりします。

動画に字幕を表示

字幕生成機能はAIによる音声認識なので、内容が不完全になる可能性があります。修正はYouTube Studio を開き、左のメニューから「動画」をクリックして、動画一覧を表示します。修正する動画アイコンの鉛筆をクリックしたら編集ページが表示されるので、左のメニューの「字幕」をクリックし編集します。

2.ライブ配信

インターネット環境に問題がないかチェックしておきます。Google で「スピードテスト」と検索すると、回線速度のテストが簡単に行えます。配信では、データを送信する「アップロード速度」が重要です。最低でも10Mbps程度は出ている環境で配信します。

YouTubeを表示→「+ビデオ」をクリック→「ライブ配信を開始」をクリック→「ウェブカメラ」をクリック→ライブ配信のタイトルを入力→公開範囲を選択→子ども向けコンテンツについて選択→配信に利用するカメラとマイクを確認→「次へ」をクリック→カメラが起動し、サムネイル用の写真が撮影される→ライブ配信を開始をクリック

「終了」ボタンを押すと配信が停止されます。自動的にここまでの動画が保存されます。保存された動画はYouTube Studio で編集できます。

スマホからライブ配信

  • チャンネル登録者が1,000人以上
  • 過去90日以内にチャンネルにライブ配信に関する制限が適用されていない
  • チャンネルの確認(電話番号等の登録)が行われている
  • スマホのOSがiOS8、Android 5.0以降

上記のような条件を満たさないと利用することができません。しかし、エンコーダ配信を行うことで、条件を満たしていないアカウントでもスマホでのライブ配信ができます。iPhon 専用のアプリ「Wirecasit Go」を紹介します。

Wirecast Go を起動したら、Enable Camera と Enable Microphone でカメラとマイクのアクセスを許可します。Start brodcast から URL とストリームキーを設定し、アライブ配信をスタートします。

一番右の赤丸をタップ→Add New Server をタップ→

以下の項目を入力します。Usename とPassword は空欄でいいです。
Desription:ライブ配信の説明文
URL:rtmp://a.rtmp.youtube.com/live2
Stream Name/key:ストリームキー(OBS Studio に戻り「ストリームキー」欄にペーストするとストリームキーが設定される。

7.チャンネル登録 YouTube Studio

YouTube動画やチャンネル登録に誘導
YouTube動画やチャンネル登録に誘導
taka
taka

多くの人に見てもらうにはちょっとした工夫がいります。

1.まずアカウント作りから

プロも素人も同じ土俵だから厳しい面もあるけど、まず他の人の動画を試しに見てみて、グーグルのアカウントをつくることから始めましょう。スマホがアンドロイドなら取得済み。

iPhnon ならアカウント取得が必要。Gメールやほかのグーグルサービスをつかっていれば取得済み。それができれば、「チャンネル」を登録します。

Google やMicrosoft Edge などの Web ブラウザを起動して、YouTube の URL を入力し、エンターキーを押します。ユーチューブの画面が出るので、アカウントアイコンをクリックして、「設定」をクリックします。「新しいチャンネルを作成する」をクリックして、チャンネル名を入れたら終わりです。

送る側と見る側両方が会員登録しログインしてから閲覧という制約があります。手間をかけずにアップロードしたいなら、最初から短い動画を撮影してそのまま公開するのがいいでしょう。

編集が必要な場合はビデオ編集ソフトを使います。簡単なものなら、別途ソフトを買わなくても、ウィンドウズ付属の「Windows ビディオエディター」や、マック付属の「iMovie」です。要領は今までどおりです。「トリミング」や「分割」などが並んでいます。

ファイル管理に使う「フォルダー表示」には、いくつかの種類があります。「ビデオ」などは、音楽や写真、動画などの管理に特化した機能を持っています。

2.YouTube のチャンネル登録を促進するためには

  1. コール・トゥ・アクション(CTA)を使用する: 動画の中や説明欄に、視聴者にチャンネル登録を促す明確な呼びかけを行いましょう。例えば、ビデオの最後に登録ボタンをクリックするように求めたり、「チャンネル登録して最新の動画を見逃さないようにしましょう」と伝えるなどの CTA を追加することが重要です。
  2. サブスクライバー特典を提供する: チャンネル登録者に対して特典を提供することで、登録を促進することができます。例えば、独占コンテンツへのアクセス、プレゼントやクーポンの配布、コミュニティへの参加など、視聴者に付加価値を提供することが重要です。
  3. チャンネルトレーラーを作成する: チャンネルトレーラーは、新しい視聴者にチャンネルの概要や魅力を伝えるのに役立ちます。短い動画でチャンネルの特徴やコンテンツのハイライトを紹介し、視聴者に登録する意欲を高めるような内容にしましょう。
  4. ソーシャルメディアやウェブサイトで宣伝する: チャンネルを宣伝するために、ソーシャルメディアプラットフォームや自分のウェブサイト、ブログなどを活用しましょう。YouTubeの動画を他のプラットフォームで共有し、視聴者を自分のチャンネルに誘導することができます。
  5. コンテンツの品質と一貫性を重視する: 高品質なコンテンツを提供し、定期的に新しい動画をアップロードすることが重要です。視聴者が価値を感じ、継続的にチャンネルに戻ってくるようなコンテンツを提供することで、チャンネル登録を促進することができます。

これらの方法を組み合わせて活用し、視聴者にチャンネル登録を促すことで、チャンネルの成長とファンの獲得を図ることができます。

YouTube Keyword Tool – Find Keywords for Free
Streamline your video content strategy with our advanced keyword tool for YouTube. Conduct keyword searches effortlessly...
taka
taka

オートコンプリートを使って動画キーワードを見つけるには2つ。

  1. YouTubeの検索バーから手動でキーワードを取得
  2. ドロップダウンリストに YouTube の提案を表示するには、キーワードの入力をします。人々がビデオを検索するときに実際に入力するものだからです。

3.YouTubeオートコンプリートを使用して

YouTubeのオートコンプリートは、ユーザーが検索バーにキーワードを入力すると、関連する検索クエリの候補が自動的に表示される機能です。キーワードを入力すると、オートコンプリートはそのキーワードに関連する一連のフレーズやクエリを予測し、リストとして表示します。

オートコンプリートは、ユーザーがより早く目的の動画や情報を見つけるのを支援するための機能です。具体的には以下のような特徴があります:

  1. キーワードの補完: ユーザーがキーワードの一部を入力すると、オートコンプリートはそのキーワードに関連する完全なフレーズやクエリを提案します。例えば、”レシピ”と入力すると、オートコンプリートが「簡単なデザートのレシピ」や「ヘルシーレシピ」などのフレーズを表示することがあります。
  2. 人気のある検索トピックの表示: オートコンプリートは、人気のある検索トピックや人々が最も頻繁に検索するクエリを優先的に表示します。これにより、より一般的な関心事やトレンドに関連した動画や情報を見つけるのに役立ちます。
  3. スペルチェックや関連キーワードの提案: オートコンプリートは、ユーザーの入力に対してスペルチェックを行い、正しいスペルや関連するキーワードを提案することがあります。これにより、ユーザーが正しいキーワードを入力しやすくなります。

オートコンプリートは、ユーザーが検索をより迅速かつ簡単に行えるようにするだけでなく、コンテンツクリエイターやマーケターにとっても重要な要素です。適切なキーワードやフレーズを把握し、それらに関連するコンテンツを作成することで、より多くの視聴者を引きつけることができます。

ランクトラッカーキーワードソフトウェアを使用している場合は、キーワードリサーチ> オートコンプリートツールに移動し、[ YouTubeオートコンプリート]を選択して、キーワードフレーズを入力します。

Twitter や Instagram に投稿して、YotTube 動画を公開してもらうとか、コメント欄に誰かが書き込んでくれたら、ちゃんと返事をするとか、他の動画やチャンネル登録に誘導するとかいろいろできることはあります。

特に欠かせないのが、動画を見終わった後出てくる4枚の画像です。「なぜこんな画像が予告編みたいにでてくるの?」と思っていたらちゃんとそれがついていました。

コンテンツ→詳細
コンテンツ→詳細

YouTube 運営

他の発信者より2倍濃く、しかもわかりやすく作成する
伸びなかった動画と同じ傾向のものは作らない
伸びた動画の切り口を変えて発展させる

台本作成

  1. 問題の把握:パソコン学習法がわかりませんか?
  2. 解決策の提示:この問題を解決しないと50億人の人とSNSができる機会が失われます
  3. メリットの提示:コードや文法を覚えなくてもプログラミングができます
  4. 権威性の提示:私はAWS一発で合格しました
  5. 本題を書く:プログラミングを習得したいなら最後まで見てください
  6. タイトルと興味付のブラッシュアップ:あなたが抱えている悩みをこの動画が解決します

動画の一部をぼかす

YouTube Studio にはぼかし機能があります。作業時間を考えると、動画編集ソフトで行った方がスピード、精度ともに高いです。

チャンネル登録

チャンネルの最上部に表示され、チャンネル全体のコンセプトやコンテンツの方向性を伝える「看板」です。プロフィールアイコンはチャンネルの「アイコン」です。

特定の視聴者の出禁

さまざまな動画にいやがらせや悪意あるコメントする人には、出入り禁止状態にして、コメントできないようにします。「コメント」をクリックし、当該の視聴者のコメントの「:」をクリック。「ユーザーのチャンネルに表示しない」をクリックすると、該当の視聴者のコメントがチャンネル内のすべての動画で非表示になり、投稿もできなくなります。

4.YouTube 関連のブログを書くには

  1. テクニカルスキル: YouTube関連のブログを書くには、YouTubeの基本的な機能や操作方法について理解している必要があります。また、ビデオの埋め込みやリンクの設定、サムネイルの作成など、ブログに関連するテクニカルなスキルも必要です。
  2. コンテンツ戦略: ブログを成功させるためには、良質なコンテンツを提供する必要があります。YouTube関連のトピックについて興味深く、有益な情報を提供することが求められます。また、読者のニーズや関心を把握し、それに合わせたコンテンツ戦略を立てる必要があります。
  3. SEO知識: ブログの可視性を高めるためには、SEO(検索エンジン最適化)の知識が必要です。適切なキーワードの選定やタイトル・メタデータの最適化、内部リンクの設定などを行うことで、検索エンジンでの表示順位を向上させることができます。
  4. コンテンツ制作: ブログには文章や画像、図表などが含まれます。コンテンツを魅力的かつ読みやすくするために、文章の構成力や表現力、画像の編集スキルなどが求められます。

これらの要素を考慮すると、YouTube関連のブログを書くことは一定の難しさがあります。しかし、関連する知識を学び、実践を積むことで克服することができます。継続的な学習と努力によって、良質なYouTube関連のブログを作成することができるでしょう。

あとがき

動画編集の基本的な手順です。また、YouTubeの動画を無料でチャンネル登録に誘導する方法はいくつかあります。以下にいくつかのアイデアをご紹介します:

  1. コール・トゥ・アクション(CTA)を使用する:動画の中や説明欄に明確なCTAを追加し、視聴者にチャンネル登録を促すことが重要です。視聴者に対して「チャンネル登録ボタンをクリックしてください」や「チャンネルをフォローして最新の動画をお楽しみください」といった具体的な要求を明示することで、登録を促すことができます。
  2. ビデオのクオリティとコンテンツを向上させる:視聴者は高品質で魅力的なコンテンツを求めています。興味深いトピック、面白いストーリーテリング、役立つ情報などを提供することで、視聴者の興味を引き付け、チャンネル登録を促すことができます。
  3. ビデオのプロモーション:他のソーシャルメディアプラットフォームやウェブサイトを活用して、YouTubeのビデオをプロモーションすることも重要です。YouTubeのビデオを共有し、視聴者にチャンネル登録を促す投稿や告知を行うことで、新しい視聴者を獲得するチャンスを広げることができます。
  4. サムネイルとタイトルの最適化:魅力的なサムネイルと関連性の高いタイトルを作成することで、視聴者の注意を引きつけることができます。目を引くサムネイルと説明的なタイトルは、視聴者がクリックして動画を視聴する意欲を高めます。
  5. コメントやコミュニケーションへの返信:視聴者とのコミュニケーションを大切にし、コメントに対して返信することで、コミュニティの感じを作り出すことができます。視聴者が自分たちの声を聞いてもらえることを感じると、よりチャンネルに関心を持ち、登録する可能性が高まります。
  6. 定期的な投稿スケジュールを維持する:視聴者に定期的なコンテンツを提供することは、チャンネル登録の促進につながります。視聴者は継続的な価値を求めていますので、定期的な投稿スケジュールを維持することが重要です。

これらのアイデアを組み合わせて、視聴者に無料でチャンネル登録を促すことができます。重要なのは、視聴者に価値のあるコンテンツを提供し、チャンネルを積極的にプロモーションすることです。

YouTube について、悩みや疑問がありましたらご自由にコメント欄に投稿してください。(コメント欄はこの記事の最下部です)。いただいたコメントはすべて拝見し、真剣に回答させていただきます。

コメント

何なりとお申し付けください。